シナリオ1「肉と鋼の」

Last-modified: 2020-08-19 (水) 01:16:29

注意:このページはサンプルシナリオの内容が含まれています。ゲームマスター以外は読まないようにしてください。

 ティーンたちが地元の子供の死体を見つけると、彼らはメーラレン諸島の全住民を脅かすミステリーに巻き込まれます。機械の胎児とはどんな生き物なのか? そして秘密を守る奇妙なロボットたちの正体は?

 

 このミステリーは、新しいティーン向けのゲームの紹介です。単発のアドベンチャーとして、または「パンドラ…」キャンペーンの最初の部分としてもプレイできます。

真相

 外科医ナターシャ・リントフは、80年代においてリクスエナジーの3人の「預言者」の1人であり、ブラックレイクランドの地下研究所で秘密の非倫理的な実験を行いました。彼らの活動がマスコミで公開されたとき、預言者たちは医療免許を失い、解雇されました。彼らが長い刑期を回避した唯一の理由は、3人の科学者の1人であるエリザベス・サンドグレン[エリザベス・コックス]とともに、研究室が消失したことです。ナターシャは自分の名前をリヴ・ヒーメルセッド[ディスティニー・スカイ]に変更し、ライフコーチおよびスピリチュアルカウンセラーとして自分自身のブランドを変更しました。彼女はサンガサビーの郊外にある家を購入し、「プライマル・フォース」と呼ばれる治療センターを開きました。リヴは最近、エリザベスが時間旅行を越えて現代に戻ってくる兆候を観察し始めたため、古い実験のいくつかを再開しました。
 リヴは、有機組織とテクノロジーの相互作用に関する専門家です。彼女は、「流れ者」として知られるブラックレイクランドのはぐれロボットのグループと接触します。彼女は彼らが肉と鋼でできた機械の胎児を産むのを助けたのです。しかしながら、すべての流れ者が彼女の助けを選んだわけではなく、トーテム族と呼ばれる派閥だけです。  残りのグループは「シャーマン」と呼ばれるロボットの一人に率いられ、彼女の生殖の約束に唾を吐きかけました。
 機械胎児を開発するという時間のかかるプロセスは、リヴの診療所で開始され、ブラックレイクランドの東側[ケープホーン]にある、一族のシェルターで完了しました。しかし、流れ者たちには黙って、リヴは胎児を使って人間の感情の無線送信を実験しました。彼女は自分の発明を使ってすべての戦争を終わらせる計画を立てています。戦場にテクノロジーを配備し、死にゆく者や死者の恐怖を、世界中の兵士や政治家に送信し、戦争の真の姿を見せるのです。彼女の実験はこれまで成功しており、機械の胎児は現在、ゆっくりと痛みを伴う出産の経験を世界に、特に諸島の住人たちに、夢や覚醒中の幻覚として伝えています。リヴが実験を止めて胎児を処理しようとしたとき、彼女はトーテム族に投獄されました。彼らは、どこかの人間が神を演じ終えたからといって、自分たちの生殖の夢が終わることを許しませんでした。
 リヴの10代の患者、マーク・メッキネン[マーク・グリフォン]は、「プライマル・フォース」での治療を通じて流れ者たちに関心を示していました。彼はリヴが囚人に捕らえられるのを目撃し、シェルターに戻るロボットを追って、胎児を目にしました。彼はあちこちを調べている間に発見されてしまい、一族は彼を感電死させ、彼らの秘密を明かさないようにしました。彼らはマークの死体をサンガサビー[ヘメンウェイパーク]の外の送電線の下に置き、彼が電柱を登っていてワイヤーに近づきすぎたように見せました。しかし、シャーマンに忠実なロボットは、事故現場が行われるのを密かに探り、マークの死に深く悲しみました。彼らは敬意を払うために、装身具で彼の体を飾りました。
 ミステリーは、ティーンたちがマークの遺体を発見するところから始まり、彼の死の調査に取り掛かります。そして、彼らが機械胎児の誕生を完了させないようにするとクライマックスに達し、その結果として諸島の人々の悪夢はますます悪化していきます。

カウントダウン
 機械の胎児は、出産時の痛みを悪夢や幻覚として周囲の人々に無意識に送信しています。ミステリーの過程で、これらの夢の幻視は悪化し、ますます多くの人々に影響を与えます。プレイを開始したらすぐにカウントダウンを進めます。ビジョンが最終的にティーンたちに影響を及ぼし始めたら、連続の夢を短く効果的なものにしてください。  多すぎたり何度もやりすぎると、ハラハラが失われてしまいます。

