P-51D-30 の変更点


//航空機テンプレートバージョン19.11.23

*アメリカ RankIV 戦闘機  P-51D-30 Mustang(マスタング) [#A1_Top]

//↑は国家名 Rank(ローマ数字←半角英字で表記) 機種カテゴリ 機体名(機体アイコンマウスオーバーで表示される詳細版・英語表示)を記載してください。
//例:ソ連 RankII 重戦闘機/戦闘攻撃機 Pe-3/Early 
//ただし、ここの機体名に関しては、判りやすいよう日本語表記等を追記しても良いこととします。
//例:日本 RankIII 軽戦闘機 Ki-43-III otsu Hayabusa 一式戦闘機三型乙 隼

&attachref(./shot 2016.10.08 16.54.15.jpg,nolink,40%);

**概要 [#A1-1_Summary]
アメリカ陸軍機ツリーのランクIV戦闘機。[[P-51D-5]]に続いて開発できる、通常ツリーでは4機目のマスタングである。ドーサルフィンを追加した他、エンジンに改良が加えられ、高ブースト化によってWEP時の出力が230hpほど向上した(通常出力はD-5と同じ)。さらに機銃の装弾数と爆装量を減じる事で軽量化されており、より戦闘機として特化されたといえる。
*機体情報(v1.89.1.185) [#A2_Data]

//↑情報元クライアントのバージョンを記入して下さい。
//Ver.1.59の時点では、機体アイコンマウスオーバーで表示される性能表が開発状況に合致していない場合がありました。機体カスタマイズ(プレビュー)で画面左上の性能表で、最高速度・旋回時間・上昇速度の数値の下に黄色のバー(開発の進み度合いが判る)が表示されているとき、その数値は正確な数値を示していると言えます。念のためご確認ください。
**必要経費 [#A2-1_Costs]

|>|CENTER:SIZE(12):|c
|~必要研究値(&color(blue){RP};)|54000|
|~機体購入費(SL)|180000|
//|~機体購入費(&color(Red){GE};)|***|
//|~機体購入費($)|**.**|
|>||
|~乗員訓練費(SL)|52000|
|~エキスパート化(SL)|180000|
|~エース化(&color(Red){GE};)|940|
|~エース化無料(&color(Blue){RP};)|480000|
|>||
|~バックアップ(&color(red){GE};)|30|
|~護符(&color(red){GE};)|1500|
//|~デカール枠解放(&color(blue){RP};)|***|
**BR・報酬・修理 [#A2-2_BR_Rewards_Repair]

|>|CENTER:SIZE(12):|c
|~項目|~【AB/RB/SB】&br;(初期⇒全改修完了後)|h
|~バトルレーティング|4.7 / 5.0 / 5.3|
|~&color(Blue){RP};倍率|1.66|
//↑課金機体の場合、「(+100%)」と護符分のボーナスを加えて表記。例:「1.72 (+100%)」
|~SL倍率|1.1 / 4.0 / 4.6|
|~最大修理費(SL)|2730⇒3710 / 10610⇒13973 / 13000⇒17120|
**機体性能 [#A2-3_Statistics]

|>|CENTER:SIZE(12):|c
|~項目|~(初期⇒全改修完了後)&br;【AB/RB&SB】|h
|~最高速度(km/h)|691⇒756 / 691⇒721|
|~|(高度6400m時)|
|~最高高度(m)|12700|
|~旋回時間(秒)|21.1⇒18.9 / 21.1⇒20.0|
|~上昇速度(m/s)|18.5⇒ / 18.5⇒22.7|
|~離陸滑走距離(m)|396|
|>||
|~エンジン型式|Packard V-1650-7|
|~最大出力(hp)|1301⇒1744 / 1301⇒1490|
|~離陸出力(hp)|1659⇒2102 / 1659⇒1848|
//|~離陸推力(kgf)|***⇒*** / ***⇒***|
//↑X線画面でエンジンにカーソルを合わせると表示される
|>||
|~毎秒射撃量(kg/s)|3.33|
|~燃料量(分)|min:31 / 45 / 60 / max:105|
//|~銃手(人)|***|
|>||
|~限界速度(IAS)|910 km/h|
|~限界マッハ数|0.85|
|~フラップ破損速度(IAS)|(戦闘)645 km/h, (離陸)510 km/h,(着陸)265 km/h|
|~着陸脚破損速度(IAS)|280km/h|
|~主翼耐久度|-5G ~ +11G|
//↑↑フラップ破損は大体の速度でOK。戦闘フラップの代わりに離陸フラップ等がある場合は適宜表記を変更。
//↑主翼耐久度は主翼が折れる直前のGを表記。折れない場合は「-∞G」「∞G」と表記しても良い。一応の耐久度の限界値は設定されているらしいが、通常プレイでデータ取得が難しい場合(20G以上等)は公式英語Wikiやデータシートも参考に。

