Top > ロックマン
HTML convert time to 0.031 sec.


ロックマン

Last-modified: 2018-06-03 (日) 19:02:21

目次 Edit

開く

ロックマンについて Edit

screen-2.jpg

カプコンからゲスト参戦。倒した相手の能力を駆使して戦う正義のロボット。
元はお手伝いロボット「ロック」だったが、Dr.ワイリーの野望を阻止する為、
そして平和を守る為に自ら戦闘用への改造を望み「ロックマン」へと生まれ変わった。
 
原作では武器の射程は一部を除き無限だが、流石にスマブラでは有限である(それでも十二分過ぎるが)。
しかし武器エネルギーという概念は採用されなかった為、特殊武器が何度でも使えるほか、
本来は唯の移動技であるスライディングも移動兼攻撃技になっている。

今回は最初から能力を持っているが、それらはスマブラ参加直前にワイリーの野望を阻止してきたのか、
あるいは昔手に入れたチップを装着してきたのかは定かではない。
ちなみに原作と違い、特殊武器を使っている最中でもロックマンの色はノーマルのままである。
 
性能だが、原作がほぼ飛び道具オンリーなだけにスマブラでもB技だけでなくA技にまで飛び道具が備わっている。
それも、鈍足キャラ・短リーチキャラには鬼畜めいた固め性能を誇る弱・横強・空N、スマッシュとしては完全に規格外のリーチを誇る横スマなど「普通の飛び道具」とはとても言えないものばかり。
多様な飛び道具のおかげで縦横斜め全てにおいて申し分のない射程を持つ反面、技の隙は全体的に長め。長所と短所がはっきりしたファイターと言える。
ただスマブラでは弾幕にまともな解決策を設けていない以上、弾幕キャラという時点で卑怯者御用達の糞キャラもとい害悪という評価はどうあっても覆せないのだが。
 
ロックマンは「ロックマン8メタルヒーローズ」等、声優が付く作品がいくつかあるが、
今作ではファミコン版などを意識してか声優は存在しない(但し原作で使用されたSEは惜しげもなく使われている)。
海外では"MEGAMAN"と呼ばれる。
 
後に『スーパーロボット大戦X-Ω』でもロックマンシリーズの30周年記念として期間限定で参戦し、特にロックマンはスマブラとスパロボの両シリーズに登場する初めてのキャラクターにとなった。

主な代表作 Edit

赤文字はこのページのファイターの初登場作品。

  • ロックマン(1987年12月17日)
  • ロックマン2 Dr.ワイリーの謎(1988年12月24日)
  • ロックマン3 Dr.ワイリーの最期!?(1990年9月28日)
  • ロックマン10 宇宙からの脅威!!(2010年3月9日)
  • ロックマン11 運命の歯車!!(2018年発売予定)
  • スーパーロボット大戦X-Ω(2015年10月5日配信、ロックマンは2018年1月に期間限定参戦)

出現条件 Edit

初めから使用可能

カラーバリエーション Edit

  • (青)ノーマル
  • (赤)アイテム1・2・3号/ラッシュコイル
  • (緑)リーフシールド/ジャイロアタック
  • (茶)メタルブレード/リングブーメラン
  • (水)エアーシューター/ジュエルサテライト
  • (緑)スラッシュクロー
  • (橙)フレイムバースト/フレイムソード
  • (黒)サンダービーム/トップスピン/サンダーウール

キャラタイプ Edit

中重量級/トリッキータイプ/乱闘向け Edit

原作ではほぼ飛び道具オンリーだっただけに、スマブラでも異常なまでに飛び道具特化である。
特に乱闘における横スマッシュのチャージショットは反則級で、乱闘を理解していない人や、
そんな人に足を引っ張られた不運な人を尽く葬り去る(反射技で跳ね返す事は出来るが…)。
他にも中距離で光る技が多く、戦闘領域の外側から仕掛けるのが得意。
更に中距離で光る技の多くは近距離でも活躍する為、全距離対応型と言っても良いだろう。
但し地上の近距離技は癖が強めで、懐に潜り込まれた際は慣れがものを言う事になる。
しかし性能そのものは高い為、癖にさえ慣れれば本当にどの距離も平然とこなせる力を発揮する。
また空中なら接近戦も余裕でこなせるので、相手次第では潜り込まれても取り敢えず飛べば解決という事も多い。
キャラランクは中堅中位。飛び道具特化なだけにタイマン、乱闘共に距離管理が重要なので、その点は意識しよう。

