Top > Icarus > diff


Icarus の変更点


 *イカルス(I級駆逐艦) [#Title]
  
 &attachref(./35922977_2098490657143937_256100979940786176_n.jpg,75%);
  
 #contents
 *性能諸元 [#Ability]
 RIGHT:&color(DarkGray){編集時 ver.0.8.0.2};
 
 
 ・基本性能
 |>|>|>|CENTER:SIZE(12):|c
 |~Tier|6|~種別|ツリー艦艇|
 |~艦種|[[駆逐艦]]|~派生元|''[[Acasta]]''|
 |~国家|[[イギリス]]|~派生先|''[[Jervis]]''|
 |>|>|CENTER:SIZE(12):|LEFT:SIZE(12):|c
 |~生存性|>|継戦能力|(A) 10,000&br;(B) 12,100|
 |~|>|装甲|6-16mm&br;・防郭 0-1mm&br;・艦首・艦尾 0-1mm&br;・砲郭 0-1mm&br;・装甲甲板 0-1mm|
 |~|対水雷防御|ダメージ低減|(A-B) 0%|
 |~機動性|>|機関出力|34,000馬力[hp]|
 |~|>|最大速力|35.5ノット[kt]|
 |~|>|旋回半径|540m|
 |~|>|転舵所要時間|(A) 4.2秒&br;(B) 3.0秒|
 
 //船体が1種類のみの場合、(A)の表記は不要で数値のみを記載、船体欄には「-」
 //プレミアム艦艇の派生元・派生先は「-」
 &br;
 |>|>|>|>|>|CENTER:SIZE(12):|c
 |~隠蔽性|~ |~通常|~副砲|~主砲|~火災|~煙幕|
 |~|海面発見距離|6.8km|-|-|8.8km|2.4km|
 |~|航空発見距離|3.3km|-|5.7km|6.3km|-|
 |~|航空発見距離|2.6km|-|0.0km|5.6km|-|
 
 //副砲がない場合は副砲の箇所に「-」
 &br;
 |>|>|>|>|CENTER:SIZE(12):|c
 |~射撃管制装置|~船体|~モジュール|~主砲射程|~最大散布界|
 |~|A-B|Mk VI mod.1|10.6km|94m|
 |~|~|Mk VI mod.2|11.6km|102m|
 &br;
 |>|>|>|CENTER:SIZE(12):|SIZE(12):|>|CENTER:SIZE(12):|SIZE(12):|c
 |~主砲|~船体|~口径|~基数×門数|~最大ダメージ(火災)|~装填|~180度旋回|~弾種|
 |~|A-B|120 mm/45 QF Mk IX|4基×1門|HE弾 1,700(8%)&br;AP弾 2,100|5.0秒|18.0秒|HE &br;AP |
 //主砲の口径は口径と砲身長のみを記載し、型は書かない
 //弾種はサイズのみ省略して記載、サイズ表記のないものはそのまま記載
 //ページの横幅に収まらない場合は口径・弾種の文字サイズを縮小 SIZE(11):
 &br;
 |>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:SIZE(12):|c
 |~魚雷|~船体|~口径|~基数×門数(片舷)|~最大ダメージ|~装填|~射程|~雷速|~発見|
 |~|A-B|533 mm Mk V|2基×4門(8門)|11,967|95秒|6.0km|59kt|1.2km|
 |~|~|533 mm Mk VII|2基×5門(10門)|15,733|120秒|7.0km|59kt|1.2km|
 //魚雷を装備していない場合、枠ごと削除
 //魚雷の口径は「魚雷発射管の口径+魚雷のモジュール名」
 &br;
 |>|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:SIZE(12):|c
 |~対空砲|~船体|~距離|~口径|~基数×門数|~爆発数|>|~秒間ダメージ|~命中精度|~有効ゾーン|
 |~|~|~|~|~|~|~爆発半径内|~継続的|~|~|
 |~|A| 短|12.7mm Mk III&br;20mm Oerlikon Mk IV|2基×4門&br;2基×1門|>| -| 52|85.0%|0.1-1.5km|
 |~|B| 短|20mm Oerlikon Mk IV&br;20mm Oerlikon Mk V|2基×1門&br;2基×2門|>| -| 96|85.0%|0.1-1.5km|
 //対空砲を装備していない場合、枠ごと削除
 &br;
 ・アップグレード
 |>|>|>|>|>|CENTER:60|c
 |BGCOLOR(#aaccaa):スロット1|BGCOLOR(#aaccaa):スロット2|BGCOLOR(#aaccaa):スロット3|BGCOLOR(#aaccaa):スロット4|BGCOLOR(#aaccaa):スロット5|BGCOLOR(#aaccaa):スロット6|h
 |○|○|○|○|○|○|
 
