Top > マルス


マルス

Last-modified: 2019-05-28 (火) 17:04:39

目次 Edit

開く

マルスについて Edit

screen-5.jpg

「ファイアーエムブレム」のシリーズ第1作「暗黒竜と光の剣」とその続編「紋章の謎」の主人公。
シリーズでは定番となる王子様系主人公の元祖であるアリティア王国の王子。
スマブラでは「みんな、見ていてくれ」「今回は僕の勝ちだね」という台詞などからナルシストキザな印象を持たれる事もあるが、実際は温和で優しい性格である。

スマブラで使用している剣は竜を相手に大ダメージを与えられる彼専用の武器「神剣ファルシオン」。
原作ではマルスのみクラスチェンジが不可能で、ゲーム上はあまり強くはならないがラスボス戦にはほぼ必須なので育成は必要。

マルスの父コーネリアス王の治める平和な国であったアリティア王国は復活した暗黒地竜メディウス率いるドルーア帝国連合軍の襲撃と同盟国の裏切りにより滅亡。
マルスは姉エリスの助けで辺境のタリス王国に逃れ平穏な生活を送っていたが、2年後のある日タリスの王女シーダが突如としてマルスに助けを求めた。
「城が海賊に占拠され、大勢の人が殺された。どうか父を助けて欲しい…」と。
この事件をきっかけにアカネイア大陸全土を巻き込む戦乱の物語が動き出すことになる。

「紋章の謎」から2000年以上が経った「覚醒」の世界ではマルスは"英雄王"として伝説となっている。
そして「覚醒」にはマルスを名乗る画面の剣士が登場するのだが、一応ネタバレなのでここでは詳しくは明かさない。
…まあこの期に及んでネタバレもへったくれもないが。
 
スマブラでは圧倒的なリーチと範囲を併せ持つ攻撃の数々を優れた出の速さで振るう。
剣士というアドバンテージの代償を踏みにじる短リーチ殺しの専門家。
それでいてスピードキャラという強キャラ要素まで持っている。
但し持続に優れた技が無い為、強キャラ相手の時に限り適当に攻撃を振れない弱点がある
(逆に言えば、中堅以下が相手なら、わざと外すような真似をしない限りはある程度適当にぶっぱしてもそこまでの問題にはならないということ)。
また剣先に威力が集中している為、一発逆転のロマンがあるが、総合的には扱いづらい部類にあるキャラと言えよう。
  
声優は緑川光が担当。
全ての台詞がDXからの流用であり、緑川氏には新作発売なのに声が掛からなかった(マルスが参戦した時は喜んでいた)。
またニンテンドードリームのインタビューでマルスを演じたいと提言したが叶わなかった
(桜井氏曰く、DXで既にマルスの声は完成しているとの事。だから最後の切りふだは無言なのだろうか)。
また当時FEが海外展開されていなかったからか、海外版でもボイスは日本語のままである。
ちなみにマルスのボイスが新規収録されたのは『Code Name: S.T.E.A.M. リンカーンVSエイリアン』。
実にDX発売から13年半後の事である(声優は公表されていないが、後の『ファイアーエムブレムif』に出演した際の声質から緑川氏で間違いないだろう。尚、これらの作品では英語ボイスが実装された)。

主な代表作 Edit

赤文字はこのページのファイターの初登場作品。

  • ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣(1990年4月20日)
  • ファイアーエムブレム 紋章の謎(1994年1月21日)
  • ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 ~光と影の英雄~(2010年7月15日)

出現条件 Edit

初めから使用可能

カラーバリエーション Edit

  • (青)ノーマル
  • (赤)
  • (緑)
  • (黄)どう見ても黒メインだが黄色扱い
  • (白)トラキア776 リーフ
  • (青)紋章の謎
  • (黄)スマブラDXのロイの黄カラー
  • (青)スマブラDXのロイ

