Chi-He の変更点

//地上車両テンプレートバージョン16.12.1

*日本 RankII 中戦車 Chi-He / 一式中戦車 チヘ [#V1_Top]
//↑は国家名 Rank(ローマ数字←半角英字で表記) 機種カテゴリ 機体名(機体アイコンマウスオーバーで表示される詳細版・英語表示)を記載してください。
//例:ドイツ RankII 駆逐戦車 Pz.Kpfw. III Ausf. L 
//ただし、ここの車両名に関しては、判りやすいよう日本語表記等を追記しても良いこととします。
//例:ドイツ RankII 駆逐戦車 Pak40/3 auf Sfl.38 Ausf. H マルダーIII H型

#attachref(./shot 2017.01.08 21.11.15.jpg,nolink,40%)
**概要 [#V1-1_Summary]
//↓概要説明は実装時のバージョンや車両特性などを2~3行でコンパクトにまとめること。本格的な解説は【解説 [#V3_Explanation]】にて。
Ver1.65で実装された日本陸ツリーのランクII中戦車。
ひとつ前の[[二式砲戦車『ホイ』>Ho-I]]と比べると、主砲が対戦車用の47mmになっている。実際は本車を元にして[[二式砲戦車『ホイ』>Ho-I]]を開発しているため原型はこちら。
主砲の47mm砲は[[チハ改>Chi-Ha Kai]]が装備しているものと同じで、初速や貫徹力に優れている。加えて正面装甲も50mmとなるなど、ゲーム的にはチハ改の上位互換といってよいだろう。
*車両情報(v1.65) [#V2_Data]
//↑情報元クライアントのバージョンを記入して下さい。
//情報記入の際はモードの表記が無い場所は全てRealisticBattles{RB}モードの情報を記入して下さい。


**必要経費 [#V2-1_Costs]

|>|CENTER:SIZE(12):|c
|~必要研究値(&color(blue){RP};)|7900|
|~車両購入費(SL)|10000|
|>||
|~乗員訓練費(SL)|3000|
|~エキスパート化(SL)|10000|
|~エース化(&color(Red){GE};)|130|
|~エース化無料(&color(Blue){RP};)|160000|
|>||
|~バックアップ(&color(red){GE};)|20|
|~護符(&color(red){GE};)|530|

**BR・報酬・修理 [#V2-2_BR_Rewards_Repair]

|>|CENTER:SIZE(12):|c
|~項目|~【AB/RB/SB】&br;(初期⇒全改修完了後)|h
|~バトルレーティング|2.3 / 2.3 / 2.3|
|~&color(Blue){RP};倍率|1.12|
//↑課金車両の場合、「(+100%)」と護符分のボーナスを加えて表記。例:「1.72 (+100%)」
|~SL倍率|0.4 / 0.6 / 0.8|
|~最大修理費(SL)|***⇒*** / ***⇒*** / ***⇒***|
**車両性能 [#V2-3_Statistics]

|>|CENTER:SIZE(12):|c
|~項目|~数値|h
|~|BGCOLOR(#FFDDDD):~【AB/RB&SB】(初期⇒全改修完了後)|
|BGCOLOR(#FFDDDD):~砲塔旋回速度(°/s)|13.33⇒18.45 / 8.33⇒9.8|
|~俯角/仰角(°)|-15/20|
|~リロード速度(秒)&br;(初期⇒スキルMAX+エース化)|4.29⇒3.3|
|>||
|~車体装甲厚&br;(前/側/後)(mm)|50 / 25 / 20|
|~砲塔装甲厚&br;(前/側/後)(mm)|50 / 25 / 25|
|>||
|~重量(t)|17.2|
|BGCOLOR(#FFDDDD):~エンジン出力(hp)|***⇒458 / ***⇒240|
|~|2,000rpm|
|BGCOLOR(#FFDDDD):~最高速度(km/h)|49 / 44|
|BGCOLOR(#FFDDDD):~実測前進~後退速度(km/h)|48 ~ -9 / 40 ~ -8|
//↑大体の数値でOK。テストドライブ開始地点より走行すれば平地で測定できる。斜面で測定しないよう注意。改修前と後では加速度が違うものの、最高速度自体は同じ。
|BGCOLOR(#FFDDDD):~最大登坂能力(°)|***⇒43 / ***⇒41|
|~視界(%)|88|
|>||
|~乗員数(人)|5|
**武装 [#V2-4_MainWeapons]

|>|>|SIZE(12):CENTER:|c
|>|~名称|~搭載弾薬数|h
|~主砲|47mm Type 1 cannon|120|
//|~副砲|△△|**|
|~機銃|7.7mm Type 97 machine gun|3000|