 #region(搭載可能アップグレード)
 搭載可能アップグレード
 |BGCOLOR(#aaccaa):1|&attachref(アップグレード/MainWeapon1.png,nolink,70%);|主砲兵装改良1|主砲および魚雷発射管の機能停止発生率 -20%&br;主砲および魚雷発射管の抗堪性 +50%&br;主砲および魚雷発射管の修理時間 -20%|
 |~|&attachref(アップグレード/SecondaryWeapon1.png,nolink,70%);|副兵装改良1|副砲の抗堪性 +100%&br;対空砲座の抗堪性 +100%|
 |~|&attachref(アップグレード/PowderMagazine1.png,nolink,70%);|弾薬庫改良1|自艦の弾薬庫誘爆率 -70%|
 |BGCOLOR(#aaccaa):2|&attachref(アップグレード/DamageControl1.png,nolink,70%);|ダメージコントロールシステム改良1|浸水発生率 -3%&br;対水雷防御ダメージ軽減率 -3%&br;火災発生率 -5%|
 |~|&attachref(アップグレード/Engine1.png,nolink,70%);|推力改良1|主機損傷確率 -20%&br;主機修理時間 -20%|
 |~|&attachref(アップグレード/SteeringGear1.png,nolink,70%);|操舵装置改良1|操舵装置損傷確率 -20%&br;操舵装置修理時間 -20%|
 |BGCOLOR(#aaccaa):3|&attachref(アップグレード/MainGun2.png,nolink,70%);|主砲改良2|主砲装填時間 &color(red){+5%};&br;主砲旋回速度 +15%|
 |~|&attachref(アップグレード/AirDefense2.png,nolink,70%);|対空砲改良2|対空砲座の最大射程 +20%|
 |~|&attachref(アップグレード/Guidance1.png,nolink,70%);|射撃システム改良1|主砲弾の最大散布界 -7%&br;魚雷発射管旋回速度 +20%&br;副砲最大射程 +5%&br;副砲弾の最大散布界 -5%|
 |BGCOLOR(#aaccaa):4|&attachref(アップグレード/DamageControl2.png,nolink,70%);|ダメージコントロールシステム改良2|浸水復旧時間 -15%&br;消火時間 -15%|
 |~|&attachref(アップグレード/SteeringGear2.png,nolink,70%);|操舵装置改良2|転舵所要時間 -20%|
 #endregion
 
 ・消耗品
 #region(搭載可能 消耗品)
 |CENTER:48|CENTER:48|CENTER:48|CENTER:48|CENTER:48|LEFT:440|c
 |~スロット|消耗品|使用&br;回数|準備&br;時間|有効&br;時間|効果|h
 |~R|[[&ref(tmp/応急工作班I.png);>消耗品#b9a2217d]]|∞|60|5|火災・浸水・損傷したモジュールの修復|
 |~|[[&ref(tmp/応急工作班II.png);>消耗品#b9a2217d]]|∞|40|~|~|
 |~T|[[&ref(tmp/発煙装置I.png);>消耗品#he28a71e]]|5|105|10|自艦艇を中心に半径 0.59(?((0.45*1.3))) [km] の煙幕を展開する&br;煙幕の持続時間:40 [秒]|
 |~|[[&ref(tmp/発煙装置II.png);>消耗品#he28a71e]]|6|70|~|~|
 |~Y|[[&ref(tmp/水中聴音I.png);>消耗品#b2ea69cc]]|2|180|180&br;(216)|魚雷、敵艦の強制捕捉範囲を向上させる&br;魚雷強制捕捉距離:3.00 [km]&br;敵艦強制捕捉距離:3.00 [km]|
 |~|[[&ref(tmp/水中聴音II.png);>消耗品#b2ea69cc]]|3|120|~|~|
 詳細は[[消耗品]]を参照
 #endregion
 **ゲーム内説明 [#Explain]
 イカルスは、イギリス海軍の「標準型」駆逐艦として最後の艦級 (I 級) の 1 隻です。本級では魚雷発射管が従来の 4 連装から 5 連装に変更されました。
 **解説 [#Manual]
 [[イギリス]]Tier6駆逐艦。
  
