Top > 初めて遊ぶ人へ
HTML convert time to 0.043 sec.


初めて遊ぶ人へ

Last-modified: 2008-05-29 (木) 16:50:05

syosinsyakouza_banner.jpg

 
soldier

よくぞ集まった!新兵の諸君。我輩が教官のSoldierである。

demoman

やかましい!おまえはいつも叫ぶことしかできんのか?

enginear

hehe!じゃあ早速SGでも建てて皆殺しに・・・

soldier

何をいきなりEngineerをやってるんだ。新兵の癖にいきなり戦局を左右するようなクラスを選びおって。素人が置くSGなぞ、我輩のロケットでスクラップだ。

spy

それでは俺が相手陣営に忍び込み後ろからさっくり・・・

pyro

ホロホロホロホー・・(素人のSpyなんぞ、火あぶりですぐ焼け死ぬからどうでもいいな)
ホロホロホー・・・(怪しさ100%で近づいてくるからなあ)

sniper

フフン。遠くから撃ってればKill稼ぎ放題だぜー

soldier

どうしようもない新兵ばかり集まったもんだ。しかたない、今からお前ら新兵のための講座を行う。よく聞くように!!

目次 Edit

このゲームを初めて遊ぶ方へ Edit

soldier

このゲームは通常のFPSよりリアルではなく、カートゥン調のキャラクターを使うなど、初心者でもとっつきやすい分、初めてFPSをやるような人でも参加することが多い。
なので今から初めてこのゲームをプレイするに当たってのアドバイスをするぞ。

scout

よろしくおねがいします。ところで俺は何のクラスをやったほうがいいのでしょうか?

soldier

このゲームは通常のFPSと比べ、まったく違う性能の9つのクラスを使う。それぞれのクラスで出来ることが違うから、他の人のやっているクラスを見て自分のやるべきことを判断しないと、他の人に迷惑がかかってしまうぞ。"俺はこのクラスしかやらない" などの考えがいるチームが負けるようになっているのだ。

 

このゲームは味方を撃って殺すチームキルという概念がありません。味方を撃ってもダメージも、吹き飛ばしもしませんので、遠慮なく撃ちまくってください。他のゲームだと敵味方の区別を付けることも難しいと思いますが、完全に色が分かれていますので視確認性が高く、わかりやすいゲームになっています。
味方が自分に向かって撃ってくるのはSPY対策です。これはまた後で説明します。
(最近海外などでフレンドリーファイアーFFをONにしているサーバーもあるようです。しかしながら、公式にはFFの設定は無く、特殊なMODと呼ばれるプログラムで設定しているので圧倒的に数は少ないです。FFをONにしているサーバーで遊んでいる人たちは、初めてプレーするときほとんどの人は最初間違えて味方を撃ち殺してますので慣れっこのようですが。)

 

初心者にありがちなのはスコア重視で遊んでしまい、死ににくいと思われてる、Engineer、Sniperなどのクラスを選びがちですが、このクラスはどちらも戦局を分ける大事なクラスです。
スコアより、コントロールポイントを取ってチーム勝利に貢献することを目指してがんばってください。

 

クラスの変更は死んだ時に「,」キーで表示されますが、生きている時でもリスポンポイント(生き返った時に戻る場所)ですぐに変更できます。戦況に応じて変えると良いでしょう。リスポン以外で変更すると生き返るまでに時間がかかるので注意。
まずはオールマイティーに戦える、Soldier、Demoman、またMedicが付いてくれることが多いHeavyなどをやってみることをお勧めします。戦局を判断できるようになるまではEngineer、Sniper、Spyなどのクラスには他の人に譲ったほうがいいかもしれません。ある程度やってる人は自分のやるクラスに固執しない、全体を見てクラスを決める人が多いと思います。
また、マップで攻撃側なのにEngineerで出るのは控えましょう。攻撃側の場合は1人いれば十分です。

 

また重要なことですが、サーバによってはEngineer、Spy、Sniperの人数制限を行っているところもあります。(秘密基地など)プレイしてるだけでそのクラスで出撃できない場合は、あなたの行動、能力がそのままチームの勝利に繋がっています。よく考えてクラスは選びましょう。
クラス選択画面の右下に他のプレーヤーのクラス一覧が、クラス選択ボタンの上に各クラスの人数が表示されています。それを見ながら不足していると思われるクラスを選択するのがベストです。

 

プレイする上で大事なのはマップを覚えること。マップは自分でサーバーを作成して走り回ることからはじめましょう。
TC_HYDRO, CP_GRAVELPIT, CP_WELLは開発者による解説でも使用されているので、こちらも見ておくことをお勧めします。

 

このゲームは死ぬと多少待たされる事になりますが、スコアが減るわけではありません。死を恐れて中途半端に死ぬより、死にまくりながらコツを覚える事が大切です。復活を待っている間は他の味方プレイヤーや自陣の様子を観戦できるので、彼らの動きをよく観察するのが上達への近道です。

追記
大型アップデートでアンロック武器が導入されました。その解除方法は実績を解除することですが、この実績を解除するプレイは通常プレイで解除されないものが多いです。実際のゲームで回りはチームが勝つように動いている中で、自分だけ実績解除をしようとして変なプレイをすると周りに迷惑を掛けてしまいます。メディックは大事なクラス。自分のためにではなくチームの中のために行動することを重視することが大事です。

