Top > リュウ
HTML convert time to 0.029 sec.


リュウ

Last-modified: 2018-04-25 (水) 23:10:31

目次 Edit

開く

リュウについて Edit

screen-1.jpg

カプコンの対戦格闘ゲーム「ストリートファイター」シリーズの全作品に登場する、同作品の主役的存在。
1作目では漢字で「隆」と表記されており、ゲーム中では「RYU」と表記されている。
幼少から学んだ様々な格闘技を独自の格闘スタイルに昇華させた若き天才格闘家であり、
「最強の格闘家」となるべく世界中のストリートファイター達と戦う旅に出発する。
…と言うのは1作目での設定で、
現在のリュウは2作目以降の設定によって形作られており、1作目の隆とは最早完全な別人である。
(勿論本当に別人という訳では無く、世界観も統一されている)
 
彼を一言で表現するなら「格ゲーにおけるマリオ」となるだろう。
どのゲームだろうとユーザーからは↓↘→が「波動拳コマンド」、→↓↘が「昇龍拳コマンド」と呼ばれる辺り、
格ゲー内における影響力だけで言えばマリオすら超えていると言える。
 
「真の格闘家」を目指し、「俺より強い奴に会いに行く」の言葉と共に修行の旅を続けている。
ストイックな求道家で、格闘に関しては妥協を一切許さない、格闘馬鹿の極致を体現した存在。
そして礼儀正しく謙虚な性格で、どれだけ勝とうと驕る事は微塵も無い。
他のゲームの主人公達はほぼ100%別の目的の為に格闘しているのに対し、
リュウは「強い奴と戦って強くなる」事が目的であり、他の目的や欲望は一切持ち合わせていない。
悪の総帥と戦う事もあるが、彼にしてみれば「たまたまそうなってた」だけである。
富や名声にも興味が無く、世界一の称号と栄誉を手にしても嬉しそうな素振りすら見せない。
 
そんな彼が遂にスマブラの世界にまで強者を求めてやって来たのである。
スマブラは格ゲーのアンチテーゼとして作られており、
乱闘が存在するのも、アイテムが存在するのも、操作が簡単なのも、元はこれが理由である。
そんなゲームに純度100%の格ゲーキャラが参戦する。前代未聞などというレベルでは無い。
今作では元よりWii Fitトレーナーやむらびとなど、Xまでのルールを無視したキャラが参戦しているのだが、
流石にスマブラの存在意義を真っ向から否定するかの様なこの参戦は次元が完全に違っているのである。
 
ではそんなリュウはスマブラでどうなったのか。
本当にスマブラの存在意義を否定する存在となったのか。それともスマブラに完全に馴染んだ姿となったのか。
その答えはまさかのスマブラと格ゲーの融合体だったのである。
ボタンの数は押す長さで再現しており、結果通常ワザの数が他のキャラよりも多い状態になっている。
更に必殺ワザは1ボタンでもコマンドでも出せるという、格ゲー操作にもスマブラ操作にも対応した仕様。
そして当然と言って良いのか、ボタンの数を押す長さで再現という点は必殺ワザにも適用されている。
その必殺ワザは当然格ゲー三要素とまで呼ばれる波動拳、昇龍拳、竜巻旋風脚…あれ、3つしか無い。
と言う事で4つ目の必殺ワザとして搭載されたのが、なんと「セービングアタック」というシステム
これはストリートファイターⅣに存在するシステムで、1発限定のSAを得ると共に専用攻撃を放つというもの。
しかも溜めによる3段階強化やセービングキャンセルまで再現という超豪華仕様。
コマンドを入れた場合はダメージが1.2倍位になる他、威力、モーション、そしてボイスも強化される。
しかし昇龍拳以外は1ボタンの方でも充分やっていける性能である。
そして1ボタンとコマンドで圧倒的な差が出る技に昇龍拳を採用するなど、絶妙な調整がされている。
 