概要 Edit

剣による圧倒的なリーチ・範囲と先端当てによる爆発的なパワーに加え、それに見合わない発生の速さと高い機動力を併せ持つ。
その分飛び道具が無かったり持続に優れた技が無かったり復帰力が低めだったりと、初心者が操るには少し厳しい所も。
ちなみに回転率も良いとは言えないが、リーチ・範囲も含めた壁張りという視点で見れば全く不足は無い。
このように前作までは真価を発揮させるのは高難度だが基本性能自体は反則そのものであった。
しかし今作forではリーチが圧倒的から強力というレベルにまで低下し、持続に優れた技が無いという欠点がそのままであった為、
強キャラ相手の時に限り適当に攻撃を振れないという弱点が加速している。
そして今作forの着地隙の影響により剣の弾幕と呼ぶべき攻撃性能にも制限が掛かった事で強さは一気に低下。
マルス本人の弱体化は実は全然大した事は無いのだが、今作forとのシステムと絶望的に噛み合ってなかったのである。
 
…以上は「過去の話」である。
アップデートによる毎回の微強化に加え、Ver.1.1.4にて多くの技で発生・リーチ・隙・威力が強化された。
決定的な強化を受けた事により、弱キャラという評価は完全に消滅。
そして現在ではどんなにどんなに低く見積っても強中位以上は確定となった為、
DXやXとまでは言わないが、地位は十二分に取り戻したと言えるだろう。

キャラタイプ Edit

軽中量級/スピード・パワータイプ/タイマン向け Edit

圧倒的なまでの「攻撃を当てる能力」が最大の武器(但し今作には「絶対的なまでの」持ちが複数いるが)。
また攻撃面ではとにかくシステムとのシナジーが強く、相手を確実に倒す事にかけては超一級。
代わりに防御面では一部に限りアンチシナジーを抱えている為、凶悪な制圧力を誇る剣の壁すら越え、
直接的な防御を強いる事の出来る相手が来ると少々てこずるだろう。
 
尚、マルスはスマブラにおける有利性の作成と維持に優れる点を駆使するキャラである。
故に良くも悪くも強引に攻めるキャラでは無いし、必死さが必要なキャラでも無い。
つまり早い展開を好まない(勝てないという意味では決して無い)キャラである点は覚えておこう。
幸い逆転能力は大型重量級に匹敵、あるいは超える為、追い詰められても展開を早める必要は生まれない。
 
ちなみにスピードタイプとあるが、実はパワータイプの面も非常に強く、逆転能力だけでなく牽制とフィニッシュの兼用も大得意である。
しかしパワータイプの面は相手の性能にかなり依存しやすいので、そこには気を付けたい(パワー・スピードタイプでは無いのはその為)。

  • タイマンの場合
  • 乱闘の場合

基本性能 Edit

火力単発ダメージと基礎DPS★★★★★★★☆☆☆A+
フィニッシュ力フィニッシュまでの時間、し易さ、リスク★★★★★★★★★☆S+
地上スピード地上での全体的な機動力★★★★★★★☆☆☆A+
空中スピード空中での全体的な機動力★★★★★☆☆☆☆☆B
回転率発生の早さと隙の小ささ★★★★☆☆☆☆☆☆C
リーチ技が届く距離★★★★★★★★★☆S+
突破力判定をメインに発生とリーチを加えた打ち勝ち易さ★★★★★★★★★☆S+
ジャンプジャンプの合計高度★★★★☆☆☆☆☆☆C
重さ純粋な吹っ飛び耐性★★★★☆☆☆☆☆☆C
防御力重さに加え、着地狩り耐性やコンボ耐性など★★★☆☆☆☆☆☆☆D
復帰力復帰距離と復帰阻止耐性★★★★☆☆☆☆☆☆C

しかしこれらは理論上の性能であり、投げコンや確定コンボもなく読みに依存するので実際の火力はかなり低い。しかし読みがハマれば驚異的な火力を誇る。更に、先端が当たらなければフィニッシュ力はガタ落ちする。また、判定が強いのは先端のみでそれ以外の判定はそう強くないので過信は禁物。防御面は、着地暴れが空N以外無いに等しいので、着地狩りの得意な相手だとかなり低くなる。

