Top > P40 Leonchello
HTML convert time to 0.024 sec.


P40 Leonchello

Last-modified: 2018-09-05 (水) 10:55:55

イタリア RankII 中戦車 Fiat-Ansaldo P40 Gruppo Corazzato"Leoncello"/カルロ・アルマートP40 Edit

shot 2017.11.04 21.41.16.jpg

概要 Edit

1.73で追加された待望のイタリア戦車第一弾。
プレミアムのギフト車両。

車両情報(v1.73) Edit

必要経費 Edit

必要研究値(RP)-
車両購入費(GE)***
乗員訓練費(SL)***
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)***
デカール枠解放(RP)***

BR・報酬・修理 Edit

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング3.3 / 3.3 / 3.3
RP倍率***
SL倍率*** / *** / ***
最大修理費(SL)***⇒*** / ***⇒*** / ***⇒***

車両性能 Edit

項目数値
【AB/RB&SB】(初期⇒全改修完了後)
砲塔旋回速度(°/s)11.6⇒9.9 /11.6 ⇒**.*
俯角/仰角(°)-10/23
リロード速度(秒)
(初期⇒スキルMAX+エース化)
6.3⇒**.*
車体装甲厚
(前/側/後)(mm)
50 / 45 / 40
砲塔装甲厚
(前/側/後)(mm)
50 / 45 / 45
重量(t)26.0
エンジン出力(hp)630⇒330 / 630⇒***
2,100rpm
最高速度(km/h)45 / 40
実測前進~後退速度(km/h)45 ~ -4 / 38 ~ -4
最大登坂能力(°)43⇒41 / ***⇒***
視界(%)88
乗員数(人)4

武装 Edit

名称搭載弾薬数
主砲75mmアンサルド 75 L/34砲63
機銃8mmブレダMod.38機関銃576

弾薬*1 Edit

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

名称弾種弾頭
重量
(kg)
爆薬量
(g)
初速
(m/s)
貫徹力(mm)購入
費用
(SL)
10m100m500m1000m1500m2000m
Granata Perforante75/32APCBC6.2270624757266595348
EPS M42HEAT5.3513552100100100100100100
Granata75/32HE6.46005529

車両改良 Edit

プレミアム車両のため、開発が不要。

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I履帯******
修理キット
砲塔駆動機構
弾薬開発1
IIサスペンション******
ブレーキシステム
手動消火器
火砲調整
弾薬開発2
IIIフィルター******
救急セット
昇降機構
弾薬開発3
IV変速機******
エンジン
追加装甲
砲撃支援

カモフラージュ Edit

クリックで表示

研究ツリー Edit

前車両
派生車両
次車両
 
 

解説 Edit

待望のイタリア陸軍、その一両目を飾る戦車。どの性能も過不足無い水準でまとまっている扱いやすい中戦車である。本当は重戦車なのは内緒

特徴 Edit

平均的な攻撃力と防御力を持ち、軽快な機動力を持つ。簡単に言うと平凡な性能の戦車。
少し柔らかくなったT-34/1940といった性能。

 

【火力】

75mm砲という事もあり威力十分。しいて欠点をあげるとすれば、貫通力が少々物足りなく感じるが、このBR帯では並みの貫通力である。
KV-1やチャーチルなどの重装甲の敵にはマカロニの穴を通すような弱点狙撃で対処しよう。

 

【防御】

前面に30mm~50mmの傾斜装甲を持ち実質60mm程度の厚さを誇る。遠距離からの攻撃なら防げるが近距離では容易に抜かれてしまう。因みにドライバーのいる所だけ74mmの厚さがあり100mm近い防御力がある。
砲塔はほぼ垂直の50mmしかないが、防盾が広い範囲をカバーしてくれている。

 

【機動性】

快速の一言。平地なら35km以上を裕に出せる。側面への迂回などにこの機動力を生かそう。

 

史実 Edit

カルロ・アルマータP26/40重戦車
ソ連のT-34に影響を受けたのはドイツ軍だけでは無くイタリア軍もであった。
1940年よりフィアット・アンサルド社で開発されていた本車は、当初25トン級の戦車で75mm砲を装備するという構想でP26と命名され開発が進み、試作3号車まではM13/40を拡大したような戦車で傾斜装甲は採用しておらず主砲も75/32砲であった。しかし、対ソ戦でT-34と遭遇すると直ちに再設計され、試作4号車からは傾斜装甲を採用し現在のような形となる。また、主砲もより長口径の75/34砲が新開発され量産車にはこの主砲が載せられた。
こうしてP40として正式採用された本車はそれまでのイタリア戦車が歩兵支援を主眼としていたのに対し対戦車戦闘に重きをおいた戦車となった。
ようやく連合国の戦車とも渡り合える戦車を獲得したイタリア軍であったが、直後にイタリア王国が連合国と休戦を結んで、1,200輌生産される予定の内ごく少数の生産となってしまった。
その後、ドイツ軍がイタリアへ進駐してくるとこれらの車輌は接収され、アンサルド社でも引き続き生産が行われ約100輌が造られたが、内40輌はエンジン不足により完成しなかった。
完成した60輌はドイツ軍によって運用され戦闘に投入された。
(参考:wikipedia)

小ネタ Edit

本ゲームでは中戦車として扱われているP40だが、実は・・・重戦車である。重量が26トンしかなくとも(4号戦車は23トン)、3号戦車程度の大きさであろうとも、誰がなんと言おうともである。

Gruppo Corazzato"Leoncello"とは

外部リンク Edit

 

WarThunder公式英語Wiki

 

公式Devログ

The guys behind the Italian P40 Tank!
Italian ground vehicles in War Thunder!

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

●DMM公式
『War Thunder』のイタリア軍地上車両

 

コメント Edit

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)





*1 爆薬量はTNT換算
*2 斧の周りに木の束を結びつけたもので、権威の象徴