Top > リトル・マック
HTML convert time to 0.067 sec.


リトル・マック

Last-modified: 2018-09-17 (月) 09:40:14

目次 Edit

開く

リトル・マックについて Edit

screen-3.jpg

アメリカ合衆国・ニューヨーク州ブロンクス出身の17歳。かつては有名ボクサーだったが酒に溺れる日々を送っていたドック・ルイスと偶然出会い、ふたりでWVBAの頂点を目指すことに。

前作Xではアシストフィギュアだったが、今作でファイターに昇格。
ボクサーである為か、過剰なまでに地上特化。
地上では素早い足取りで一気に近付き、あらゆる面で反則級な地上ワザの数々で相手を圧倒出来る。
しかし空中では踏ん張れないせいか、空中ワザは威力もリーチもか弱い。
よって地から足を離さず、崖際にも行かないのが基本となる。

ちなみに今作のマックはWii版基準の姿なのだが、Wii版では身長172cm、体重48kgと設定されている。
そしてアメリカ人男性の平均身長は176.3cm(アメリカは他民族国家なので身長の差が激しいのだが)。
つまり現実的に考えると何がリトルなのか全く分からないキャラである。ただし体重は非常に低く、BMIはたったの16.2。この筋肉質でこの設定なら痩せ型どころか痩せすぎてガリガリな体型になってしまうハズなのだが。
これはFC版の敵が全てマックや審判のマリオの2倍以上ある巨漢なのが理由。つまりこのリトルとは敵視点なのである。
 
声優は鳥海浩輔が担当。ちなみに前作ではファルコの中の人江川央生が担当していた。

主な代表作 Edit

赤文字はこのページのファイターの初登場作品。

  • マイクタイソン・パンチアウト!!(1987年11月21日)
  • パンチアウト!!(2009年7月23日)

出現条件 Edit

初めから使用可能

カラーバリエーション Edit

リトル・マックのみ以下の8色に加え、それぞれのカラーにワイヤーフレーム版が実装されており、合計で16色のカラーバリエーションを持つ。
なお、すれちがい伝説におけるワイヤーフレーム版の色の区分けは全てになっている。

  • 黒(ノーマル、緑色のグローブ
  • 黄色
  • 青(赤色のグローブ
  • 黄色(オレンジ色のグローブ
  • 黒(金髪 SFC版の主人公
  • ピンク(スウェット) ※ワイヤー時は緑色のスウェット

概要 Edit

前述の通り、過剰なまでの地上戦特化型キャラ。
地上での攻撃には相殺判定が無く、スマッシュに至ってはアーマー付き。加えてフォックス以上の走行スピードに、発生1Fの百裂攻撃、そしてぶっ壊れのK.O.アッパーカットと、地上戦だけなら前代未聞の性能。
しかし、空中に打ち上げられると一変。空中攻撃は短リーチ・低威力・隙が大きいと三拍子揃っていて、何より復帰力が絶望的。
このように、地上と空中で極端な差があるキャラとなっている。

地上ではプレイヤーの甘えに対するフォロー要素がかなり強く、
飛び道具もしくはマック以上のスピードの持ち主が相手でなければ一方的に叩き潰せるだろう。
一方、空中では真正面から殴り合うという概念自体が無く、結果バリエーションが事実上半減。
つまり戦闘領域を狭める事を自分にも相手にも強制させ、更にその戦闘領域は理不尽で敷き詰められている。
 
これ程のキャラでありながら、キャラランクは何と弱上位と非常に低い。
そのカラクリの正体は「理不尽性能の有効対象の殆どが理不尽では無いキャラである」と、
「理不尽性能は抜群だが、理不尽耐性が無い」である。

まず前者だが、マックが理不尽な理由は接近戦におけるバランス崩壊級の強制力にある。
これは言い換えると「正々堂々と殴り合うキャラにしか通じない」という意味である。
そして強キャラの殆どはまともな殴り合いをしない為、殆どの強キャラにとっては無意味なのである
(強キャラは飛び道具、長リーチ、スピードや突進技による奇襲の何れかで処理するパターンが殆ど)。

