Kamikaze の変更点

*神風型駆逐艦 [#q0aa1842]

#attachref(./kamikaze088.jpg,32%)
WoWsのデータ内に入れられている「Kamikaze」とその派生は、
-通常の「Kamikaze」
-イベント「Project R」にて特定ポイント(パール)を集めたプレーヤーに配布された「Kamikaze R」
-NA他、海外鯖で行われたハロウィンイベント中に期間限定で販売された「Fujin」(アジ鯖では一周年記念時に限定販売)

の3種類が確認できる。それぞれスキン(通常プレミアム販売版は緑を基調としたデザイン、Rは北斎の「神奈川沖浪裏」を彷彿とさせる水色の波デザイン、Fujinはハロウィンチックなオレンジ色のデザイン)が異なっているが、モデルや性能が同一の%%水増し%%駆逐艦であるため、本ページではこれら3種類をまとめて解説する。

なお「Project R」で配布されたハロウィン迷彩は「Fujin」の迷彩とは違うため、無印やRに付けたところで「Fujin」になれるわけではない。

#region(Kamikaze 無期限迷彩)
Kamikaze R
&attachref(./Kamikaze R.jpg,nolink);
こちらの方が「Fujin」の名に相応しい躍動的なデザイン。(Fujinではない。)
&br;
プレミアム販売版Kamikaze
&attachref(./kamikaze_premium.jpg,nolink,55%);
こちらは穏やかで落ち着いたデザイン。
&color(Silver){Rの牙が引っこ抜かれた様なデザインにも見えなくはないが、正解はFujinの牙が引っこ抜かれたデザイン。};
&br;
プレミアム販売版Fujin
&attachref(./fujin_premium.jpg,nolink);
ハロウィン向けの色彩。
&br;
クラッシュ・オブ・ジ・エレメンツ景品版Kamikaze R
&attachref(./kamikaze_elements.jpg,nolink,57%);
イベント「クラッシュ・オブ・ジ・エレメンツ」にて800コインで交換できた神風R。
フリー経験値50%、修理、補給費用-50%、取得経験値50%の効果が追加される。
「Project R」景品のKamikaze R(一番上)はちゃんと参加しておけば大抵のプレイヤーが入手できる難易度だったが、
こちらはサーバー上位数百名しか入手出来ない過去最高クラスの超高難易度であったため、WoWsの実力も掛けた時間も他の神風とは比べ物にならないほどぶっちぎりで中身が危険である。
#endregion

#region(他画像)
#attachref(./ka3kaze.jpg,30.7%)
#endregion

#contents
*性能諸元 [#Ability]
RIGHT:&color(DarkGray){テンプレート ver.0.5.8.0};
RIGHT:&color(DarkGray){編集時 ver.0.6.3.0};

