Top > (DE)T-34-747(r)


(DE)T-34-747(r)

Last-modified: 2019-06-13 (木) 14:43:48

ドイツ RankII 中戦車 (DE)T-34-747(r) Edit

t34747r.jpg

概要 Edit

--加筆求む--

車両情報(v.1.59) Edit

必要経費 Edit

必要研究値(RP)-
車両購入費(GE)2460
乗員訓練費(SL)10000
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)80
デカール枠解放(RP)***

基本性能情報 Edit

報酬・修理関係 Edit

ABRBSB
リワード(%)*********
開発ボーナス(%)+***
最大修理費(SL)*********
最大修理費(SL)
最大改良状態
*********

車両性能 Edit

ABRBSB
Battle Rating4.0
RankII
車種MT
 
初期最終
重量(ton)29.5
エンジン出力(hp)697
2,050rpm
最高速度(km/h)54
最大登坂能力(°)29
砲塔旋回速度(°/s)14.9
仰俯角(°)-5/28
車体装甲厚
(前/側/後)(mm)
60/45/40
砲塔装甲厚
(前/側/後)(mm)
45/45/45
再装填時間(sec)9.0**.*
武装プリセット*

基本武装 Edit

名称(戦車砲)搭載弾薬数
主砲76 mm F-34戦車砲100
機銃7.62 mm DT機関銃2898

弾薬*1 Edit

名称弾種弾頭重量
(kg)
初速
(m/s)
貫徹力(mm)購入費用
(SL)
10m100m500m1000m1500m2000m
BR-350A
(MD-5信管)
APHEBC6.3665807871635650-
BR-350B
(MD-8信管)
APHEBC6.368098958777686030
BR-350SPAPBC6.86801051048569574630
BR-350PAPCR395013513092603926100
BP-350AHEAT5.33558030
OF-350MHE6.268015-
Sh-354T榴散弾6.2680373529252017-

車両改良 Edit

車両改良

スキン Edit

名称条件説明
Standard初期スキン
 
スキン画像(クリックで表示)

研究ツリー Edit

前車体
派生車体
次車体

簡単に言ってしまえば性能だけならT-34 STZの上位互換といえる。ただし本車はドイツツリーである。

装甲 Edit

車体装甲には45mm圧の装甲に15mmの追加装甲がほどこされている。
傾斜込みで100mmほどの装甲を持ち、角度をつけるなどしてやればそれ以上の防御力を発揮できるだろう。ただ機銃部分は垂直60mmなため、格下にもやすやす抜かれてしまう。まあ機銃口は大抵の戦車の弱点であるから仕方ない。
砲塔はSTZと違い1942年式のもの。
そのためあちらでは40mmだった装甲も53mmになり、砲塔正面の垂直部分の面積も少ないため、あちらよりはましだろう。
ただこちらはターレットリングが大きいため、そこを撃ち抜かれればほぼ一撃爆散してしまう。慢心は禁物だ。

機動力 Edit

T-34ファミリーにたがわず優秀。
それに42年式はエンジン出力が上がっているため加速力などは41年式などより上がっている*2

火力 Edit

1942年式同様。
砲塔が42年式なため、41年式よりは少々装填速度が早い。

総合 Edit

T-34系列の中では一番使いやすいであろう。ただしドイツ戦車であるのでKV-1とかSUシリーズとかとは組めない。
ただこの戦車はバトルレートが4.0。悲しいことにドイツの通常ツリーには4.0車両がない。
課金車両であるチャーチル(鹵獲)を買って併用するのも手ではある。
だがドイツのBR3.7戦車である4号F2型3号突撃砲F型の主砲はBR5.0戦場でも普通に戦える。慣れているならBR3.7と合わせるのもいいだろう。

史実 Edit

ドイツ軍が鹵獲したT-34。ドイツ軍に限らず鹵獲した敵兵器を運用することは珍しい事ではなくしばしば行われていた。東部戦線の前線ではいつ来るかわからない補充を待ったり、自軍の戦車よりも強力で火力のあるKV-1やT-34をそのまま運用した例が多くみられる。
WTに実装されているこの車輌は1941年12月25日の国家防衛委員会決定第1062号によって1942年2月15日から前面装甲を60mmに強化することが命じられ、15mmの装甲板を取り付けたスターリングラード・トラクター工場(STZ)製のもの(後にこの命令は撤回されSTZではこのタイプの車体は200輌ほどしか生産されていない)でドイツ軍に鹵獲されたあと1942年型のソフトエッジ砲塔を搭載している。また、転輪はSTZ製のT-34に装着されていた緩衝ゴム内蔵転輪と他工場で使われていたプレーン転輪、穴開き転輪を装着している。

外部リンク Edit

 

WarThunder公式英語Wiki

 

公式Devログ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント Edit

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)





*1 爆薬量はTNT換算
*2 STZもT-34-57も41年式同様のエンジンである