Acasta の変更点


*アカスタ(A級駆逐艦) [#Title]
 
&attachref(./35882127_2098489487144054_7341370118535905280_n.jpg,75%);
 
#contents
*性能諸元 [#Ability]
RIGHT:&color(DarkGray){編集時 ver.0.7.9.0};


・基本性能
|>|>|>|CENTER:SIZE(12):|c
|~Tier|5|~種別|ツリー艦艇|
|~艦種|[[駆逐艦]]|~派生元|''[[Wakeful]]''|
|~国家|[[イギリス]]|~派生先|''[[Icarus]]''|
|>|>|CENTER:SIZE(12):|LEFT:SIZE(12):|c
|~生存性|>|継戦能力|(A) 9,500&br;(B) 11,200|
|~|>|装甲|6-10mm&br;・防郭 10mm&br;・艦首・艦尾 10mm&br;・砲郭 6mm&br;・装甲甲板 0-1mm|
|~|対水雷防御|ダメージ低減|(A-B) 0%|
|~機動性|>|機関出力|34,000馬力[hp]|
|~|>|最大速力|35.0ノット[kt]|
|~|>|旋回半径|540m|
|~|>|転舵所要時間|(A) 4.1秒&br;(B) 2.9秒|

//船体が1種類のみの場合、(A)の表記は不要で数値のみを記載、船体欄には「-」
//プレミアム艦艇の派生元・派生先は「-」
&br;
|>|>|>|>|>|CENTER:SIZE(12):|c
|~隠蔽性|~ |~通常|~副砲|~主砲|~火災|~煙幕|
|~|海面発見距離|6.8km|-|-|8.8km|2.4km|
|~|航空発見距離|2.6km|-|0.0km|5.6km|-|

//副砲がない場合は副砲の箇所に「-」
&br;
|>|>|>|>|CENTER:SIZE(12):|c
|~射撃管制装置|~船体|~モジュール|~主砲射程|~最大散布界|
|~|A-B|mod.1|10.1m|91m|
|~|~|mod.2|11.1km|98m|
&br;
|>|>|>|CENTER:SIZE(12):|SIZE(12):|>|CENTER:SIZE(12):|SIZE(12):|c
|~主砲|~船体|~口径|~基数×門数|~最大ダメージ(火災)|~装填|~180度旋回|~弾種|
|~|A-B|120mm/45|4基×1門|HE弾 1,700(8%)&br;AP弾 2,100|5.0秒|18.0秒|HE &br;AP |
//主砲の口径は口径と砲身長のみを記載し、型は書かない
//弾種はサイズのみ省略して記載、サイズ表記のないものはそのまま記載
//ページの横幅に収まらない場合は口径・弾種の文字サイズを縮小 SIZE(11):
&br;
|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:SIZE(12):|c
|~魚雷|~船体|~口径|~基数×門数(片舷)|~最大ダメージ|~装填|~射程|~雷速|~発見|
|~|A-B|533mm|2基×4門(8門)|11,967|95秒|6.0km|59kt|1.2km|
//魚雷を装備していない場合、枠ごと削除
//魚雷の口径は「魚雷発射管の口径+魚雷のモジュール名」
&br;
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:SIZE(12):|c
|~対空砲|~船体|~距離|~口径|~基数×門数|~爆発数|>|~秒間ダメージ|~命中精度|~有効ゾーン|
|~|~|~|~|~|~|~爆発半径内|~継続的|~|~|
|~|A| 中|40mm/39 QF Mark II|2基×1門| 1| 350| 27|88.0%|1.0-2.5km|
|~|B| 短|12.7mm Mk III|2基×4門|>| -| 22|83.0%|0.1-0.9km|
|~|~| 中|40mm/39 QF Mark II|2基×1門| 1| 350| 27|88.0%|0.9-2.5km|
|~|A| 中|40mm/39 QF Mark II|2基×1門|>| -| 11.4|88.0%|1.0-2.5km|
|~|B| 短|12.7mm Mk III|2基×4門|>| -| 4.2|83.0%|0.1-1.2km|
|~|~| 中|40mm/39 QF Mark II|2基×1門|>|~| 11.4|88.0%|0.1-2.5km|
//対空砲を装備していない場合、枠ごと削除
&br;
・アップグレード
|>|>|>|>|>|CENTER:60|c
|BGCOLOR(#eeaaaa):スロット1|BGCOLOR(#eeaaaa):スロット2|BGCOLOR(#eeaaaa):スロット3|BGCOLOR(#aaccaa):スロット4|BGCOLOR(#aaccaa):スロット5|BGCOLOR(#aaccaa):スロット6|h
|○|○|○||||