この様にスマブラのリュウは、リュウファンや格ゲーファンなら購入必至という神懸った出来栄えである。
但し真価を発揮させるのは恐ろしいほど難しい。
と言うのも、格ゲーとスマブラの決定的な違いとして、スマブラは自分で相手の方向を向く必要があり、
更に向きを維持しながら向いている方と反対に入力するのが困難というものがある。
これはコマンド入力の際にかなりの負担となり、特にコマンド必須も同然の昇龍拳と、
本当の意味でコマンド必須な灼熱波動拳を実戦で出すには、慣れるまでかなりの苦労を伴うだろう。
またコマンドをAでも締められるという仕様も地味に厄介。
更に格ゲーキャラを再現したせいか、コンボ力は高いがフィニッシュ力が低いという特徴を持つ。
つまり格ゲーの様に相手の体力を削る事は得意だが、格ゲーには不要な遠くまで吹っ飛ばす事は苦手なのだ。
但しこれは素の吹っ飛ばしの話であり、実際はコマンド昇龍の超威力とそれに繋がる連携技のお陰で
フィニッシュ力は(かなりの修練がいるが)かなり高い方である。

キャラランクは強中位
凄まじい判定と超性能の昇龍拳により、強引に潰したり性能で逆転勝ちを好きに起こせるのが理由だろう。
 
声優は高橋広樹が担当。

主な代表作 Edit

赤文字はこのページのファイターの初登場作品。

  • ファイティングストリート(1987年8月30日)
  • ストリートファイターII(1992年6月10日)
  • ストリートファイターZERO(1995年6月5日)

カラーバリエーション Edit

  • (白/)ノーマル
  • (黒/)ストII'2P
  • (白/薄水)ストII'ターボ
  • (黒/)スパIIX
  • (橙/薄紫)スパII弱K
  • (青/)スパII中K
  • (黄/)スパII強K
  • (桃/薄赤/)スパIIスタート…というよりはダンに近い

キャラタイプ Edit

中重量級/テクニックタイプ/タイマン向け Edit

上述の通り火力はトップクラスだがフィニッシュ手段が少ないというキャラである。
とは言え全体的に判定が強く、超性能の昇龍拳と沢山の準フィニッシュ技を持つので苦労する訳では無い。
剣士などの強判定代表とすらやり合える程の凶悪な判定、何もかもが壊れているコマンド昇龍拳、
インファイター特有の出の速さ、セービングによる擬似カウンターと、タイマン性能は抜群。
特にコマンドを使いこなせるリュウが相手の場合、こちらも強キャラを出さないとまず性能で潰されるだろう。
 
ちなみに横スマ以外のフィニッシュ技は全てタイマン特化なので、乱闘だとあまり力を発揮出来ない。

基本性能 Edit

火力単発ダメージと基礎DPS★★★★★★★★★★S++
フィニッシュ力フィニッシュまでの時間、し易さ、リスク★★★★★☆☆☆☆☆B
地上スピード地上での全体的な機動力★★★★★☆☆☆☆☆B
空中スピード空中での全体的な機動力★★★★★★★★☆☆S
回転率発生の早さと隙の小ささ★★★★★★★★☆☆S
リーチ技が届く距離★★★☆☆☆☆☆☆☆D
突破力判定をメインに発生とリーチを加えた打ち勝ち易さ★★★★★★★★★☆S+
ジャンプジャンプの合計高度★★☆☆☆☆☆☆☆☆E
重さ純粋な吹っ飛び耐性★★★★★★☆☆☆☆A
防御力重さに加え、着地狩り耐性やコンボ耐性など★★★★★☆☆☆☆☆B
復帰力復帰距離と復帰阻止耐性★★★★★★☆☆☆☆A

特殊性能 Edit

コマンド入力

使いやすさ&使いこなしやすさ Edit

使いやすさ使いこなしやすさ
★★★☆☆★☆☆☆☆

長所/短所 Edit

長所

  • ボタンを押す長さで技が変わる為、技の数が多い
  • パラメータ的な意味で凶悪な技が多い
  • 判定の強い技が多い
  • コンボ力が高い
  • 上強弱や下強弱から昇龍拳が決まり易い
  • シールド削り能力が異常な技を持つ
  • 弾速を使い分けられる飛び道具を持つ
  • 復帰に使える行動が多い
  • コマンド昇龍拳が超速発生、長時間無敵、超威力、着地隙ほぼゼロと完全に壊れている

短所

  • リーチの短い技が多い
  • 簡単なフィニッシュ方法が少ない
  • コマンドの入力に修練が必要

アップデートによる変更点 Edit

無し

弱、強攻撃 Edit

弱攻撃(弱) ジャブ~ボディブロー~フック Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
2%→3%→5%2F F F300%以上