後者の方はマックの特徴である「勝てる時はあっさり勝てるが、負ける時はあっさり負ける」の後半部分で説明出来る。
鈍足短リーチでさえ無ければ弱キャラにすらあっさり負ける可能性を抱えている時点で、
強キャラによる甘えの押し付けを耐え抜ける訳が無いのは明白である。こちらの理不尽が通じないので尚更。

尚、ここまでの説明で分かる通り、この評価は徹底的にキャラランクとしてのものである。
ダイアグラム、つまり対弱キャラが評価に入る場合は間違い無くランクを大幅に上げる事になる。

キャラタイプ Edit

軽量級/パワー・スピードタイプ/タイマン向け(および終点特化) Edit

パワーとスピードが非常に高いレベルで両立しているイン~ミドルレンジファイター。
あのフォックスやファルコンすら超える異常な攻撃性能を持つ為、正面からの殴り合いでマックに勝てるキャラは皆無。
上記の通り飛び道具に弱いが、それは「強キャラですら足止めになる」レベルの性能があればの話であり、
それに到達しない、所謂平凡な飛び道具程度ならマックにとっては唯の隙晒し。
空中戦に弱いが、そもそもそれを必要とするキャラでは無いし、状況を選べば空中戦もかなり効果を発揮出来たりする。
 
明確な弱点は復帰力の低さと浮かされた時の抵抗力。
復帰力に関しては公式で「よく撃墜出来るがよく撃墜されるキャラ」と言われる程。
浮かされた時の抵抗力だが、幾らカウンターがあると言ってもこの空中性能で望まない状況での空中戦を強いられたら厳しいのは当たり前である。
 
スマッシュにSAが付く関係で理不尽を自由に生み出せる特性を持つが、
軽量級な事もあって囲まれるとあっさり消し飛ぶ事も。要するに徹底的なタイマン向けである。

基本性能 Edit

火力単発ダメージと基礎DPS★★★★★★★★★☆S+
フィニッシュ力フィニッシュまでの時間、し易さ、リスク★★★★★★★★★☆S+
地上スピード地上での全体的な機動力★★★★★★★★★★S++
空中スピード空中での全体的な機動力★★★★☆☆☆☆☆☆C
回転率発生の早さと隙の小ささ★★★★★★★★★☆S+
リーチ技が届く距離★★★★★☆☆☆☆☆B
突破力判定をメインに発生とリーチを加えた打ち勝ち易さ★★★★★★★★★☆S+
ジャンプジャンプの合計高度★☆☆☆☆☆☆☆☆☆F
重さ純粋な吹っ飛び耐性★★☆☆☆☆☆☆☆☆E
防御力重さに加え、着地狩り耐性やコンボ耐性など★★★☆☆☆☆☆☆☆D
復帰力復帰距離と復帰阻止耐性★☆☆☆☆☆☆☆☆☆F

如何にも地上戦特化というステータスなのが特徴。
フィニッシュ力、突破力は空中をある程度混ぜる場合どちらもA+となるが、
元々リトル・マックは余程のことが無い限り空中戦にまず持ち込まない為、実質上S+は堅い。
ちなみに空中では問答無用でF…というかもう1つ下を設けても良いレベルとなっている。
復帰力は素では正直もう1つ下のF-を設けたいレベルだが、三角飛びやカウンターにより、
実は状況次第ではEまで上がったりする(低い事には変わりないが)。
逆にソニックやパックマンの様な事実上リスク無しな復帰阻止技を持つキャラの場合、三角飛びが可能でもF-となる。

特殊性能 Edit

  • 三角飛び
  • K.O.ゲージ

長所/短所 Edit

長所

  • 地上におけるほぼ全ての性能が極めて高い
  • スマッシュにスーパーアーマーが付いている上、他の地上攻撃全てに相殺判定が無いので、ゴリ押しが極めて強い
  • カウンター持ち
  • K.O.アッパーカットという擬似最後の切りふだを持つ
    • しかもガード不可、9Fという発生、ダメージ量も多く確定連携まで存在する

短所

  • 空中におけるほぼ全ての性能が極めて低い
  • 空中戦が苦手なせいでスマッシュボールが非常に獲得し難い
  • 体がかなり軽く、吹っ飛び易い
  • 復帰力が極めて低い
  • 飛び道具を持たないので飛び道具持ちの相手は苦手
  • 台待ちに対して、ほぼ何も出来ない