プレイヤー3(エヴァ):最寄りの店に行って、懐中電灯を手に入れます。
GM:店に入ると、最初は自分が一人だと思います。他の買い物客や従業員が見えないからです。次に、すすり泣きが聞こえ、店内の全員が床に座りこんでいるか倒れていて、泣いているのがわかります。牛乳パックが床で大破していて、店員の椅子の1つが通路に転がり出し、缶詰のスープの運び台が、倉庫の途中で捨てられて置かれている。農産物売り場のどこかで赤ちゃんが泣いています。
プレーヤー3:私は人のいる床を気をつけて通り過ぎ、懐中電灯と電池を手に取って、支払いをせずに立ち去ります。
GM:彼らの数人は、目の中にものすごい痛みを見せながらあなたを見上げますが、誰もあなたに話しかけたり、あなたを止めようとはしません。

災害
 十代の若者たちが胎児の誕生を止めることに失敗した場合、胎児は恐ろしい悪夢の中で死に、痛みと恐怖の悪夢を引き起こして、何人かの島民が数週間、数か月、または数年さえ回復するのにかかる夢と幻視につながります。

ティーンの導入フェイズ

 ティーンのそれぞれに、トラブルの有無にかかわらず、日常のシーンを与えます。近くの人は、悪夢について文句を言うか、混乱するか、または奇妙な赤い光を見ることについて説明してもらいます。プレーヤーに年と日を決めさせ、細部に簡単に気を配ってムードを設定してみましょう  乾いた風、夏の芝生、または道路の両側に降り積もった雪など。必要に応じて、「流れ者」たちの落書き(下記を参照)をシーンに含めても構いません。

悪夢のカウントダウン

  1. 悪夢としても覚醒の幻覚としても、機械胎児の経験に影響を受けるのは、ほんの一握りの人々だけです。痛み、血のさびた臭い、破れるところまで伸ばされている脈打っている皮膜、悲鳴。影響を受けた人々は、怒り、悲しみ、そして嫌悪感を覚えます。
  2. ティーンたちが影響を受けるようになり、同様に島中のより多くの人々が、自動車事故を引き起こしたり、仕事中にトイレに閉じ込もったり、もしくは通りで倒れたり、恐怖で叫んだり吐いたりします。連鎖はより長く、より詳細になります。ばくばくする鼓動、押さえられている感覚、骨に押し込まれた金属製のねじ、糞便の圧倒的な悪臭、吐瀉物、血、ドリルの音。
  3. 現象は島を横切って横行し、多くは影響を受け、そして夢は目覚めるのが困難です。人々は町の中をよろめき、または叫び、車は道路に置き去りにされ、一部は歩道で倒れ、パニック発作の痛みで息を切らしています。影響を受けるティーンたちは、【感受性】判定に成功するか、状態異常を受ける必要があります。

GM:私たちは、パンドラキャンペーンの最初のミステリーである「鉄と鋼の」を遊んでいきます。つまり、このシナリオの後で同じようなストーリーを続けることができるんだ。日常の何かから始めます。誰が始めたい?
プレイヤー4(サナ):私の「問題」についてのシーンが欲しい、妹の彼氏が、妹を殴ってることがわかった。
GM:いいですね、シーンは考えてる? それとも設定しましょうか?
プレーヤー4:彼女は一晩中静かですが、理由を教えたがらない。妹はベッドの上にいる私の横に座って、髪で顔を隠すようにしながら、額を私の頬にもたれさせている。彼女の髪をなでると、私は彼女の頭皮にあざを見つける。まるで誰かが彼女の髪を引っ張っているような。
GM:君に見られたのに気づいて、妹は髪を後ろに引っ張って手でとかし、跡を隠すようにします。
プレーヤー4:「ねえ、何があったの?」