また実績解除をしたいのなら知り合いに頼んで実績解除用のカスタムマップでプレイすることも出来ます。賛否両論ですが、日本鯖の流れではチームが勝ちに行ってる中で、実績解除プレイをする方が悪い流れになっています。それよりもメディックのアンロック武器はあっても無くても問題ありませんので。

前作(TFC)をプレイしたことがある人へ Edit

基本的なことは前作と同様です。
ただ色々変更点などが多いので以下それをまとめました。
前作(TFC)との違い
TFCがブームだったのは、かれこれもう7~8年も前の事ですので
忘れている事が殆どかもしれませんが
当時を思い出しながらゲームプレイするのも良いかと。

クラス別のセオリー Edit

soldier

ソルジャー(Soldier)はオールマイティーに使えるクラス。ただし、AIMがある程度無いとロケットを当てることは難しい。敵の足元に当て吹き飛ばし、落ちてくるところを直撃させることが出来るようになれば一人前。足元にロケットを撃ちその爆風で同時ジャンプすると高く飛べるので、普段行けない様な所から攻撃することも出来る。初心者はまずこのクラスで戦場に赴きましょう。最初は俺が俺がと言わんばかりに突撃をしているだけでも大丈夫です。ロケットランチャーは敵に近づいて撃つほど命中しやすいですし、加えて与えるダメージも高まります。慣れてきたら攻撃タイミングや全体の駆け引きなどを覚えていく。これで初心者からでも味方に貢献できます。


demoman

デモマン(Demoman)は二つの爆破物で攻撃にも防御にも使える万能クラスです。グレネード弾はノーバウンドで直撃させればダメージも大きいので密集してるところに撃っていきましょう。また、物陰から隠れて攻撃も出来ます。SGなどもノーダメージで壊せます。粘着爆弾は防御にも攻撃にも使える万能爆弾。遠いところからでも爆破できるので防御に使いがちですが、相手の密集してる手前などにくっつけ、相手の攻撃をしのぐ使い方も出来ます。前線付近からグレネードを敵に向かって撃っているだけでも、やっかいな相手となります。


heavy

ヘビー(Heavy)は一人では戦いにくいクラスです。ミニガンは集弾率が悪いですが、その分広範囲をカバーできるのでAIMはあまり必要なく戦えます。サブ攻撃キー押しっぱなしで砲身を空回ししておけばそのままメイン攻撃キーですぐ発射でき、射撃中断後も空回しを続けていれば素早く再射撃出来ますので、敵がいるあたりからは砲身を回したままで移動をするといいでしょう。体力も多いのでMedicを守るようにしてあげると、ユーバーチャージも溜まりやすく、死ににくくなるでしょう。SoldierやDemomanの一歩後ろ辺りから弾幕を張り、相手を退かせるのも立派な戦略です。ただし、前述の通り弾の収束が悪いので遠距離には向きません。また、砲身回転中は移動力が大幅に制限されるので遠距離から狙われやすくなるほか、回転音がするので待ち伏せには不向きです。


pyro

パイロ(Pyro)は火炎放射で相手を焼き尽くす攻撃型のクラスと思われがちですが、相手Spyをあぶりだすのに必須なクラスです。どちらかというと防衛に使うのが有効です。Spyは何に化けていても火が付きますのでわかりやすいです。攻撃に使う場合は物陰から一気に接近戦に持ち込み、火をつけてショットガンなどで攻撃もいいでしょう。相手に火が付くと焦り、攻撃も緩まります。


scout

スカウト(Scout)はその機動力で相手をかく乱させ、二人分のキャプチャースピードでCPを取れます。しかし体力は9クラス中で最低(125点)なので、真正面から戦うよりも自慢のスピードを生かした戦いを求めた方がいいでしょう。Pyro、Heavyなどには弱いので、どんどん動き、CPを取っていきましょう。


sniper

スナイパー(Sniper)は遠くから攻撃できますが、激しく動き回る相手にヘッドショットを決めるためにはAIMが必要です。他のゲームなどである程度鍛えていれば使えるとは思いますが、このゲームが初めての人には他のクラスからやってほしいものです。ゲーム結果に自分以外の死亡数は表示されませんのでKill数よりCPなどを取ったほうがそのゲームに貢献してると判断されると思います。


medic

メディック(Medic)はチーム全体の中でも死亡率を下げるために非常に大事なクラスです。うまくなるとチーム全体の流れを操作できるようにもなります。自分は生き残ることを考えましょう。そのため、絶対に安全な場所でない限りは、回復中も常に動き続けることが求められます。ScoutやSoldierのようなフットワークを身につけるようにしましょう。繰り返しになりますが、味方にとって頼もしいメディックとは、最前線でヒールしつつ死なないメディックです。誰を、どのような状況で回復するか、それによって大きく結果が変わってきます。
余裕があるときは全てのクラスをブーストすることも忘れないでください。


spy

スパイ(Spy)は初心者にはお勧めしません。ある程度他のクラスを勉強して、相手Spyの見分け方などを理解した上でやってみましょう。相手に変装したり透明なるなど使いこなせれば多彩な能力で敵をかく乱できます。また、背後から刺せばどんな敵も一撃のナイフや、Engineerの作る設備を機能停止&破壊できる工作装置も設置できます。どのように近づけば怪しまれないか、など心理戦を行ううえで面白いクラスではあります。


enginear

エンジニア(Engineer)はマップ上に建築物を作れる唯一のクラスです。建築物には攻撃に使える据え置き銃座のSG(セントリーガン)と弾薬や体力回復などに使えるディスペンサー、それに移動に使うテレポーターの入り口と出口の4つを作ることが出来ます。この建築物はゲームに非常に重要な要素です。置く場所などにより難しくもなり、破られやすくもなります。