アップデートによる変更点 Edit

Ver.1.0.4


  • 弱攻撃2、3段目、百裂攻撃の1ヒットのダメージが1%減った。
  • 横強攻撃1・2段目の先端の攻撃判定の位置が後ろに移動した。これによりリーチは短くなったが密着した相手に当たりやすくなった。
  • ニュートラル空中攻撃でヒットストップずらしがしやすくなった。
  • 横必殺ワザ1の横方向の移動量が減った。
  • 横回避の無敵時間が短くなった。
  • 空中回避の着地隙が他のファイターと同じになった。

Ver.1.0.6


  • 横必殺ワザの吹っ飛ばしが増えた。

Ver.1.1.0


  • 弱攻撃の百裂攻撃フィニッシュの発生が1F早くなった。
  • 通常必殺ワザ
    • 最大溜め時の発生が遅くなった。
    • 最大溜めの25%ダメージの持続が長くなった。
  • 横必殺ワザの持続が長くなった。
  • amiiboのAIが改善された。以前のバージョンではこちらが空中攻撃を多用すると真似していたが、今回からほとんど真似しなくなった。

Ver.1.1.1


  • 通常必殺ワザ3
    • 溜め無しのダメージが増えた。
    • 最大溜めのリアクション影響値が増えた。

弱・強攻撃 Edit

相殺モーションがないのであり得ない程のゴリ押し性能を見せる。

弱攻撃 左ジャブ~右フック~左アッパーカット Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
2%→2%→7%1F 1F 4F打撃180%

狂気の発生1F

弱攻撃(百裂) 左ジャブ~右フック~ラッシュ Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
2%→2%→0.7%・・・→3%1F 1F F打撃194%

1Fで百裂が飛んでくる、スマッシュ並に闇の深い技。
困ったときには取り敢えずこれで割り込めるが、マックが地上で困ることはまずない為、使うとしたら拘束による嫌がらせ位である。

横強攻撃 ワン・ツーパンチ Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
4%→8%4F打撃↗︎146%

左右とパンチを繰り出す。吹っ飛ばしも強く相手を落とせるが後隙が多い。

上強攻撃 アンチエアナックル Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
9%5F打撃199%

お手玉要員。

下強攻撃 レッグブロー Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
8%3F打撃300%以上

足元を殴る。相手は低く飛ぶので上スマッシュやKOアッパーカットに繋がる。

スマッシュ攻撃 Edit

マックのスマッシュには全てスーパーアーマーがある為、相手の技に強制的に打ち勝つ事になる。
威力とダメージは勿論、リーチとノックバックも優秀なので極めて頼れる。

横スマッシュ攻撃 スマッシュストレート Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
17~19%(最大溜めで1.4倍)14F打撃97%

実は上記のデータは無シフトの場合のみで、シフトによってワザ名が変わる。
上シフトの場合はスマッシュアッパーカット、下シフトはスマッシュボディフックになる。
スマッシュアッパーカットはダメージが17~19%、スマッシュボディフックはダメージが22%。
無シフトと上シフトは拳先端を当てれば大ダメージになる。

上スマッシュ攻撃 ダイナマイトアッパーカット Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
15~20%(最大溜めで1.4倍)10F打撃92%

発生直後の手元はダメージが高い。うまく当てると相手に炎属性の被ダメージを与えられる。

下スマッシュ攻撃 スイングパンチ Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
12%(最大溜めで1.4倍)10F打撃139%

前後を殴る。威力・リーチ共に十二分で、崖での復帰待ちに使うと非常に強力。
当然SAもあるので、一部の復帰技は高確率で詰ませられる。

空中攻撃 Edit

マックの空中攻撃はというと空中戦が苦手なだけあってダメージ、判定などに関してははっきり言って最弱。
そのため真正面から殴り込める性能は持っていないが、異常な連発力を誇る空Nや、
低い角度で吹っ飛ばせる空中前・後など、殆どが変則的な用途を秘めている。
上級者のマックはここぞという所で平然と使ってくる為、特に自キャラの復帰力が低い場合は注意が必要。

