Top > F-84B
HTML convert time to 0.021 sec.


F-84B

Last-modified: 2018-08-01 (水) 12:36:22

アメリカ RankV ジェット戦闘機 F-84B-26 Thunderjet Edit

F84C.jpg

解説 Edit

概要 Edit

アメリカのランクVジェット戦闘機。F-80Cと比べて幾らか性能が低下しているが気にする程ではない。
武装はM3ブローニング12.7mm機銃が6挺装備されている。ただし2挺が翼付け根と機首から少し離れた所に配置されているので若干当てにくいと感じるかも知れない。

余談だがロード画面でMiG-15に襲撃されている本機の画面がある。

特徴 Edit

P-47の後継機として生み出された故か、翼と胴体が燃料タンクだらけの割には意外と耐弾性が高いのが特徴。またP-47譲りのセカンダリ武装の豊富さを活かし、戦闘爆撃機としても活躍ができる。無論、爆弾とロケット弾を使い切った後は空中戦もできる汎用性の高さも魅力の一つである。
BRはAB 6.7だが、BR調整をすればレシプロ機の多いマッチングを狙うこともできる。8.0まで上昇した機体に比べれば改修もそこまで苦労はしないだろう。

立ち回り Edit

【アーケードバトル】
リアリスティック、シュミュレーターでもそうだが、敵機との交戦はおススメしない。アメリカ機の中では硬くない部類に入るからである。*1特に翼に被弾するとすぐ折れるのだ。ペイロードの豊富さを活かして地上目標を破壊しよう。
【リアリスティックバトル】
アーケード、シュミュレーターでも言える事だが本機は最高速度=限界速度なのでエグい機動を行うと主翼がぶっ取れるので戦闘機として扱う時は一撃離脱を心がけよう。降下時も最高速度のまま降下すると空中分解するので、速度を少し落とそう。とはいえ敵機との交戦はなるべく避けて地上目標を破壊しよう。

 

【シミュレーターバトル】
立ち回りは他の2モードとほぼ同じだが味方のアメリカ機との連携も重要だ。

機体情報(v1.43) Edit

必要経費 Edit

必要研究値(RP)130000
機体購入費(SL)690000
乗員訓練費(SL)200000
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)***
護符(GE)***

BR・報酬・修理 Edit

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング6.7 / 7.3 / 7.7
RP倍率1.96
SL倍率0.8 / 2.9 / 3.9
最大修理費(SL)3650⇒*** / ***⇒*** / ***⇒***

機体性能 Edit

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)917⇒960 / ***⇒948
(高度1524m時)
最高高度(m)12500
旋回時間(秒)32.4⇒30.2 / ***⇒31.0
上昇速度(m/s)17.2⇒27.5 / ***⇒22.0
離陸滑走距離(m)1040
最大出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
離陸出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
毎秒射撃量(kg/s)5.20
燃料量(分)min*** / *** / *** / max***
銃手(人)***
限界速度(IAS)*** km/h
フラップ破損速度(IAS)(戦闘)*** km/h, (離陸)*** km/h,(着陸)*** km/h
主翼耐久度-***G ~ ***G

武装 Edit

分類名称搭載数装弾数搭載箇所
機銃12.7mm
M3ブローニング
61800機首4門
翼付け根2門

弾薬 Edit

武装名ベルト名内訳費用(SL)
12.7mm
M3 ブローニング
デフォルトAPI-T/AP/AP/I-
汎用AP-I/AP-I/API-T/I/I170
地上目標API-T/I/AP/AP-I/AP-I170
曳光弾API-T170
ステルスAP-I/I/AP-I/I250

AP = M20 徹甲弾
AP-I = M8 徹甲焼夷弾
API-T = M20 徹甲焼夷曳光弾
I = M23 焼夷弾

追加武装 Edit


名称

影響【AB/RB/SB】費用
(SL)
搭載条件
最高速度
(km/h)
上昇速度
(m/s)
ターン
アラウンドタイム
(sec)
搭載なし--------
RHVAR4-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**80FRC mk.7-
RHVAR8-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**160FRC mk.7a-
R

B
HVAR8-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**560FLBC mk.1
FRC mk.7a
-
1000lb
AN-M65(A1)
2
R

B
HVAR8-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**360FMBC mk.1
FRC mk.7a
-
500lb
AN-M64(A1)
2
R

B
HVAR8-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**260FSBC mk.5
FRC mk.7a
-
250lb
AN-M57
2
R

B
HVAR8-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**200FSBC mk.1
FRC mk.7a
-
100lb
AN-M30
2
R

R
ティニー・ティム2-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**200FLRC mk.12
FRC mk.7a
-
HVAR8
Rティニー・ティム2-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**40FLRC mk.12
FRC mk.7a
-
B1000lb
AN-M65(A1)
2-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**400FLBC mk.1-

機体改良 Edit

解説ページを開く

Tier名称
I胴体修理
ラジエーター交換
12mm弾薬ベルト
FRC mk.7
FSBC mk.1
II新しいブースター
コンプレッサー交換
機体交換
FRC mk.7a
FSBC mk.5
III翼修理
エンジン交換
新しい 12mm 機関銃
FMBC mk.1
IV耐Gスーツ
カバー交換
LFRC mk.12
FLBC mk.1

スキン Edit

△△△
[添付]
条件-
説明標準スキン
△△△
[添付]
条件
説明

派生 Edit

前機体P-80A
派生機体F-84G-21-RE
次機体F-86A-5

過去の修正 Edit

クリックで表示

史実 Edit

F-84は冷戦期に運用されたアメリカ空軍のジェット戦闘機。開発・製造はリパブリック社で、P-47の後継機に当たる。

クリックで表示

小ネタ Edit

△△△


△△△


△△△


△△△

外部リンク Edit

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

公式Devログ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント Edit

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)





*1 あくまでアメリカ機の中では