アークウイング の変更点


RIGHT:&tag(アークウイング);
TITLE:アークウイング (Archwing)

|#contents|

*概要 [#i2c03173]
''アークウイング''はオロキンの設計を利用して作られた機械的な翼のセットであり、宇宙空間での飛行や敵との戦闘を遂行するテンノに火力と機動力を複合的に提供する。一般的なWarframeの地上を移動するゲームプレイとは異なり、アークウイングミッションの移動は3次元的であり、ほぼすべての方向に自由に行える。アークウイングは宇宙空間での使用を前提としているが、水中戦闘を遂行する能力も有している。
アークウイングはWarframeに装備するものであるが、アークウイング装備中のステータスや能力は本体のWarframeではなく、装備したアークウイングのものに置き換わる。ただし各Warframeのパッシブ能力は引き継がれる。
//-------------------------------------
*入手方法 [#ue1e87d2]
アークウイングはそれぞれ異なる入手方法を持ち、ウイング、ハーネス、システムの3つのパーツが含まれる。詳細は各アークウイングのページを参照。
まずプレイヤーは火星[[ジャンクション]]のアンロックすることで開始できるクエスト「[[アークウイング>The Archwing]]」を完了することで最初のアークウイング、[[ODONATA]]を入手できる。

//-------------------------------------
*アークウイングの仕様 [#dd0d4c75]
''アーセナル''
-アークウイング用のアーセナルは、アーセナル画面の左上の「乗り物」アイコンを選ぶことでアクセスできる。
-アークウイングおよび専用装備のアップグレードにはそれぞれ専用のMODを使用する。
--アークウイング専用MODはアークウイングミッションに出現する敵のドロップやミッション報酬、その他にMOD変換で入手できる。
-アークウイングおよび専用装備も、通常の装備と同様に経験をためることでランクを上げmod容量を増加することが可能。
-アークウイングおよび専用装備はスーパーチャージャー(リアクター、カタリスト)で強化が可能。アークウイング本体はリアクター、武器はカタリストを使用する。
-アークウイングとその装備を入手にはインベントリに専用スロットを必要とし、スロットに空きがない場合はPtで追加のスロットを購入する、または不要なアークウイングやその装備の売却によって空きスロットを確保できる。

''ミッション中''
-アークウイングミッション中のヘルス、シールド、アビリティ(エネルギー容量)は各アークウイングが持つものとなる。この値は本体のランクを上げることで増加する。
-アークウイングはWarframeと同様にエネルギーを使用して発動できるアビリティを持ち、アークウイング専用のmodで強化することができる。Warframeのアビリティは使用できない。
--アークウイングはWarframeのオーラに関係なく自動でエネルギーを回復する。また、エネルギーオーブやエネルギー回復ギアなどでも回復が行える。
-Warframeのパッシブアビリティが反映される。例えば[[MESA]]であればアークウイングの近接武器はフレームの近接武器としてカウントされないため、+50の追加ヘルスを得られる。
-Warframeに装備したMODで、アークウイングミッション中に影響があるものはオーラmodとCoaction Driftのみ。
--ペット用MODのAnimal Instinctが機能する。
-センチネルの Vacuum プリセプトと同様の効果を持ち、周囲のアイテムを吸い寄せる。

''操作中の視点''
-WARFRAMEを操作するモードと同じ所謂TPS(Third Person shooter)視点でアークウイングを操作する。
アークウイングも一般的なTPS視点のゲームと同じかそれ以上に''カメラ位置と当たり判定のある本体の位置が乖離している事に起因する操作上の問題を抱えている''。
特に狭い通路や視界の悪い場所を移動するコーパス船のタイルを使用したミッションでは、カメラ位置と当たり判定のズレが大きい速度の遅い通常速度で移動する方が難易度が高くなる本末転倒な影響を与えている。
--具体的にいうと、「''障害物を避けるために、その障害物を画面中央に捉えて障害物に突っ込んでいく必要がある''」。画面中央(照準の位置)に移動先を捉えて、直観的に障害物を避ける操作をする方が確実に壁や障害物に接触してしまう(''通路の角や障害物の横を曲がる時に大丈夫と思ったのにIN側の壁に引っかかる(左折時)、何故かアウト側の壁に突っ込んでいく(右折時)等'')
* 基本性能 [#a6aa2651]
-各アークウイングはランクが上がるにつれてヘルス、シールド、エネルギーの最大値がランクボーナスによって増加する。()内は最大ランク時。
-基本性能上昇MOD、ランクボーナスによる増加分の計算式は Warframe の仕様と同じである([[&color(Blue){参照};>Warframe#l0f13ea6]])。
--ただしエネルギーのランクボーナスは Warframe と異なり最終的に ''+80%'' となる。