通常空中攻撃 苦手ジャブ Edit

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
2%2F16F打撃-×

その場で斜め下にジャブ。発生2Fな上連射がきく。

前空中攻撃 苦手アッパーカット Edit

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
4~5%10F22F打撃299%

先端は大ダメージ。ベクトルが低いので復帰阻止を狙える。

後空中攻撃 苦手バックナックル Edit

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
4~6%11F26F打撃259%

先端は大ダメージ。こちらも低ベクトル。
余談だが、裏拳打ちは実際のボクシングでは反則となる。

上空中攻撃 苦手ジャンピングパンチ Edit

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
4~5%5F22F打撃274%

先端は大ダメージ。

下空中攻撃 苦手オープンブロー Edit

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
4~5%7F30F打撃300%以上

拳の先端はメテオ、先端以外はダメージが高い。
ちなみに、よく見ると手のひら突きをしており、これも後空中攻撃と同じくボクシングでは反則である。

その他の攻撃 Edit

ダッシュ攻撃 ハンマーパンチ Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
10%7F打撃↗︎210%

ゴリ押しには持ってこい。

つかみ Edit

発生F
(通常)9F (ダッシュ)10F (振り向き)11F

範囲が小さく出も遅いのであまり使えない。

つかみ打撃 つかみボディブロー Edit

ダメージ発生F属性
2.1%9F打撃

威力は普通だが連発できる。

前投げ ヘッドブロー Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
4%×217F投げ↗︎300%以上

前に吹っ飛ばす。

後投げ ターニングアッパーカット Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
4%→5%19F投げ↖︎209%

撃墜に使える。

上投げ ショートアッパーカット Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
4%→3%12F投げ266%

上に吹っ飛ばす。サドンデスでようやく撃墜できる程度の吹っ飛ばし。

下投げ ハンマーナックル Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
4%→5%16F投げ300%以上

下に叩きつけて浮かせる。高%時には上Bが入りそのまま星にすることも。

起き上がり・ガケのぼり Edit

あおむけ Edit

ダメージベクトル吹っ飛ばし
7%↗︎300%以上

うつぶせ Edit

ダメージベクトル吹っ飛ばし
7%↗︎300%以上

ガケのぼり Edit

ダメージベクトル吹っ飛ばし
7%↗︎×

しりもち Edit

ダメージベクトル吹っ飛ばし
5%↗︎×

必殺ワザ Edit

通常必殺ワザ 気合ストレート Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
(地上)9~25% (空中)7~15%41~123F打撃↗︎122%

一定時間まで溜め、ダッシュしながら強烈なストレートで決める。
途中で必殺ボタンを押すと途中からでも攻撃できる。
溜めている時はスーパーアーマーが付く。
最大まで溜めると低パーセントで相手をバースト可能だが、溜める時間は長く、攻撃前も後も隙だらけである。
しかも溜め動作中はパンチを出すまで他の行動ができない点にも注意。

通常必殺ワザ K.O.アッパーカット Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
(地上)35% (空中)13%9F打撃↗︎24%

一定量ダメージを喰らって溜まるゲージを最大まで溜めると発動可能。
地上使用時に出始めのスーパーアーマー付きで、ガードをも貫く強烈なアッパーを相手におみまいする。
今作におけるマックの代名詞ともいえる技である。
しかし最大まで溜まるとゴングの音が鳴るため、相手に警戒される。
また一定時間経過後強い攻撃を受けると自動的にK.O.ゲージが0になる。

横必殺ワザ ジョルトブロー Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
14%(最速)9F (B入力無し)30F打撃↗︎124%

前方に飛びかかりながらブローをかます。
発生直後は無敵だが、飛び上がってから一定時間も体の一部が無敵になる。
途中でBボタンを押すと途中からでも攻撃できる。
地上で出すと飛距離が長いが、空中で出すと極端に短くなる。
マック唯一の横復帰だが、空中で使うと無敵ではなく、使用後しりもち落下になるので注意。

上必殺ワザ ライジングアッパーカット Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
3%→1%×4→3%3F打撃116%

空中に上昇しながらアッパーを当てる。
発生直後は無敵、連撃技で最終段を当てると相手をふっとばす。
ジョルトブローと同じく空中より地上で発動した方がリーチが長い。
上昇中は横に移動できるが、空中は上昇力がドンキーコング並に低く横への距離も短い。
そこに彼自身の空中性能の低さも加わるため吹っ飛ばされたとき復帰できないことも多い。

