章リスト

Last-modified: 2022-03-14 (月) 00:09:51

この一覧表は、「あのシーンはどこに書いてあったか」を探す時など、原作を読み返すためのしおりとしての使用を想定しています。
平心出版の紙書籍(全6冊)の目録と、それに対応する晋江文学城の章節のリスト化です。
「主な内容」は晋江文学城の一行あらすじの翻訳ではありません。

 
 

天官賜福 一 *1

平心出版晋江章名主な内容
第一章1天官賜福謝憐、三度目の飛昇
第一巻 血雨探花
第二章2破爛仙人三登仙京風信慕情と再会
3初任務と南風扶揺
第三章4三活寶夜談巨陽殿与君山の鬼新郎伝説
5将軍のあだ名対決
第四章6鬼娶親太子上花轎謝憐、偽花嫁になる
7花嫁だけに聞こえる唄
8鬼新郎?と明光殿
第五章
(一)
9山鎖古廟倒掛屍林消えた花嫁達を発見
第五章
(二)
10鬼新郎の正体
11二人の裴将軍
第六章12紅衣鬼火燒文武廟人面疫の少年
第七章
(一)
13衣紅勝楓膚白若雪謝憐菩薺村
14三郎と呼ばれています
第七章
(二)
15中元節、鬼の夜行に遭遇
16三郎菩薺観に招く
第八章17菩薺觀詭談半月三郎、扉を造る
18半月関から来た道士
19三郎 vs. 南風扶揺
第九章
(一)
20縮地千里風沙迷行半月関
21ある将軍の石碑
第九章
(二)
22謎の女道士
23土の中の顔
第十章
(一)
24曖花憐夜陷罪人坑罪人坑の中で
25例えば、俺が人間かどうか
第十章
(二)
26半月国滅亡の真実
27半月国師と花将軍
28風師登場
第十一章29風師平地起風沙三郎と呼んでほしい
第十二章30戳鬼王太子求真容菩薺村に戻る
31次に会う時は本当の自分で
第十三章32神武殿太子見太子謝憐、天界に戻る
33裴宿への罰
34君吾からの依頼
第十四章35鬼市太子逢鬼王鬼市
第十五章36隔紅雲賞花心堪憐鬼賭坊で賭けをする
37花城のサイコロ講座
38賭けの代償は食べかけの…

天官賜福 二 *2

平心出版晋江章名主な内容
第十六章39極樂坊攜君問仙樂謝憐極楽坊に招かれる
40包帯の少年に再会
41下弦月使と怪しい部屋
第十七章42借運道夜探極樂坊厄命、こんにちは
43不思議な扉とサイコロ
第十八章44極樂化土芳心再臨極楽坊炎上
第十九章45黑國師血洗鎏金宴郎千秋芳心国師
第二十章46恚南陽拳打刁玄真謝憐、軟禁される
第二十一章47劫仙宮三語嚇諸神謝憐、誘拐される
第二十二章48玲瓏骰只為一人安謝憐郎千秋
49青鬼戚容の住み処
50戚容、裴将軍を語る
第二十三章51孰假孰真難解難分鎏金宴の虐殺の真相
52謝憐戚容
53郎千秋、真実を知る
第二十四章54食人巢鬼王對天官三郎、君は何者?
55風信、土砂降りにあう
第二十五章56尋往跡再上太蒼山謝憐太蒼山
57墓参り
第二巻 太子悅神
第二十六章58神武大街驚鴻一瞥上元祭天遊
59落ちてきた子供
第二十七章
(一)
60遺紅珠無意惹紅眼慕情、弁明する
61耳飾り紛失
62謝憐慕情
第二十七章
(二)
63戚容、子供を引きずる
64謝憐戚容を叱る
65風信、自分の腕を折る
第二十八章66人上為人人下為人愛称は紅紅児
67天殺孤星の生まれ
68謝憐飛昇する
第二十九章69撈仙錢莽將遇太子郎英戚容に会う
第三十章70金像倒莽將埋苦兒謝憐郎英に会う
第三十一章71天上神袖手人間事永安の干ばつ
第三十二章72世中逢爾雨中逢花父王の白髪
73私のために生きなさい
第三十三章74雨難求雨師借雨笠謝憐雨師に笠を借りる
第三十四章75閉城門永安絕生機仙楽皇城、閉門
76永安の親子、三人死亡
第三十五章77仙樂亂太子返人間謝憐、父王と口論
第三十六章78平永安太子上戰場謝憐、戦場に立つ
第三十七章79背子坡太子陷魔巢君には剣より刀が合う
第三十八章80溫柔鄉苦欲守金身謝憐 vs. 温柔郷
81謝憐、血で陣を描く
82謝憐と少年兵士
83少年兵士、軍から追放
第三十九章84人面疫出土不幽林人面疫の始まり
85殿下、助けてください!
86人面疫の解決策

