Top > 覚醒


覚醒 の変更点


 #contents
 
 *覚醒 [#o139757c]
 
 **覚醒ルール [#r9323a78]
 -ベースとなるカードがカードランク毎の上限Lvに達すると覚醒することが出来る。
 -覚醒後のLvは1になる。
 -ベースとなるカードの勲功/爵位とスキルLvは覚醒後も引き継がれる。
 -素材となるカードのLvがMAXなら1段階目の覚醒は5%、2段階目の覚醒は10%ステータス上限にボーナスが加わる。
 -素材となるカードの爵位により最大12%ステータス上限にボーナスが加わる。
 爵位が同じであれば勲功値は関係ない(勲功201と勲功255のボーナスは同じ)
 -Lvによるボーナスと爵位によるボーナスは重複するため最大17%(2段階目の覚醒なら22%)のボーナスが加わることとなる。
 -適応力は変動無し。キャラにより適応力の付きやすさはあるが、元々の適応力が高いものをベースにすればいい。
 --ゲームが進んでSSRが完成したはいいが、そのキャラにしては適応力が低めだと思ったら、5枚目以降をSR+1枚&SR1枚のリーチ状態で確保しておく選択もあり。
 
 &br;
 -覚醒時、スキルを持たないNカードは必ずスキルを、一部のR・SRカードは確率で、上位スキルを習得する。
 上位スキルを習得した場合スキルLvは1に戻る。
 -覚醒によって2段階上の上位スキルを習得することはできない。
 -探検系と戦闘系の、SR+からSSRへの覚醒時のみ、必ず上位スキルを習得する。
 交易系のSRは、SSRへの覚醒時でも、上位スキルになるとは限らない。
 ヴァスコ・ダ・ガマは特殊で、SSR覚醒時に「回復の号令」から「値引き王」にスキルが必ず変化する。
 -上位に進化したスキルの育成は多くの場合、非常に難度が上がる。
 また、覚醒を重ねるほど育成資金が高騰するため、莫大な資金も必要になる。
 そのため、運用上覚醒させる必要が無い、或いは覚醒を遅らせる方が良いケースもある。
 --例えば、交易スキルの値引き名人などの発動のみを期待するキャラは、N/R/SRでもHN/HR/HSRでもスキルLv10であれば価値は同じ。
 --例えば、交易スキルの吹っかけ名人などの発動のみを期待するキャラは、N/R/SRでもHN/HR/HSRでもスキルLv10であれば価値は同じ。
 よって、N/R/SRのままスキルLv10にしたら育成をやめる方が、資金とカードの無駄がない。
 ただしスキルLv10にした後でHN/HR/SRを目指すと、スキルが進化してしまった場合に水の泡になる危険性がある。
 --探検スキルの発掘の知恵などは、スキル進化の可能性がないため、N/R/SR時にスキルLv10を目指し、Lv10到達後に覚醒させていくのが、資金的には基本となる。
 
 ||説明文|h
 |下位スキル|気持ち~|
 |基本スキル|少し~|
 |上位スキル|結構~|
 |上位スキル+|かなり~|
 **Rカードによる覚醒例 [#q4e8f7cb]
 |CENTER:100|CENTER:10|CENTER:100|CENTER:50|CENTER:100|c
 |ベース||>|素材|覚醒ボーナス|h
 |~|~|Lv|爵位|~|h
 |Lv40|+|Lv1|水夫|0%|
 |Lv40|+|Lv40|水夫|5%|
 |Lv40|+|Lv1|大公|12%|
 |Lv40|+|Lv40|大公|17%|
 |R+Lv50|+|R+Lv1|水夫|0%|
 |R+Lv50|+|R+Lv50|水夫|10%|
 |R+Lv50|+|R+Lv1|大公|12%|
 |R+Lv50|+|R+Lv50|大公|22%|
 