#region(搭載可能アップグレード)
搭載可能アップグレード
|BGCOLOR(#aaccaa):1|&attachref(アップグレード/MainWeapon1.png,nolink,70%);|主砲兵装改良1|主砲および魚雷発射管の機能停止発生率 -20%&br;主砲および魚雷発射管の抗堪性 +50%&br;主砲および魚雷発射管の修理時間 -20%|
|~|&attachref(アップグレード/SecondaryWeapon1.png,nolink,70%);|副兵装改良1|副砲の抗堪性 +100%&br;対空砲座の抗堪性 +100%|
|~|&attachref(アップグレード/PowderMagazine1.png,nolink,70%);|弾薬庫改良1|自艦の弾薬庫誘爆率 -70%|
|BGCOLOR(#aaccaa):2|&attachref(アップグレード/DamageControl1.png,nolink,70%);|ダメージコントロールシステム改良1|浸水発生率 -3%&br;対水雷防御ダメージ軽減率 -3%&br;火災発生率 -5%|
|~|&attachref(アップグレード/Engine1.png,nolink,70%);|推力改良1|主機損傷確率 -20%&br;主機修理時間 -20%|
|~|&attachref(アップグレード/SteeringGear1.png,nolink,70%);|操舵装置改良1|操舵装置損傷確率 -20%&br;操舵装置修理時間 -20%|
|BGCOLOR(#aaccaa):3|&attachref(アップグレード/MainGun2.png,nolink,70%);|主砲改良2|主砲装填時間 &color(red){+5%};&br;主砲旋回速度 +15%|
//|~|&attachref(アップグレード/AirDefense2.png,nolink,70%);|対空砲改良2|対空砲座の最大射程 +20%|
|~|&attachref(アップグレード/Guidance1.png,nolink,70%);|射撃システム改良1|主砲弾の最大散布界 -7%&br;魚雷発射管旋回速度 +20%&br;副砲最大射程 +5%&br;副砲弾の最大散布界 -5%|
#endregion

・消耗品
#region(搭載可能 消耗品)
|CENTER:48|CENTER:48|CENTER:48|CENTER:48|CENTER:48|LEFT:440|c
|~スロット|消耗品|使用&br;回数|準備&br;時間|有効&br;時間|効果|h
|~R|[[&ref(tmp/応急工作班I.png);>消耗品#b9a2217d]]|∞|60|5|火災・浸水・損傷したモジュールの修復|
|~|[[&ref(tmp/応急工作班II.png);>消耗品#b9a2217d]]|∞|40|~|~|
|~T|[[&ref(tmp/発煙装置I.png);>消耗品#he28a71e]]|5|105|10|自艦艇を中心に半径 0.59(?((0.45*1.3))) [km] の煙幕を展開する&br;煙幕の持続時間:40 [秒]|
|~|[[&ref(tmp/発煙装置II.png);>消耗品#he28a71e]]|6|70|~|~|
使用回数は第1消耗品、詳細は[[消耗品]]を参照
#endregion
**ゲーム内説明 [#Explain]
アカスタは、イギリス海軍の所謂「標準型」駆逐艦として最初の艦級 (A 級) の 1 隻であり、「標準型」駆逐艦は諸元や構成がよく似ていました。従来の駆逐艦級に比して大型であり、4 連装の魚雷発射管を搭載していました。
**解説 [#Manual]
-主砲
120mmの主砲が4基4門、艦首と艦尾に2基づつ配置されている。
口径としては一般的な駆逐艦砲(127mm)よりやや小口径で威力はAP弾,HE弾ともにやや低め。HE弾の火災発生率は高く、投射量比では[[Gremyashchy]]についで2位、すなわち現在入手可能な艦としては同格トップである。
装填時間は5秒と早めでHE弾の[[DPM>用語集#dpm]]では(やや水を開けられているが)[[Nicholas]]に次いで同格ツリー艦2位。
射程はGremyashchyについで2位、すなわち(以下略。ただし初速はアメリカ駆逐艦並に遅く山なり弾道なので遠距離の敵には当てづらい。
この砲弾はTier7[[Jervis]]まで同じ。
前方に指向できる射界は第3砲塔が55°、第4砲塔は33°、後方は第1砲塔が33°くらい(0.7.9.1現在第1砲塔のガンマーカーが表示されない)、第2砲塔は30°と特に第3砲塔がよろしくない。
 