#br
|~名称|~ヘルス|~装甲値|~シールド|~エネルギー|~速度|~MOD&br;スロット|h
|CENTER:140|CENTER:70|CENTER:50|CENTER:70|CENTER:70|CENTER:50|CENTER:60|c
|[[AMESHA]]|400&br;(1200)|200|200&br;(600)|200&br;(360)|1.10|&ref(MOD/Naramon.png,nolink,Madurai); x1&br;&ref(MOD/Vazarin.png,nolink,Madurai); x1&br;&ref(MOD/Madurai.png,nolink,Madurai); x1|
|[[ELYTRON]]|450&br;(1350)|150|450&br;(1350)|125&br;(225)|0.90|&attachref(/MOD/Madurai.png,nolink,Polarities); x2|
|[[ITZAL]]|200&br;(600)| 50|200&br;(600)|200&br;(360)|1.20|&attachref(/MOD/Madurai.png,nolink); x1&br;&attachref(/MOD/Vazarin.png,nolink); x1&br;&attachref(/MOD/Naramon.png,nolink); x1|
|[[ODONATA]]|300&br;(900)|100|300&br;(900)|100&br;(180)|1.00|&attachref(/MOD/Madurai.png,nolink,Polarities); x1&br;&attachref(/MOD/Vazarin.png,nolink,Polarities); x1&br;&attachref(/MOD/Naramon.png,nolink,Polarities); x1|
|[[ODONATA PRIME>ODONATA#odonataprime]]|400&br;(1200)|~|400&br;(1200)|~|1.05|&attachref(/MOD/Madurai.png,nolink,Polarities); x1&br;&attachref(/MOD/Vazarin.png,nolink,Polarities); x1&br;&attachref(/MOD/Naramon.png,nolink,Polarities); x2|
*操作方法 [#w05a9683]
宇宙空間でのデフォルトの操作方法は以下の通り:
|100||c
|CENTER:100||c
|~操作|~方法|
|前進|''W''キーで照準が向いている方向に前進。|
|左右移動|''A''キーで左、''D''キーで右へ水平に移動。|
|後退|''S''キーで後退。|
|下降|''Ctrl''キーで下降。|
|上昇|''Space''で上昇。|
|左右ロール|直進方向を軸に左右へ回転する。&br;デフォルトではキー未割り当て。|
|ダッシュ|''Shift''キー長押しで移動方向(前進、後退、左右、上昇、下降)に加速する。|
|アフターバーナー(廃止)|''ダッシュ''と''上昇キー''を同時に長押しでアークウイングを更に加速させる。&br;ダッシュ速度の上方修正により廃止された。|
|クイックターン|''アフターバーナー''中に''後退キー''ですばやく180度後方を向く。|
|衝突体勢|前方移動中、''ダッシュ''を短く1回押すとカメラが前に出るような演出になり、体を伸ばすような体勢を取る。&br;この状態のときは壁や障害物にぶつかっても体勢を崩さずに直ぐに移動することができる。|