下必殺ワザ スリッピングカウンター Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
10~50%5F打撃↗︎220%

構えている間に攻撃を受けると、その技を無効化しつつ前へ踏み込みながら反撃する。
出始めから判定がある上にカウンター攻撃中は無敵。
ダメージは相手の技のダメージに比例(1.3倍)し、最大で50%のダメージにもなる。
ただし投げやつかみ攻撃には無力。
しかも前へ踏み込むので、空中で外からの攻撃を反撃して復帰できずに死亡、ということもあるので注意。

ちなみに、ダメージを喰らったと見せかけて攻撃するという説明がスマちしきではなされているが、どうみてもそうはみえない。

最後の切りふだ ギガ・マック変身 Edit

ダメージ属性ベクトル吹っ飛ばし
---×

巨大化してギガ・マックに変身。
変身中は常時スーパーアーマーで、ダッシュ速度、技の威力、防御力が上がる。
一定時間経過で元に戻る他、ダメージを受けるほど変身時間も短くなる。

弱、強攻撃
スマッシュ攻撃
空中攻撃
その他の攻撃
必殺ワザ

カスタマイズ必殺ワザ Edit

通常必殺ワザ2 炎の巻き込みストレート Edit

ダメージ最大溜め発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
(地上)1.5%×2→3% (空中)1.2%×2→3%(地上)1.8%×6→6% (空中)1.4%×6→5%3~62F打撃・炎300%以上

炎をまとった拳でストレートを繰り出す。
相手を巻き込みながら押し出し、最終的に吹っ飛ばす。
溜め中はスーパーアーマーで、溜め時間が短い代わりにダメージは低い。

通常必殺ワザ3 シビれるストレート Edit

ダメージ最大溜め発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
(地上)7~10% (空中)5~8%(地上)18~20% (空中)12%4~101F打撃・電撃↖︎183%

電撃をまとった拳でストレートを繰り出す。
溜め時間は短めで、スーパーアーマーが無い代わりにより遠くまで突進できる。
最大溜めはヒットすればダメージと同時にしびれさせ、その後吹っ飛ばす。

横必殺ワザ2 バリーブロー Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
9%(最速)15F (B入力無し)26F打撃↗︎225%

斜め上に飛び上がり、急降下してパンチ。
ジョルトブローより横への移動距離は短いが、地上の相手に当てると地面に埋められる。
途中でBで早めに出せ、発生直後無敵及び飛び上がってから一定時間体の一部が無敵なのはジョルトブローと同じ。
空中はパンチの出だしを相手に当てればメテオ。

横必殺ワザ3 ガード崩し Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
18%35~41F打撃↗︎140%

ゆっくり跳び込んで、名前通り相手のシールドやカウンターが通用しないパンチを繰り出す。
飛び上がった後はスーパーアーマーなので相手の攻撃にも打ち勝てるが、Bボタンで早めに攻撃を出せなくなっている。
更に横への移動距離が短いので復帰ワザとしては期待できない。

上必殺ワザ2 トルネードブロー Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
3~4%11F打撃・風300%以上

風をまとったアッパーカットで高く上昇。
発生直後は無敵、リトル・マックに触れた相手は風の力で吹っ飛ばせる。
最頂点の一撃は吹っ飛ばしが強いものの、上昇中に吹っ飛ばした相手には当たらない。

上必殺ワザ3 ライジングスマッシュ Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
4%→16%14F打撃65%

強烈なアッパーカットを繰り出す。
出始めが無敵、その出初めと終わり際のみ攻撃判定があり、頂点で当てれば吹っ飛ばしは非常に強い。
一方上昇力は低く上昇中は横に移動が出来ないためか、復帰ワザとしての性能は最悪である。

下必殺ワザ2 コンパクトカウンター Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
4~50%5F打撃×

カウンターが決まった時の反撃がダメージ(0.8倍)、吹っ飛ばし共に低くなった分、その後の硬直が短くなっている。
素早く次の行動に移れるので、カウンター成功後に追撃もしやすい。

下必殺ワザ3 ダッシュカウンター Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
7~50%4F打撃299%