ミステリーの導入フェイズ

 サンガザビー[へメンウェイ公園]の外の送電線の近くにある森を散歩する理由を、プレイヤーに決めてもらいます。木々や野原について描写し、ティーンたちに少し話しをさせましょう。彼らは突然、鉄塔のうちの1つの真下、背の高い草むらの中にある死体に遭遇します。摘んだばかりの花々が、死体の周りに置かれています(季節が許せば  それ以外の場合は、美しい羽、革と毛皮、または魚の骨などです)。浜辺から持ち込まれた、大きな波にさらわれて表面がなめらかな、2つのレンガの破片が、その人の目の上に置かれています。誰かによってその赤い破片には青いチョークで目が描かれています。
 ティーンたちは、亡くなった人物が、同じ学校に通う一匹狼のマーク・メッキネン[マーク・グリフォン]であると分かります。彼は長めの、ほとんどプラチナブロンドと言っていい髪をしており、やや太っていて、緑色のハンティングジャケットを着ています。ジャケットの片方の袖には黒く焼けた跡があり、そこを貫いて焦げた皮膚の斑点が見えます。ティーンたちにマークとの関係について尋ねましょう。
 ティーンの1人が【調べる】判定が成功すると、マークが強力な電気ショックで死亡したことが分かります。何者かによって、すぐ近くの電柱の周りの芝生が踏みつけられており、まるで彼がそこに登ろうとしたかのように見えますが、しかし近くにある他の痕跡によれば、その死体がここまで引きずられていたことが分かります。死後硬直は、置かれている花々の新しさと比較すると、花が置かれるずっと前から彼は死んでいたに違いないことを示しています。ティーンが判定に失敗した場合でも、同じ情報を取得しますが、恐怖状態になります。
 マークのポケットの1つから、ティーンたちは彼がメモ帳として使っていた高性能計算機を見つけます。ロックを解除するためのパスワード、もしくは【プログラム】判定の成功が必要です。マークのメモ(ボックスを参照)には、「プライマル・フォース」(電話帳から探すことができます)とトルスルンダ沼地[セブン・ドライ・フォールズ]について言及されています。判定に失敗した場合、ティーンたちはメモ帳のロックを解除するための助けが必要になるでしょうし、そうした人を【交際】判定によって探すことができます。その人達は、マークがどこに住んでいるか知っています。
 警察は、誰もマークが殺されたと考えていません。もしティーンたちが、現場と死体を誰かが装飾したと指摘する場合、他の誰かがティーンたちより前に死体を見つけたが、怖すぎて通報できなかったのだとして、警察はそれを却下します。学校は、マークを夜を徹して追悼し、そこではマークの叔母が、近親者だけで葬儀を行いたいという彼女の願いを表明します。

マークのメモ
marksnotes.png
GM:君たちは、どうしてサンガサビーの森近くの何もない野原を歩いているんだろう。
プレイヤー2(グスタフ):サナ、ちょうどきみの妹のことについて話してたんじゃない?
プレイヤー4(サナ):まだ話してはいないけど、何か話したいことがあるとは言ってた。もしあなたに言うと、妹を裏切るような気がして、私はそれについて話せない。
GM:黄色い夏草が、秋の風に波のように流れている。あなたの上の送電線が、パチパチと音を立てている。グスタフ、君は鉄塔の一つの近くにある草むらに、死体が横たわっているのを見つける。
夢についての情報
 ティーンたちは、【交際】を使用して夢の専門家を見つけたり、【理解力】を使用して図書館で対象について調べたり、【メカニック】を使用してスキャナーを作成して夢を自分で測定したりできます。彼らは、夢を見る人の個人的な経験や視点に関係なく、すべての夢が同じように見えることを発見します。対象は、痛み、恐怖、血、拘束であり、生まれてくる子供から見た出産に関係したテーマのように見えます。夢は、激しさを増し、より頻繁に発生し、時間の経過とともにより痛々しくなります。永遠に続く、結局その苦行で傷がつかない緊張に対して、人間の精神は耐えられません。

ロケーション1:マークの家

 マークとその叔母は、イーゲルヴィケンという名のサンガサビー東の小さな湖のそば[ボールダーシティの北]にある一軒家に住んでいます。2階建てのれんが造りの家は、うっそうとした樹木の生け垣に囲まれています。ウィンドチャイムや、ドリームキャッチャーが枝の先で揺れており、「グレイトフルデッド」の歌やその他のサイケデリックロックが開いた窓から聞こえます。
 家の中はごちゃごちゃしています。楽器と、サイン入りのロックポスターが壁を覆っています。カビ、お香、腐った食べ物のにおいがします。至る所に、内なる平和、癒し、そして天使についての本がたくさんあります。大音量の音楽はリビングルームのステレオから流されています。マークのお母さんの額入りの写真が家中に掛けられています。そのうちのいくつかには、彼女の隣に男がいて(マークのお父さん)、ひっかき傷でかき消されています。
 マークの部屋は2階にあります。とても整理されています。彼はたくさんの写真機材を所有しており、自分用の暗室も作っていました。「流れ者」たちとその落書きの写真で、暗室の壁は覆われています。