|ローリング|ゆっくりと少しだけ前進、または入力方向に側転やバク転する。&br;デフォルトではキー未割り当て。|
|ダッシュローリング|''ダッシュ''中に左右方向の進行角度が別方向へ一定以上変化すると、その方向へ素早く回転移動する。&br;前方や左右へのダッシュ中に移動キーを離したときなどにも行なう。|
|ダッシュローリング|''ダッシュ''中に左右方向の進行角度が別方向へ一定以上変化すると、その方向へ素早く回転移動する。&br;前方や左右へのダッシュ中に移動キーを離したときなどにも行。|
|Blink|一定距離を瞬間移動する。クールダウンあり。&br;停止中または前進中に''ローリング''を短く1回押す。|
|回避|左右移動、上昇中、下降中、後退中に''ダッシュ''を短く1回押す。&br;素早く体を回転させて回避動作を行なう。&br;左右へは大きく側転、上昇中は右回転、下降中は左回転、後退中はバク転。&br;ダッシュ時は行えない。|
|回避|左右移動、上昇中、下降中、後退中に''ダッシュ''を短く1回押す。&br;素早く体を回転させて回避動作を行う。&br;左右へは大きく側転、上昇中は右回転、下降中は左回転、後退中はバク転。&br;ダッシュ時は行えない。|
|射撃|''左クリック''で武器を撃つ。弾薬は撃たなければ自動的に回復する(弾薬をひろったりする必要はない)。|
|近接攻撃|''E''キーで近接攻撃。アークウイングでの近接攻撃の詳細は下記の備考へ。|
|スピンアタック|''下降''、または''アフターバーナー''中に''近接攻撃''キーで前方に向かって突進する。&br;通常の近接よりも範囲が広くダメージも上昇、前進する距離も伸びる。|
|アビリティ|Warframeと同様にアビリティ選択キー(''1''、''2''、''3''、''4'')で、アークウイングのアビリティを発動。|
''備考''
-ローリング効果:
--ローリングで敵ミサイルの追尾を一時的に回避可能(ただし連続使用できないので戻ってきたミサイルに対処する必要がある)。
-アークウイングでの近接攻撃:
--[[スタンス]]には対応していない。
--Warframe同様に近接武器に持ち替えることで、チャネリングおよび近接ブロックを行うことが可能。
--ジャンプアタックやウォールアタックは行えない。しかしスピンアタックは可能で、高いダメージを与えられる。
--40m程のホーミング距離内にいる、視点に最も近い敵に向って自動的に突進攻撃をする。ターゲットから別のターゲットに連鎖的に攻撃を繋げることができる。
--敵へのホーミングはアークウイングが向いている前面方向に限られ(カメラの向きではない)、背面の敵にはホーミングしない。
--エイドロンの草原およびオーブ峡谷では使用できない。
*運用 [#y0c6d285]
アークウイングはいくつかのミッションで限定的に用いられる。
**アークウイング専用ミッション [#o85007f7]
いくつかの惑星のノードにはアークウイング専用のミッションがあり、装備が必須となっている。
対象は後述の''アークウイングステージ一覧''の通り。
これらのミッションは最初から最後までアークウイングで進行する。
**ミッション中に一部アークウイングを使用するステージ [#e60cae50]
通常Warframe戦闘が基本だが、一部移動や戦闘にアークウイングを使うステージがある。
それらはノードを選択したさいにアークウイングのアイコンが表示されている。
対象は天王星の一部、クバ要塞の一部