ゲーム中のセオリー Edit

このゲームは味方を撃って殺してしまうチームキル(TK)という概念がありません。他のFPSではTKをしないよう、まず敵味方の区別を付けることから始めますが、このゲームでは違う色の相手は全て敵です。思う存分弾を撃ちまくってください。

 

撃って、殺して、殺されまくってください。いくら死んでもマイナスポイントは付きません。
他のゲームにあるような、命中率やK/D率(殺害と死亡の比率)という数値は表示されません。自分が死んだ回数は表示されますが、ほかのプレイヤーには知られず、蓄積もされません。いくら攻撃を外してもいいし、何度死んでもいいのです。ゲームの目的はチームが勝利すること。チームが勝利するためにはコントロールポイントを取る、フラグ(Flag, 重要書類)を持ち帰ることです。敵をいくら倒してもチームがコントロールポイントを取らないと勝てません。

 

上達のコツは攻めることです。死ぬことを恐れてはいけません。キャンパーと言われる、防衛に徹し自分の陣営に入ってくる敵だけを殺すというのは、防衛マップの防衛側がやることです。もちろん防衛マップではコントロールポイントを守らなければならないので、徹底して防衛をしましょう。
まずは、プレイして死んで、復活を待っている間に他の人のプレイを見てみましょう。左右クリックで観戦の目標を切り替えできます。うまい人のプレイや、自陣の様子を見てコツを掴んでみましょう。

 

セントリーガン(SG)対策 Edit

Engineerの作るセントリーガンは非常にやっかいな物です。それの対応方法を知らないと上達しないと思います。

セントリーガン(以降SG)はEngineerが作る、非常に強力な武器です。備え付けで自動で周りの敵を探し攻撃します。何の対策もなしにSGの前に身を晒けるのは自殺行為です。
SGを見つけた場合はVCやチャットで連携を取っていくべきです。SGが設置される場所はある程度決まってきていますので、慣れてくると予想も出来ます。ピッという音をよく聞いてSGがないか確認しましょう。SGにやられて死んだ場合はチャット(uキー)でSGの位置を書いておき生き返ったら発言するといいでしょう(チームチャットは死んでる時に発言しても生きている味方に伝わらない)。チャットだと見ていない人もいるかもしれませんのでVCが出来る人は読み直して上げると更に全員把握が出来ると思います。
ちなみにSGの場所報告は全体チャットで行ってもいいかもしれません。全体なら死んでいるときでも伝えられますし、相手チームはある程度自軍SGの場所を把握してることが多いので、相手チームに知らせても問題ないことが多いです。

SG練習用BOTマップ Edit

対戦でプレイしている時のSGは始めとても難しいと思います。なのでBOTで遊んでみるのもいいかもしれません。カスタムマップSGPARADISE というカスタムマップを作りました。このマップはBOTがSGを作っていますのでそれを破壊してCPを取るという一人用(複数人数でもできますが)カスタムマップです。赤チームのエンジ5人がSGを叩き続けます。SG対応できればソルジャー一人でクリア出来ます。SPYのザッパー>バックスタブのコンボの練習もいいかもしれません。

SGの特徴として、 Edit

  • Lvが3段階あり、最強状態だとミサイルまで発射する。
  • 障害物や透明マントで隠れてる敵には対応しない。
  • 見つけた1人の敵の方に向いて攻撃。同時に複数は攻撃しない。
  • 見つけた場合はピッと音を出す。(音を出す場合、SGのレベルにより音が違う)
  • 360度対応
  • Spyが変装してる場合は味方と判断する。

SGの対応方法 Edit

  • 複数で同時攻撃。Soldierが適任
  • ユーバーチャージを使い無敵状態で攻撃する。Medicが先に先行するとSGのターゲットがMedicになり、後ろの攻撃者がSGの攻撃に飛ばされなくなる。
    • よくユーバーチャージのペアにまかせっきりな場面を見るが、ターゲットがユーバーなら他には攻撃して来ないので他のユーバーじゃないプレーヤーも積極的に破壊に協力すべき。特にEngineerが付いているとユーバーでも壊せない。
  • 遠くからスナイプする。(Sniperの最大チャージ攻撃で2発ほど)
  • Demomanで物陰から隠れて粘着爆弾を数個つけて一片に破壊する。他のクラスでも物陰から出たり隠れたりしながら攻撃する。Lv3相手に再度物陰から出るときは、遅れて届く4連ロケット弾に注意。
  • Spyの電気サッパーを取り付ける。壊し損ねたとしても、SGが麻痺している間は突破口を開くチャンス。
  • 修理しているEngineerや耐久力の低いディスペンサーから狙って壊す。SGが盾になっているときは、直撃を狙わず、付近の地面や壁にロケット弾を撃ち込んで、側面から爆風を浴びせるといい。
  • 正面から壊す(Lv1限定)。懐に飛び込めればPyroやScoutでも破壊できます。
    などがあります。もちろんこれらをされないようにEngineerなどが防御してますし、他の人の攻撃もありますので簡単にはいきませんが、VCなどで連携を取れると非常に簡単に破れます。この連携が楽しいと思います。