**レーダー [#A2-3-1_Radar]
なし

**武装 [#A2-4_MainWeapons]
|>|>|>|>|>|CENTER:SIZE(12):|c
|~分類|~名称|~搭載数|~装弾数|~搭載箇所|~購入費用(SL)|h
|~|~|~|~|~|通常/ステルス|
|~機銃|~12.7mm&br;M2 Browning|6|1880|翼内|90/120|

//分類にBGCOLOR(#FFDDDD):がついているのは銃座
**弾薬 [#A2-5_Shells]

[[''搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く''>搭載武装解説]]
#include(12.7 mm M2 Browning machine gun (late),notitle)
#br


//分類にBGCOLOR(#FFDDDD):がついているのは銃座

//この項目の表は「搭載武装解説」の各国ページにリンクが張られている各武装のページからデータを引用している。「weapon_dummy」をページ名に置き換えて欲しい。
//データが更新されて古くなっている場合は、大本のページを編集して欲しい。これを編集すると、全てのページにある武装データが一度に更新される。
**追加武装 [#A2-6_PayloadOptions]
|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:SIZE(12):|c
|~分&br;類|~名称&br;(爆薬量)&br;種類|~搭&br;載&br;数|>|>|~影響【AB/RB&SB】|~費用&br;(SL)|~搭載条件|~備考((爆薬量はTNT換算))|h
|~|~|~|~最高速度&br;(km/h)|~上昇速度&br;(m/s)|~旋回時間&br;(sec)|~|~|~|h
|>|>|CENTER:SIZE(12):|>|>|CENTER:SIZE(10):|>|CENTER:SIZE(12):|CENTER:SIZE(10):|c
|~B|~1000lbs&br;(439.6kg)&br;LDGP Mk82|2|COLOR(Red):-106.6/-115.9|COLOR(Red):-7.1/-7.1|COLOR(Red):+3.5/+5.3|400|FLBC mk.1|合計搭載量&br;2000lbs&br;(爆薬量480.8kg)|
|>|>|>|>|>|>|>|>||
|~R|~127mm&br;HVAR|6|COLOR(Red):-47.5/-52.6|COLOR(Red):-3.3/-3.3|COLOR(Red):+1.5/+2.2|120|FRC mk.2|-|
|>|>|>|>|>|>|>|>||
|~R|~114mm&br;M10 bazooka|6|COLOR(Red):-33.1/-35.3|COLOR(Red):-1.3/-1.3|COLOR(Red):+0.4/+0.7|60|M10 bazooka|-|


//分類...爆弾=B,魚雷=T,ロケット=R,ガンポッド=G,爆弾&爆弾=B&B,ロケット&爆弾=R&B
***爆弾 [#A2-6-1_Bombs]
#include(1000 lb LDGP Mk.83 bomb,notitle)
#br
***ロケット[#A2-6-2_Rockets]
#include(HVAR rocket,notitle)
#br
#include(M8 rocket,notitle)
#br
**機体改良 [#A2-7_Modifications]