特殊性能 Edit

無し

使いやすさ&使いこなしやすさ Edit

使いやすさ使いこなしやすさ
★★☆☆☆★★☆☆☆

長所/短所 Edit

長所

  • 地上スピードが速く、特に歩行速度はトップ
  • リーチが長く攻撃範囲も抜群
  • 発生に優れる他、一部の技は回転率も充分
  • 剣先の威力とダメージが重量級。スマッシュに至っては狂気の領域
  • カウンター持ち

短所

  • 一部の技の隙が少々大きめ
  • 剣先以外の威力が少々低め
  • ステップからダッシュに移行するまでが遅い為、ダッシュガードがし難い
  • 横の復帰力が低い

前作から及びアップデートによる変更点 Edit

前作から


  • つかみと一部の通常攻撃のリーチがわずかに短くなった。
  • 下強攻撃を使用した際に前進しなくなった。
  • 投げが前作より吹っ飛ぶようになり、上投げは十分バーストを狙えるものになった。しかし投げ抜けを含め、投げからの確定連携が無くなった。
  • ニュートラル空中攻撃・前空中攻撃・上空中攻撃の着地隙が増加した。一方で、後空中攻撃と下空中攻撃の着地隙は減少した。
  • 前空中攻撃の全体動作が長くなった。このため、小ジャンプから2連続で繰り出すことができなくなった。
  • 上空中攻撃の攻撃判定の消失が早くなり、後ろ側への攻撃範囲が小さくなった。
  • 下空中攻撃の剣の振り方が前→後ろから後ろ→前になった。
  • 「シールドブレイカー」のシールド削りがかなり強化され、溜めなくても割れる寸前までもっていける。
  • 「マーベラスコンビネーション」が最後まで繋がりにくくなり、発生と後隙も悪化したため使い勝手が悪くなった。
  • 「ドルフィンスラッシュ」の無敵が4Fからになり、割り込み性能が減退。さらに威力と吹っ飛ばしも少し落ちており、前作ほど決めワザとして頼れなくなった。

Ver.1.0.4


  • 下必殺ワザをガケを奪われた直後に使用すると後方に勢いよく飛んでいく現象(カウンター吹っ飛びバグ)が起きなくなった。

Ver.1.0.6


  • 弱攻撃1段目、横強攻撃、横必殺技1段目の動作終了が早くなった。

Ver.1.0.8


  • 弱攻撃1段目 ベクトルが変更された。また、ダメージが1%低下した。
  • 上強攻撃の全体フレームが短縮された。
  • 通常空中攻撃の着地隙が軽減された。

Ver.1.1.0


  • 上強攻撃の後隙が短くなった。
  • ニュートラル空中攻撃の1段目のダメージが増えた。2段目のダメージも増えた。
  • 通常空中攻撃以外の空中攻撃の着地隙が軽減された。

Ver.1.1.1


  • 通常必殺ワザのシールド削り値が減った。

Ver.1.1.3


  • マーベラスコンビネーション2段目横, 3段目下の性能が変わった。

Ver.1.1.4


  • 弱攻撃全段、横強攻撃、下強攻撃、通常空中攻撃全段、前空中攻撃、下空中攻撃 の先端の攻撃判定が前方に移動した(=攻撃の届く距離が長くなった)。
  • 弱攻撃1段目の全体Fが28→25に短縮した。
  • 横強攻撃の全体Fが36→33に短縮した。
  • 上強攻撃の全体Fが36→33に短縮した。
  • 下強攻撃の先端以外の攻撃判定が下に移動した。
  • 下スマッシュ攻撃の全体Fが64→54に短縮した。
  • 通常空中攻撃のダメージが増加した。
  • 前空中攻撃のダメージがに増加した。
  • 後空中攻撃の先端のダメージが増加した。
  • 下空中攻撃のダメージが増加した。
  • 横必殺ワザ1の発生Fが高速化、全体Fが短縮した。

弱、強攻撃 Edit

弱攻撃 スラッシュ~コンビネーションスラッシュ Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
3~5%→4~6%5F 7F300%以上

剣を∞の形で振る。弱1段止めから横スマ先端が繋がる事も多い。

横強攻撃 ハードエッジ Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
9~12%8F147%

一歩前に出て斬りつける。リーチは長いが隙が大きめ。
牽制に使えるかは相手のリーチとスピードに依存する。

上強攻撃 アンチエアスラッシュ Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
5~9%6F158%(先端135%)