トラブル
 エミおばさん[エリンおばさん]は訪問者に慣れておらず、好きではありません。ティーンたちが訪れたのが、マークの死をエミが聞いた前か後かに関わらず、彼女は十分なシーンを引き起こすまでノックを無視します。彼女はティーンたちを中に入れたくありませんし、さらにマークの部屋を見せることなどは論外です。ティーンたちがマークの死の知らせを彼女に持ってくると、彼女はひどく打ちひしがれ、放っておいてほしいと頼みます。彼女は、ティーンたちが【魅了】判定に成功した場合にのみ、彼が殺害されたと信じますが、詳細を聞きたいと思いません。マークの死は、エミが亡くなった妹の記憶を裏切ったことを意味し、彼女は決して自分を許しません。
 ティーンたちは、【隠密】を使って家に入ってエミを避けたり、【魅了】を使ってエミに入れてもらったりすることができます。【感受性】の判定に成功した場合、マークの部屋を見るための一番の方法は、彼と親しい友人という態度を取ることだと分かります。  エミはマークに友達がいないことをいつも心配していました。
プレイヤー4(サナ):私はさらに強くノックして、叫びます。「こんにちは!」
GM:それでも答えはなく、あなたは勘違いしたかもと思いますが、そこにいる誰かが音楽をさらに上げたと感じます。
プレイヤー3(エヴァ):「何だって…」大きなウィンドチャイムの1つを木から引き裂き、ドアの隣の窓からそれを放り投げます。
GM:わかりました…窓が粉々に砕けます。 数秒後、誰かが音楽を消してドアの方へ歩いてきます。
手がかり
 ティーンたちが【理解力】を用いてマークの写真を調べた場合、そのほとんどがサンガサビーの南にあるトルスルンダ湿地帯[セブン・ドライ・フォールズ]で撮影されていることがわかります。写真のロボットたちは、自分が撮影されていることを認識しているように見えます。つまり、ロボットたちはマークと知りあっていたということです。写真の1つには、下のほうにペンで書かれた小さな説明書きがあります  「シャーマン」。

ボールダーシティ:セブンドライフォールズ湿地帯


 セブンドライフォールズは砂漠のハイキングコースです。フーバーダム災害により、この地域は湿地帯になりました。

 マークのベッドのそばのテーブルには、端が折れたり擦り切れたりしている、リヴ・ヒーメルセッド[ディスティニー・スカイ]医師の「あなたの内なるプライマル・フォース」を一冊見つけます。タイトルページにて、この1冊に誰かがかろうじて読める手書きで、「見習いさんへ、shooting for the moon」と捧げています。この本は、人が「適合ウイルス」を取り除き、完全なものとなって、すべての戦争を終わらせために何をすべきなのか、について解説しています。本の巻末に、作者はホリスティックな観点を持つ医師であり、サンガサビーの北[ヘメンウェイパークの北]にある「プライマルフォース」と呼ばれる治療センターを運営していると説明されています。添付の写真は、目つきのきつい非常に真面目な女性が写っています。エミ叔母さんは、彼女とマークの両方が定期的にプライマルフォースを訪れたこと、そしてマークに「流れ者」たちへ興味を持たせたのはリヴ博士だったことを認めます。
 ティーンたちが【調べる】を使用してマークの部屋を捜索すると、カメラバッグの1つの中から封筒が見つかります。キーと、336699の番号が書かれたメモが入っています。これは、プライマルフォースのアラームと正面玄関のキーの組み合わせです。
 ティーンたちがダイスロールに失敗した場合、エミは彼らを捕まえたか、もしくは思い直してそれらを捨ててしまいます。