 -主砲
 120 mm/45 QF Mk IX (45口径 12cm単装砲 4基4門)
 主砲性能・砲弾ともに前級の[[Acasta]]から変わっていない。
 射撃管制装置が更新されて射程は気持ち分伸びた。
 前方に指向できる射界は第3砲塔が24°と前級に比べ改善された一方、第4砲塔は38°とやや悪化した。
 後方は第1,2砲塔ともに35°とこちらもやや悪化した。
  
 Tierが上がり性能を伸ばしている他国艦と比較すると相対的に性能は落ち、
 DPMに至っては砲戦が苦手とされる日駆の[[初春>Hatsuharu]]のA船体にも劣る。
  
 -魚雷
 --533 mm Mk V (533mm 4連装魚雷発射管 2基8門)
 本艦の初期魚雷。
 後期魚雷より再装填時間の短さで優れるが、[[Acasta]]と同じで隠蔽雷撃が出来ない。
 早めに後期魚雷へ更新しよう。
  
 --533 mm Mk VII (533mm 5連装魚雷発射管 2基10門)
 初期魚雷から門数が増加し、同格では[[Monaghan]]と並び10本と最多の射線数を持つ。
 最良隠蔽ならば1.0kmの隠蔽雷撃が行えるようになるのは嬉しいところ。
 また、浸水発生率が初期魚雷の196%から日駆並の262%に上昇するのも嬉しい。
  
 欠点としては、魚雷発射管の増加により再装填時間が長くなる点である。
 また、射界は前級に比べ改善されたが、それでも同格他艦に比べ艦首側の射角がやや狭い。
  
 -対空
 全くダメ。
 [[東雲>Shinonome]]や[[Gallant]]に勝る程度。短距離砲のみで航空発見距離より射程が短いので停止する必要はない。
  
 -抗堪性
 HPはこのTierでは低いほう。
  
 -機動性
 最大速力は上位との差は0.5ノットだが同格内では下から2番目と低い((本艦より遅い35.0kt艦自体は複数存在する))。
 転舵時間は同格日米ツリー艦には劣るが良好、旋回半径は[[Gallant]]と並び同格トップと小回りは効く。
  
 
 -隠蔽性
 [[Acasta]]と同じ最良隠蔽6.0km。
 [[初春>Hatsuharu]]に次ぎ、[[Gallant]]と並んで同格2位だが、上下Tierにはもっと優れた艦がいるので実際は良い方とは言えない。
  
 -消耗品
 本艦から発煙装置とは別枠で「[[水中聴音>消耗品#b2ea69cc]]」を搭載する事が出来るようになる。
 イギリス駆逐艦の水中聴音は、艦艇と魚雷の捕捉距離がどちらも3kmとなっている。
 ドイツの駆逐艦と巡洋艦が搭載している水中聴音の艦艇発見距離は本艦よりも一二回り広いため、
 煙幕内で一方的にspotされないよう注意する必要がある。
  
 動作時間は180秒と、ドイツの水中聴音よりも倍近く長いのは利点。
 アップグレードのスロット2に「水中聴音改良I」で効果時間を20%延長する事も一考。
  
 -総評
 後期魚雷に換装する事でようやく隠蔽魚雷による攻撃が可能となり、
 水中聴音も使えるため魚雷事故を恐れる事なく最前線で戦えるようになる。
 ただし、あくまでも艦長スキル「隠蔽処理専門家」を取得した上での話しであり、
 未取得の状態では苦戦を強いられるのは間違いない。
  
 幸い、本艦はTier6のためシナリオ戦に起用しやすい。
 出来れば、シナリオ戦で艦長育成やモジュール開発を行い、隠蔽スキル取得と最終船体に仕上げてからランダム戦やランク戦に臨もう。
 **史実 [#History]
  
 **小ネタ [#Digression]
  
 *編集用コメント [#EditorialComment]
 #region(''編集用のコメントはこちら'')
 #pcomment(./編集用,reply,5)
 #endregion
  
 *コメント欄 [#Comment]
 #pcomment(./コメント,reply,15)