離思

Last-modified: 2021-05-14 (金) 18:24:29

名前

名称
漢字離思
読みりし
ピンインlí sī
発音*1file離思.mp3
英語grief of separation
簡体字离思
繁体字離思
 

花城が一番好きな詩の題名。
謝憐花城に字の書き方を教えるが、花城は離思の同じ句ばかりを書いた。

 

参考資料

離思(離思五首)は唐代の詩人、元稹(げんしん)の七言絶句。
原作では第四首を花城の好きな詩としている。

离思五首 其四

曾经沧海难为水,除却巫山不是云。
取次花丛懒回顾,半缘修道半缘君。

(意訳)
大海を見た者にとっては、どんな水も魅力はない。
巫山(ふざん)*2を見た者にとっては、他の雲は雲ではない。
次々と咲く花々も、振り返って見る気すらおきない。
理由の半分は修行だが、もう半分は亡き妻である。

 

※これは、自分が愛する妻以外に自分の心を動かす人などいない、という亡き妻への忠実な愛を詠った詩。

 

*1 音声は音読さんを利用
*2 四川省巫山県の東南にある山。楚の懐王が夢の中で神女と契りを結んだという故事で知られる