ユーバーチャージについて Edit

Medicが使うユーバーチャージは均衡を破る決定打かもしれません。チャージ使用中はMedicは無敵になり、メディガンで繋がっている味方も無敵になります。回復対象を変更すれば無敵の対象も変更になります。
代償として、被弾や爆風による衝撃が増幅され、吹き飛ばされやすくなります。
もちろん相手もユーバーチャージを使ってきます。Medic付きの相手が居たらチャージを溜められないよう先にMedicから倒すようにしましょう。

もしあなたがユーバーを掛けてもらったら Edit

SGがある場合とにかくSGの近くまで走りましょう。遠くから撃っていると壊れません。大抵エンジニアが付いているので先にエンジニアを倒してからSGを壊します。
また不用意なジャンプは吹き飛ばされる危険があるので避けます。
SGを壊したら近くに居る敵を片っ端から倒しましょう。ただしメディックが付いている敵の場合は先にメディックを狙います。
敵の防衛が堅い所の場合も大体同じです。とにかく掛けられた瞬間から相手を攻撃しやすい所まで走り、切れるまで暴れまくりましょう。
無敵なので落ち着いてよく狙って撃ちましょう。無駄弾を撃つとせっかくの無敵時間をリロードに取られてしまいます。弾が切れたらリロードよりも他の武器に切り替える事も考えましょう。

CPを取りに行く時は粘着を撒いている敵デモマン・ヘビー・メディックなどを優先して狙いましょう。無敵の間はCPを取れないのでCPに乗るよりCPの周りを掃除します。
ユーバーを掛けられたのにそれまで固まっていた場所で留まり続けるのは最悪の行動です*1。メディックが一生懸命溜めたユーバーを無駄にしないためにも、今までいけなかった所まで走ってから敵を攻撃しましょう。

もしあなたがクリティカルユーバーを掛けてもらったら Edit

クリティカルユーバーとはユーバーが掛かってる間攻撃がすべてクリティカルになるユーバーです。その代わり掛けた人も掛けられた人も無敵にはなりません。掛けられると武器に電撃が走ったようになります。

もしクリティカルユーバーを掛けてもらったら突っ込みすぎない程度に近づき攻撃しましょう。近くに居てこちらを攻撃してきそうな敵から片付けましょう。
無敵ではないので突っ込みすぎるとやられてしまいます。相手が物陰に逃げたら追いかけた方が良いですが、その際も粘着やSGに注意して追いかけましょう。
攻撃に夢中になっている間に足元に粘着を撒かれてたり、メディックが後ろで攻撃を受けていないかも確認しましょう。
またクリティカルダメージはSGに通用しないので無敵と違いSGよりも敵プレーヤーを優先して攻撃しましょう。
無敵ユーバーが着ているときに掛けられたら無敵でない敵を狙いましょう。
基本は掛けてもらった瞬間から撃ちまくる事です。

ユーバーチャージ同士の衝突 Edit

ユーバーチャージ同士の衝突はどちらも無敵なので、先に切れたほうが圧倒的不利になりますので、先に使うほうが負ける確率は高いです。

SG対策 Edit

ユーバーチャージを使ってSGを攻撃することが多いですが、SGの攻撃を受けると無敵状態でもかなり押されます。なので足の遅いHeavyなどは攻撃の向きにより押されてしまい、まったく近づけない場合がありますので、SGを壊す場合はMedicが先行してSGの攻撃を受けてあげることが大事です。ただしそのときMedicが押されすぎて攻撃者と離れて無敵が解除されることも注意しましょう。

ユーバーチャージの相手が来たら Edit

まともに相手をするのは無駄なので、無敵が切れるまで逃げるなり他の敵を相手しましょう。ユーバーチャージ中はCPのキャプチャーやブリーフケースの運搬が出来ないのでユーバーの2人だけで突っ込んでくる相手にはやり過ごす作戦が効果的です。ユーバーチャージ中の2人を盾にしてキャプチャーやブリーフケースの奪取を狙われると厄介なのでむしろそちらに気を付けるべきです。
また、SoldierDemomanで足元を攻撃するのも有効です。当然ダメージは与えられませんが、爆風の衝撃は増幅されるので、うまくいけば浮き上がらせて前進を阻止したり、大きく吹き飛ばしてメディガンの連結を解いたり出来ます。

何度もユーバーで来られてるなら、多少無理してでもユーバーを溜められる前に相手のメディックを倒すようにしましょう。

ユーバーチャージ時の注意 Edit

ユーバーチャージを使ってるときはコントロールポイントのキャプチャーはできません(キャプチャーの進行を止めることはできます)。CTFマップの場合ブリーフケースを持つことは出来ません。またブリーフケースを持っている場合は使えません。
脱出するときに使えばいいと思っていると使えないので、やられる初心者さんも見られます。注意しましょう。
また、CPをキャプチャーするときにまわりに敵の気配がなく、占領人員が少ない(3人以下)場合は、ユーバーチャージを解除してCPキャプチャーに参加しましょう。4人分までなら占領を高速化できますし、それより多い場合でも、キャプチャー達成による得点は参加者全員に与えられます。