半月状に斬りつける。上のリーチは長い。何気にバースト力は高めの部類で、対空や回避上がりを狩るのに向く。身長の高いキャラは後ろの判定にも引っ掻けられるが前のリーチはそうないので横強や下強と使い分けよう。

下強攻撃 ロースラスト Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
7~10%7F300%以上

足元を突く。リーチもあり隙も小さいという強力な技。しかしジャスガされるとD掴みが間に合うので迂闊に振るのは止めておこう。相手のダッシュ潰してとしてはとても優秀。

スマッシュ攻撃 Edit

横スマッシュ攻撃 ドラゴンキラー Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
13~18%(最大溜めで1.4倍)10F78%

前方に剣を振り下ろす。モーションの関係上対空としても使える。
先端の威力が完全に狂っており、これが当たるだけで勝負の流れがマルス側に固定されてしまう事も。
先端以外の威力は低めだが、充分実用圏内なので何も問題は無い。

上スマッシュ攻撃 ジャスティスソード Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
3%→13%(先端では17%一発のみ)(最大溜めで1.4倍)13F124%(先端80%)

剣を真上に突き上げる。
周囲の土煙には剣の根元に向かって相手を飛ばす性質がある為、事実上土煙も剣の根元と同じ扱いになる。
先端当ての威力、吹っ飛ばし共に横スマ並に凶悪で、崖掴まりからジャンプする相手にこれをタイミング良く合わせると先端が刺さる。先端の判定上、高さがある程度ある中でこの凶悪な吹っ飛ばしになるので、是非とも狙いたいが、先端判定はとても狭いので、外すと反確をほぼ取られることには注意。
土煙がかなりの広範囲且つ剣の根元同然な為、安定したフィニッシュ技として重宝する。

下スマッシュ攻撃 ワールウィンド Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
8~17%(最大溜めで1.4倍)6F後方21F147%(後方先端100%)

前、後ろと足元を薙ぎ払う。剣士特有のリーチを持ちながら発生が非常に速い。
後ろの方が高威力な為、回避合戦の際は強力なフィニッシュ技と化す。

空中攻撃 Edit

通常空中攻撃 ダブルスラッシュ Edit

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
3~4%→7~9%6F12F二段目先端146%

横に振り後ろに一回転して斬る。空中戦と着地の要となる技。マルスの弱い着地をカバーする技なのでしっかりと使いこなしておきたい。

前空中攻撃 フラッグカット Edit

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
7~10%6F16F先端161%

前方に剣を振る。SJ最速で出した上で着地と同時に次の動作を振れば着地隙が無い。何もしないと着地隙が出る。

後空中攻撃 アッパースイング Edit

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
9%~12%7F17F先端141%

後ろに剣を振る。こちらも空前と同じ方法で着地隙が無くなる。

上空中攻撃 ルナスラッシュ Edit

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
9~12%5F19F先端143%

上に攻撃する。空前と同様の方法で着地隙を無くせる。バースト力が高いので空中の読み合いの生命線。

下空中攻撃 ハーフムーン Edit

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
11~14%(メテオ部分は15%)9F24F↓/↑非メテオ部分先端174%

真下に剣を振る。メテオだが先端が当たらないといけない。

その他の攻撃 Edit

ダッシュ攻撃 レイドチョップ Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
9~12%13F先端214%

ダッシュして剣を振る。ガードされると反撃が確定する。基本封印技。空中速度の速いキャラの着地狩りに使えるか。

つかみ Edit

発生F
(通常)7F (ダッシュ)8F (振り向き)9F

腕を伸ばす為かリーチがあり通しやすい。しかし投げコンも無くダメージも最低クラスなので掴みとしては強くない。が、接近されたときの切り返しや、NBからの読み合いとして重要なので、一通りの掴みは出せるようにしておこう。

