洪水後の人生

Last-modified: 2020-08-05 (水) 15:49:46

洪水にまつわる物語

 ゲーム内のストーリーはミステリーと呼ばれます。彼らは、社会、その友人や家族、または自分自身に対する陰謀や脅威を暴露し、阻止しようとするティーンエイジャーを中心に展開します。青年たちは、90年代半ばにストックホルム郊外のメーラレン諸島に住んでいる友人、恋人、兄弟のグループです。彼らの日常生活は、終わりのない、退屈な学生時代としつこい親でいっぱいです。彼らはまだ子供であり、思春期の自立への最初のぐらつくステップの間で引き裂かれています。
 青年たちたちは、60年代に建設された巨大な地下粒子加速器であるループの近くで育ちました。彼らの子供時代は安全でしたが、ロボットや空飛ぶマグネトリン船などの奇妙で素晴らしい発明でいっぱいでした。今日、その世界は急速に衰退しています。ループは私有に売却され、経済危機がスウェーデンを襲い、神秘的な茶色の水が地面から上昇し始めた後、ブラックレイクランドの北部が封鎖されました。マスターのいないロボットが森を歩き回り、避難ゾーンでモンスターが増殖しているという噂が広まり、茶色い水が人間と機械の両方を歪めていると言われています。メーラレン諸島の安全は、殺人、暴力、奇妙な病気によって引き裂かれています。青年たちは、彼らの世界を脅かす危険と戦うために団結します。