Spy対策 Edit

Spyは敵の誰かに変装できる能力を持っています。変装すると敵からは名前も姿もまったく同じに見えますので、それを見破るための対策があります。

  • 攻撃してみること
    味方の場合はダメージは受けません。Spyの場合はダメージを受けます。体力など減ってないように見えても一度ターゲットを外してもう一度見ると減っている場合があります。よく確認しましょう。またPyroの火炎放射で火が付きますので一目瞭然です。Spyの天敵はPyroです。
  • 手持ちの武器で確認
    Spyは変装する場合は第一武器を持ちます。変装中、どの武器を持っても第一武器に見えます。もし手持ちが第一武器をもっているなら怪しいと判断したほうがいいでしょう。攻撃すると変装は解けますので、判断ポイントです。
    (周りに味方がいるのに注射ガンを持ったMedic、敵がいないのにショットガンを持ったEngineerなどは特に注意しましょう)
  • 足の速さでSpyを確認
    Spyの足の速さはそのクラスになりきりますが、例外としてScoutやMedicなど足の速いクラスの足はまねることは出来ません。Medicはほぼ同じような速度なのでわかりにくいですが、Scoutはすぐわかると思います。
  • 動きでSpyを確認
    Spyはもちろんリスポンポイントなどは敵拠点。相手陣営から走ってきたり、変なところにいたりしたら疑っていましょう。Medicを呼ぶ行動を連打する人も怪しいです。
  • 触って確認
    このゲームでは、同じチームのプレイヤーと体が接触しても若干の反発があるだけで、すれ違い程度ならお互いぶつかってもスルリと抜けていってしまいます。
    それに対し、敵プレイヤーと接触した場合は重なることが出来ません。すれ違いざまなどに体がぶつかって引っ掛る味方がいたらそれはSpyです。Scoutなどの場合は撃つよりも触ったほうがSpyチェックしやすいです。
  • 名前やライフで確認
    仲間に照準を合わせたときに表示される名前が自分と同じ人、名前の下にユーバーチャージが表示されないMedicがいたらそれは変装したSpyです。Spyが自分よりもライフの多いクラスに変装している場合はライフが満タンでも他人から見るとライフゲージが少し減っているように見える。慣れてくれば見るだけで「プライマリウェポンを持っていて、ライフがこれくらい減っている味方は怪しい」とわかるようになるだろう。

マップのセオリー Edit

マップと陣営によってセオリーは大分変わってきます。それぞれに解説をします。その前にマップのルール
マップの名前で大体のルールは決まってきます。

注意: 最近のパッチで、マップ名表示にファイル名ではなく正式名が使われるようになったため、ファイル名の頭に付くCP_やCTF_,TC_など、マップの特徴を表すプリフィクスがマップ名の表示からなくなりました。後ろの名前で判断をお願いします。メニューは以前の名前のままで表示しています。

CP_XXXX Edit

CPが付いているのはコントロールポイントを奪い合うマップです。対等の条件で順番に奪い合うマップと、それぞれが奪取と防衛に専念するマップがあります。

CTF_XXXX Edit

CTFが付いているマップは重要書類を取り合うマップです。

TC_XXXX Edit

TCが付いているのは陣取りマップです。CPを奪う毎にラウンドが一区切りされるほかは対等条件のCPマップに近いですが、奪い合いの対象となる陣地が毎回ランダムで選ばれたり、最終CPでは各チームの目的が奪取と防衛に変わったりと、陣地の組み合わせによって攻略法が変わる特異なマップです。

 

以上のようになっています。カスタムマップなどでもこのルールはほとんど同じですので覚えておきましょう。
また、大体のルールは開始前のムービーで説明も行われますので、見てない人は一度は目を通しましょう。
CPマップでもルールが違うことが多いので以下にその説明をします。


押し合いマップ (CP_WELL, CP_GRANARY, CP_BADLANDS) Edit

soldier

CPマップの目的はコントロールポイントを奪うことにある。それ以外にはない。SniperやMedicでも関係ない。敵のコントロールポイントを奪え!!味方のコントロールポイントを守れ!!そしてコントロールポイントの上で死ぬのだ!!それが出来ない奴は戦場には要らん!!

これらのマップはいわゆる押し合いマップです。前線のCP(Control Point)を順番にを取り合います。敵の裏をかいたつもりでも南京錠マークがついているCPは取れません。
CPを取り進めていくとリスポンポイントも前進します。

 

敵CPの上に乗るとゲージが自分チームの色になって行き、完全になると取れます。
上に乗る人数が多いほど早く取れます*2。また、Scoutは二人分の速さでゲージを変えられます。
途中でやられるなどしてCP上から排除されても、ゲージの回復には時間がかかる*3ので、早く乗りなおせば続きからゲージを進められます。

 

奥の方のCPほど早くゲージが変わり、最後のCPは例えScout一人でも乗られると、あっという間に取られてしまいます。
自軍のCPの近くに居てCPが取られかけた場合は、すかさずCPの上に乗ってから乗ってる敵を迎撃しましょう。敵が何人乗っていても、味方が1人でもCPの上に乗っている限りゲージが進むのを阻止できます。ほんの1秒未満でもいいので、味方が気づいて戻ってくる時間を稼ぎましょう。もしユーバーチャージが使用可能なら、かける相手がいなくても惜しみなく使いましょう。無敵中でも占領の阻止は可能です。
CPの上の敵を倒し終わったら攻めに行きましょう。時間とともにCPは自軍の色に戻ります。