つかみ打撃 つかみニーバット Edit

ダメージ発生F属性
2%6F

相手をつかんでひざ蹴り。連続して蹴れる。

前投げ ロールオーバー Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
4%15F投げ300%以上

相手を叩きつけて飛ばす。

後投げ レッグフッカー Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
4%8F投げ300%以上

足払いをして後ろに飛ばす。

上投げ キャスティング Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
4%13F投げ184%

相手を上に投げる。相手が軽量級なら準フィニッシュにもなる。サドンデスではこれ一択。先端が当たらないと撃墜難に陥ってしまうマルスにとっては有難い技。上に投げてからの読み合いとしても重要なので、OP相殺にならないように適度に使おう。

下投げ グラブドロップ Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
5%16F投げ300%以上

相手を叩きつけて上に飛ばす。序盤の読み合いの生命線。この投げによって相手の癖や思考を観察でき、読み勝って火力を取る面でも非常に重要な技。上投げのOP相殺の解除にも使えるので地上のマルスの要となる技だろう。

起き上がり・ガケのぼり Edit

あおむけ Edit

ダメージベクトル吹っ飛ばし
7%↗︎300%以上

うつぶせ Edit

ダメージベクトル吹っ飛ばし
7%↗︎300%以上

ガケのぼり Edit

ダメージベクトル吹っ飛ばし
7%↗︎×

しりもち Edit

ダメージベクトル吹っ飛ばし
5%↗︎×

必殺技 Edit

通常必殺ワザ シールドブレイカー Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
8~9%19~78F154%

名前通りシールドダメージが極めて高い。
シールドが割れたら最大溜めNB先端か、最大溜め横スマ先端というマルス2大超必殺技で始末しよう。
ちなみに隙が異様に小さいので牽制としても使える他、空ダとしても非常に優秀。

横必殺ワザ マーベラスコンビネーション Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
上(3/4)→(3/4)→(4/5)→(6/8)中(3/4)→(3/4)→(4/5)→(5/7)下(3/4)→(3/4)→(4/5)→(2×4+4/2×4+6)%6F↑(上) →(中) →(下)先端上129中139下280?%

1回目は振り下ろし、2~4回目はスティック入力によって変化する。
途中止めが有効な上にディレイも利くが、代わりにある状況において一部のキャラに抜けられる可能性がある。

上必殺ワザ ドルフィンスラッシュ Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
6~11%5F167%

剣を上に振り上げながら一瞬で飛び上がる。
上昇距離こそ平凡だが、発生・移動共に圧倒的なスピードを誇る上、
発生時に無敵まで付くので復帰阻止耐性は極めて高い。
しかも威力まで中々なので、割り込みフィニッシュという理不尽まで狙える。

下必殺ワザ カウンター Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
8~50%(相手のワザの1.2倍ダメージ)6F%

今作の甘え技として名高い凶悪な技
相手の攻撃を受けると、受けた攻撃の1.2倍ダメージで反撃する。
威力はダメージ量のみで計算される為、受けた攻撃の威力自体は無関係。
これが超低威力の技をカウンターしても相手をフィニッシュ出来るカラクリである。
発生が6Fと早い上、受付時間も21Fと非常に長い。ついでに範囲も剣士故にかなり広いととにかく鬼畜。
 
強いて注意点を挙げるなら、長リーチという強力な接近阻止を敢えて選ばない行為であるという点だろう。
短リーチキャラにすら掴める可能性を与えるという意味でもある為、見え見えのカウンターはしない様に。

最後の切りふだ 必殺の一撃 Edit

ダメージ属性ベクトル吹っ飛ばし
60%0%

剣を上に掲げた後、凄まじいスピードで直進する。
このスピードでありながら、障害物が無ければ即死確定の威力を持つのが特長。
しかもスマブラには単体攻撃という概念が無い為、密集地に飛び込むと全滅も狙える。
地上では崖際で強制終了するが、空中ではそのままだと自滅するまで止まらない。
Bを押すと止まるので、場外に出た瞬間に押せる様練習しておこう。

カスタマイズ必殺ワザ Edit

通常必殺ワザ2 ストームスラスト Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
4~11%19~78F%

剣を突く時に風が出て相手を押し出す。
直接の撃墜はほぼ不可能だが、押し出し故にファイナルカッター系を確殺するのはお約束。

通常必殺ワザ3 アサルトダッシュ Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
3~16%19~84F%