オーソドックスな3段攻撃。

弱攻撃(強)上段回し蹴り Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
10%9F165%

弱攻撃というより強攻撃の様な技。しかし威力はまさかのフィニッシュレベル
これをOP相殺で弱めるのは非常に勿体無いので、普段は温存しておいた方が良い。

横強攻撃(弱)横蹴り Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
6%9F300%以上

出は遅いがリーチは長い。

横強攻撃(強)鎖骨割り Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
3%→6%13F263%

2ヒットしシールドを大きく削る。

上強攻撃(弱)肘打ち Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
2%3F300%以上

連発力が高く、連続ヒットが望める。数発当てて昇龍拳も良いし、対空として使っても良い。

上強攻撃(強)アッパー Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
12%7F151%

空中に大きく吹っ飛ばす。判定は強め。

下強攻撃(弱) キック Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
1%2F×

高速で連発が可能な上、相手がほぼ移動しない。
要するに昇龍拳を繋げる事だけを考えて調整されている技である。

下強攻撃 (強)くるぶしキック Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
7%7F300%以上

こちらは深く蹴る。リーチは優秀。

スマッシュ攻撃 Edit

どれも出が遅く吹っ飛ばしも弱め。
スマッシュでトドメというスマブラにおける基本はどうやら苦手な模様。

横スマッシュ攻撃 上段足刀蹴り Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
16%(最大溜めで1.4倍)15F120%

踏み込んでからの横蹴り。リーチは充分だが、小型の相手にしゃがまれると当たらない。

上スマッシュ攻撃 突き上げアッパー Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
17%(最大溜めで1.4倍)9F121%

一瞬しゃがんでからのアッパーカット。これが当たるタイミングなら昇龍拳を狙いたい。
コマンド昇龍を使いこなせるならおそらく出番はないだろう。

下スマッシュ攻撃 回転足払い Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
16%(最大溜めで1.4倍)5F225%

発生が早くリーチは中々だが前にしか判定が出ないのが難点。威力もあまり無いので実用性は低い。

空中攻撃 Edit

通常空中攻撃 膝蹴り Edit

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
8%4F6F228%

ジャンプしてキック。威力もリーチも悲しいが、
威力については逆に連携の起点として使えるので欠点とは言えない。

前空中攻撃 飛び蹴り Edit

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
15%6F14F→/↗194%

前に向かって足を出す。リーチ長くR付加値も高いが、足先を当てないとあまり飛ばせない。

後空中攻撃 旋風脚 Edit

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
16%8F12F138%

後ろを蹴る。メインフィニッシュ技の1つ。

上空中攻撃 すくい突き Edit

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
5%→6%6F14F145%

空中でアッパー。2ヒットする。地味にフィニッシュ技だったりする。

下空中攻撃 ストレート Edit

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
12%8F18F300%以上

斜め下に突くメテオ技。「斜め」下に吹っ飛ばすという極めて珍しい特性を持つ為、普通なら地面にぶつかる位置でも奈落に叩き落せるのが利点。
リーチは短いが、発生8Fの強メテオの時点で文句のつけようが無い。

その他の攻撃 Edit

ダッシュ攻撃 飛び足刀 Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
8~12%7F192%

横に飛び込みながら蹴る。出だしの威力が高い。

つかみ Edit

発生F
(通常)6F (ダッシュ)8F (振り向き)9F

つかみ打撃 掴み膝蹴り Edit

ダメージ発生F属性
2%2F

前投げ 背負い投げ Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
9%16F投げ300%以上

相手を後ろに担ぎ、前方へ背負い投げ。

後投げ 巴投げ Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
12%16F投げ289%

威力は見た目以上に高い。

上投げ ネリチャギ  Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
8%18F投げ208%

相手を蹴り上げる。
投げたあとのかかと落としに攻撃判定があり、投げをみて攻撃しにきた相手に反撃できることもある。

下投げ 瓦割り Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
5%→4%18F投げ199%

地面に這わせ、瓦割りのように叩く。

起き上がり・ガケのぼり Edit

あおむけ Edit

ダメージベクトル吹っ飛ばし
7%↗︎300%以上

うつぶせ Edit

ダメージベクトル吹っ飛ばし
7%↗︎300%以上

ガケのぼり Edit

ダメージベクトル吹っ飛ばし
7%↗︎×

しりもち Edit

ダメージベクトル吹っ飛ばし
5%↗︎×

必殺技 Edit

リュウのみコマンドで高威力版が出せる(コマンドの場合AでもBでも出せる)上、
ボタンを押す長さで弱、中、強と使い分ける事が出来る。

通常必殺ワザ 波動拳 Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
5~7%13F×

両手を構えて気弾を放つ。
コマンドは右向き時で↓↘→+AorB(ダメージ1.25倍)。

通常必殺ワザ 灼熱波動拳 Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
1%×4→4%13F300%以上