 

青も赤も同じ条件で戦えるため、プレイヤーの質によって決まってきます。
味方が押している時は多少無理をしてでもCPを取るようにしましょう。
押されている場合は諦めてエンジニアをやりがちな人が多いですが、すでにエンジニアが居てその人がまともにプレイしているなら新たにエンジニアをやるのは止めましょう。何故なら前線で戦う人数が減るとただでさえ押されているのがさらに早く押されるようになり、エンジニアで施設を作ってもすぐ壊されたり間に合わない状態になってしまうからです。押されている場合はなるべく味方と一緒に戦うようにして死なないように前線を維持するようにした方がベターです。
如何に相手の陣営に攻め込むかがポイントです。お互いに攻められると非常に不利なマップですので、どんどん攻めるようにしましょう。
CPを取るのが目的のマップです。

CP_GRANARY, CP_BADLANDS Edit

これらのマップはセットアップタイムがありません。
したがって、ゲーム開始後すぐに走って中央を取り合うため、Scoutで攻めがちですが、数秒遅れて到着するHeavy+Medic、Soldierなどの火力によって、多くの場合はCPを奪い返される可能性がありますので、チームメンバーのクラスを見て、適宜クラスを変更する必要があります。
戦力が拮抗している場合、中央のCPが激戦区となります。

 

CP_BADLANDSの注意点は、CP同士の位置関係が一直線ではないため、中央CPを目指して最短距離で移動しようとすると、基地正門前の橋付近にある螺旋岩(Spire, CP2/CP4)の守備がおろそかになりがちなことです。
ここでの攻防戦を優位に進めるには、頂上へ短時間で到達できるクラス(付近の高所から2段ジャンプで頂上に行けるScout、真下からでも爆風ジャンプで一気に登れるSoldierやDemoman)が不可欠です。

CP_WELL Edit

このマップはセットアップタイムがありますので、どのクラスでも中央建物までにセットアップタイム中に到着できます。
ただし、その両脇に置かれた貨車は、

  • 建物との隙間からはSniperの狙撃
  • 地面との隙間からはロケット弾

がやってくる可能性があるので、これらの攻撃を受けやすい、シャッターに密着した状態で待機するのは避けたほうが無難でしょう。
また、SoldierやDemomanの急な飛び出しや、各種爆弾の飛来にも警戒する必要があります。

 

中央の建物に敷かれている3本の線路のうち、外側の2本は不定期に機関車が通過します。轢かれると即死なので信号機が鳴り出したら注意しましょう。
真ん中でこう着状態になったら水路を活用しましょう。ただし、両チームの倉庫へ通じる水路には扉があり、これは倉庫側からしか開けません。水路から倉庫への侵入や帰還は出来ないので、溺死に注意しましょう。

防衛マップ Edit

enginear

防衛マップはEngineerがポイントだ。どこにセントリーガンを置くか、どこにディスペンサーを置くのか、よく考えて設置するのだ。防衛マップは俺たちの天下だぜー

soldier

ばかもん!なんで攻撃するときにEngineerが4人もいるんだ!!周りのクラスを見て決めろと何度言ったらわかるんだ。

防衛マップでは全体的なクラスのバランスが悪いとあっさり負けたりすることが多いです。どのクラスも満遍なく仕事をして防衛しましょう。

  • 防衛側
    • EngineerでのSG防衛やDemomanでの粘着爆弾を有効に利用しましょう。
    • リスポン時間が攻撃側より長く設定されているので特攻は避け、Medicやディスペンサを活用しながら死なないように防衛しましょう。ただしCPが取られそうになったら死ぬ気でCPの上に乗り奪取を阻止しましょう。
    • 中間CPの場合、守りきれないと判断したら、諦めて後退し、次の防御に移ることも大事です。むやみに突撃して死者を増やすと、復活待ち中の防御が手薄になり、なし崩し的に最終CPを奪われる可能性があるからです。また、前線が守るべきCPから離れすぎていることで、前線をすり抜けたScoutやSpyによる奪取を許しやすくなります。
  • 攻撃側
    • 防衛を崩したりCPを取りに行きやすいクラスを選択すべきです。Medicのユーバーチャージも活用しましょう。Engineerはテレポートによる移動補助やディスペンサによる補給、SGによる前線維持の為に1~2人居れば十分です。
    • リスポン時間が標準の1/2~1/4と、防御側より短く設定されているので、死を恐れずにドンドンCPを取りに行きましょう。

一度取られたCPは取り戻すことは出来ません。攻撃側はどんどん攻める、防御側は徹底応戦をしましょう。

CP_DUSTBOWL Edit

CP_DUSTBOWLは青が攻撃、赤が防衛マップです。
マップは3つのゾーンに区切られており、1ラウンドも同じく3つに区切られています。
各ゾーンのミニラウンド毎にセットアップタイムがあり、青側のところまで赤側は移動があり遠いため、

  • 青は如何に最初のユーバーを貯めて一気に1個目のCPを取れるか
  • 赤はそれまでにセントリーなどの防衛陣をどこまで敷けるかが

それぞれの最初のポイントでしょう。

 

赤にはEngineerが必須ですが、青にはEngineerは必須ではありません。
はじめたばかりだとマップがどのような構造なのかわかりませんので、クラスの選択に注意しましょう。