突きながら高速突進。
横復帰に重宝する上に乱闘では直線上の相手を一掃出来る。またワザの出だしはそこそこシールドダメージが大きい。

横必殺ワザ2 イージーコンビネーション Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
%8F%

ボタン連打で出せる連続攻撃。上下派生が無く、威力も下がった。
どうしてもコンボができない人だけのための技であり、それ以外の人がこの技を選ぶメリットは皆無。

横必殺ワザ3 ヘビーコンビネーション Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
%11F%

単発の威力に重きを置いた技。一撃一撃が強い為にコンボにはならない。横の四段目は横スマ最大溜め以上の破壊力。
テンポが遅くなり扱いづらくなったが、エフェクトと判定が伸びている。

上必殺ワザ2 クレセントスラッシュ Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
7~12%9F%

斜め前に上昇する。縦方向の移動距離は減った。
着地までが1より速いため反確耐性は高め。また、一部の相手にはつかみ外しから確定する。

上必殺ワザ3 ドルフィンハイジャンプ Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
F

攻撃判定が無くなった復帰専用技。左右にはあまり動けない。

下必殺ワザ2 イージーカウンター Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
?%F%

受付時間が長くなったカウンター。反射倍率は0.7倍。
初心者が使う以外はより隙晒しになってしまったので、採用は無いだろう。

下必殺ワザ3 居合カウンター Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
?%F%

攻撃を受けると後ろに回り込んで反撃。反射倍率は1.3倍。
攻撃モーションが短いので連続ヒット技にも打ち勝ちやすいが、受付時間もかなり短くなっているので甘えはできない。

基本的な動かし方 Edit

立ち回り Edit

基本的には空前や弱を振って様子見。相手が飛び道具持ちの時は思いきって距離を詰めたりダッシュで威嚇するのもあり。相手がsjやジャンプで様子を見るようならこちらも空前などで攻撃を当てるなり牽制していく。しかし相手が地上に貼り付いている場合は決して無理をしないこと。マルスは投げやコンボの類いは基本ない。つまりお手軽にダメージを稼ぐ手段は一切無い。故に序盤のダメージレースは基本不利となる。全てを読みで稼ぐしかないのである。なので自分の性能に甘んじて適当に振っていては読まれてダメージがかさむだけとなる。1つ1つ確実に当てていこう。中盤以降はチラチラと崖に出始めるので、とにかく積極的に復帰阻止に行こう。マルスは崖上がりを咎める能力は高いが、崖待ちされると非常にやりにくいので、とにかくプレッシャーを与えて有利に持っていこう。終盤は自分が撃墜される可能性と隣り合わせだが、焦って横スマや上スマを振ると間違いなく反確を取られて撃墜されてしまう。なかなか撃墜出来ず焦ることもあるだろう。しかしマルスは反確耐性とフィニッシュのシナジーが高く、相手も先端の恐怖が付きまとうので、フィニッシュこそ冷静に相手の隙を伺おう。また、共通して言えることとしては、「冷静さを欠いてはいけない」これに尽きるだろう。

コンボ・連携 Edit

※全て相手依存であり、基本的に確定コンボは一つもありません。
・下投げ→空上
・前投げ→空前(極低%)
・弱一段→横強or横スマorマベコンor空上
・下強ダウン→横スマか下スマ
・空前orマベコン一段目→空下メテオ
・下強根元→色々(NB、横強、掴み、etc…)
・SJマベコン一段目→空上→横スマ

フィニッシュ Edit

  • 横スマ
  • 上スマ
  • 下スマ(先端当て必)
  • 空前(先端当て必)
  • 空後
  • 空上(先端当て必)
  • NB
  • 横B(横・上)
  • 下B
  • 横強(先端当て必)
  • 上強 (先端当て必)
  • 空下メテオ

復帰 Edit

(横B1回かNBかジャンプ)→上B

サドンデス Edit

苦手な相手について Edit

マルスは中距離を維持してこそのキャラだが、発生も良好なので近距離が明確に苦手な訳でも無い。
苦手キャラは弱点を突けるキャラと長所を上回っているキャラに大別出来るが、
上記の点からマルスが注意すべきなのは後者の方である。
よって相性が悪いのは以下のキャラが主となる。