基本性能 Edit

火力単発ダメージと基礎DPS★★★☆☆☆☆☆☆☆D
フィニッシュ力フィニッシュまでの時間、し易さ、リスク★★★★★☆☆☆☆☆B
地上スピード地上での全体的な機動力★★★☆☆☆☆☆☆☆D
空中スピード空中での全体的な機動力★★★★★★☆☆☆☆A
回転率発生の早さと隙の小ささ★★★★★☆☆☆☆☆B
リーチ技が届く距離★★★★★★★★★★S++
突破力判定をメインに発生とリーチを加えた打ち勝ち易さ★★★★★★★★☆☆S
ジャンプジャンプの合計高度★★★★☆☆☆☆☆☆C
重さ純粋な吹っ飛び耐性★★★★★★☆☆☆☆A
防御力重さに加え、着地狩り耐性やコンボ耐性など★★★☆☆☆☆☆☆☆D
復帰力復帰距離と復帰阻止耐性★★★★★★☆☆☆☆A

特殊性能 Edit

  • 三角飛び

使いやすさ&使いこなしやすさ Edit

使いやすさ使いこなしやすさ
★★★☆☆★★☆☆☆

長所/短所 Edit

長所

  • 横スマッシュのリーチが異常過ぎる程長い
  • 飛び道具の性能が異常に高い
  • 復帰距離が長い

短所

  • フィニッシュ技に癖の強いものが多い
  • 地上での接近戦で気軽に使える技が少ない
  • 復帰が直線的なので、復帰阻止されやすい
  • 横強や空Nがないため、技の択が少なめ。
  • 反射技を持つキャラに苦戦するときがある。

アップデートによる変更点 Edit

Ver.1.0.4


  • 上強攻撃の着地ペナルティがガケつかまりで解消されるようになった。
  • 上必殺ワザ
    • 硬直キャンセル必殺ワザができなくなった。
    • 動作中に掴まれたときに、上必殺ワザが未消費の状態に戻るようになった。
  • 下必殺ワザ1・3の発射後の隙が減った。
  • 下必殺ワザを入力してから発射されるまでが早くなった。

Ver.1.0.6


  • 下必殺ワザを入力してから発射されるまでが早くなった。

Ver.1.1.0


  • 下必殺ワザの展開が早くなった。

Ver.1.1.1


  • 通常必殺ワザ2
    • ダメージが増えた。
    • 弾の移動速度が速くなった。
    • 後半のモーションが早くなった。これにより後隙が5F減った。
  • 横必殺ワザ2の後半のモーションが早くなった。これにより後隙が6F減った。

弱・強攻撃 Edit

弱攻撃 ロックバスター Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
1~2%→1~2%→1~2%7F F F×

大型重量級(軽傷のクッパ除く)と、まともな飛び道具を持たない鈍足キャラに対しては害悪そのものな抑制力を発揮する皆から豆ウゼエと嫌われる技。
しかしスピードキャラや、弾を突破出来る性能持ちにとっては最悪の場合豆鉄砲並に頼りなくなる極端な技。
実は砲身そのものに弾より高威力の攻撃判定があるという地味に有難い特徴がある。

横強攻撃 ロックバスター Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
2%7F×

弱や空Nと同じに見えるが、砲身に攻撃判定が無い代わりに弱より隙が2F小さい。

上強攻撃 ロックアッパー Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
8~17%6F86%

色々な意味で良くも悪くも、桜井氏が言っている通りの「昇龍拳の様なワザ」。比較してみると

  • 発生:両方共6F
  • 最大ダメージ:ロックマン…17% リュウ…18%
  • 最小ダメージ:ロックマン…8% リュウ…7%
  • 最大威力(3DS終点マリオ):ロックマン…86% リュウ…88%
  • 特性:両方共出始めに全身無敵
  • 欠点:両方共「跳び上がって着地」となるので大振り