''[[解説ページを開く>性能・パーツ]]''
|>|>|>|CENTER:SIZE(12):|c
|~Tier|~名称|~必要&color(Blue){RP};|~購入費(SL)|h
|~I|~胴体修理|3100|***|
|~|~ラジエーター|~|~|
//|~|~ボディーアーマー|~|~|
//|~|~防弾ガラス強化|~|~|
|~|~12.7mm弾薬ベルト|~|~|
//|~|BGCOLOR(#FFDDDD):~**mm銃座用弾薬ベルト|~|~|
|>|>|>||
|~II|~コンプレッサー|3500|***|
//|~|~新しいブースター|~|~|
|~|~機体|~|~|
|~|~FRC mk.2|~|~|
//|~|BGCOLOR(#FFDDDD):~新しい**mm銃座用機関銃|~|~|
|>|>|>||
|~III|~主翼修理|2900|***|
|~|~エンジン|~|~|
//|~|~後部装甲板強化|~|~|
|~|~新しい12.7mm機関銃|~|~|
|~|~Rocket Launcher M10|~|~|
|>|>|>||
|~IV|~インジェクター交換|3800|***|
//|~|~**オクタン燃料使用|~|~|
|~|~耐Gスーツ|~|~|
|~|~カバー交換|~|~|
//|~|~新しい**mm機関砲|~|~|
|~|~FLBC mk.1|~|~|

//名称にBGCOLOR(#FFDDDD):がついているのは銃座関連
**カモフラージュ [#A2-8_Camouflage]
#region(''クリックで表示'')
|>|SIZE(12):|c
|>|~規定|
|>|&attachref(./usaf.jpg,nolink,50%);|
|BGCOLOR(#eeeeee):~条件|-|
|BGCOLOR(#eeeeee):~説明|USAF標準迷彩|
|>|~「Big Dick」|
|>|&attachref(./bigdick.jpg,nolink,50%);|
|BGCOLOR(#eeeeee):~条件|200&attachref(SandBox/Gorden_Eagles_2.png,nolink,70%);|
|BGCOLOR(#eeeeee):~説明|第82戦闘飛行隊 Richard A Hewit少佐搭乗機迷彩。&br;スキン製作者:[[_TerremotO_>http://live.warthunder.com/user/_TerremotO_/]]|
|>|~RAF Mustang IV "Dooleybird"|
|>|~「Dooleybird」|
|>|&attachref(./Dooleybird.jpg,nolink,50%);|
|BGCOLOR(#eeeeee):~条件|200&attachref(SandBox/Gorden_Eagles_2.png,nolink,70%);|
|BGCOLOR(#eeeeee):~説明|RAF第19飛行隊所 Arthur"Joe"Doley飛行中尉搭乗機迷彩搭乗機迷彩。&br;スキン製作者:[[__StrafeMike__>http://live.warthunder.com/user/__StrafeMike__/]]|
|BGCOLOR(#eeeeee):~説明|RAF第19飛行隊 Arthur"Joe"Doley飛行中尉搭乗機迷彩。&br;スキン製作者:[[__StrafeMike__>http://live.warthunder.com/user/__StrafeMike__/]]|
#endregion

**研究ツリー [#A2-9_Tree]

|>|CENTER:SIZE(12):|c
|~前機体|''[[P-51D-5]]''|
|~派生機体|''[[F-82E]]''|
|~次機体|''[[P-51 H-5NA]]''|


*解説 [#A3_Explanation]


**特徴 [#A3-1_Characteristics]
#region(一見P-51D-5とソックリだが、尾翼付け根のドーサルフィンの有無で識別できる。)
&attachref(./P-51D 5.jpg,nolink,50%);&attachref(./P-51D 30.jpg,nolink,50%);            
左:D-5 右:D-30
#endregion
WEPが強力になったとはいえ、マスタング特有の挙動の重さを完全に拭い去るほどではない。これまで通り高度と速度を保ちながら一撃離脱に徹しよう。純粋な対地性能は低下したが、まだそれなりに攻撃機的な運用も可能だ。勿論、マスタングに限らず低空低速の戦闘機は敵にすればいいカモである。地上攻撃中に襲撃されないよう、とりかかる前にしっかり安全を確認しよう。

#region(上昇率&高度別WEP出力 in RB)