 -結局どうやればいい?
 --R+を実戦投入しない場合
 R→R+の時は何も考えず合成すればいい(素材はLv1水夫でいい)
 R+→HRの時だけ、素材をLvMAXの大公にして+22%を出す
 ---RLvMax(大公)、RLvMax(水夫)、RLv1(水夫)、RLv1(水夫)で、HR+22%を作る例
 RLvMax(大公)+RLv1(水夫)=R+Lv1(大公)+0% ←次の素材
 RLvMax(水夫)+RLv1(水夫)=R+Lv1(水夫)+0% ←次のベース
 R+LvMax(水夫)+R+LvMax(大公)=HRLv1(水夫)+22%
 ---必要素材N数
 Rのベース用に21枚*2枚分=N42枚
 R+のベースと素材用に29枚*2枚分=N58枚
 完成品HRの育成用にN39枚
 合計N139枚必要
 
 --R+を実戦投入する場合
 R→R+の時も、素材をLvMAXの大公にしておくと17%のボーナスが生かせる
 (行動力の補正が得られる探検担当を実戦投入する場合は特に)
 
 
 -覚醒チャート(HR(22%up)を作る方法)
 --共通
 ---Rを4枚(①②③④)準備する
 ---[水夫]は水夫以上であれば良い
 ---背景に色が付いている方を餌にする
 --R+の状態で実戦投入しない場合
 |CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
 |①|R Lv1&br;[水夫]|→&br;育成|R Lv40&br;[水夫]|→&br;覚醒|R+ Lv1&br;[水夫]&br;(0%up)|→&br;育成|R+ Lv50&br;[水夫]|→&br;覚醒|HR Lv1&br;[水夫]&br;(22%up)|
 |BGCOLOR(#EEFEEE):②|>|>|BGCOLOR(#EEFEEE):R Lv1&br;[水夫]|~|~|~|~|~|~|
 |③|R Lv1&br;[水夫]|→&br;育成|R Lv40&br;[水夫]|BGCOLOR(#EEFEEE):→&br;覚醒|BGCOLOR(#EEFEEE):R+ Lv1&br;[水夫]&br;(0%up)|BGCOLOR(#EEFEEE):→&br;育成|BGCOLOR(#EEFEEE):R+ Lv50&br;[''大公'']|~|~|
 |BGCOLOR(#EEFEEE):④|>|>|BGCOLOR(#EEFEEE):R Lv1&br;[水夫]|~|~|~|~|~|~|
 --R+の状態で実戦投入する場合
 |CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
 |①|R Lv1&br;[水夫]|→&br;育成|R Lv40&br;[水夫]|→&br;覚醒|R+ Lv1&br;[水夫]&br;(0%up)|→&br;育成|R+ Lv50&br;[水夫]|→&br;覚醒|HR Lv1&br;[水夫]&br;(22%up)|
 |BGCOLOR(#EEFEEE):②|>|>|BGCOLOR(#EEFEEE):R Lv1&br;[水夫]|~|~|~|~|~|~|
 |③|R Lv1&br;[水夫]|→&br;育成|R Lv40&br;[水夫]|BGCOLOR(#EEFEEE):→&br;覚醒|BGCOLOR(#EEFEEE):R+ Lv1&br;[水夫]&br;(17%up)&br;<実戦投入>|BGCOLOR(#EEFEEE):→&br;育成|BGCOLOR(#EEFEEE):R+ Lv50&br;[''大公'']|~|~|
 |BGCOLOR(#EEFEEE):④|BGCOLOR(#EEFEEE):R Lv1&br;[水夫]|BGCOLOR(#EEFEEE):→&br;育成|BGCOLOR(#EEFEEE):R Lv40&br;[''大公'']|~|~|~|~|~|~|
 ---実戦投入する場合としない場合 どちらも同じステータスのHR Lv1(22%up)が出来上がる
 --Nカード、SRカードについても同様
 *コメント [#gff5607e]
 #pcomment(reply)