//情報記入の際は、ゲーム内日本語表記を基準にし、「~砲」や「~榴弾砲」「~機関銃」も記入して下さい。
**弾薬((爆薬量はTNT換算)) [#V2-5_Shells]

|SIZE(12):CENTER:90|>|>|>|SIZE(12):CENTER:45|>|>|>|>|>|SIZE(12):CENTER:40|SIZE(12):CENTER:20|c
|~名称|~弾種|~弾頭&br;重量&br;(kg)|~爆薬量&br;(g)|~初速&br;(m/s)|>|>|>|>|>|~貫徹力(mm)|~購入&br;費用&br;(SL)|h
|~|~|~|~|~|10m|100m|500m|1000m|1500m|2000m|~|h
|~Type 1 APHE|APHE|1.38|18|822|71|70|61|53|45|38|-|
//|~△△|△△|**.*|**.*|***|***|***|***|***|***|***|-|
//|~△△|△△|**.*|**.*|***|***|***|***|***|***|***|-|
//↓HE系統用
|~Type 1 HE|HE|1.15|87|822|>|>|>|>|>|3|-|
**車両改良 [#V2-6_Modifications]

''[[解説ページを開く>性能・パーツ]]''
|>|>|>|CENTER:SIZE(12):|c
|~Tier|~名称|~必要&color(Blue){RP};|~購入費(SL)|h
|~I|~履帯|***|***|
|~|~修理キット|~|~|
|~|~砲塔駆動機構|~|~|
|~|~弾薬開発1|~|~|
|>|>|>||
|~II|~サスペンション|***|***|
|~|~ブレーキシステム|~|~|
|~|~手動消火器|~|~|
|~|~火砲調整|~|~|
|~|~弾薬開発2|~|~|
|>|>|>||
|~III|~フィルター|***|***|
|~|~救急セット|~|~|
|~|~昇降機構|~|~|
|~|~弾薬開発3|~|~|
|>|>|>||
|~IV|~変速機|***|***|
|~|~エンジン|~|~|
|~|~追加装甲|~|~|
|~|~砲撃支援|~|~|


**カモフラージュ [#V2-7_Camouflage]

#region(''クリックで表示'')

|>|SIZE(12):|c
|>|~△△△|
|>|&attachref(,nolink,100%);|
|BGCOLOR(#eeeeee):~条件|-|
|BGCOLOR(#eeeeee):~説明|標準カモフラージュ|
|>||
|>|~△△△|
|>|&attachref(,nolink,100%);|
|BGCOLOR(#eeeeee):~条件|△|
|BGCOLOR(#eeeeee):~説明|△|
|>||

#endregion


**研究ツリー [#V2-8_Tree]

|>|SIZE(12):CENTER:|c
|~前車両|''[[Ho-I]]''|
|~派生車両|''[[-]]''|
//|~派生元車両|''[[-]]''|
//|~オリジナル車両|''[[-]]''|
//↑鹵獲・レンドリース車両用
|~次車両|''[[Chi-Nu]]''|

#br
#br
*解説 [#V3_Explanation]


**特徴 [#V3-1_Characteristics]

使いやすさと性能に優れている47mm砲を装備した中戦車である。
%%ただし砲塔旋回は相変わらず劣悪な為総合的な扱いは難しいものとなっている。%%
というのは過去の話であり、1.71アップデートにより砲塔旋回速度がマトモになった為、使いやすくなった。