-魚雷
魚雷管は2基8門で、魚雷は同格内では控えめな性能。
発射管8本はTier5ツリー艦としては最多(両舷合わせると12本%%とOP気味%%のNicholasに次ぐ)。
搭載管数が最多なため、装填時間も同格最長。
隠蔽MAXでやっと魚雷射程と等しくなるため、隠蔽雷撃はできない。
射界は45°くらいと狭い。追いかけてくる敵に牽制魚雷を、などと考えてしまうと豪快に横っ腹を見せることになる。
英巡と同様で単発と集束による仕様のため、一点に集中した雷撃で戦艦を沈める事が出来る。
 

-対空
ほとんど皆無と言える。
 

-抗堪性
HPは[[Minekaze]]に次いで同格ワースト2位である。
火力が高いからと言って他国砲駆とオープンな撃ち合いをすると体力負けする。
消耗品の煙幕が5回(有料なら6回)も使えるので有効に活用しよう。
 

-機動性
転舵時間は同格の平均的な値。
旋回半径は[[T-22]]と並んで同格トップ。
最大速力はT-22よりマシだが駆逐艦としては遅い。イギリス駆逐艦はエンジンブーストもない。[[公式Wiki>http://wiki.wargaming.net/en/Ship:Acasta]]でも触れられているが、[[Podvoisky]]は天敵である。会敵したら、使用回数の多い煙幕をうまく利用して姿をくらませなければならない。
 

-隠蔽性
被発見距離は最良値で6.0km。
同格で本艦に劣るのはソ駆くらい、[[Jian Wei]]と同等。
すなわちよろしくない。
 

-総評
砲駆としては若干頼りないながらも同格駆逐艦と競り合える性能は有している。
取り分け加減速や旋回などの機動性は優れているため、
豊富に使える煙幕を利用して停船と砲撃からの火災で敵チームに損害を与える戦い方を意識しよう。
魚雷は隠蔽雷撃が出来ないため、護身用又は島影から出てくる艦船を狙い撃ちする際に使用しよう。

**史実 [#History]
アカスタ(A級駆逐艦)は1927年度計画により、第一次大戦後初めて量産された艦隊型駆逐艦である。
試作駆逐艦のアマゾン、アンバスケイドをもとに武装や機関を改良している。
戦前型駆逐艦の基本形となり、嚮導艦1隻+通常型8隻の9隻建造された。
第二次大戦では序盤の苦しい時期に各地で船団護衛、対潜哨戒、陸上支援に従事し、6隻が戦没した。
 
アカスタ(H09)は1940年のノルウェー沖海戦で船団護衛中に独艦隊と交戦し、
魚雷を戦艦シャルンホルストに命中させ撃退したが、自身も船団の盾となり撃沈された。

**小ネタ [#Digression]
 
ダイナモ作戦に参加した[[Anthony]]は妹に当たる。
*編集用コメント [#EditorialComment]
#region(''編集用のコメントはこちら'')
#pcomment(./編集用,reply,5)
#endregion
 
*コメント欄 [#Comment]
#pcomment(./コメント,reply,15)