同じカプコン出身だからなのか、(Xの方とはいえ)昇龍拳をライト博士から伝授されるからなのか、
「様な」と言うより「殆どそのもの」な性能である。
勿論大きな違いが無い訳では無く、ロックマンは上強でリュウは上Bなので使い勝手が全然違う他、
ロックマンの方はコマンドが不要な分、相手が鈍足短リーチでも無い限り当てるのに工夫が必要だったりする。

尚、当たり前だがスマッシュ最大溜めなどのお膳立て無しならロックマン最強の攻撃である
(実戦レベルで最大溜めを狙えるロックマンの横スマでも84%と2%しか違わないが)。
リュウの壊れ要素である昇龍拳の最大威力より2%高いだけあって、「狂った威力」以外に言い様が無い。
上フィニッシュ技としては圧倒的な威力を持つクッパ上スマ、リュカ上スマ、ロックマン下スマ、
アイク上スマ(威力順)などでも90%を切れるものは1つも無い、と言えば尚分かり易いだろう。

下強攻撃 スライディング Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
5~8%5F214%

他社組に何かと多いスライディング。高打点技をかわしながら攻撃が可能。

スマッシュ攻撃 Edit

横スマッシュ攻撃 チャージショット Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
11.5%(最大溜めで1.4倍)19F電撃154%

エネルギー系飛び道具を撃ち出す。溜める事で威力だけで無く、弾の大きさと射程まで上がる。
異常を通り越したリーチ(と言うか射程)に加え、一定以上溜めた場合は対空にすらなる程の範囲が極悪。
また威力もこの射程と範囲の割には非常に高く、しかも相殺判定が無いので着地狩りとしては恐らく最強。
そして最大溜めなら終点の半分まで届く上、崖つかまり中の相手にすら当てられると、とにかく強みが満載。

ただ流石に欠点が無い訳では無く、まず隙が一目瞭然で大きいという点がある。
但しこれは基本的に反撃され易いという意味では無く、遠距離「でしか」使えない事を意味する
(但しスピードキャラなどが相手の場合、ある程度距離を取っていても反確になる可能性がある)。

次にエネルギー系飛び道具なので反射も吸収もされてしまうという点がある。
単純な威力はそれなり程度(上記の「非常に高く」は射程と範囲の割に、という意味)だが、
反射技の威力アップが加わる為、この威力でも反射されたら致命的である。

明確な欠点は大体この2つ位しか無い上、片方は気を付ければ済む話で、もう片方はキャラが限定されると、
強みの質と量の割には大した事が無く、そういう意味でも非常に優秀。
逆に言うと、この欠点を利用出来るキャラが来ると一気に使い勝手が落ちるので注意。

上スマッシュ攻撃 スパークショック Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
2%→1.5%×5→6%(最大溜めで1.4倍)8F電撃128%

威力は正直物足りないが、8Fの発生に加え、強判定長持続による非常に高い突破力と巻き込み性能が魅力。
その性質上、対空メインの防御用として使うのが主になるか。

下スマッシュ攻撃 フレイムブラスト Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
9~17%(最大溜めで1.4倍)17F94%

アイクの上スマ並(厳密に言えばこちらの方がマリオ換算で1%強い)という圧倒的な威力を誇るが、
それ以上に隙が大きく、ガードされるとかなり重い反確となる非常にリスクの高い技。
ハイリスクハイリターンを地で行く技なので、使うなら有効な場面を見極めよう。

空中攻撃 Edit

通常空中攻撃 ロックバスター Edit

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
2%7FF275%

弱や横強と同じに見えるが、横強と同じく弱より隙が2F小さい上、弱と同じく砲身に攻撃判定がある。

前空中攻撃 フレイムソード Edit

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
5~8.5%9F19F281%

発生と範囲に優れる他、下投げから繋がる。
非常に使い易い、ロックマンが接近戦も充分こなせる理由の1つとなっている技。
強いて上げるなら威力は低め。

後空中攻撃 スラッシュクロー Edit

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
3%→4%→5%4F20F154%

空前と同じ接近戦のメイン技。密度の濃い3段技で威力も中々。
崖奪いや反転ジャンプから使う事で頼もしい撃墜手段となる。

上空中攻撃 エアーシューター Edit

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
1~3%×1111F19F155%

真上に竜巻を発射。竜巻は連続ヒットして最後は相手を押し出す。
凄まじい射程でありながらフィニッシュとしても充分というかなり狂った技。
上に弾幕を張れるのはロックマンだけである。

