T-72B3 の変更点

//地上車両テンプレートバージョン20.03.19

*ソ連 RankⅦ 中戦車(MBT) T-72B3 [#V1_Top]

//↑は国家名 Rank(ローマ数字←半角英字で表記) 機種カテゴリ 機体名(機体アイコンマウスオーバーで表示される詳細版・英語表示)を記載してください。
//例:ドイツ RankII 駆逐戦車 Pz.Kpfw. III Ausf. L 
//ただし、ここの車両名に関しては、判りやすいよう日本語表記等を追記しても良いこととします。
//例:ドイツ RankII 駆逐戦車 Pak40/3 auf Sfl.38 Ausf. H マルダーIII H型

&attachref(_20201206_103558.JPG,nolink,40%);

#region(T-72B3 UBH改修前)
&attachref(./shot 2020.09.02 20.07.48.jpg,nolink,100%);
#endregion
**概要 [#V1-1_Summary]

//↓概要説明は実装時のバージョンや車両特性、武装、史実などページ全体の要点をとりまとめたものを2~3行でコンパクトにまとめること。本格的な解説は【解説 [#A3_Explanation]】にて。
1.101で追加されたMBT。[[T-72B]]の近代化改修型。
現ロシア陸軍のT-14やT-90MSに並ぶ&color(Red){超最新主力戦車};である。
改修パックではこれまた最新のレリークトが施されその硬さに並ぶ車両はないだろう。

*車両情報(v1.101) [#V2_Data]

//↑情報元クライアントのバージョンを記入して下さい。
//情報記入の際はモードの表記が無い場所は全てRealisticBattles{RB}モードの情報を記入して下さい。
**必要経費 [#V2-1_Costs]

|>|CENTER:SIZE(12):|c
|~必要研究値(&color(blue){RP};)|390,000|
|~車両購入費(SL)|1,020,000|
|>||
|~乗員訓練費(SL)|290,000|
|~エキスパート化(SL)|1,020,000|
|~エース化(&color(Red){GE};)|2100|
|~エース化無料(&color(Blue){RP};)|***|
|>||
|~バックアップ(&color(red){GE};)|130|
|~護符(&color(red){GE};)|2800|
**BR・報酬・修理 [#V2-2_BR_Rewards_Repair]

|>|CENTER:SIZE(12):|c
|~項目|~【AB/RB/SB】&br;(初期⇒全改修完了後)|h
|~バトルレーティング|10.3 / 10.3 / 10.3|
|~&color(Blue){RP};倍率|2.32|
//↑課金車両の場合、「(+100%)」と護符分のボーナスを加えて表記。例:「1.72 (+100%)」
|~SL倍率|1.3 / 1.5 / 1.5|
|~最大修理費(SL)|***⇒*** / ***⇒*** / ***⇒***|
**車両性能 [#V2-3_Statistics]

|>|CENTER:SIZE(12):|c
|~項目|~数値|h
|~|BGCOLOR(#FFDDDD):~【AB/RB&SB】(初期⇒全改修完了後)|
|BGCOLOR(#FFDDDD):~砲塔旋回速度(°/s)|40.5⇒**.* / 25.3⇒35.0|
|~俯角/仰角(°)|-6/13|
|~リロード速度(秒)&br;(自動装填)|7.1|
|~スタビライザー/維持速度(km/h)|二軸 / 75|
//↑スタビライザーがある車両の場合は最高速度の項目も表示
|>||
|~車体装甲厚&br;(前/側/後)(mm)|105 / 80 / 50|
|~砲塔装甲厚&br;(前/側/後)(mm)|180 / 160 / 65|
|~船体崩壊|無|
|>||
|~重量(t)|46.0(UBH改造後47.0)|
|BGCOLOR(#FFDDDD):~UBH改修前 エンジン出力(hp)|1302⇒1603 / 743⇒840|
|BGCOLOR(#FFDDDD):~UBH改修後 エンジン出力(hp)|1751⇒2156 / 999⇒1130|
|~|2,000rpm|
|BGCOLOR(#FFDDDD):~回転数|2,000rpm|
|BGCOLOR(#FFDDDD):~最高速度(km/h)|66 / 60|
|BGCOLOR(#FFDDDD):~実測前進~後退速度(km/h)|60 ~ -4 / 43 ~ -4|
//↑大体の数値でOK。テストドライブ開始地点より走行すれば平地で測定できる。斜面で測定しないよう注意。改修前と後では加速度が違うものの、最高速度自体は同じ。
|~視界(%)|75|
|>||
|~乗員数(人)|3|