カウンターが成功すると移動しながらアッパーを繰り出す。
反撃中相手を押し出せるので、相手を場外に追い出しやすい。
ただしカウンター受付時間は他のより短いのでより相手の攻撃のタイミングが重要になってくる。
ちなみにダメージは相手の攻撃の1.1倍となる。

基本的な動かし方 Edit

立ち回り Edit

コンボ・連携 Edit

下強→上スマッシュや上B

フィニッシュ Edit

  • 横スマッシュ
  • 上スマッシュ
  • 横強
  • 下強→KOアッパーカット
    決まると15%のマリオでも上に落とせてしまう。

復帰 Edit

  • 空中ジャンプ→ジョルトブロー
  • 空中ジャンプ→ライジングアッパーカット

攻撃が来たらカウンターも可。

サドンデス Edit

その性能上、ファルコン並かそれ以上にサドンデスの鬼。弱点の復帰力もサドンデスなら無意味。
但しフィニッシュ可能な飛び道具持ちに弾をばら撒かれると流石に厳しいので慎重に行こう。

苦手な相手について Edit

一番の弱点は台座の影響が強いステージだが、ここでは平坦なステージ(終点)を前提とする。 
キャラタイプの項目で述べた取り、接近戦で弱点と呼んで良い弱点は無い。
マックが明確に苦手とするものは、スマッシュ以外短リーチという点を突ける「中遠距離型」と、
マックの性能ですら梃子摺る「飛び道具弾幕系」の2つ。
よって苦手な相手は以下のキャラとなる。

シュルク・カムイ
むらびと、ロックマン、ダックハント、Tリンク、ロボット、パックマン
ソニック
番外編:プリン

実は上記キャラの中には、逆にマックを苦手とするキャラもいる(シュルクパックマン等)。それなのにここに名を連ねている(番外編でもなく)。何故か。
それは、やはりマックがピーキーの体現者であるからだ。勝つときはあっさり勝ち、負けるときはあっさり負ける
例えばシュルクの場合、モナドを使えるかどうか=対スピード・弾幕度と言っても過言ではないが、対リトルマックだとそれがほぼ全て(即ちどちらが一方的にボコボコにするかの争い)になる。

対リトル・マック Edit

対マックをあまり知らない人に勘違いされがちだが、マックを一定以上扱える使い手に崖待ちは通用しない
崖で待つ=間合いを自ら捨てに行くという意味であり、ダッシュ攻撃と掴みの二択やローリスクな横スマッシュを持っているマックにとってこの戦法はカモでしかない

大前提として、狂った突破力、異常な差し込み能力を持つマックに対して地上から殴り合うのは愚の骨頂である。
散々述べた通り浮かされた時の対処が産廃レベルなので、積極的に上に吹っ飛ばしてダメージを稼ぐべし。

相手の間合いをひたすら拒否しつつ、最低限のラインを保つようにしたい。
剣士キャラなら強判定技をチラつかせつつ跳んでいるだけでマックは差し込みを躊躇するが、ガノンドロフやカービィなどの場合は距離を取っても結局ごり押しで突破されがちと、自キャラによってかなりやりやすさが変わる。
後者のようなキャラは、逆に殴り合いにすらならない程に間合いを詰めて読み合いを強制するのが有効。

一度浮かせられたらそのまま場外まで追い出し、復帰阻止でバーストさせる位の心意気で攻めよう。
マック側も空中ジョルトやカウンターを駆使してひたすら妨害してくるので、一度に複数の選択肢を狩れる行動を出せると良い。

復帰するマックを打ち落とす場合、上Bの判定に注意。
空下中の相手の喰らい判定ごと貫く程の強判定なので、出来る限り横から殴ること。どうしてもメテオを狙いたいなら相当上から技を出しておく事。
壁ジャンプ持ちでもあるので、下に落とすよりも場外に水平に飛ばされた方がマック側は辛い。復帰阻止の面でも横から来られる方が楽。

ちなみに、終点オンリーのガチ部屋基準であるこのwikiの話からは少し脱線するが、大会などのステージを選択できる状況にある場合のこのキャラに対して最も有効な対策は台ありステージを選ぶことであり、その上でひたすら待つ(いわゆる台待ち)だけでもマック側の選択肢は相当絞られる
キャラによってはストックを先行できればほぼ勝ち確定と言えるほど強力な戦法なので、そのような状況でマックを相手にするなら是非戦場やすま村を選択したい。

