S.81

Last-modified: 2021-04-27 (火) 02:27:57

イタリア RankI 戦術爆撃機/中型爆撃機 Pipistrello*1

概要

サボイア・マルケッティS.81ピピストレッロ(コウモリ)はVer.1.71にて実装された、イタリアのランクI爆撃機。
最低BR帯の爆撃機にしては強力な爆装が特徴。ただし非常に鈍重で敵に狙われやすいので注意。

機体情報(v1.**)

必要経費

必要研究値(RP)2,900
機体購入費(SL)700
乗員訓練費(SL)200
エキスパート化(SL)1,000
エース化(GE)20
エース化無料(RP)96,000
バックアップ(GE)***
護符(GE)190

BR・報酬・修理

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング1.3 / 1.3 / 1.3
RP倍率1.0
SL倍率0.2 / 0.4 / 0.6
最大修理費(SL)220⇒277 / 490⇒617 / 700⇒882

機体性能

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)321⇒351 / 310⇒335
(高度4,000m時)
最高高度(m)6,800
旋回時間(秒)30.1⇒28.0 / 31.3⇒29.0
上昇速度(m/s)3.9⇒9.4 / 3.9⇒6.3
離陸滑走距離(m)450
エンジン型式Alfa Romeo 125 R.C.35
最大出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
離陸出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
毎秒射撃量(kg/s)***
燃料量(分)min*** / *** / *** / max***
銃手(人)***
限界速度(IAS)530 km/s
降着脚破損速度(IAS)530 km/s
フラップ破損速度(IAS)(戦闘)369 km/s, (離陸)348 km/h, (着陸)241 km/s
主翼耐久度-2G ~ 4G

武装

分類名称搭載数装弾数搭載箇所
機銃
(単装)
***mm
△△△
****△△△
機銃
(単装)
***mm
△△△
****△△△

弾薬

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

武装名ベルト名内訳最大貫徹力(mm)費用(SL)
10m500m1000m
***mm
△△△
既定△/△/△/△/△******
汎用△/△/△/△/△*********
徹甲弾△/△/△/△/△******

追加武装


名称
(爆薬量)
種類


影響【AB/RB/SB】費用
(SL)
搭載条件備考*2
最高速度
(km/h)
上昇速度
(m/s)
旋回時間
(sec)
B50kg
(25kg)
GP50
28-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**--合計搭載量
1624.0kg
(爆薬量700kg)
B100kg
(50.6kg)
GP100
16-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**600合計搭載量
1600.0kg
(爆薬量809.6kg)
B250kg
(125.7kg)
GP250
4-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**300合計搭載量
1036.0kg
(爆薬量502.8kg)
B500kg
(220kg)
GP250
4-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**600合計搭載量
2032.0kg
(爆薬量880kg)

機体改良

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I胴体修理******
ラジエーター
**mm弾薬ベルト
**mm銃座用弾薬ベルト
IIコンプレッサー******
機体
新しい**mm機関銃
新しい**mm銃座用機関銃
III主翼修理******
エンジン
**mm弾薬ベルト
爆弾懸架装置
IVインジェクター交換******
**オクタン燃料使用
カバー交換
新しい**mm機関砲
ロケット懸架装置

カモフラージュ

クリックで表示

△△△
[添付]
条件-
説明標準カモフラージュ
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー

次機体BR.20 DR
 
 

解説

特徴

特徴的な3発エンジンの機体。
同世代機と比べて非力なエンジンなので一つ止まると高度を維持できず、片翼が止まれば直進の安定性が大きく損なわれる。速度も他国同世代機と比べ速い方ではない。
十分な爆装量と死角の少ない防御銃座があり爆撃機として求められる要件は満たしている。しかしすべて7.7mm単装機銃なので攻撃してくる敵機に致命打を与えるには時間がかかるが、装甲板が無く燃料タンクに自動防漏機能が無いこの機体は乗員が次々と倒れ火災も発生しやすいので手早く命中弾を与え墜とすなり諦めさせることは重要。
防護火力はそもそも乏しいので改修してもたかが知れており、搭載爆弾や飛行性能の開発を優先すべきだろう。

立ち回り

【アーケードバトル】
--加筆求む--

 

【リアリスティックバトル】
 初期から50kg×28というかなりの搭載量であり、小基地を2つ破壊することが可能。
 開発を進めれば500kg×4まで搭載することが出来る。
 この搭載量を活かし、初動は基地爆撃をするのが無難だろう。
 もし他の爆撃機が先に基地を破壊した場合は飛行場に向かうのだが、この時サプライズを狙うのが良いだろう。
 外しても基地にダメージは入るのと、敵の戦力を削るという上では非常に効果的である。
 500kgなら撃破も容易であるし、場合によっては複数機巻き込めるかもしれない。
 補給を終えたあとは、基本的に対地攻撃に徹するのが良いだろう。その方が短時間でゲージを多く削ることが出来る。
 500kg×4で装甲車列を吹き飛ばすのもよし、100kg×16でひたすら軽戦車を潰すもよしと選択肢は豊富である。
 ゲージを手早く削り、相手にプレッシャーを与えていこう。
 防護銃座は稼働範囲の広い7mm連装銃座を活用しよう。
 幸いこのBR帯だと7mmでも撃墜出来る相手が多く、敵機に狙われても諦めてはいけない。
 この連装銃座は前方にも向けられるため斜銃の用に使って迎撃運用も出来るが速度が遅いため狙える機会は少ない。

 

【シミュレーターバトル】
--加筆求む--

史実

サヴォイア・マルケッティ社(開発当時はサヴォイア社)の旅客機S.73の軍用バージョンとして開発された3発機。
1934年初飛行、1935年から534機または535機が製造され、爆撃機および輸送機として使用された。原型機は時代もあり55機しか製造されず、それに比べ10倍近い生産数となる。
エンジンは製造時期によってアルファロメオ125または126、ノーム・ローヌK.14、ピアッジオP.10などが採用されている。

第二次エチオピア戦争で初陣を飾り、その後スペイン内戦にも派遣され、フランコ軍団の爆撃機部隊の一翼を担った。
第二次大戦前期には1940年6月11日紅海沿岸の港ポートスーダンを空襲するなど活動していたが、すでに性能としては二線級であった。
しかし空軍将兵からの信頼性は高く、大戦を生き残った機体は1950年までイタリア空軍で輸送機として運用された。

中華民国に3機が輸出されたらしいが、訓練中の事故により全機全損したという。

なお、1機だけ双発機バージョンも試作された。

小ネタ

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

公式Devログ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

コメントはありません。 S.81/コメント?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 イタリア語で「コウモリ」の意
*2 爆薬量はTNT換算