110 ft SC-497 の変更点

//海軍艦艇用テンプレートバージョン19.11.24
*アメリカ RankII 駆潜艇 110 ft SC-497 [#N1_Top]
//↑は国家名 Rank(ローマ数字←半角英字で表記) 艦艇カテゴリ 艦艇名(艦艇アイコンマウスオーバーで表示される詳細版・英語表示)を記載してください。
//例:アメリカ RankII 機動砲艇 USS Asheville Patrol Gunboat (PGM-84)
//ただし、ここの車両名に関しては、判りやすいよう日本語表記等を追記しても良いこととします。
//例:アメリカ RankII 機動砲艇 USSアッシュビル Patrol Gunboat (PGM-84)
#attachref(./s_wt sc 497.png,nolink,100%)
**概要 [#N1-1_Summary]
//↓概要説明は実装時のバージョンや車両特性、武装、史実などページ全体の要点をとりまとめたものを2~3行でコンパクトにまとめること。本格的な解説は【解説 [#A3_Explanation]】にて。
米軍ツリーを進めると最初に利用できる駆潜艇。
--加筆求む--


*艦艇情報(v1.83) [#N2_Data]
//↑情報元クライアントのバージョンを記入して下さい。
//情報記入の際はモードの表記が無い場所は全てRealisticBattles{RB}モードの情報を記入して下さい。
**必要経費 [#N2-1_Costs]

|>|CENTER:SIZE(12):|c
|~必要研究値(&color(blue){RP};)|9200|
|~艦艇購入費(SL)|22000|
//|~艦艇購入費(&color(Red){GE};)|***|
//|~艦艇購入費($)|**.**|
|>||
|~乗員訓練費(SL)|6300|
|~エキスパート化(SL)|***|
|~エース化(&color(Red){GE};)|***|
|~エース化無料(&color(Blue){RP};)|***|
|>||
|~バックアップ(&color(red){GE};)|20|
|~護符(&color(red){GE};)|***|
//|~デカール枠解放(&color(blue){RP};)|***|
**BR・報酬・修理 [#N2-2_BR_Rewards_Repair]
|>|CENTER:SIZE(12):|c
|~項目|~【AB/RB/SB】&br;(初期⇒全改修完了後)|h
|~バトルレーティング|2.0 / 2.0 / 2.0|
|~バトルレーティング|2.3/ 2.0 / 2.0|
|~&color(Blue){RP};倍率|1.18|
//↑課金車両の場合、「(+100%)」と護符分のボーナスを加えて表記。例:「1.72 (+100%)」
|~SL倍率|0.5 / 0.7 / 0.5|
|~最大修理費(SL)|530⇒562 / 760⇒*** / 570⇒***|
**艦艇性能 [#N2-3_Statistics]
|>|CENTER:SIZE(12):|c
|~項目|~数値|h
|~|BGCOLOR(#FFDDDD):~【AB/RB&SB】(初期⇒全改修完了後)|
//|BGCOLOR(#FFDDDD):~主砲塔旋回速度(°/s)|**.*⇒**.* / **.*⇒**.*|
//|~リロード速度(秒)&br;(初期⇒スキルMAX+エース化)|**.*⇒**.*|
|>||
|~艦橋装甲厚&br;(前/側/後)(mm)|0 / 0 / 0|
|~シタデル装甲厚&br;(前/側/甲板)(mm)|0 / 0 / 0|
|~主砲塔装甲厚&br;(前/側/後)(mm)|0 / 0 / 0|
|~船体|鋼/木材, *** mm|
|~上部構造物|鋼/木材, *** mm|
|>||
|~排水量(t)|98|
|BGCOLOR(#FFDDDD):~最高速度(km/h)|35⇒47 / 35⇒***|
|>||
|~乗員数(人)|22|
**武装 [#N2-4_MainWeapons]
|SIZE(12):CENTER:60|SIZE(12):CENTER:160|>|>|>|SIZE(12):CENTER:60|c
|~種類|~名称|~砲塔|~搭載基数|~弾薬数|~購入費用(SL)|h
|~主砲|~40mm&br;Bofors L/60|単装|1|2000|50|
|BGCOLOR(#FFDDDD):~副砲|BGCOLOR(#FFDDDD):~20mm&br;エリコンMk.II|単装|3|7200|60|

**弾薬((爆薬量はTNT換算)) [#N2-5_Shells]
[[''搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く''>搭載武装解説]]
//この項目の表は「搭載武装解説」の各国ページや他の個別ページにすでにある表から、書式をコピー&ペーストすると便利。「搭載武装解説」ページに表が無い場合、余力があれば表を作成したうえで「搭載武装解説」の該当ページにも掲載して頂けると、非常にありがたい。
&br;
//この項目の表は「搭載武装解説」の各国ページにリンクが張られている各武装のページからデータを引用している。「weapon_dummy」をページ名に置き換えて欲しい。
//データが更新されて古くなっている場合は、大本のページを編集して欲しい。これを編集すると、全てのページにある武装データが一度に更新される。