ミュウツー、ルカリオ、サムス
クラウド
カムイ
シュルク
番外編:クッパ・ドンキーコング

飛び道具も反射も無いキャラ共通の話だが、飛び道具対策は基本的にジャスガしか無い。
歩きガードやDガードでキッチリ詰めて行こう。
マルスは幸い発生とリーチに優れ、歩きもダッシュも速い(特に歩きはトップ)のでライン攻めは得意な方である。 また、マルスは着地が弱いため、着地狩りが得意なキャラや、根元の判定が大して強くないため、強判定・無茶苦茶な判定を押し付けてくるキャラや、回転率が劣悪なため、回転率の高い相手も不利になりやすい。マルスはPSに依存する性能をしているため、適当な扱いをカバーできる程の性能は持っていない。つまり、雑に扱えばどんなキャラにでも負けるキャラであることは充分留意したい。

対マルス Edit

スピード剣士なので鈍足だと相当厳しい。
短リーチも相当厳しいが、スピードがあれば回転率の低さを突けるのでまだ希望はある。
また出が遅いとカウンター率が上がる為、最悪瞬殺も有り得る。
いずれにせよ、マルスは空中ではあらゆる面で強いが、地上~低空では防御面に穴が出来る為、
地上に張り付いて隙を誘い、ガードを固めて返すというのがベターだろう。
但しマルスは地上が苦手という訳では決してなく、弱、各種強、各種スマッシュ、つかみ、マベコンなど、
充分な攻撃能力を備えている…が、それでも密着ガードでガーキャンつかみが通る位の隙はある為、
飛び道具にガードで詰め寄る様な感覚で攻めるのが良いだろう。
ただし、マルスには地ダや空ダも出来る凶悪なシールドブレイク技であるNBがある為、下手にガードを固めていると簡単に割られてしまうので注意。
 
尚、当たり前だがとにかく楽をしたいなら弾幕に甘えておくのが手っ取り早い。

演出 Edit

入場 Edit

魔法陣の上でまわりながら入場。

アピール Edit

Edit

剣をかかげる。

Edit

剣を鞘にしまう。

Edit

剣先を上に向け、「みんな、見ていてくれ!」
「マルシスト」という言葉が誕生した原因その1

フィナーレ Edit

勝利BGM Edit

「ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣」のメインテーマの1フレーズ。

ポーズ1 Edit

剣を振って、鞘に納める。
「今日も生き延びることができた…」

ポーズ2 Edit

腕を振って横に伸ばす。
「僕は負けるわけにはいかないんだ!」

ポーズ3 Edit

大きく振りかぶり、剣を回して一振り。
「今回は僕の勝ちだね」
「マルシスト」という言葉が誕生した原因その2であり、
スマブラでしかマルスを知らない人にマルス=ナルシストの印象を植え付けた最大の戦犯でもある

敗北ポーズ Edit

拍手を送る。

その他 Edit

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ああ…あんなに弱キャラ扱いされていたのに…(´Д⊂グスン (感動) -- 2018-01-09 (火) 18:59:06
  • スマブラforの攻略本出ない。 -- 2018-04-26 (木) 17:05:10
  • 緑川光の公式ブログで、スマブラの新作を楽しみにしているとう言う文章が! -- 2018-06-13 (水) 17:06:25
  • ↑Switch版でおよそ14年ぶりにスマブラのマルスの声が新規収録! -- 2018-06-13 (水) 19:14:14
  • 見た!スマブラに呼ばれる可能性は、無いのにね。 -- 2018-06-13 (水) 19:21:43
  • でも、スマブラで怯えていなくて良かった。 -- 2018-06-13 (水) 19:37:48
  • 遅くなったけど、マルス、スマブラ新作参戦おめでとう!! -- 2018-06-15 (金) 17:10:17
  • 映像見たけどマベのスピード上がってた -- 2018-06-16 (土) 12:30:05
  • 次回作でも強いとの噂。メインで使ってる身としては嬉しすぎる 。 -- 2018-11-23 (金) 07:38:35
  • キングクルールに勝てない -- 2018-12-09 (日) 06:15:05
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White