測定ver…1.89.1.185 

【上昇率&高度別WEP出力】
マップ:ブローニュ=シュル=メール、MEC不使用、スロットルはWEP。
枢軸側飛行場(高度28m)から滑走、260km/hまで加速した後に離陸し、そのまま上昇を開始。
4000mまで対気速度260km/hを維持、それ以降は270km/hを維持した。

|>|>|>|>|>|>|CENTER:|c
|~備考|~馬力(hp)||~高度(m)||~上昇率(m/s)|~到達時間(sec)|
|飛行場高度|1837|~|~28|~|―|―|
||1859|~|~500|~|21.2|22.3|
|~過給器一速全開|~COLOR(Blue):1880|~|~960|~|22.0|42.3|
||1878|~|~1000|~|22.1|44.1|
||1792|~|~1500|~|22.1|66.8|
||1708|~|~2000|~|22.0|89.6|
||1625|~|~2500|~|21.6|114.6|
|~過給器切り替え|~COLOR(Red):1580|~|~2780|~|21.3|129.5|
||1587|~|~3000|~|21.0|141.5|
||1604|~|~3500|~|20.6|168.7|
||1620|~|~4000|~|20.3|196.0|
||1635|~|~4500|~|20.1|222.9|
||1649|~|~5000|~|19.9|249.6|
|~過給器二速全開|~COLOR(Blue):1658|~|~5300|~|19.9|265.5|
||1648|~|~5500|~|19.8|276.1|
||1525|~|~6000|~|19.6|304.7|
||1436|~|~6500|~|19.2|336.2|
||1347|~|~7000|~|18.8|370.9|

#endregion
**立ち回り [#A3-2_HowToFight]
【アーケードバトル】
''要編集''
#br
【リアリスティックバトル】
D-5とは打って変わって平均以上の上昇力を手に入れた。そのためまっすぐ登っても同高度で会敵できる可能性が高いが、空中スポーンのTa 152などに上を取られることがあるので、迂回は必要である。
水平速度では同ランクの敵機を上回り、水平一撃離脱を繰り出すことも可能である。しかしながら、少しでも旋回すると大きく減速してしまい、追いつかれる可能性があるので速度を保つ事を意識して戦うとよい。
万が一Bf 109に背後を取られてしまった時には、高速域での格闘戦に持ち込みめばなんとかなる場合が多い。
#br
【シミュレーターバトル】
最高速度と高高度性能はレシプロ機トップクラスであり、速度が乗っているかぎり本機を照準できる敵機は事実上存在しない。しかし圧倒的優速はあくまで直進時だけで、相当大回りの旋回であっても追従すると簡単に速度を吸われてしまう。これを避けるとどうしても攻撃は大振りかつ直線的になるので、本来は複数機による連続攻撃で補うのが前提の機体と言える。よってソロで運用する場合、少しでも敵が攻撃に気づく素振りを見せたら直ちに再上昇し、決して優位を渡さない臆病さが必要だ。いきおい射撃可能な時間は意外に短く距離も遠い。これまで培ったエイム力でブローニングの威力を最大限引き出そう。
**史実 [#A3-3_History]
ドーサルフィンを追加し、急降下時の横揺れを改善した。また、機体後部に後方警戒用レーダーのアンテナが取り付けられている。
**小ネタ [#A3-4_Tips]

--加筆求む--

//----

//--加筆求む--

//----

//--加筆求む--


*外部リンク [#A4_Links]

#br

●[[WarThunder公式英語Wiki>http://wiki.warthunder.com/index.php?title=P-51D-30_Mustang]]
//↑対応する航空機のURLを添付。公式英語Wikiトップ→ http://wiki.warthunder.com/

#br

●[[WTフォーラム・データシート>URL]]
//↑対応する航空機のデータシートのURLを添付。WTフォーラム航空機データシートトップ→ http://forum.warthunder.com/index.php?/forum/312-aircraft-data-sheets/

#br

●[[公式Devログ>URL]]
//↑対応するDevログページのURLを添付。公式サイト検索用ページ→ http://warthunder.com/en/search/

#br

●[[インターネット百科事典ウィキペディア>URL]]
//↑対応するインターネット百科事典ウィキペディアのURLを添付。

#br

*コメント [#A5_Comments]
&color(Red){''【注意事項】''};
-誤解や混乱を防ぐために、&color(Red){使用感を話題にする際は''ゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。''};
-&color(Red){''荒らし行為''に対しては''スルー''してください。};不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、&color(Red){''荒らし共々BAN''される可能性もあります。};
-ページの編集要望等ありましたら[[編集会議]]のコメント欄をご利用ください。
----
#region(&color(Silver){旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)};)
#pcomment(./コメント,reply,10)
#endregion

#zcomment(t=warthunder%2F760&h=200&size=10&style=wikiwiki)