ロケーション2:トルスルンダ湿地

 トルスルンダ[セブンドライフォールズ]は、ループの洪水の後に湿地帯になりました。約20人の流れ者たちが、沼地の中または周辺に住んでおり、自らをシャーマンと呼ぶ一体が率いている部族です。シャーマンは、リヴの生殖計画に賛同しないことを選びました。その結果、トーテム族は沼地を離れることになりました。
 流れ者たちは、沼地の中の小島に住んでおり、原始的な小屋が建っています。彼らはトーテム族がマークを殺したということを知っており、彼らがそれから逃れるためにロシアから避難したという冷酷な粛清が、この地で起こり始めるのは時間の問題だと思っています。流れ者たちはマークを友人として見なし、トルスルンダの周りの木々で黒い布を結ぶことによって彼の死を悼みます。湿地はじめじめとして臭く、容赦ない冷たい風からの包囲の下にあります。夏には蚊もたくさんいます。ブラックレイクランド南部[砂漠]のいたるところの木々、崖、電気ボックスに、流れ者たちは動物、植物、誕生、死の宗教的な写し描きを描いています。その落書きはティーンたちにはすぐに分かります。
 シャーマンは樹の上の家に住んでいます。ステンハムラの図書館から捨てられた30冊ほどのカウボーイ小説がそこにあり、ロボットたちがスウェーデン語[英語]を学ぶために使用されました。マークが撮影した写真は樹の上の家でも発見できます。

トラブル
 ティーンたちはシャーマンを見つけるために【調べる】判定に成功する必要があります。流れ者たちはリーダーを保護するために何でもし、ティーンたちを樹の上の家から遠ざけ、自分たちが掘った罠に誘い込もうとします。ティーンたちが判定に失敗した場合、泥だらけの穴を隠している枝と草の積層に踏み込んでしまい、登るために【筋力】を使う必要があります。お互いを助けるために余剰の成功を使っても構いません。失敗した人もうまく抜け出せますが、「疲労」になります。ティーンたちが再度シャーマンを見つけようとして失敗した場合、流れ者たちは彼らをはるばるステンハムラまで戻るよう誘導し、そこでティーンたちは「動揺」になります。
 判定に成功すると、宝石をちりばめた流れ者たちのグループが、キツネ、ウサギ、メンドリと一緒に遊んでいるのを見つけます。彼らは簡素な小屋を、見つけたり盗んできた様々な人間のアイテムで飾りっています。もしティーンたちが話しかけると、彼らはたどたどしいスウェーデン語で答えます。ティーンたちが【感受性】判定に成功すると、流れ者たちが怖がっていて、何かを隠していることがわかります。ティーンたちはシャーマンの元へ案内されます。
手がかり
 シャーマンはティーンたちを歓迎し、彼らにスピリット・コンロからハーブティーを提供します。彼は一緒に飲むふりをして、顔と胸にお茶を注ぎます。彼はマークが頻繁に彼らのもとを訪れ、彼は流れ者たちが自分の唯一の友人であったと信じていたことを認めます。シャーマンは、流れ者たちを生命と自然の愛好家だと説明しますが、彼ら自身はそこに含まれていません。トーテム族と名乗る流れ者たちの集団は、それが受け入れられず、自分たちの命を創造するというリヴ[ディスティニー]の約束に夢中になりました。シャーマンは、リヴがサンガサビー[ヘメンウェイパークの北]の郊外にある「プライマル・フォース」と呼ばれるセラピーセンターを運営していることを知っています。
 シャーマンは、トーテム族がマークを殺したことを明かします。沼地に住む流れ者たちは、トーテム族がサンガサビー[ヘメンウェイパーク]の外の野原に彼の死体をを移動させるのを見つけ、その後、シャーマンの人々は自分たちの貴重な装身具でその現場を飾ることで敬意を払いました。シャーマンは、トーテム族がKAB-IIIとして知られる、古い軍用シェルターに潜伏していることを知っています。図書館を訪れたり、地図を使用したりすると、ティーンたちはブラックレイクランド東部[ケープホーン]にあるシェルターを見つけるのに役立ちます。