天官賜福 三 *3

平心出版晋江章名主な内容
第四十章87鍍金身鼎力挽天頹神像、空を飛ぶ
第四十一章88永志不忘永志不忘殿下は唯一の神です!
第三巻 百無禁忌
第四十二章89觀月夕鬥燈中秋宴半月の壺、争奪戦
90謝憐、中秋宴に参加
第四十三章91千燈觀長明漫漫夜半月国奇遊記、上演
92謝憐、闘灯で一位になる
第四十四章93懷鬼胎平地再起波消えた胎児の謎
94謝憐、妊婦になる
第四十五章95方寸亂莫道芳心亂初めての口づけ
96鬼市散策
第四十六章97白夜題書紅袖添香千灯観での習字教室
第四十七章98施怪計開門盜鬼胎胎霊、盗まれる
99胎霊の母親は誰?
第四十八章100亂對簿啼笑皆不當剣で童貞検査
第四十九章101爭喜功厄命鬥若邪厄命 vs. 若邪
第五十章102賢太子羹迎不速客風師地師菩薺観来訪
第五十一章103白話仙人喜宴哭喪地師謝憐の料理で気絶
104白話仙人とは
第五十二章105三神一鬼不見真仙白話仙人の被害者たち
106花城通霊の合言葉
第五十三章107四鬼神聞說血社火血社火
第五十四章108風水廟夜話辨真假人生最大の苦しみと後悔
109花城法力を借りる
第五十五章110鬥真仙太子替風師謝憐風師、入れ替わる
111花城地師に八つ当たり
第五十六章112開門揖鬼畫地爲牢水師、弟を迎えにくる
第五十七章113笑戲言亂我亦亂卿哥哥、結婚してください
114三郎の妻は才色兼備
第五十八章115人行於隧劍懸於頂風師、兄から逃げる
第五十九章116一夕寒露偷梁換柱師青玄飛昇の真実
第六十章117神提神不如鬼吃鬼白話真仙の正体
第六十一章118天劫東海起大浪師無渡天劫
第六十二章119船行鬼域入水即沉黒水鬼蜮で沈まないもの
第六十三章120合靈柩棺舟出鬼海謝憐花城に人工呼吸
121棺桶の中で二人きり
第六十四章122幽冥水府黑衣白骨幽冥水府
123謝憐、再び入れ替わる
第六十五章124了死結水師鬥玄鬼師無渡 vs. 賀玄
125無駄になった棺桶
第六十六章126題離思心躁亂墨痕字は下手です
第六十七章127銅爐山重開萬鬼躁銅炉山開山、花城乱心

天官賜福 四 *4

平心出版晋江章名主な内容
第六十八章128癡心子血化錦衣仙錦衣仙の伝説
129謝憐、入浴中
第六十九章130兩分顔色大開染坊この輿は二人用です!
131いつもと違う郎蛍
第七十章132九十九鬼衣險中藏服の山から服を探す
第七十一章133知鬼王偏愛戲鬼王誰が一番格好いいか
134水で煮なかったのか?
第七十二章135我菩荠觀爲之絕倒唇にだけ鬼の気が!
136錦衣仙、逃亡
第七十三章137荒山嶺大鬧黑心店妖魔鬼怪の宿
138謝憐蘭菖に再会する
139風信からの通霊
第七十四章140尖牙利齒吞風碎箭まるで謝憐の息子
第七十五章141路與我孰爲定奪者風信蘭菖
142謝憐君吾の代理に
第七十六章143銅爐開山萬鬼來朝私は人形遣いです
144誰も触れてはいけません
145裴茗、悪臭を放つ
第七十七章146明將軍可悔折恨劍将軍折剣とは
147厄命は褒めるとのびる子
148明光の由来
第七十八章149左右慌不擇東西路小さい花城、目覚める
150謝憐半月に料理指導
151裴茗半月に手を出す
第七十九章152四天王暗黑牆中藏烏庸神殿の彩色壁画
第八十章153何不須黎何不敬文霊文 vs. 敬文
154血の雨、花びらに変わる
第八十一章155山高路遠狹路不通裴茗、衣に噛まれる
156裴茗、突っ張り棒になる
157毒には慣れています
第八十二章158生同穴入土不爲安謝憐花城と赤い糸
第八十三章
(一)
159本玉質哪甘作抛磚引玉の過去
160飛昇してみれば?
第八十三章
(二)
161上天庭殺人事件
162死んでしまえ!
第八十四章163迷國師迷語迷人心仙楽国師の声?
164消えてしまった赤い糸
第八十五章165熒惑守心聖人出世石になった人々
166烏庸語を喋る鼠
第八十六章167醋鬼王三問何所依謝憐が信頼する三人
第八十七章168鬼火罩頂鎖命口令また盗み食いをした!
169宣姫裴茗を追いかける
第八十八章170怨女鬼妒火燒情心裴茗 vs. 宣姫
第八十九章171末公主自刎宮門前雨師の過去
第九十章172騎黑牛飛蹄登銅爐黒牛、裴茗を振り落とす