←↙↓↘→+AorBで4ヒットする灼熱波動拳になる。
どちらも発動時に硬直時間があり、しかも弾が消えないと再び撃てない。

横必殺ワザ 竜巻旋風脚  Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
9~13%8F159%

水平回し蹴りの要領で横回転する事で、宙を浮きつつ突撃する。
コマンドは右向き時で↓↙←+AorB(ダメージ1.16倍)。
飛び道具を飛び越えつつ突撃したり、崖際の相手のその場回避を潰したり、
復帰に使ったりと非常にマルチな技。空中では1回しか出せないので、これで場外に飛び出ない様に。

上必殺ワザ 昇龍拳 Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
15~18%6F109%

ジャンピングアッパーカット。コマンドは右向き時で→↓↘+AorB(ダメージ1.2倍)。
リュウの数少ない高威力技。根元がかなり強力だが、そこを当てるのは結構シビア。
コマンドの場合パワータイプ並の恐ろしい破壊力を発揮する上、発生と持続の長い無敵と着地隙減少まで付く。
無敵発生は驚愕の1Fで、持続も6Fとかなり長い。
これにより、横スマなどの単品では釣りに使えない技にすら釣りの機能を持たせてしまう。
但し尻餅になるまでが非常に長い、つまり急降下受付までが非常に長い為、その威力並にリスクも高い。
しかし重要なフィニッシュ技の1つなので、リュウを使うなら是非使いこなしたい。

その壊れ性能によりおぞましい程の理不尽を生み出す事が可能で、コマンド昇龍からのコマンド昇龍は
昇龍で飛んだ所を取れる様な高性能キャラでも無い限り、技と技に事実上継ぎ目が無くなる
相手の性能次第ではひたすらブンブン振っているだけで手出しが出来なくなる程。

下必殺ワザ セービングアタック Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
12%31F×

溜め可能の正拳突き。原作ではシステムであった為、これのみコマンドが無い。
溜め中に後ろ入力で出す方向を反転させられる。
1発限定のSA(例えば弱攻撃をくらった場合、2ヒット目以降はSAが解除されるということ)が付くが、あくまでSAなのでダメージは受ける。
一定以上溜めた状態で地上の相手に当てると、相手が専用の崩れモーションで倒れる。
スティック2回入力でセービングキャンセルが可能。ヒットさせたらすぐにセビキャンして追撃しよう。

最後の切りふだ Edit

リュウはスマブラで初となる、前代未聞の「最後の切りふだを2つ持つキャラ」である。
相手に密着して放つと「真・昇龍拳」に、それ以外は「真空波動拳」になる。
また、切りふだスタンバイ中でもコマンド入力なら波動拳も出せる

最後の切りふだ1 真・昇龍拳 Edit

ダメージ属性ベクトル吹っ飛ばし
41%25%

相手のすぐ近くで発動させるとこれになる。
昇龍拳の強化版で、その破壊力は切りふだの中でもトップクラス。
フィニッシュが確定している場合、「昇龍拳!」の掛け声が変わり、あけぼのフィニッシュの演出が入る。

最後の切りふだ2 真空波動拳 Edit

ダメージ属性ベクトル吹っ飛ばし
1%・・・→10%%

真・昇龍拳のロック範囲外で発動させるとこれになる。
波動拳の強化版で、マリオファイナルに近い技。
相違点は波動弾に吸い寄せ効果がある他、一定距離で弾が爆発する所。
ダメージと吹っ飛ばしは非常に低いのだが、押し出し目的の技である上、
そもそも真・昇龍拳の範囲外でも使える仕様であると考えればお得もいい所である。

基本的な動かし方 Edit

立ち回り Edit

数値上では殆どの技が凶悪極まりない上、飛び道具とカウンター(もどき)まで持っている。
しかしボタンの押す長さやコマンド入力など、別世界的な癖を持つので慣れは必須。
フィニッシュのメインがスマッシュでは無い点にも注意しよう。
基本はコンボや空前・後でダメージを稼ぎ、空後か昇龍拳でフィニッシュとなる。