#br
**レーダー [#v2-3-1_Radar]
なし
**暗視装置 [#v2-3-2_NightVisionDevice]
//なし
|SIZE(12):CENTER:120|SIZE(12):CENTER:80|SIZE(12):CENTER:180|c
|~ |~有無|~種類|h
|BGCOLOR(#FFDDDD):~赤外線投光器|無|-|
|>|>||
|~車長|有|赤外線|
|~砲手|有|熱線|
|~操縦手|有|赤外線|
|~三人称視点|有|赤外線|
**武装 [#V2-4_MainWeapons]

|>|>|>|>|SIZE(12):CENTER:|c
|>|~名称|~搭載数|~弾薬数|~弾薬費&br;(SL)|h
|~主砲|&size(11){125 mm 2A46M-5 cannon};|1|45|0~230|
|~機銃|&size(10){12.7 mm 6P50 machine gun};|1|300|-|
|~機銃|&size(11){7.92 mm PKT machine gun};|1|2,000|-|
//情報記入の際は、ゲーム内日本語表記を基準にし、「~砲」や「~榴弾砲」「~機関銃」も記入して下さい。
**弾薬((爆薬量はTNT換算)) [#V2-5_Shells]

[[''搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く''>搭載武装解説]]
//この項目の表は「搭載武装解説」の各国ページにリンクが張られている各武装のページからデータを引用している。「weapon_dummy」をページ名に置き換えて欲しい。
//データが更新されて古くなっている場合は、大本のページを編集して欲しい。これを編集すると、全てのページにある武装データが一度に更新される。
#include(weapon_dummy,notitle)
//「weapon_dummy」を「搭載武装解説」にある各兵装ページのページ名に置き換えて欲しい。ページが未作成の場合は、テンプレートに従って作成してもらえるとありがたい。


|SIZE(12):CENTER:90|>|>|>|SIZE(12):CENTER:45|>|>|>|>|>|SIZE(12):CENTER:40|SIZE(12):CENTER:20|c
|~名称|~弾種|~弾頭&br;重量&br;(kg)|~爆薬量&br;(g)|~初速&br;(m/s)|>|>|>|>|>|~貫徹力(mm)|~購入&br;費用&br;(SL)|h
|~|~|~|~|~|10m|100m|500m|1000m|1500m|2000m|~|h
|~3BM22|APFSDS|4.83|-|1760|425|420|415|405|393|380|120|
|~3BM42|APFSDS|4.85|-|1700|479|477|470|462|453|445|230|
//↓HE系用
|~3BK18M|HEATFS|19|1.75|905|>|>|>|>|>|550|-|
|~3OF26|HE|23|5.24|850|>|>|>|>|>|42|-|

#br

|>|>|>|>|>|>|>|SIZE(12):CENTER:|SIZE(12):CENTER:|SIZE(12):CENTER:|c
|~名称|~弾種|~弾頭重量&br;(kg)|~弾速&br;(m/s)|~誘導&br;システム|~射程&br;(km)|~爆薬量&br;(kg)|~リロード|~貫徹力(mm)|~購入費用&br;(SL)|h
|~|~|~|~|~|~|~|~|距離10~2000m|~|h
|~9M119M1|ATGM(tandem)|17.2|350|半自動((全モードでマウス照準による誘導))|5|3.6(TNT換算:4.72)|有|850|190|
**車両改良 [#V2-6_Modifications]

''[[解説ページを開く>性能・パーツ]]''
|>|>|>|CENTER:SIZE(12):|c
|~Tier|~名称|~必要&color(Blue){RP};|~購入費(SL)|h
|~I|~履帯|25000|22000|
|~|~修理キット|~|~|
|~|~砲塔駆動機構|~|~|
|~|~3BM22|~|~|
|>|>|>||
|~II|~サスペンション|19000|17000|
|~|~ブレーキシステム|~|~|
|~|~手動消火器|~|~|
|~|~NVD(暗視装置)|~|~|
|~|~砲火調整|~|~|
|~|~Laser rangefinder|~|~|
|>|>|>||
|~III|~フィルター|25000|22000|
|~|~救急セット|~|~|
|~|~発煙弾発射器|~|~|
|~|~昇降機構|~|~|
|~|~9M119M1|~|~|
|>|>|>||
|~IV|~変速機|27000|24000|
|~|~エンジン|~|~|
|~|~エンジン発煙システム|~|~|
|~|~T-72B UBH|~|~|
|~|~砲撃支援|~|~|
|~|~3BM42|~|~|
**カモフラージュ [#V2-7_Camouflage]

#region(''クリックで表示'')

|>|SIZE(12):|c
|>|~△△△|
|>|&attachref(,nolink,100%);|
|BGCOLOR(#eeeeee):~条件|-|
|BGCOLOR(#eeeeee):~説明|標準カモフラージュ|
|>||
|>|~△△△|
|>|&attachref(,nolink,100%);|
|BGCOLOR(#eeeeee):~条件|△|
|BGCOLOR(#eeeeee):~説明|△|
|>||

#endregion
**研究ツリー [#V2-8_Tree]

|>|SIZE(12):CENTER:|c
|~前車両|''[[T-90A]]''|
//|~派生車両|''[[-]]''|
//|~派生元車両|''[[-]]''|
//|~オリジナル車両|''[[-]]''|
//↑鹵獲・レンドリース車両用
|~次車両|''-''|

#br
*解説 [#V3_Explanation]


**特徴 [#V3-1_Characteristics]

T-72B(1989)を更に強化した車両。

#br
''【火力】''