下空中攻撃 ハードナックル Edit

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
12~14%23F24F↓/↗166%

真下に拳を発射。
空下定番のメテオだが、ロックマンらしく飛び道具なので極めて安全に狙う事が可能。
自身の復帰力も凄まじいのでリスクは無いに等しい。
注意点は出始め以外がメテオという点。普通逆だろ。(二度目)
つまり他のメテオと同じタイミングで当てると斜め上に吹っ飛ばしてしまうので注意。

その他の攻撃 Edit

ダッシュ攻撃 タップスピン Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
1%×7→3%8F300%以上

カービィのDAの強化版。但し強化の代償は隙に行っており、反確耐性だけはカービィのものに劣る。

つかみ Edit

発生F
(通常)6F (ダッシュ)8F (振り向き)9F

ロックマンはNBなどつかみをアシストする技が満載なので非常に狙い易い。
自らそこまで近付く意味は皆無なので、距離を詰められた、あるいは詰められそうな時の切り返しに。

つかみ打撃 スーパーアームグリップ Edit

ダメージ発生F属性
3%F

前投げ スーパーアームスルー Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
8%F投げ299%

後投げ スーパーアームスルー Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
11%F投げ206%

ステージ端なら撃墜を狙える。

上投げ スーパーアームスルー Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
7%F投げ221%

下投げ スーパーアームスルー Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
4.5%F投げ300%以上

ここから様々な連携が入るコンボ始動技。

起き上がり・ガケのぼり Edit

あおむけ Edit

ダメージベクトル吹っ飛ばし
7%↗︎300%以上

うつぶせ Edit

ダメージベクトル吹っ飛ばし
7%↗︎300%以上

ガケのぼり Edit

ダメージベクトル吹っ飛ばし
7%↗︎×

しりもち Edit

ダメージベクトル吹っ飛ばし
5%↗︎×

必殺技 Edit

通常必殺ワザ メタルブレード Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
3%16F300%以上

丸鋸を投げる。方向入力で8方向に投げ分けられる。
また地面に刺さった状態では自分・相手共に拾う事が可能で、この場合通常より威力、スピード共に高くなる。

固め性能と利便性が極めて高く、ロックバスターと組み合わせる事で、大型重量級とまともな飛び道具を持たない鈍足キャラを一方的に嬲り殺す事が出来る
それでいながらロックバスターと違い、相手の性能に関係無く一定以上の価値を出せる点も魅力。

唯一の弱点は通常時・拾い時共にアイテム扱いの為、相手にキャッチされる可能性があるという点である。

横必殺ワザ クラッシュボム Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
1%×4→4%19F288%

チューインボムと似た性質の爆弾を前に飛ばす。但しチューインボムと違い爆発はガード可能。
相手を「クラッシュボムを発射した向き」の斜め上に吹っ飛ばすので、追撃するには回り込む必要がある。

上必殺ワザ ラッシュコイル Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
1F(ラッシュ発生)

ロックマンの相棒である犬型ロボット、ラッシュに内蔵されたバネで飛ぶ。飛んだ後は空中攻撃や空中ジャンプが使用可能。
ソニックのスプリングと比べると、ジャンプ台で攻撃ができずジャンプ後の硬直も長め。
着地ペナルティが発生するので、崖に逃げるか空Nでキャンセルしよう。

下必殺ワザ リーフシールド Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
2%(回転中)3.8%(発射時)50F300%以上

弱い攻撃判定を持つ木の葉を自分の周囲に展開する。
展開したまま動ける為、接近戦では追加ダメージを見込める(分かり易い例はつかみ中)。
また再度Bを押す事で前方に木の葉を発射出来る。