#br

''【火力】''
[[チハ改>Chi-Ha Kai]]も装備している47mm砲である。
・前任の[[二式砲戦車『ホイ』>Ho-I]]と比べ、扱いやすい砲であるがHEAT弾がない為一定距離以上での貫徹力では劣っている。
・BRが2.3に上昇しており、[[T-34>T-34 1940 L11]]や[[M4シャーマン>M4A1]]などの傾斜装甲を有した戦車とマッチングすることがあり、地形を利用する、至近距離で撃つ、側面を突くなりしない限り対抗することは難しい。
しかし同格相手であれば十分な貫徹力を有しているため、それら格上の戦車と正面から鉢合わないよう気をつけていれば活躍することは可能である。敵の格上戦車は味方の格上戦車に任せ、それを補助するように撃ち合うといい。
・ちなみにバージョン1.71から対空機銃架に九七式車載重機関銃が装備されるようになり、砲塔正面の敵に対して機銃を撃てるようになった。さらに一応対空機銃なので最大仰角85°と航空機に対して撃てるようになった…のだが、このランク帯で飛ぶ航空機に対して、地上から放たれる一丁の7.7mm機銃ではいかんせん撃墜は厳しいのであくまで自衛用と割り切ろう。
・リロード速度は約4秒台~3秒台と手数は確保されている。
・地味な利点だが揺れづらい車体と安定装置を装備しているので、不意の遭遇戦でも砲撃が安定して撃てる。飛び出し撃ちもある程度こなせる。

#br
''【防御】''
・M2重機関銃にすら抜かれかねないチハから一転、砲塔、車体正面装甲50mmと中戦車らしい厚さを持っている。
ホイ同様英陸と日陸の20mm対空砲に抜かれる心配がなくなったことは大きいが、独軍20mm砲などには遠慮なく貫徹を許すので撃たれない立ち回りが最重要である。
・昼飯に構えると同格や格下の砲弾を多少弾ける為、チハ改と比べて強気に攻めることは可能。ちなみに砲塔前面は25mm装甲が二枚で50mmとなっている。
・砲塔の装甲は正面の四角い部分こそ50㎜だが、緩く曲面となっている前面から側面部分は25㎜と薄いので注意。
・昼飯に構えると同格や格下の砲弾を多少弾ける為、チハ改と比べて強気に攻めることは可能。ちなみに砲塔前面から側面までの曲面部分は25mm装甲が二枚で50mmとなっている。
・カタログスペックこそ車体正面50㎜だが、あくまで車体正面真ん中の装甲だけが50㎜なのであって、車体正面端の角度をつけている部分は20㎜と薄くなっている。昼飯の角度をとると単なる20㎜の垂直装甲になる。
・砲塔正面も50㎜の装甲をもち遠距離、中距離では敵の弾をある程度はじいてくれるようになった。とはいえ、垂直面の50㎜なので比較的貫通されやすいのは注意が必要である。しかも、砲塔で昼飯を取ろうとすると斜めに角度をつけた前から側面の25㎜の装甲が単なる垂直面と化して抜かれやすくなるので注意。
・砲塔側面は25㎜と相変わらずの紙装甲なので依然として頼りにならない装甲であることには変わりない。被弾しない立ち回りを徹底しよう。
・車体側面も25㎜となっているが、砲塔と履帯の間の角度をつけた側面の部分は20㎜の装甲となっているので注意。
・砲弾を-48発すれば砲塔に置いている砲弾が消え誘爆のリスクが減る。生存性を上げるか、継戦能力を上げるかはお好みで。

#br
''【機動性】''
・チハなどと比べると加速、速度共に機動性が順当に向上している。
・完全改修で時速50キロは弱出る(AB)
・ただし、直進は中戦車として平均的なものの、相変わらず信地旋回で難を抱えている。他国の快速戦車のように敵地で動き回って戦う車輛では無いのであまり調子に乗って前に突撃したりしないように。
・後進速度は-9km。
#br
**史実 [#V3-2_History]
一式中戦車チヘは日本陸軍が開発した中戦車であり、同じく1937年に採用された九七式中戦車チハ、1940~1941年初頭にかけて試作・研究された九八式中戦車チホの後継戦車である。

'''''チヘは現存資料は少ないため、開発開始年度がはっきりしておらず、1940年説と1941年説がある'''''が詳しいことは不明。1941年夏ごろにはモックアップが完成しており、翌年に審査、採用されたと言う説があるが、この頃には似たような性能の九七式中戦車(新砲塔)・試製九八式中戦車も存在しておりそれらの混同も考えられる。
第2次対戦中の戦車の生産量→ http://ktymtskz.my.coocan.jp/E/EU2/japan/t205.jpg

