Top > 豊前江

豊前江

Last-modified: 2018-12-12 (水) 06:10:34
160番
お?暇なら一緒に走っか?豊前江(ぶぜんごう)打刀
ステータス(MAX)
生存45(52)打撃35(54)
統率36(45)機動39(48)
衝力35(45)範囲
必殺36偵察34()
隠蔽30兵装備スロット2
装備可能刀装
投石/軽歩/重歩/盾/軽騎
ランクアップチャート
豊前江豊前江 特(Lv20)
刀帳説明
豊前江だ。郷義弘が作刀。誰も見たヤツがいねーって? 
それこそ俺が郷のものの証だと思うけど……疾過ぎて見えねーだけかもしんねーぞ
公式Twitterの紹介
越中国の刀工、郷義弘作の打刀。
郷義弘の刀剣は在銘作が現存せず、また「郷とお化けはみたことがない」と称されるほど目にすることができなかった。
彼は風を切り走る。疾さの、その先を目指して……
(公式ツイッター本丸通信:1,2

※ステータスは刀帳に表示されている初期値のもの カッコ内の数値は錬結・内番で強化できる限界値

CV:八代拓、イラストレーター:津田穂波(クリックするとセリフ一覧が開きます)

ゲームにおいて Edit

現在の入手方法


ステータス

  • 初期値
    • 打刀内では機動が山姥切国広と並んで4位。
    • 反面、隠蔽は打刀全体では下位から4番目、同レアリティの打刀ではワースト。打撃が下位から3番目。
  • 最大値
    • 打刀内では機動が山姥切長義と並んで3位。
    • 反面、隠蔽は打刀全体では下位から4番目、同レアリティの打刀ではワースト。衝力が下位から3番目。
    • 生存・偵察の最大値はまだ不明な刀剣男士がいるため、判明し次第順位の変動あり。
    • ランクアップ後のステータスについては豊前江 特を参照。
  • ちなみに機動とは、ゲームの遊び方には攻撃を行う順番に関係し高いほど戦闘において先手を打つことができるステータスとあり、言葉の意味では交戦の前後や最中に戦略上行う部隊移動および状況に応じた判断力を指す。なので、ステータスの機動=足の速さとは限らない。


他の刀剣男士との会話

その他

  • 2018年11月27日から開催された第53回目のイベント「秘宝の里~楽器集めの段~」でイベント報酬として実装された。
  • 入手時の「歌って踊れるって言ってるヤツがいるらしいんだけど……」は回想其の50における篭手切江から他の江の刀剣への言及を指していると思われる。2017年8月15日に篭手切江が実装されてから1年3ヶ月越しの実装となった。同時に入手画面や刀帳などに刀派「江」の表記が追加された。
    • また畑仕事終了時のセリフ「だから言ったろ?こんなんじゃ桑名に何言われるか……」からさらなる江の刀剣の追加も予感させる。
  • 豊前江実装記念PV(公式Twitterより)
 

小ネタ Edit

刀 無銘義弘(名物 豊前江)

  • 長さ68.1cm 反り1.5cm
  • 南北朝時代の刀工、郷(江)義弘の作
  • 江義弘の作と伝えるものの中で最も華やかな出来であり、同作中の優品とされる。
    江のなかではやや作風が異なり、身幅および刃先は尋常な姿をしているが、鍛えは小板目に杢交じり、地沸つき、刃文は互の目、のたれ、丁子を交えて出入り深く、処々鎬にかかっており、帽子は沸崩れて掃きかけている。目釘穴は一つ。茎の裏には「豊前江」と朱書がある。
    長寸の太刀を磨上げて打刀に直したものとされる。
  • 日本刀における「名物」とは、特に姿が優れているものを指す。茶器においても名物、大名物の名称が用いられる。
    現代の刀剣研究ではでは享保名物帳*1に掲載された刀剣のみを狭義の「名物」としている。
  • 文化庁の国指定文化財(美術工芸品)全件の所在確認調査の結果、現在所在不明となっている刀剣のひとつである。
    不明となる前は個人蔵。
    文化庁では継続して確認・追跡作業を行っている。
    もし心当たりがある方は文化庁に問い合わせを。
     

来歴

  • 号の由来は明らかではないが、豊前国小倉藩の小笠原家に伝来した。(鶯丸の居た越前勝山藩の小笠原家とは異なる)
  • 1937年(昭和12年)5月27日重要美術品指定。小笠原忠春伯爵所蔵。
    • 同年に重要美術品認定された秋田藤四郎もその際は同じ所蔵。
  • 1949年(昭和24年)刊行の「山口県国寳重要美術品解説(デジコレ送信参加館限定)」では、山口県在住の山田新松氏所蔵。
  • 1956年(昭和31年)6月28日重要文化財指定。
  • 1961年(昭和36年)開催の「正宗とその一門」では中沢暁氏所蔵。
  • 1968年(昭和43年)開催の「名物日本刀展」にも出品されているが、所有者が記されていない。
  • 現在は文化庁による所在確認調査の結果において所在不明とされている。

キャラクターデザイン

  • 右首筋のほくろ一つは目釘穴に由来するものか。
  • 「郷とお化けはみたことがない」に対して「疾過ぎて見えねーだけかも」という考えを表すようなライダーを彷彿とさせる姿をしている。
    • バイクウェアと思われる膝プロテクター・グローブ・ブーツなどを装着している。
    • 紋は小笠原氏の家紋である三階菱に、回転するタイヤ・ホイールの意匠を加えたものか。
  • 台詞には号と同じ豊前(福岡県東部・大分県北部)の方言が時折混じる。
  • 津田穂波氏はジャンプスクエアにて連載中の「活撃 刀剣乱舞」のコミカライズも担当している。

ひとりで走ってる時にだけ見えてくるコメントがある……わかるよ Edit

鍛刀成果の報告はレシピ報告内に、
ドロップ報告に関してはステージドロップ内にあるコメント欄にて行なっていただけると幸いです。

2015/02/02に設定されました当wikiガイドラインに基づき、入手・ダブり報告【のみ】・未入手の愚痴【のみ】のコメントはおやめ下さい。

ガイドライン周知のため、暫定的に折りたたんであります。




*1 徳川幕府8代将軍・徳川吉宗の命により、本阿弥家13代当主本阿弥光忠および本阿弥一族が編纂して幕府に提出した名刀リスト。内容は当時既に失われたものも含めて、世に名高い名刀約250口を収録した台帳で、江戸時代の武家社会において名刀の出自や伝来を公的に保証して格付けした。