***機銃 [#N-5-3_Machine_Gun]
//機銃は以下の表に
#include(20 mm Oerlikon Mk.II cannon,notitle)
#br
#include(40 mm Bofors L/60 gun,notitle)
**追加武装((爆薬量はTNT換算)) [#N2-6_SubWeapons]
|>|>|>|>|CENTER:SIZE(12):|c
|~分類|~名称|~搭載数|~費用&br;(SL)|~搭載条件|h
|~爆雷投下軌条|Mk.6|10|70|爆雷|
|>|>|>|>| |
|~爆雷投射機&br;&&br;対潜迫撃砲|Mk.9|8|110|Bomb Mortar|
|~|T37|8|~|~|
|>|>|>|>| |
|~爆雷投射機&br; &&br;爆雷投下軌条&br;&&br;対潜迫撃砲|Mk.9|8|180|Bomb Mortar&br;爆雷|
|~|Mk.6|10|~|~|
|~|T37|8|~|~|
|>|>|>|>| |
***爆雷 [#N2-6-3_Bombs]
#include(Mk.6 depth charge,notitle)
#br
#include(Mk.9 depth charge,notitle)
#br
#include(7.2 in T37 bomb,notitle)
**カモフラージュ [#N2-7_Camouflage]
#region(''クリックで表示'')
|>|SIZE(12):|c
|>|~△△△|
|>|&attachref(,nolink,100%);|
|BGCOLOR(#eeeeee):~条件|-|
|BGCOLOR(#eeeeee):~説明|標準カモフラージュ|
|>||
|>|~△△△|
|>|&attachref(,nolink,100%);|
|BGCOLOR(#eeeeee):~条件|△|
|BGCOLOR(#eeeeee):~説明|△|
|>||
#endregion


**研究ツリー [#N2-8_Tree]
|>|SIZE(12):CENTER:|c
|~前艦艇|''[[80 ft Nasty]]''|
|~派生艦艇|''[[-]]''|
//|~派生元車両|''[[-]]''|
//|~オリジナル車両|''[[-]]''|
//↑鹵獲・レンドリース車両用
|~次艦艇(右)|''[[165 ft PC-451]]''|
|~次艦艇(下)|''[[-]]''|
#br
#br


*解説 [#N3_Explanation]
米軍ツリーを進めていくと最初に乗れるようになる駆潜艇。扱いやすいボフォースL/60に加え、副砲として3基の20㎜機関砲を搭載している。
また、開発を進めていくと爆雷・対潜迫撃砲をアンロックできる。

**特徴 [#N3-1_Characteristics]

--加筆求む--
#br
''【火力】''
前方には40㎜1門のみしか指向できないが、側面や後方には20㎜機関砲が配置されており死角がない。
特に後方上空から襲ってくる敵機に対して効果的に迎撃可能だ。
//前方、側面、後方それぞれへ指向できる火力なども
#br
''【防御】''
装甲は無いため、被弾には弱い。
#br
''【機動性】''
魚雷艇ほどではないが小回りが利く。
#br


**史実 [#N3-2_History]
SC-497型駆潜艇はアメリカ海軍が1941年から建造を開始した駆潜艇で、対潜哨戒や沖合の哨戒に利用された。
438隻が建造されたが、潜水艦を撃沈したことはない。
自由フランスなど同盟国にも供与された。


このうち、ノルウェー海軍に供与された[[HNoMS Hitra (旧USS SC-718)>https://en.wikipedia.org/wiki/HNoMS_Hitra]]はノルウェー海軍博物館で保存されており、現在でもその姿を見ることができる。


--加筆求む--
**小ネタ [#N3-3_Tips]
--加筆求む--
//----
//--加筆求む--
//----
//--加筆求む--


*外部リンク [#N4_Links]
#br
●[[WarThunder公式英語Wiki>URL]]
//↑対応する地上車両のURLを添付。公式英語Wikiトップ→ http://wiki.warthunder.com/
#br
●[[公式Devログ>URL]]
//↑対応するDevログページのURLを添付。公式サイト検索用ページ→ http://warthunder.com/en/search/
#br
●[[DMM公式紹介ページ>URL]]
//↑対応するDevログページのURLを添付。公式サイト検索用ページ→ http://warthunder.dmm.com/library/
#br
●[[インターネット百科事典ウィキペディア>URL]]
//↑対応するインターネット百科事典ウィキペディアのURLを添付。
#br


*コメント [#N5_Comments]
&color(Red){''【注意事項】''};
-誤解や混乱を防ぐために、&color(Red){使用感を話題にする際は''ゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。''};
-&color(Red){''荒らし行為''に対しては''スルー''してください。};不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、&color(Red){''荒らし共々BAN''される可能性もあります。};
-ページの編集要望等ありましたら[[編集会議]]のコメント欄をご利用ください。
----
#region(&color(Silver){旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)};)
#pcomment(./コメント,reply,10)
#endregion
#zcomment(t=warthunder%2F1140&h=200&size=10&style=wikiwiki)
//↑ZawaZawaコメント欄の導入方法はテンプレートページの「編集の手引き」を参照の事。