**エイドロンの草原、オーブ峡谷 [#v8bd52dd]
エイドロンの草原やオーブ峡谷においては地上戦でありながら、戦闘や移動にアークウイングを用いることができる。
詳細はリンク先を参照。([[リンク>エイドロンの草原#Archwing]])

**エンペリアン [#v4482d79]
エンペリアン(詳細はリンク先参照)においては、レールジャックの遊撃機として宇宙空間で用いられる。
またダメージについては、ダメージタイプが以下の様に置き換わる。複合属性(感染や腐食など)はダメージには寄与するが異常は発生しない。

|~通常時|~エンペリアン時|~状態異常|~説明|
|40|100|70||c
|切断|パーティカル|破裂|敵の船体に穴を開ける。 プレイヤーはより多くのダメージを与えることができる。|
|衝撃|バリスティック|振動|船に乗り込んできた敵を振りはらう。 敵のエイムとダメージは軽減される。|
|貫通|プラズマ|減圧|敵の船体の装甲やシールドに穴を貫通させる。 シールドと装甲値を全体的に減らす。|
|火炎|インセンディアリー|焼却|時間の経過とともに敵の船体を炎上させる。  |
|電気|イオニック|スクランブル|敵の飛行制御を一時的に無効にする。|
|毒|ケミカル|混乱|敵のパイロットが混乱に陥る。 敵は周りの誰をもターゲットにする。|
|冷気|フロスト|不動|船のコントロールがフリーズするため、前進しながら停止する。|
*Tips [#Tips]
-クエストで入手できる[[ODONATA]]以外のアークウイングは本体と各部パーツの設計図は[[クラン DOJO]]で研究することで購入、製作ができる。また、[[ODONATA PRIME>ODONATA#odonataprime]]の各部設計図は適切な[[VOIDレリック]]を対応する[[VOID亀裂>ミッション#VOID_FISSURE]]ミッションに装備していくことで得られる。
-アークウイング武器の設計図はマーケットや[[クラン DOJO]]のラボで購入でき、パーツはミッション報酬や[[シンジケート]]の提供物として入手できる。詳細は各武器のページを御覧ください。
--&color(Red){作成に必須なパーツは一つのシンジケートでは揃わず、かつ「同時に上げにくいシンジケートを跨いでいる」};ので注意
-クエストが完了したら、地球のアークウイング機動防衛ミッションを何度かこなして経験値を集め、敵が落とすアークウイングMODや武器の属性MODが手に入ると戦いがグッと楽になり、LIMBOクエストでのアークウイング傍受ミッションも無難にこなせる様になる。
-AW武器のチョイスは上記に記載した通りシンジケートパーツの入手性が悪く、入手手段そのものを考慮する必要がある。以下にシンジケートを通さないAW武器を例に挙げる。
::GRATTLER|
範囲武器。シンジケートパーツ不要で作成可。オキシウムを3,500個も要求される。
::IMPERATOR VANDAL|
シンジケートパーツ不要だが定期イベントの限定品。対象イベント自体それなりのAW装備を要求される。
::LARKSPUR|
シンジケートパーツ不要で作成可。ただし素材の都合上プロフィット・テイカーの攻略が必須。
-全般に使いやすいAW銃はLARKSPURかFLUCTUS。入手の都合が付かない場合は比較的作りやすいGRATTLERの作成を推奨。
-アークウイングは左翼に近接武器ハンガー、右翼に銃器ハンガーを持ち、使用していない武器はそこに懸架される。[[KNUX]]や[[FLUCTUS]]といった大型の武器は、懸架時にはコンパクトな形態に変形する。
-キャラクターの向きの調整は、画面に円を描くようにマウスを動かすとよい。
-カメラ操作をせずに移動することにより自動でキャラクターの向きが初期位置に調整される。

傍受ミッションのコツ
-天王星の傍受ミッションの比較的楽な攻略方法の一例です。
--ソロでミッションを行う
---ミッションは分隊の人数が増える毎に出現(スポーン)する敵の数が増えるので、あえてソロで実施することで出現する敵を抑えます。
--ODONATAの4番目のスキルのRepelで敵の武装を解除する(ODONATAのRankが10以上必要)
---出現した敵はODONATAのRepalを当てることで射撃攻撃ができなくなります。
--戦闘は避け占領のみに専念する
--経験稼ぎには使えませんが惑星開拓や、クリア報酬だけが目当ての場合などに有効です。
*アークウイング専用ステージ一覧 [#c2d6069e]
|~天体|~ステージ名|~ターゲット|~ミッション|~地形|~レベル|
|地球|Erpo|グリニア|BGCOLOR(#FFFFFF):機動防衛|宇宙(隕石群)|1-6|
|金星|Montes|コーパス|BGCOLOR(#FFCCCC):掃滅|宇宙(シップ)|3-8|
|火星|Syrtis|グリニア|BGCOLOR(#FFCCCC):掃滅|宇宙(隕石群)|8-13|
|フォボス|Kepler|コーパス|BGCOLOR(#FFFFCC):ラッシュ|宇宙(シップ)|12-14|
|木星|Galilea|コーパス|BGCOLOR(#CCFFCC):妨害|宇宙(シップ)|15-20|
|土星|Pandora|グリニア|BGCOLOR(#CCFFFF):追跡|宇宙(隕石群)|21-26|
|天王星|Caelus|グリニア|BGCOLOR(#CCCCFF):傍受|宇宙(隕石群)|24-29|
|海王星|Salacia|コーパス|BGCOLOR(#FFFFFF):機動防衛|宇宙(シップ)|27-32|
*コメント [#Comment]
[[保管庫:コメント/アークウイング]]
#zcomment(t=warframe_wiki%2F397&h=200&size=10&style=wikiwiki)