天官賜福 五 *5

平心出版晋江章名主な内容
第九十一章173萬神窟萬神真容藏雪崩で万神窟へ
174南風扶揺の口論の結末
第九十二章
(一)
175萬神窟萬神真容現万神窟の神像
176謝憐花城から逃げる
第九十二章
(二)
177花城の想い人を知る
178白無相、復活
179重要なのはあなた自身
第九十三章180合銅爐必有一絕出郎蛍の正体
第四巻 白衣禍世
第九十四章181花燈夜一錢買孤魂慕情謝憐のもとを去る
第九十五章182一文錢難倒英雄漢紅鏡を質に入れる
183謝憐、大道芸人デビュー
第九十六章184攔山路太子打敗劫謝憐、強盗を決意
第九十七章185三十三神官爭福地33人の神官
186謝憐、神官慕情と再会
第九十八章187冷白鬼溫語惑迷童慕情、食料を謝憐に渡す
188鏡の中の白無相
189人面疫、再び
第九十九章190百劍穿心厲鬼成形剣で何度も殺される
第一百章191無悲喜白衣禍此世風信離れ去る、若邪誕生
第一百零一章192白衣鬼點將黑武者謝憐、永安皇宮へ行く
193謝憐 vs. 郎英
第一百零二章194無名鬼供奉無名白無相からの助言
195謝憐、街頭で助けを乞う
第一百零三章196淵中人得一雨中笠ただ一人だけでいい
197一日でだめなら一か月
198最後の、ただ一人の信徒
第五巻 天官賜福
第一百零四章199立天地神人破銅爐白無相の正体
200神像、走る!
201神像、皆を迎えに行く
第一百零五章202武神化劍執掌中熱烈!濃厚接吻!
第一百零六章203白帝君評斷謎國師君吾降臨
第一百零七章204尋五百人羈會故友人間500人が必要です
205謝憐、旧友に再会
第一百零八章206淡兩語鬼王激鬥誌怨霊捕獲大作戦
第一百零九章207求情暱鬼王假作嗔仙楽国国師の正体
第一百一十章208妖魔入鏡無所遁形白無相はここにいる!
第一百一十一章209亂仙京詭波撼天庭血雨探花が恋しいか?
210湯浴みを三郎が見てた?
第一百一十二章211分岔路魂驚仙京底引玉謝憐を迎えにくる
第一百一十三章212不能盡善問心有憾君吾引玉の罪を赦す

天官賜福 六 *6

平心出版晋江章名主な内容
第一百一十四章213破僵局及時送好禮雨師仙京
214錯錯、天庭を這い回る
第一百一十五章215道不可偏教等同可錦衣仙で命令ごっこ
第一百一十六章216上身不易脫身更難霊文謝憐に命令する
第一百一十七章217百年水深千年火熱あなたの言葉が原因です
218通天橋と烏庸太子
219梅念卿の過去
第一百一十八章220白帝君暗設送命題幸せなら相手が男でも
第一百一十九章221會鬼王太子殿中藏800年間も?恐ろしい!
222霊文をどこに隠した?
第一百二十章223銀蝶縈繞明燈護身地上の陣を破壊しなさい
第一百二十一章224翻天地空鬥火魔城銀蝶、神像を運ぶ
225謝憐 vs. 炎の巨人
第一百二十二章226燃業火鬼神降皇城明光剣なら裴茗は無敵
227花城が二人?
228山の精から出来た剣
第一百二十三章229玲瓏骰一點定心驚再び銅炉山
230国師、道案内をする
231慕情は裏切り者か?
232花城慕情を追及する
第一百二十四章233百丈高崖千傾炎瀑嘘じゃない、わかるだろ
234殿下の決定を支持します
第一百二十五章235通天橋三傻還複昔あなたの友達になりたい
第一百二十六章236血探花惡鬥白無相謝憐三郎を探す
237彼は己の眼を抉り出した
238仙楽滅亡後、何をした?
第一百二十七章239破白甲奇法斷咒枷彼よりもはるかに強い!
第一百二十八章240笑吟吟依稀淡紅衣800年の枷、破裂
241花城消滅?
第一百二十九242太蒼頂千般塵埃定上天庭、その後
第一百三十章243君憐花兮我憐君兮太蒼山で待ち続ける
第一百三十一章244天官賜福百無禁忌神と鬼にまつわる昔話
外傳
 245花燈謎,元宵夜謝憐、なぞなぞを解く
(一)246太子殿下的
奇妙記憶漂流
謝憐、17歳に戻る
(二)247花城の事を三郎に聞く
(三)248三郎哥哥
(四)249おかえりなさい
250鬼王的床邊故事鬼王とがらくた神の物語
251哎呀!萬神窟万神窟の神像たち
252鬼王的生辰三郎へ誕生日の贈り物
 

*1 平心出版、天官賜福 一、初版、ISBN:978-986-494-025-7
*2 平心出版、天官賜福 二、初版、ISBN:978-986-494-026-4
*3 平心出版、天官賜福 三、初版、ISBN:978-986-494-029-5
*4 平心出版、天官賜福 四、初版、ISBN:978-986-494-030-1
*5 平心出版、天官賜福 五、初版、ISBN:978-986-494-374-6
*6 平心出版、天官賜福 六、初版、ISBN:978-986-494-375-3