ロケーション3:プライマル・フォース・セラピーセンター

 リヴ[ディスティニー]は自分の家を仕事場にしています。茶色の2階建てで、サンガサビー[ヘメンウェイパークの北]の郊外にあります。庭は手入れが行き届いておらず、ブラインドは閉まっており、窓とドアはすべて鍵がかかっています。正面階段の横の看板には「プライマルフォース・セラピーセンター」と書かれています。正面玄関の何段か下りたところはガレージで、内側から頑丈な南京錠でロックされています。
 トーテム族がリヴを誘拐したとき、彼らは家の電源を切りました。盗難警報器はバックアップ電池を備えており、まだ機能している唯一の電化製品です。すべてのブラインドが閉まっているので、家の中は真っ暗です。
 一階はキッチン、居間、そして病室があります。争った明らかな形跡がキッチンで見つかります  椅子が倒れ、テーブルが壊されています。冷蔵庫と冷凍庫、水たまりが出来ている周辺からは、悪臭がただよっています。廊下から、階段が2階へと通じており、地下への鍵のかかったドアはカーテンで隠されています。2階には、リヴのオフィス、彼女の寝室、未使用の客室、エクササイズルームがあります。リヴのコンピュータは彼女のオフィスで見つかります。
 地下室は防音の研究室に変えられ、ここでリヴは実験を行っています。ケージの列には、腹が減って遠吠えする2匹のサル、脚がキャタピラーに換えられたウサギの死体、奇妙なテクノロジーが埋め込まれたマウスなどが入っています。ドリル、のこぎり、ペンチのあるツールハンガーが壁を覆っています。隅に高圧洗浄機が設置されています。鋼の厚板が、部屋の中央の床にボルトで固定され、機械の胎児を作った残骸が捨てられたままになっています:血まみれのブルーシート、さびたネジ、腐った有機組織入り瓶、壊れた電子部品、様々な色のワイヤー。一部のロッカーには、化学物質、成長ホルモン、鎮痛剤のさまざまな瓶が入っていますが、ほとんどの容器は空になっています。小さなテーブルの上に奇妙なラジオが置かれています。部屋のいくつかの木箱には、KAB-IIIのマークが付いています。

トラブル
 日中は、リヴの近所の人が外を出歩いており、庭には生垣もフェンスもないので、ティーンたちは家に近づくために【隠密】判定に成功する必要があります。日没後に、気付かれないように家に近づくのは問題ありません。ティーンたちがマークのメモと鍵を見つけていなかった場合、【プログラム】を使用してアラームを解除し、【メカニック】を使用してドアの鍵を解除しようとしても構いません。もし彼らが警報を作動させたら、10分後に「イーグル・セキュリティ」の車が現れ、2人の警備員が懐中電灯を持って家を捜索します。もしティーンたちを見つけたら、警察署に連れて行き、両親に電話します。
 地下室のドアはロックされており、リヴは鍵を自分で持っています。ティーンたちは、【筋力】や【メカニック】を使って無理やり開けようとしても構いません。失敗した場合でも、彼らはドアを開けますが、騒音が近所に聞こえてしまい、何が起こっているのか見るために、正面玄関をノックしに来ます。
リヴのメモ
livsnotes.png
手がかり
 マークが撮った写真のいくつかは家のいたるところにあり、拡大して美しく額装されています。【理解力】によって、ティーンたちは写真の場所がトルスルンダ湿地帯[セブンドライフォールズ]であると分かります。
 ティーンたちがリヴのコンピュータを、正常に動いているコンセントに差し込むと、【プログラム】を使うことでパスワードのプロテクトを無視できます。コンピュータには、「預言者の再会」と「ヘウレーカ!」と付けられた2つのメモが入っていますが、マークとエミ以外の人の患者ファイルはほとんどありません。
 ティーンたちが地下室で【調べる】を使えば、リヴが肉と鋼の混合生物を創り出し、それをどこかへと運び出したことに気付きます。この過程で流れ者たちの部品、および大量の成長ホルモンと人工の有機組織が使用されています。
 【計算】を使ってラジオの近くを調べるティーンは、人間の感情を電波として送信するデバイスを作ろうとして失敗したものだと分かります。デバイスの横のメモには、名前の案が書かれています:「ピースメーカー」「オタガイ・サマー」「共感増幅器」「ウォー・エンダー」。
 【理解力】を使うティーンは、木箱についたKAB-IIIのマークが軍隊のものであり、木箱が同じ名前のシェルターから持ってきたに違いないと気付きます。図書館に行くか、地図を使用すると、東部ブラックレイクランド[ケープホーン]にあるシェルターを見つけることができます。ティーンたちがダイスロールに失敗した場合でも、情報を入手できますが、状態異常をチェックする必要があります。

地縛霊


 リヴの同僚であるエリザベス・ランドグレン[エリザベス・コックス]は、自分とその研究を未来に転送しようとして、彼らの研究室であるヘパイステウムと共に、約10年前に姿を消しました。現在、彼女は今再び姿を現そうとしており、それにより、以前一緒に働いていた人々の近くで奇妙な電気的干渉を引き起こしています。干渉は古典的な怪奇現象に見えますが、実際には時空間の位相転移なのです。リヴの家では、蛇口がひとりでに出たり止まったりし、エリザベスのささやき声が電話から聞こえ、地下の階段で足音が聞こえ、視界の隅の影が動き回ったり、物を倒したりします。これらの現象を使用して、家に恐ろしい雰囲気を作り出します。ティーンたちが【調べる】または【理解力】を使って何が起こっているのか解き明かそうとすると、奇妙な出来事は説明できないという結論に達します。