 

コントロールポイントは赤が二つ持っています。このCPを青が奪取することで次のステージ(同じマップの次のゾーン)に移動します。最初のCPをとるまで次のCPはロックされていますので、順番に取っていきましょう。一度CPが取られてしまうと赤はそれを奪い返すことは出来ません(ロックされます)。

CP_GRAVELPIT Edit

CP_GRAVELPITは青が攻撃、赤が防御のマップです。
マップの攻略対象は3つのゾーンに分かれていますが、こちらは1ラウンドが途中で区切られることはないので、最初から全てのゾーンを行き来できます。
ポイントはA,Bが最初に取れ、その両方を制圧するとCのロックが外れます。
青側がCPを取るとロックされますので、赤は奪い返すことは出来ませんので注意。
初心者はロックされたところを奪いにいこうとする場合もありますので、よくルールを覚えましょう。

青側
最初はチャットやVCでどちらに集中するかを確認しておいたほうがよいでしょう。
またユーバーを貯める時間があるため、開始後いきなり無敵で攻めることも出来ますので、一気に片側を落としたいところです。
CPの耐久力は非常に高く、また占領の高速化は4人分までなので、占領要員以外はCPの外で敵の襲撃に備えましょう。CPに乗るのは完了間際でも十分です。

赤側
A,Bをどちら防衛するか、また分散するかなどの打ち合わせはしておいたほうがいいでしょう。
片側を捨てたほうが守りやすい場合もあり、そのときの状況をみて判断しましょう。
また、Cがロックされている段階でも、CP頂上に潜伏してロック解除と同時に速攻奪取を狙う敵がいる場合があるので、時々登って見回るようにしましょう。

旗取りマップ(CTF_2FORT, CTF_WELL) Edit

soldier

旗取りマップでは如何に他の人と連携が取れるかが大事である。SGの場所、どこで防衛してるか、地下の様子、落とした書類の場所、どこどこを守れ。などだ。どんどん報告して連携を取っていこう

旗取りマップは
ctf_2fort0000.jpg
を取り合うゲームです。
両陣営のキャプチャーゾーン(ゴール)に置いてあり、敵軍のそれを自軍のキャプチャーゾーンにもっていくことが目的です。
ctf_2fort00002.jpg
のようにHUDが変わっていますので、詳しくはマップ解説(CTF_2FORT)をご覧下さい。
ここでのセオリーは防衛と攻撃に分かれることだと思います。

 

防衛の場合はEngineer、Pyroあたりで守り、その他は攻撃をしましょう。
防衛ばかりしているとまったくブリーフケースが取れずに、ゲームが終わらない場合があります。どんどん攻めていきましょう。

 

攻める場合はSGでの防御が必ずあると思ったほうがいいでしょう。
Scoutで一気に行ってもSGが抜けられない場合があるので、そういった場合はSoldierやSpyなど、SGに対処しやすいクラスと連携するといいでしょう。
また、Scoutなど主にケースを奪いに行くクラスの場合、途中で敵に遭遇しても強みであるスピードを生かして無視したほうがいいでしょう。無理に応戦して倒されては意味がありません。

 

ブリーフケースを手に入れた状態で敵に倒されたとしても、ケースは自分が倒された場所にしばらく落ちたままになるので、スピードが重要となります。したがって、VCやチャットでの連携が非常に重要です。今どこに落ちてる、ここにあるから守ってくれなど、HUDの情報と共にチェックしましょう。
ただし、VCやチャットなど、味方にしか伝わらない情報は死んでる最中は通じません。なので、リスポンするまでの間に文字を入力しておき、リスポンしたらすぐにチームチャットで伝えてあげましょう。

陣取りマップ(TC_HYDRO) Edit

soldier

陣取りマップはCPが1つずつしかない。相手を自軍陣営で迎え撃つより、相手陣営で戦うほうが、ScoutのCP奪取能力で戦闘中でもあっさり取れることがあるぞ。どんどん攻めるのだ!

陣取りマップは各チームの基地と4つの中間ゾーン、計6つのゾーンに区切られており、そのうち隣り合う2つのゾーン同士でその陣を取り合うゲームです。ゲームも1ラウンドが複数のミニラウンドに分割されています。
それぞれのゾーンには赤青1つずつコントロールポイントがあり、一方が相手のコントロールポイントを取るとミニラウンドは一旦終了し、別のゾーンで次のミニラウンドが始まります。こうして複数のミニラウンドを戦い、敵の最終コントロールポイントを奪えば1ラウンド勝利となります。

 

ゲーム開始時は赤青共に3つの陣地を保有しています。中間ゾーン同士の争奪戦は開始時に、縦・横・斜めで隣り合ういずれか2つのゾーンが舞台に選ばれます。
組み合わせは中間ゾーンだけでも6通りあり、またその組み合わせのどちら側にいるかによって異なる戦略が必要となります。

 
倉庫レーダー赤基地
青基地発電所ダム
 

どこに行くか最初は非常にわかりにくいと思いますが、戦闘しないゾーンは封鎖されていますし、広いところにでると、矢印がしっかり表示されてますのでそれで判断するといいでしょう。一番いいのは味方についていくことです。

 

CPのキャプチャースピードは早いほうで、Scoutなどが乗るとあっという間に取られます。自軍陣営で迎え撃つとちょっとした油断であっさり取られることが多いですので、相手側陣営にどんどん攻め込んでいくことが大事です。
ただし、その際Scout、Spyなどに抜かれてします可能性があるので、ある程度の防御はしておくべきでしょう。
Demomanの粘着爆弾防御も押している場合は有効です。

上達への秘訣 Edit

scout

うまくなる秘訣とかあるんでしょうか?いつまでたってもスコアが伸びません

soldier

うまくなる秘訣などない!プレイ数を増やしどんどん慣れていくのだ!