少なくとも戦車自体生産優先順位は低くく、既存戦車の生産が優先である上、チヘに搭載するはずの新型変速機器の開発が難航していたため、生産配備どころか開発も遅々として進まなかったということはハッキリとしている。1943年ごろの日本軍は、物資に不足が原因で航空兵器および海上兵器の生産が優先されるようになっており、戦車や自走砲等の生産数は極力減らされてしまっていた。生産設備自体はあったし、計画では何百両も生産する予定ではあったのだが、物資は全て航空海上関係に回され、陸軍の地上兵器は総じて生産数が戦時生産にも関わらず著しく少なかった。

結局本格的に生産が始まるのは1943末~1944年であり、そのころになると戦況は悪化し、さらにチヘ車自体が性能不足となってしまっている。生産に際してはチハの頃とは違い溶接で接合している為、チハと比べて強度が上がっており、装甲自体も50mmとチハの頃と比べて大幅に厚くなっている。しかし、1942年の戦車としてみると厚みだけならばそこそこあったが、傾斜装甲ではなくただの垂直装甲であるため防御力は劣っていた。また、車体正面部分は平面になっている。

主砲は同軸機銃が付く予定だったが、開発の遅れからチハ改の47mm砲と変わらず、相違点はチハ改は主砲の仰俯角を肩に当てて操作したが、本車輛ではハンドルを用いて上下に可動させる程度である。砲塔バスケットは無く、砲塔内で乗員3名は常に砲塔の動きに合わせて移動するしなければならなかった。ちなみに砲塔旋回はハンドル方式だが砲塔の直径が小さい為遅いわけではなかった。

機動性はエンジンもチハ車用のSA一二二〇〇VD(170hp)から統制一〇〇式(240hp)になり機動性もチハの頃と比べ上昇しているが、変速機はチハと同じであり、チハ譲りのギアチェンジのしにくさは残っていた (当初は油圧サーボと呼ばれる機構を搭載することでギアチェンジを容易なものにしようとしていたが断念した)。
生産されたのが1944年からなので本土決戦用に内地部隊にのみ配備されていた。
主に九州地方の戦車隊に配備されている。

--加筆求む--
**小ネタ [#V3-3_Tips]
◇チへ、ホニ、ケニ?
これは開発段階でのコードネームであり、&color(Red){''けっしてあだ名や愛称の類いではない''。};

例えるならば''正体を隠す偽名・仮名みたいなもの''で、正式採用された場合はこの名で呼ばれることはほぼなくなる。

#br
*外部リンク [#V4_Links]

#br

●[[WarThunder公式英語Wiki>http://wiki.warthunder.com/index.php?title=Type_1_Chi-He]]
//↑対応する地上車両のURLを添付。公式英語Wikiトップ→ http://wiki.warthunder.com/

#br

●[[公式Devログ>http://warthunder.com/en/news/4349-development-type-1-chi-he-an-updated-classic-en/]]
//↑対応するDevログページのURLを添付。公式サイト検索用ページ→ http://warthunder.com/en/search/

#br

●[[インターネット百科事典ウィキペディア>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E5%BC%8F%E4%B8%AD%E6%88%A6%E8%BB%8A]]
//↑対応するインターネット百科事典ウィキペディアのURLを添付。

#br


*コメント [#V5_Comments]

&color(Red){''【注意事項】''};
-誤解や混乱を防ぐために、&color(Red){使用感を話題にする際は''ゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。''};
-&color(Red){''荒らし行為''に対しては''スルー''してください。};不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、&color(Red){''荒らし共々BAN''される可能性もあります。};
-ページの編集要望等ありましたら[[編集会議]]のコメント欄をご利用ください。
----
#region(&color(Silver){旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)};)
#pcomment(./コメント,reply,10)
#endregion

#zcomment(t=warthunder%2F114&h=200&size=10&style=wikiwiki)
//↑ZawaZawaコメント欄の導入方法はテンプレートページの「編集の手引き」を参照の事。