演出 Edit

入場 Edit

少し歩き、ジャケットを脱ぐ(カラーチェンジでジャケットを着ている場合はその動作だけ)。

アピール Edit

たまにドック・ルイスが声援を送ることがある。うるさい。
ただし、ギガマック変身中は声援を送らない。

Edit

拳を突き上げる。
たまにルイスが「叩け、マック!」と叫ぶ。

Edit

グローブの紐を引っ張って締める。
たまにルイスが「ぶちかませ、マック!」と叫ぶ。

Edit

数回シャドーしてからポーズ。
たまにルイスが「お前のパンチを見せてやれ!」と叫ぶ。

フィナーレ Edit

勝利演出ではマックがチャンピオンベルトを身に付け、ドック・ルイスが登場。
台詞は全てルイスが喋る。
マックは某ポケモントレーナーの様に一言も喋らない。

勝利BGM Edit

「パンチアウト!!」の試合勝利ジングル。

ポーズ1 Edit

軽くスパーリングした後、二人でガッツポーズ。
「お前の勝ちだマック!」
「おっと、お前にはちょろ過ぎたってか?」
「マックさすがだな、いい線いってるぞ!」
「すごい動きだな。何だか透けて見えちまったよ」(ワイヤーカラー時)

ポーズ2 Edit

マックの腕をルイスが持ち上げる。
「ワールドサーキットはお前のもんだ!」
「勝者、リトル・マック!うわっははははは!」
「マック、やっぱりお前は抜群だな!」
「目立ちすぎじゃねぇか?目がチッカチカしやがる」(ワイヤーカラー時)

ポーズ3 Edit

マックはアッパーカット、ルイスはガッツポーズ。
「ぬわっはは!勝つのは気分が良いな!」
「やったなマック、お前がチャンプだ!」
「よーしっ!帰ったらチョコバー祭りと行くか!」
「何とも妙な具合だな。懐かしい感じがしやがる」(ワイヤーカラー時)

共通セリフ Edit

「そのベルトはお前が付けてるのが一番だな!」(ワイヤーカラーでも有効)

敗北ポーズ Edit

拍手を送る。

その他 Edit

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • switch版にはガチのマジでいらない。1on1では使っても使われてロクな勝負にならない。 -- 穏やかじゃない? 2018-03-10 (土) 23:30:57
  • 地上と空中での性能差を少しだけ縮めれば? -- 2018-03-11 (日) 00:08:33
  • マックって、ピーチより軽いらしいね。自キャラが復帰阻止に優れないキャラなら、上方向への撃墜も視野に入れた方がいいかもね🙋 -- 2018-03-30 (金) 20:46:35
  • 戦場やすま村を選ぶのが有効って編集されてるが終点オンリーのガチ部屋が基準のこのwikiじゃ意味ないんだよな…メイトならともかく -- 2018-06-10 (日) 07:10:41
  • じゃあこのwikiを終点だけじゃなく大会用ステージ全般にして書きかえろって言うの? -- 2018-06-10 (日) 08:15:30
  • え、何でそんなことする必要があるの?ガチ部屋の考察がメインのサイトだから終点でのマックの対策を記入した方がいいんじゃないかなって思っただけだよ。戦場やすま村を選ぶこと自体がマックに有効なのは間違いないけどガチ部屋だと出来ないからさ -- 2018-06-11 (月) 08:46:47
  • あ、でも新しくガチ部屋の話からは脱線するが、て文章が追加されてるからこのままでもいいのかな -- 2018-06-11 (月) 08:48:12
  • このキャラ一番の問題は使ってるやつの性格が悪いこと。主にキッズの使用率が高いせいで -- 2018-08-23 (木) 18:23:44
  • ↑↑↑↑↑↑↑↑スイッチに続投決定です存分に苦しめ俺も苦しむから -- 2018-08-29 (水) 17:26:01
  • ↑↑子供が使うなら問題なくね?すぐ崖投げすればいいし、すぐツッコむから性格悪くないっしょ。 -- 2018-08-30 (木) 06:31:06
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White