うまくなる秘訣というかアドバイスを

  • マップは必ず覚えましょう。
  • メディックの居る方に敵が抜けたら戻ってメディックを助けてあげましょう。
  • 武器は少ないので最低でも3種類はクラスを使えるようになりましょう。
  • マウスさばきなどのAIMはあまり無くても十分戦えるゲームです。立ち回りを覚えましょう。
  • 慣れてきたら突っ込みすぎて死ぬ事より、なるべくダメージを受けずに生き残る事を考えましょう。遠くの正面から飛んでくるロケラン・グレネード等は避けられる様になりましょう。当然引き篭もってばかりではダメです。前に出るか一旦引くかの立ち回りの判断が出来るようになれば一人前です。
  • 仲間と連携をとり、突入のタイミングを図ったり敵と交戦中の味方を援護しましょう。例えば右上のキルログを見て敵が大量に死んだらCPに突っ込むとか、キルログでSGが壊れたのを見たら前進する等・戦況を掴んでいつ防衛し、いつ敵に突入するか考えるだけでも同じ行動がまったく違う結果になります。
  • VCなどで連携を取るだけでも十分戦えます。ぜひヘッドセット導入を。恥ずかしがらずどんどん報告をすれば、チームの支援も得られるでしょう。
  • 個人のスコアを伸ばすことよりマップ毎の目的を満たす事を第一目標にしてみましょう。攻撃側EngineerでのSG設置や、防衛側でのScout使用等、例えスコアが上位であってもチーム目的に貢献しているかどうかは疑わしい場合が多いです。また、何ラウンドも自チームが敗北する場合、チームのクラス編成の偏りが敗北の最大の原因となっています。チームで必須といって良いMedicSoldierHeavyと言った戦線を維持する役割のクラスが居ない場合自分から進んで引き受けていくべきです。
  • 相手側にEngineerが多い場合はSpyScoutが多い場合はPyroHeavyEngineerでSG設置等、相性のいいクラスで柔軟に対応できるかどうかも重要です。SG・Heavyに対してScoutで向かっていく・気がついたら仲間が全員Engineerだった等あまりに無謀すぎる事が多々あります。

わからないことなどの質問について Edit

わからないことなどあればFAQをご覧下さい。わからない内容などあればFAQに質問を書けるコメント欄がありますのでそちらに書き込んでみてください。わかる人がある程度書いてくれると思います。

練習用マップの案内 Edit

初めてこのゲームを遊ぶ人用に練習用マップを用意しました。
どちらもアタッカーのメインクラスとなる、ソルジャーとデモマンをメインに練習できるマップです。
どちらも カスタムマップ工房 からダウンロードできます。 

マップファイルは.bspファイルというマップ本体のファイルを
(例)C:\Program Files\Steam\steamapps\あなたのアカウント名\team fortress 2\tf\maps
などのフォルダにダウンロードして解凍したファイルを入れればインストール完了です。

これらのマップはサーバー作成でマップを選んで遊べます。サーバーに入れなくても一人で練習できるマップです。

sg_portal Edit

http://natto.studio-web.net/download.html
http://www.fpsbanana.com/maps/52225
このマップはゲームの主要な要素でもあるセントリーガンの対策練習が出来るマップです。
BOTをマップ上で配置しています。BOTはエンジニアでSGを作り始めます。
後はどんどん進んでいけば最後にコントロールポイントがありますので、それをキャプチャーすればクリアです。クラスはぜひ、ソルジャーかデモマンで遊ぶことをお勧めします。エンジ二アは常にメタルを補給しながらSGを叩いていますので、まずそれをどかさなければSGを壊すことは出来ません。SGの特性と、武器が右側から出ていること(右利き)が分かっていればノーダメージでもクリアすることは出来ます。5分のタイムリミットは目安です。オーバーしても練習ですのでそのまま続行できます。
またスタート地点の上に隠しボタンがあり、それを押すと上級モードになります。上級モードはSGを壊しても一定時間で再度作り直しますので、難しくなっています。

AIR_SHOT_DEFENSE Edit

http://natto.studio-web.net/download.html
このマップはエアショットの練習が出来るマップです。マップ上をソルジャーが飛んでいますので撃ち落してください。最初はかなり難しいと思いますが、慣れてくるときっちり2発当てて倒すことも出来ます。このマップもクラスはソルジャーかデモマンで遊ぶことをお勧めします。パッチが当たってBOTがうまく飛ばなかったバグを修正したバージョンもアップしました。






*1 例外は、激しい攻撃を浴びている最中のSGを修理しているときに掛けられるユーバー。このときは、SGが生きている限りその場で作業を続行すべき。
*2 2人:1.5x 3人:1.92x 4人以上:2.32x
*3 速度は1人分の2/3。延長時間中はこれより速くなる。