最後の切りふだ ロックマンスペシャル Edit

ダメージ属性ベクトル吹っ飛ばし
37%55%

黒い球体に触れた相手を謎の空間に連れ込み、5体の歴代のロックマン(登場順にロックマンX、
流星のロックマン、ロックマンエグゼ、ロックマンDASH、ロックマン)による一斉射撃で吹っ飛ばす。 
黒い球体はかなりの持続と非常に強い吸引力を持ち、
ある程度離れた相手でも無理矢理吸い込んでしまう為、結果的な命中性能は極めて高い。

カスタマイズ必殺技 Edit

通常必殺ワザ2 ハイパーボム Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
8~10%F%

バウンドする爆弾を山なりに飛ばす。
メタルブレード同様方向変換や拾いも可能。自爆は無い。
攻撃力は高いが発生が遅い。またエネルギー系なので吸収持ちには注意が必要。

通常必殺ワザ3 シャドーブレード Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
2%F%

飛距離が短く帰って来る手裏剣を飛ばす。
これまた8方向に撃ち分けられる。拾うことは出来ない。
ダメージは乏しいが、中距離の牽制には使える。

横必殺ワザ2 アイスラッシャー Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
%F%

当たると凍る弾を水平に飛ばす。当たった相手のダメージが多いほど凍る時間が長くなる。
数少ない氷属性の技で、凍らせた後は追撃が出来る。

横必殺ワザ3 デンジャーラップ Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
%F%

大爆発する爆弾を泡に包んでゆっくり上昇させながら飛ばす。
動きの癖は強いが、対空に使える他、空上やNBと合わせて上に弾幕が張れる。

上必殺技2 トルネードホールド Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
%F%

竜巻を発生させて上昇する。敵を巻き込むことも出来る。

上必殺ワザ3 ビート Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
%F%

ビートが持ち上げてくれる。ダックハントやオリマーの上Bに似て、上昇はゆっくりだが大きく左右に動ける。攻撃判定がないので妨害されやすい。

下必殺ワザ2 スカルバリアー Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
2%(反射時)F%

青いドクロのような反射持ち(倍率1.2倍)の物体を身に付ける。飛び道具として飛ばすと反射できなくなるので注意。
使い勝手は良いとは言えないが、ロックマン唯一の反射技。

下必殺ワザ3 プラントバリアー Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
3%(回転時) 4.2%(反射時)F%

攻撃力、防御力共に高いバリアを張る。飛び道具としては終点の1/5程度の飛距離とあんまり。
だが防御面では優秀で、つかみでのダメージ稼ぎもいい。

基本的な動かし方 Edit

立ち回り Edit

コンボ・連携 Edit

  • 下投げ→空前

フィニッシュ Edit

  • 各種スマッシュ
  • 上強
  • 空後
  • 空上
  • 空下(メテオ)

復帰 Edit

空中ジャンプ→上B

サドンデス Edit

苦手な相手について Edit

攻撃の大部分が飛び道具なので、やはり反射・吸収持ちが来ると辛い。特にお手軽反射持ちに待たれるとこちらの立ち回りが急激に制限されてしまう。
また、ロックマンの主力の一つである豆(弱、横強、空F)に関しては、スピード+長リーチには簡単に潰されてしまう。
しかしこちらは空中限定で接近戦も可能な為、どうにでもなる。

ロックマンが苦手とするキャラは以下のキャラ達。

フォックス、ミュウツー
ソニック
クラウド

対ロックマン Edit

中距離で光る技が多く、飛び道具が豊富なためあちらから猪突猛進に攻めてくることは少ない。よって自らが攻めに転じるか、同じく待ち型でジリジリと戦うかの2つになる。

まず、自らが攻めにいく場合。ロックマンは弱とNBで厚い弾幕を張ってくるが、一つ穴がある。それは斜め上からの攻めに弱いこと。NBの斜め撃ちもあるが、その後の展開を考えると通常時より遥かに楽。よって斜めから攻めることを推奨。
勿論ロックマンも空前や空後で対抗してくる筈なので、そこは読み合いになる。また、NBはシールドを突き抜けるためガーキャン行動がしづらい。コロコロやその場回避がおすすめ。NBを出す→相手がガーキャン行動をしようとした瞬間に上強を入れるという撃墜ネタがあるからだ。喰らえばあのガノンおじさんですら100%弱位でお星様になる。下手に後隙を狙うのは禁物。
また、もうひとつ重要なのが、ガードを固めすぎないこと。豆がウザくて辛いからと固めているとロックマンの思うつぼで、いつまで経っても主導権は来ない。腕の砲身以外は判定も弱いので怖がらず攻めよう。相性悪かったら仕方ないけど。