対決フェイズ

 トーテム族は、侵攻時にループを保護するために60年代に建てられた沢山の施設の1つ、廃墟となったKAB-IIIシェルターに移動しました。機械の胎児を産むというつらい工程は、ほぼ2週間続いており、現在、シェルターで完成に近づいています。リヴは小さな独房に閉じ込められています。ティーンたちは夢の幻視を止めるために胎児の誕生を止めなければなりません。

KAB-III
 ブラックレイクランド東部の森のいたるところに、シェルターへの入り口が約10箇所存在します。地面に鋼鉄のハッチがあり、ふつうは高い草や茂みの下に隠れています。ハッチには「KAB-III」というマークが付いており、ハンドルを回すことで開けることができます。ロックも警備もされていません。下に続くコンクリートトンネルは狭くて暗く、ネズミとクモでいっぱいです。ドリルやその他の道具の音とともに、機械の胎児からの悲鳴が、暗闇の中で反響しています。壁は、トーテム族の落書きで覆われています:歯車や鎖、パイプと融合している動物。誕生を意味する記号は、機械の胎児によく似ています。
 シェルターは3階建てで、数カ所の金属製の階段が、上2階に繋がっています。床の間の換気スリットが、建物全体に歪んだ音を運んでいます。1階には保管室があり、そのほとんどは空になっているか壊された木箱だけです。ある部屋には、機械の胎児にあまりにも多くを捧げてしまい、四肢のない鉄の塊になって床に転がり、発話もできなくなった流れ者がいます。闇の中であごがカタカタと音を立て、ティーンたちが近づくと目が輝きます。
 トーテム族は、2階の小さな部屋に住んでいます。いくつかのランプはまだ機能しており、弱くて青白い光で廊下を照らしています。ロボットたちは自分たちの部屋で静かに座り、暗闇を見つめています。自分たちが攻撃されない限り、彼らはティーンたちと交流したり、攻撃したりしません。小部屋の1つに鍵がかかっています。小さな、格子のついた窓から、ティーンたちはリヴを見つけます。彼女は近くのロボットたちを警戒もせずに(ロボットは、どんな音でも関係なく反応しません)、一同の注意を引き付けようとします。鉄格子を介して、リヴはティーンたちに、出産装置に流れる電気を増やして過負荷(オーバーロード)を引き起こすことで、機械の胎児を処理してくれるように依頼します。彼女は、配電盤は3階の、洞窟の右側の部屋にあると説明します。
 金属製の階段が3階まで続いています。3階は、1つの大きな洞窟部屋と、配電盤のある隣接した小さな部屋で構成されています。建設用ライトが湿った、灰色の壁を照らしています。部屋の中央にトーテムポールが立っています。トーテムポールは、自分の一部を機械の胎児に寄付した後に、死んだ流れ者たちの破片で構成されています。ポールは4メートルの高さで天にそびえ、無数の腕、脚、頭、手、足が一緒に溶接されて出来ています。機械の胎児自体は、ポールの隣にある何枚もの防水シートの上に横たわっています。
 胎児は、有機組織と、機械と、電気部品でできた不定形の塊で、全長5メートルです。物体は脈打って引きつり、ふくれ上がった沢山の目が、死にものぐるいで闇の中を見つめており、10個の口が一斉に痛みで叫び出します。身体全体でダイオードが点滅し、歯車が動き、変形した手足が暗闇で掻き回っています。血や、その他の体液が、その周りに水たまりを作っています。胎児に接続されているケーブルは、発電機のある小さな部屋の中に消えています。一族のリーダー、ジェーン、および他の2体の流れ者が、ドリルと、のこぎり、そして奇妙なバドミントンラケットのような道具を使って部屋で作業しており、胎児が成長を続け、バラバラにならないようにしています。
トラブル
 ティーンたちが電気の過負荷(オーバーロード)を引き起こして胎児を処理することについてリヴから聞いていなかった場合は、【計算】を使用して自分でそのことを理解できます。彼らはまた、無理やりもしくはケーブルを引っこ抜いて胎児を殺すと、非常に恐ろしい夢が津波のように諸島を襲い、信じられないほどの痛みを伴う死をもたらすことを理解します。
 ティーンたちが流れ者たちと胎児を攻撃するしないに関わらず、発電機のある部屋に忍び込んで過負荷を引き起こした場合、または別のアプローチを考えた場合は、難易度ノーマルの「エクステンド・トラブル」として扱いましょう。ジェーンと流れ者たちがティーンたちを見つけた場合、彼らは気絶させるために牛追い棒を使って攻撃します。ティーンたちがトラブルの勝利に失敗した場合、ミステリーの冒頭で述べた災害が諸島を襲ったため、彼らはサンガサビー郊外の野原で目を覚ますでしょう。
 ティーンたちが何とかして電気の過負荷を引き起こした場合、機械の胎児は痙攣をおこし、安堵のため息と共に息絶えます。
 ティーンたちが暴力を用いて胎児を殺したり、単にケーブルを引っこ抜いたりすると、胎児の死は激しく、痛みを伴うものとなり、冒頭で述べた災害を引き起こします。ティーンたちはとても近くに立っているので、彼らは最も強く食らい、【感受性】判定に成功しなければ「瀕死」になります。
 胎児が死ぬと、トーテム族は生殖の夢を捨てます。彼らの愚かさの実現は悲しみと同時に救いです。彼らがティーンたちを傷つけていたなら、流れ者たちは彼らに謝罪し、そしてシャーマンと再び合流するためにシェルターを去ります。ジェーンはリヴの独房の鍵を持っており、自分が去るときに彼女を外に出すでしょう。
GM:トンネルを出てシェルター自体に入ると、ドリルの鋭い響きと、痛みによる叫び声が響き渡ります。音はねじれ、歪んでいます。この1階は、円形の長い廊下のようなもので、側面にたくさんの開口部があり、ドアがなかったり、またはドアが故障していたりする。(簡単なスケッチを描きます)ここと、ここ、そしてここに降りる階段があります。壁はトンネルと同じグロテスクなマーキングで覆われており、彫刻もしくはスプレーで塗られています。
プレイヤー4(サナ):一番近い部屋をのぞきます。
GM:暗いですが、君はぼんやりとだが、リヴの家にあったような、KAB-IIIと書かれた壊れた木箱の外枠を見つける。部屋の中からノイズが聞こえる。金属と金属をリズミカルにこすり合わせるような。
プレーヤー4:入ってみます。
GM:暗闇で、一組の目が光り始めるよ。
対決フェイズの後
 ティーンたちがリヴを解放するなら、彼女は感謝します。彼女はマークの死について聞くと非常に申し訳なく思いますが、それに対する非難を受け入れようとはしません。ティーンたちは、エミおばさん[エリンおばさん]に葬式への出席を許可してほしいと説得することができます。式の前夜、流れ者たちは教会を飾ります。葬儀の間、リヴとエミは隣同士に座っています。マークのお父さんがその後ろに立って、誰とも話すことなく、式が終わるとすぐに立ち去ります。島の住民は、夢の幻痛を、下水処理施設での技術的な機能不全のせいにします。