コンボ・連携 Edit

上強攻撃弱×数回→上強強→上B
セービングアタック→前2回キャンセルから攻撃

フィニッシュ Edit

  • 弱(強)
  • 横スマッシュ
  • 空後
  • 空上
  • 昇龍拳

復帰 Edit

横B→ジャンプ→上B
崖に近い時横B

テクニック Edit

  • 昇龍拳を簡単に出す
    さりげなく『ストIV』の簡易コマンドまで実装されている。
    昇龍拳は→↘︎→や↘︎↓↘︎、→↓→でも出せる。
    歩きから出す場合には→↘︎→、下強キャンセルで出す場合は↘︎↓↘︎が有効。
  • 昇龍フェイント昇龍拳
    コマンド小昇龍拳から着地狩りにきた相手に昇龍拳。
  • カウンター技にカウンター昇龍拳
    カウンター技(ビジョンなど)をした相手に弱を当てて発動させ、コマンド昇龍拳の無敵で返り討ちにする。

サドンデス Edit

苦手な相手について Edit

前述の通り異常な強判定と発生の速さを持つ為、剣士系やスピード系とも充分過ぎる程渡り合える。
よって、接近を許してくれない弾幕系と、攻撃を躱され易い低身長or低しゃがみキャラが天敵と言える。
前者はライン攻めを徹底し、後者は低打点技を咄嗟に出せる様にすれば良い。

むらびと、トゥーンリンク、ロボット、ダックハント、ロックマン、パックマン
シュルク、カムイ
番外編:ゼロスーツサムス、Wii Fitトレーナー
番外編:カービィ

対リュウ Edit

演出 Edit

入場 Edit

奥から歩いて入場。

アピール Edit

Edit

鉢巻きをしめ、「かかってこい!」

Edit

拳をだし、「拳で語り合おう。」

Edit

豪鬼の勝利ポーズみたいなポーズをする。

フィナーレ Edit

勝利BGM Edit

「ストリートファイターⅡ」結果画面BGM。

ポーズ1 Edit

バッグを肩に担ぎ、背を向ける。
「旅はまだ、始まったばかりだ」

ポーズ2 Edit

画面に向かって「ストⅣ」勝利時を再現したパンチを放つ。
「必殺のタイミングを計れ!」

ポーズ3 Edit

2度拳を突き上げる。
「その間合いじゃ、拳半分届かない!」

敗北ポーズ Edit

目を背けて拍手を送る。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 左向きコマンド昇竜拳が本当に安定しません… -- 2017-10-10 (火) 03:37:39
  • 左向きコマンド昇竜拳が本当に安定しません… -- 2017-10-10 (火) 03:37:40
  • ↑記事に書いてる方法でも出来ないならキーコンだな -- 2018-01-06 (土) 10:34:51
  • スペックはかなり高いが真価の発揮はかなり難しく、インファイター系キャラで強キャラ=糞キャラ扱いされることも多いスマブラでも糞キャラ扱いされておらず、原作再現度も全キャラトップクラス。一番優遇されてるキャラなのかもしれんな -- 2018-01-17 (水) 19:22:47
  • ↑コマ昇龍は完全に壊れてるけどね。あれはコマンドあるからの域を超えてる。これに関しては他の壊れが隠れ蓑になってくれた感はある -- 2018-01-17 (水) 23:45:30
  • ↑確かにコマンド昇竜は全キャラのあらゆる必殺技の中でも最大クラスのぶっ壊れ技だよね。リュウを使いこなしてる人は失敗もほぼしないし・・ただそれでも個人的にはかなりの良キャラやと思ってる -- 2018-01-18 (木) 00:53:37
  • 唯一強キャラだとちやほやされるスマブラだからリュウさんも張り切ってんだろうなぁ -- 2018-03-06 (火) 16:34:35
  • 真・昇竜拳のあけぼのフィニッシュは25%にて発動、24%での不発を確認。 -- 眼鏡定規? 2018-03-18 (日) 21:08:20
  • 真・昇竜拳のあけぼのフィニッシュは25%にて発動、24%での不発を確認。修正されたし。 -- 眼鏡定規? 2018-03-18 (日) 21:08:52
  • カービィの所は意地でも残します -- 2018-04-01 (日) 22:52:05
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White