次に同じく待ち型で飛び道具で対抗する場合について。想像通りサドンデス上等になる。
でも先ほど述べたように弱の判定は意外と弱めなので、自身の飛び道具の判定に自身があるなら待ち型になるのも手。しかし間合いと飛び道具の管理を怠ると一気に不利になることも多いため、気を抜かずに。

また、どのキャラで戦うにしろ気を付けなければいけないことがある。ダウン連と崖奪い空後ろである。
ロックマンがメタルブレードを持ってバッタしている姿を見たことがある人も多いはず。それはダウン連を狙っている証拠。高%時にハマれば相手がミスらない限りバーストは免れない。安易な着地は死に直結する。
次に、崖奪い空後。賭けに敗れると一気に不利になる。先行入力で上がるか、スティックを下に傾けて(そうすれば崖を掴まず復帰できる)直接復帰するかで対処。しかし、ワンパな上がりかたは狩られるもとなので崖上がりの択を増やしておこう。

どのキャラでも、読み合いに負けたり安易な行動をしたりすれば、一気に不利になる。最後まで気を抜かないように。弱の判定は弱めで、NBも分かりやすいため、勇気を出して斜め上から攻めよう。飛び道具で対抗するときも同じ。

演出 Edit

入場 Edit

原作同様ステージにワープして入場。

アピール Edit

Edit

片腕を上げる。

Edit

後ろを向いてポージング。

Edit

テレポート。ほんの一瞬だけ無敵。

フィナーレ Edit

勝利BGM Edit

「ロックマン2 Dr.ワイリーの謎」タイトルBGMの1フレーズ。

ポーズ1 Edit

光の筋から現れ、ポーズ。

ポーズ2 Edit

右→左に撃ち、バスターを垂直に構える。

ポーズ3 Edit

上から下りてきて、バスターを構える。

敗北ポーズ Edit

拍手を送る。

余談 Edit

ロックマンは撃墜されると原作同様、ティウンティウンで有名なエフェクトと音が出る。
但し流石にロックマン自体が爆散する事は無い。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ある意味可哀想な存在なのはどう考えても開発のせいだけどね。4作目にもなってまだこんな存在自体が害悪確定なキャラ作るとか正気の沙汰じゃないわ -- 2018-03-30 (金) 17:44:09
  • ↑そりゃ「『大乱闘』スマッシュブラザーズ」だから開発側は初代からずっと大乱闘というルールを目線にして調整しているからだもの。しかし実際大乱闘が許されるのはほとんど小中学生までなんだよな…高校以上、特に大人が大乱闘と言うルールで対戦して面白いと思うか? -- 2018-03-30 (金) 23:17:54
  • ↑ガチ乱闘でアイク無双してきたの最高だったけど -- 2018-03-30 (金) 23:35:28
  • ガチ乱闘と大乱闘は違うよ -- 2018-03-30 (金) 23:40:39
  • 害悪とか完全に主観を載せるの頭おかしいだろ -- 2018-04-05 (木) 05:25:33
  • ↑炎上や自治厨が怖くて載せられない事実も遠慮なく、がここだからな。君の肌に合ってないだけなのが君の目にそういう形で映ってるだけだよ -- 2018-04-05 (木) 09:12:15
  • 飛び道具持ちってだけで卑怯者だとか害悪だとか流石におかしいやろ。ロックマンに親でも殺されたんか?それとも記事書いたのDr.ワイリーか? -- 2018-04-13 (金) 10:00:06
  • ↑マジだよ。用語集の糞キャラのとこ確認してきな。 -- 2018-04-13 (金) 10:41:24
  • 飛び道具持ちってだけでは卑怯者とか害悪にはなってないじゃん。弾幕ガン逃げガン待ち設計だからってなってるじゃん。一部分だけしか読んでないだろ -- 2018-04-13 (金) 12:36:21
  • ロックマンより村人の方が腹立つの俺だけ、、、?😒 -- 2018-04-15 (日) 19:03:44
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White