後日談フェイズ

 トラブルの有無にかかわらず、ティーンたちは、それぞれ日常のシーンを行います。ティーン自身でシーンを設定してもよいでしょうし、GMにどうするか訪ねても構いません。もし時間がなければ、各プレイヤーは代わりにティーンの日常の一瞬として、短いスナップショットを描写します。

プレイヤー1(サンドラ):最後のシーンでサナの妹と話したい。
プレイヤー4(サナ):そこにいてもいい?
プレーヤー1:しばらくしたら入ってきて。
GM:どこで会おうか?
プレーヤー1:妹に電話して、図書館の近くの遊び場で会うように頼みます。私はブランコの1つに腰かけていて、妹は隣のブランコにいる。風が強く、寒くて、二人っきりだ。
GM:サナの妹は鎖をつかんで後ろに寄りかかり、砂の上を足で引きずってゆっくりと揺れる。「あなた、サナの友達よね?」
プレーヤー1:うなずく。「何が起こったか知ってるんだ。私に起こったの」。

成長

 最後のシーンの後、キャラクターのシートをまとめて見て、ティーンたちが成長したかどうかを確認します。プレイヤーが望むなら、各ティーンの問題、コンプレックス、アイコンアイテム、または人間関係を変えても構いません。一同は、自分たちの対立をまとめて変えることにしても構いません。プレイヤーにXPの質問(97ページ)を声に出して読み上げてください。はいと答えるごとに1XPとなります。