トイ・ウォーズとは

Last-modified: 2014-06-20 (金) 20:12:54

トイ・ウォーズとは? Edit

日向高校フィギュア部を舞台に、いつも元気すぎるフィギュア部部長・彩川鳴実、鳴実に引っ掻き回される葉霧祐介、
大人しくも頭脳明晰な春日永遠、天然財閥系お嬢様・神野琴音など個性的な部員たちとともに、
笑いあり、涙ありのドタバタ学園ストーリーを背景に「トイ・ウォーズ」の世界は始まります。

部員たちも知らない放課後のフィギュア部の部室では、持ち主がいないことをいいことに、日々、
恋のライバルたちをやっつけようと、所狭しとフィギュアたちが戦い続けています。

いつの間にか部室が荒らされていたり、フィギュアが壊れていたり、
部員たちは部室やフィギュアに起こる謎の現象に毎回呆れつつも、のんびりとした学園生活を楽しんでいます。

フィギュアたちの戦いは実は持ち主の密かな想いを遂げるまで続き、
一方、のんきな鳴実たちの珍騒動もフィギュアたちの戦争が終わるまで続きます。

誰も知らないフィギュアたちの健気で、明るく楽しく激しい戦争…それが「トイ・ウォーズ」なのです!

トイ・ウォーズの3大特徴 Edit

  • ミリタリーでもSFでもない!フィギュアで戦うシューティング!
    トイ・ウォーズは自分のフィギュアを所有して戦闘に臨みます。
    従来のFPS/TPSにはなかった”フィギュア”を題材に個性的なデザインやビジュアルエフェクトにより、
    見てても楽しいトイ・ウォーズならではの世界を再現します!
  • 400種類以上のアバターを用意!オシャレできるシューティング!
    さまざまなパーツ交換により、自分だけのオリジナルフィギュアを作ることが可能。
    美少女フィギュアの「プリンセスシリーズ」やジャンク系クールフィギュアの「プレイカーシリーズ」など、
    好みのフィギュアカスタマイズをプラモデル感覚の着せ替えで楽しめます。
  • フィギュアの持ち主の世界観を楽しめる!物語るシューティング!
    プレイヤーとなるあなたは、日向高校のフィギュア部の部員としてゲームに参加します。
    自分のフィギュアを持ち、トイ・ウォーズを楽しみながら、
    フィギュア部の部長・彩川鳴実を中心とした、持ち主たちの物語をゲーム内外で楽しむことができます。



以上公式ページより

プレイヤー視点での特徴 Edit

  • シューティング系としては珍しいアニメとの積極的なタイアップ(コラボ企画など)
    アニメキャラのフィギュアとして、そういった衣装が続々追加されています。
    またFPSと違い三人称視点で展開するので、キャラの姿が常に見えています。
    フリルドレスにガトリング砲とかシュールな絵面が展開出来るほか、
    サブカルチャー的な記号要素満載となっております。
  • おもちゃ対おもちゃなので流血表現が無いです
    攻撃を受けると青い汁が飛んだりしますが、塗料です。
    海外版だと骨組でバラバラになったりするんですが、日本版ではカット。
  • あまり勝敗気にしなくて良いのでギスギスしにくいです
    復活無しで先に敵チームを全滅させた方の勝ちの”サボタージュ”や”ボンバーマッチ”、
    チームで印の取り合い”キャプチャーザバッテリー(フラッグ)”以外は、
    純粋に敵を倒した数の多い人ほど報酬が増えるというようなルールが敷かれています。
    「お前がチームの足を引っ張ったから取り分減っただろう!」
    といった争いは起き難く出来ています。
  • 無課金でも行けます
    課金装備の方が強いですが、強すぎる程ではないので、
    無課金でもブイブイ言わせられるかどうかは腕次第です。
    むしろ無課金武器の方が強い!なんてこともあります。
    伝統的なジャンルなので経験者は底無しに強いです。
    課金しようがしまいが、そう簡単には行きません。
  • キャラに兵科がありません。全7種の武器を一人で持ち歩いてます
    実力以外の要素で相性の悪い相手というのが生じにくいです。
    状況に応じた武器を構えるのが大事なゲームになってます。
    黎明期のDOOMっぽいとかなんとか。型にはめたジャンル区分だと、非リアルのスポーツ系。
  • 無料ゲームにしてはクライアントの作りが良いです
    サーバーの混雑などで悪化することもありますが、
    位置ズレなど特別悲観するレベルにはありません。
    キラリと光る感じでも無いですが及第点の出る堅実な作りです。
    でもまぁ回線状況の悪い人が妙な挙動するのは仕方ないです('A`)
  • 時代考証無視とか漫画的表現を盛り込んだ非現実的な演出が可能
    PRにあるように小人視点で見た人間サイズの家屋が舞台になるのはもとより、
    洋館、中世のお城、大型船、二次大戦の戦場、コンテナ、庭などバリエーションが豊富です。
    また、ジャンプ台で跳ねたり、おもちゃらしい演出に富みます。
  • 武器のバリエーションが豊富です
    おもちゃの銃なので、実銃ならこうあるべきといった所に拘らない、
    ゲーム然としたデザインとチューニングが施されています。
    実銃が好きな人にもタイアップしたアニメのキャラクターの武器や、ほぼ実銃のCAMOと言った形で、
    それなりの数の実銃が導入されています。
  • 銃の跳ね上がりが無いので弾が当てやすいです
    リコイルコントロールが不要なので初心者も銃の制御がしやすく、フルオートで適当に撃っても結構当たります。
    ごく一部の機種だけ跳ね上がりがありますが、通常のプレイで特に気にする必要はありません。
  • 声優が豪華
    あの若本さんを初め数々の豪華声優が盛りだくさんです。