主砲は新型の2A46M-5を装備しており、砲弾の種類は変わらないが、9M119がタンデム弾頭の9M119M1に変更されている。9M119より飛翔速度が低下しているが、貫徹力は700mmから850mmへと大きく強化され、爆薬がコンポジションBに変わったことにより爆薬量が増えている。流石に850mmでも同格の正面装甲を貫通するのは困難だが、貫通さえできれば敵戦車に大きなダメージを与えることができる。

主砲以外では、照準器が今までの8倍固定だったのが4.0-12.0xのズーム可能なものに交換された他、砲手視点限定とは言え高解像度のサーマルビジョンが使えるようになり、全体的に使いやすくなった。砲塔旋回速度も大幅に改善され、素の状態でもT-80U(フル改修)より早くなっているが、砲身昇降速度は改善されていない。一応、12.7mm機銃もNSVTから6P50に変わっているが、別に差はない。

#br
''【防御】''

素の状態ではT-72B(1989)と変わらない。だが、本車にはUBH改修をすることができ、車体側面と砲塔側面後部にレリークト(Реликт)とスラット装甲が追加される。ただし、車体正面および砲塔正面はコンタークト5が使われ続けるため防御力は変化しない。また、特別に弱点が補強されたわけでもなく、レリークトの大部分はCE防御値のみ高めていることが多いため、防御力が向上したと実感しづらい。
しかし、広い防御範囲に加えて側面においてはKE防御値も向上するため、斜めからの攻撃や不意打ちに対して強くなる。最も、爆発反応装甲の為防げるのは一回きりだが、それでも改修する価値は(後述のエンジン換装を含め)十二分にある。

#region(レリークトの防御値)
#attachref(Screenshot_20200903-234459_Remote Desktop~2.jpg,nolink,100%)
#attachref(Screenshot_20200903-234506_Remote Desktop~2.jpg,nolink,100%)
側面においては二層になっているがCE防御値は加算されず600mmである。
#attachref(Screenshot_20200903-234520_Remote Desktop~2.jpg,nolink,100%)
#endregion

#br
''【機動性】''
エンジンは相変わらずのV-84だが、UBH改修を施すことによりエンジンが新型のV-92S2に換装されるおかげで、1130hp(AB:2156hp)まで出力が大幅に向上し、馬力ではTー80Bをも凌いでおりT-72系列とは思えない加速性能を誇る。しかし、肝心の変速機が変わっていないせいで後退速度は相変わらず4km/hで、回転数も2000rpmのままである。そのため、相変わらず登坂性能が低く坂に弱いし、その場での旋回も不得意である。

#br
//''【総評】''
//同じBRのT-80Uと比べ、こちらは装甲に比重を置いており、機動性を生かした戦いは苦手である。
**史実 [#V3-2_History]

T-72シリーズの改良型であり、T-72BからT-90Aに準ずる性能へ引き上げるべく製造されたモデル。第3世代爆発反応装甲「レリークト」を搭載し、T-90Aと同じV-92S2(1000馬力)エンジンへの強化及び補助動力装置(APU)の搭載、主砲に2A46M-5を採用、新型射撃管制装置及び赤外線暗視装置を備え、第一線級の性能まで引き上げられている。なお、エンジンに関しては最終的にT-90MSと同じ1130馬力のV-92S2Fへ換装されているものもある。史実では主砲換装によりこれまでの3BM42の改良型である3BM46などからさらに大幅に性能を向上させた3BM59/60(2000mで垂直貫通力RHA換算740mmと言われる)が射撃可能である。
T-72B3に全周旋回式車長用サイトを搭載し、オートマチックトランスミッションを搭載したものはT-72B4などと呼称されている。しかしながら明確な線引きがなく、T-72B3やT-72B4は各車両によって使用はまちまちである。
**小ネタ [#V3-3_Tips]

--加筆求む--

//----

//--加筆求む--

//----

//--加筆求む--


*外部リンク [#V4_Links]
#br
●[[WarThunder公式英語Wiki>URL]]
//↑対応する地上車両のURLを添付。公式英語Wikiトップ→ http://wiki.warthunder.com/
#br
●[[公式Devログ>URL]]
//↑対応するDevログページのURLを添付。公式サイト検索用ページ→ http://warthunder.com/en/search/
#br
●[[DMM公式紹介ページ>URL]]
//↑対応するDevログページのURLを添付。公式サイト検索用ページ→ http://warthunder.dmm.com/library/
#br
●[[インターネット百科事典ウィキペディア>URL]]
//↑対応するインターネット百科事典ウィキペディアのURLを添付。
#br
*コメント [#V5_Comments]

&color(Red){''【注意事項】''};
-誤解や混乱を防ぐために、&color(Red){使用感を話題にする際は''ゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。''};
-&color(Red){''荒らし行為''に対しては''スルー''してください。};不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、&color(Red){''荒らし共々BAN''される可能性もあります。};
-ページの編集要望等ありましたら[[編集会議]]のコメント欄をご利用ください。
----
#region(&color(Silver){旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)};)
#pcomment(./コメント,reply,10)
#endregion
#zcomment(t=warthunder%2F1925&h=200&size=10&style=wikiwiki)