・基本性能
|>|>|>|CENTER:SIZE(12):|c
|~Tier|5|~種別|&color(Red){プレミアム艦艇};|
|~艦種|[[駆逐艦]]|~派生元|-|
|~国家|[[日本]]|~派生先|-|
|>|>|CENTER:SIZE(12):|LEFT:SIZE(12):|c
|~生存性|>|継戦能力|11100|
|~|>|装甲|10mm-14mm&br;・艦首/艦尾 10mm&br;・砲郭 10mm-14mm&br;・装甲甲板 14mm|
|~|対水雷防御|ダメージ低減|-|
|~機動性|>|最大速力|37.5ノット[kt]|
|~|>|旋回半径|550m|
|~|>|転舵所要時間| 2.9秒|
&br;
|>|>|>|>|>|CENTER:SIZE(12):|c
|~隠蔽性|~ |~通常|~副砲|~主砲|~火災|~煙幕|
|~|海面発見距離|6.2km|-|-|8.2km|2.22 km|
|~|航空発見距離|2.5km|-|0.0km|5.5km|-|
&br;
|>|>|>|>|CENTER:SIZE(12):|c
|~射撃管制装置|~船体|~モジュール|~主砲射程|~最大散布界|
|~|-|mod.1|8.7km|80m|
&br;
|>|>|>|CENTER:SIZE(12):|SIZE(12):|>|CENTER:SIZE(12):|SIZE(12):|c
|~主砲|~船体|~口径|~基数×門数|~最大ダメージ(火災)|~装填|~180度旋回|~弾種|
|~|A-B|120mm/45|4基×1門|HE弾 2000(8%)&br;AP弾 2000|10.0秒|25.7秒|HE Type1&br;AP Type0|
&br;
|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:SIZE(12):|c
|~魚雷|~船体|~口径|~基数×門数(片舷)|~最大ダメージ|~装填|~射程|~雷速|~発見|
|~|-|533mm Type92|3基×2門(6門)|14400|47.0秒|7.0km|68kt|1.4km|
&br;
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:SIZE(12):|c
|~対空砲|~船体|~距離|~口径|~基数×門数|~爆発数|>|~秒間ダメージ|~命中精度|~有効ゾーン|
|~|~|~|~|~|~|~爆発半径内|~継続的|~|~|
|~|-| 短|7.7mm/80 Type92|2基×1門|>| -| 7|95.0%|0.1-1.5km|
&br;
・アップグレード
|CENTER:60|CENTER:60|CENTER:60|CENTER:60|CENTER:60|CENTER:60|c
|BGCOLOR(#eeaaaa):スロットA|BGCOLOR(#eeaaaa):スロットB|BGCOLOR(#eeaaaa):スロットC|BGCOLOR(#aaccaa):スロットD|BGCOLOR(#aaccaa):スロットE|BGCOLOR(#aaccaa):スロットF|h
|○|○||○|||
#region(搭載可能アップグレード)
搭載可能アップグレード
|BGCOLOR(#eeaaaa):A|&attachref(アップグレード/MainWeapon1.png,nolink,70%);|主砲兵装改良1|主砲および魚雷発射管の機能停止発生率 -20%&br;主砲および魚雷発射管の抗堪性 +50%&br;主砲および魚雷発射管の修理時間 -20%|
|~|&attachref(アップグレード/SecondaryWeapon1.png,nolink,70%);|副兵装改良1|副砲の抗堪性 +100%&br;対空砲座の抗堪性 +100%|
|~|&attachref(アップグレード/PowderMagazine1.png,nolink,70%);|弾薬庫改良1|自艦の弾薬庫誘爆率 -70%|
|BGCOLOR(#eeaaaa):B|&attachref(アップグレード/MainGun2.png,nolink,70%);|主砲改良2|主砲装填時間 &color(red){+5%};&br;主砲旋回速度 +15%|
|~|&attachref(アップグレード/Guidance1.png,nolink,70%);|射撃システム改良1|主砲弾の最大散布界 -7%&br;魚雷発射管旋回速度 +20%&br;副砲最大射程 +5%&br;副砲弾の最大散布界 -5%|
|~|&attachref(アップグレード/AirDefense2.png,nolink,70%);|対空砲改良2|対空砲座の最大射程 +20%|
|BGCOLOR(#aaccaa):D|&attachref(アップグレード/DamageControl1.png,nolink,70%);|ダメージコントロールシステム改良1|浸水発生率 -3%&br;対水雷防御ダメージ軽減率 -3%&br;火災発生率 -5%|
|~|&attachref(アップグレード/Engine1.png,nolink,70%);|推力改良1|主機損傷確率 -20%&br;主機修理時間 -20%|
|~|&attachref(アップグレード/SteeringGear1.png,nolink,70%);|操舵装置改良1|操舵装置損傷確率 -20%&br;操舵装置修理時間 -20%|
#endregion

