Top > 謙信景光

謙信景光

Last-modified: 2018-07-10 (火) 12:19:36
146番
がまんができないうちは、いつまでもこどもなのだぞ謙信景光(けんしんかげみつ)短刀長船
ステータス(MAX)
生存32(34)打撃18(33)
統率28(42)機動25(56)
衝力17(32)範囲
必殺38偵察32(44)
隠蔽33兵装備スロット1
装備可能刀装
投石/弓/銃/軽歩/重歩
ランクアップチャート
謙信景光謙信景光 特(Lv20)
刀帳説明
ぼくは謙信景光。上杉謙信公がつねにみぢかにおいていたたんとうなのだぞ。
だから、そのなまえをもらっているんだ

※ステータスは刀帳に表示されている初期値のもの カッコ内の数値は錬結・内番で強化できる限界値

CV:代永翼、イラストレーター:ホームラン・拳(クリックするとセリフ一覧が開きます)

ゲームにおいて Edit

備前長船派の刀工、景光作の短刀。名は、上杉謙信が身近に置いたことからついたとされる。
表には「秩父大菩薩」の文字、裏には大威徳明王を表す梵字が彫られている。がまんができる、つよいこ。
(公式ツイッター本丸通信1,2

現在の入手方法

過去の入手方法

期間限定鍛刀
キャンペーン報酬


ステータス

  • 初期値
  • 最大値
    • 生存が短刀内2位、隠蔽がワースト2位となる。
  • その他のステータスは目立って低い数値はなく纏まっている。
  • ランクアップ後のステータスは謙信景光 特を参照。

他の刀剣男士との会話


その他

小ネタ Edit

  • 「短刀 銘備州長船住景光 元亨三年三月日 (謙信景光) 附 黒漆塗鞘小サ刀拵」*4
    • 太刀のみならず短刀作りにも秀でる名工、長船景光の作。小竜景光の弟刀にあたる。
    • 刃長28.3cm、反り僅か、元幅2.6cm、元重0.6cm、先重0.55cm、茎長11cm、茎反0.2cm。
    • 形状は、平造、庵棟、身幅やや広めに寸延びとなり、僅かに反りつく。
    • 鍛えは、小板目肌よくつみ、地沸細かにつき、棒映り立つ。
    • 刃文は、片落ち互の目が揃い、足・葉入り、匂口が締まりごころに小沸つき冴える。帽子は、乱れ込んで深く、小丸ごころに返る。
    • 茎は、生ぶ、振袖風に反りつき、先栗尻、鑢目筋違、目釘孔二。
    • 彫物は、表に「秩父大菩薩」の神号の文字、裏に梵字(阿弥陀如来)をともに陰刻する。
    • 号は、常に上杉謙信が帯刀していたという由緒あるので、いつの間にかそう呼ばれるようになった。上杉家刀剣台帳の乾十二号に載っており、謙信公差料であることさらに乾十一号の無銘一文字(重要美術品)の刀と御揃いであると記載されている。この刀と揃えて謙信が愛用していたことが窺い知れる。*5
    • 昭和31年6月28日、国宝指定。埼玉県立歴史と民俗の博物館蔵。

出来

  • 景光作の短刀は刃の方に(うつむ)いた内反りの作品が多い。短刀にも本来は反りがあるのだが、研磨により内反りに変形してしまう。太刀の先伏しもこれにあたる。研磨による変形は刀としての宿命で、作られたあとは段々と短くなり細くなり薄くなって行く。
  • 研磨の回数が少なく生の姿に近いほど美しく健全とされ、そこに例外は無い。研ぎ減り変形した姿は優美などと御世辞にも言えないし、古いゆえに研ぎ減った作品にそういう表現を使うのは正当ではない。*6
  • 謙信景光は上記の通り反りが残っており、帽子も深い。つまり健全度が高い。
    景光がもっとも得意とした片落互の目を焼いた典型であり、美しく澄んだ地肌に冴えわたる片落互の目を焼いた傑作である。*7
  • 刀身に施された「秩父大菩薩」の陰刻は、他に正中二年紀(1325)のある景光・景政との合作の御物太刀にも見られる。御物太刀の銘文からは秩父郡を本拠としていた武蔵武士丹党大河原氏が、新たな領地として移住した播磨国三方西に景光らを招いて作刀させたことが分かり、謙信景光もそれと一連の作刀と見られる。この二振は大河原氏の故郷の秩父神社に同氏によって奉納されたものといわれている。

来歴

  • 元亨3年(1323)、丹治時基が長船景光と弟の景政を呼び寄せる。
    • 謙信景光を景光が、御物太刀と国宝太刀を景光と景政が合作する。
  • 正中2年(1325)、秩父神社に奉納される。
  • 戦国時代のどさくさで神社から散逸する。
  • 上杉謙信の所有となる。上杉家に伝来し同家の刀剣台帳に記載されている。この時点ではまだ号が載っていない。
  • 戦後、愛刀家の岡野多郎松の手に渡る。
  • 平成5年(1993)、埼玉県所有となり埼玉県立歴史と民俗の博物館に収蔵される。

台詞

  • ひらがな表記のセリフの元ネタは上杉謙信の「伊呂波尽手本」(いろは文字)と思われる。
  • 会心の一撃でのセリフは、自身に彫られた神号・梵字か、神社に奉納されていたことか、持主だった上杉謙信(自称・毘沙門天)を由来にしたものと考えられる。

キャラクターデザイン

こめんと、とどいてたよ Edit

鍛刀成果の報告はレシピ報告内に、
ドロップ報告に関してはステージドロップ内にあるコメント欄にて行なっていただけると幸いです。

2015/02/02に設定されました当wikiガイドラインに基づき、入手・ダブり報告【のみ】・未入手の愚痴【のみ】のコメントはおやめ下さい。

ガイドライン周知のため、暫定的に折りたたんであります。




*1 メンテナンス後~メンテナンス前
*2 00:00~23:59
*3 メンテナンス後~メンテナンス前
*4 拵は上杉謙信当時の制作のまま
*5 ここまでの記述「日本刀大百科事典」著・福永酔剣
*6 ここまでの記述「刀の鑑賞」著・中原信夫
*7 日本刀大百科事典