・消耗品
#region(搭載可能消耗品)
|CENTER:48|CENTER:48|CENTER:48|CENTER:48|CENTER:48|LEFT:440|c
|~スロット|消耗品|使用&br;回数|準備&br;時間|有効&br;時間|効果|h
|~R|[[&ref(tmp/応急工作班I.png);>消耗品#b9a2217d]]|∞|60|5|火災・浸水・損傷したモジュールの修復|
|~|[[&ref(tmp/応急工作班II.png);>消耗品#b9a2217d]]|∞|40|~|~|
|~T|[[&ref(tmp/発煙装置I.png);>消耗品#he28a71e]]|2|240|20|自艦艇を中心に半径 0.45 [km] の煙幕を展開する&br;煙幕の持続時間:77 [秒]|
|~|[[&ref(tmp/発煙装置II.png);>消耗品#he28a71e]]|3|180|~|~|
|~Y|[[&ref(tmp/エンジンブーストI.png);>消耗品#ia76b51d]]|2|180|120|艦艇の最大速度を向上させる&br;最大速度の上昇率:8 [%]|
|~|[[&ref(tmp/エンジンブーストII.png);>消耗品#ia76b51d]]|3|120|~|~|
#endregion
**ゲーム内説明 [#g980dec6]
神風型駆逐艦(2代)は、典型的な日本の駆逐艦であり、一次大戦中の戦訓を反映して建造されました。極めて高い速力と強力な雷装を備えていましたが、対空兵装は貧弱でした。

**解説 [#ubd90341]
''[[運良く本艦を入手したが駆逐艦の経験が薄い人はこちらの記事の一読をオススメ>プレミアム艦#ub90aa72]]''

日本のTier5プレミアム駆逐艦。神風型は同Tierの[[峯風型>Minekaze]]と[[睦月型>Mutsuki]]の間の艦型の1隻である。
日本のTier5プレミアム駆逐艦。神風型は同Tierの[[峯風型>Minekaze]]と[[睦月型>Mutsuki]]の間に建造された艦級のネームシップである。
かつてはプレミアムショップで販売されていたが現在は販売停止しており((再販する可能性は無いとアナウンスされている))、イベントの報酬や特定のコンテナ箱から超低確率で入手するのみに留まる。
 

-''主砲''
本艦が搭載している主砲は同格の[[峯風>Minekaze]]の後期主砲と同一である。しかし、後者はver.0.5.15で弱体化されたが、本艦はその調整を受ける事なく威力が2000のままになっている((これは神風が課金で購入する船であるため、簡単に弱体化が出来ないからと思われる。金銭が絡む課金艦を下手に弱体化させてしまうと詐欺や返金訴訟に発展する恐れがあるため手が出せないためである))。そのため、敵として本艦と出会った艦長は[[睦月>Mutsuki]]や[[峯風>Minekaze]]よりも砲の威力が高く、また砲塔旋回時間も早いため砲雷撃戦に強い事に注意しておこう。
--砲の威力
本艦の主砲は同格の[[峯風>Minekaze]]の後期主砲と同じだが、後者の砲はver.0.5.15で弱体化されており性能が異なる。本艦は諸事情により砲の調整を受ける事なく威力が2000のままになっている((これは神風が課金艦のため簡単に弱体化が出来ないからだと思われる。金銭が絡む課金艦を下手に弱体化させてしまうと返金訴訟に発展する恐れがあるためである。100kmで走れると買った車が50kmしか出せなかったら詐欺である…つまりそういう事である。))。そのため、敵として本艦と出会った艦長は[[睦月>Mutsuki]]や[[峯風>Minekaze]]よりも砲の威力が高く、また砲塔旋回時間も早いため砲雷撃戦に強い事に注意しておこう。
とは言え、砲が強いと言っても同格の日駆と比較した場合の話しであり他国の駆逐艦のDPMと比較した場合は非常に悪い方である。イギリスの[[Acasta]]やアメリカの[[Nicholas]]などと比較するとDPMは半分以下である。また、最大戦速で旋回すると砲が追いつかないため、UGや艦長スキルで補強しなければ機動戦は難しい。弾の弾速も遅いため、弾道は中Tierの米駆砲並に山なりに飛んでしまう。単純な撃ち合いでは決して勝てないため、あくまでも魚雷装填待ちの間のサブウェポンとして運用しよう。
 
-''魚雷''
本艦の主兵装。[[峯風>Minekaze]]と同じ射程7kmだが、雷速が&color(Red){68kt};という驚異的な性能を誇る。魚雷発見から命中まで約7.9秒(同格より約2秒早い)と早く、マッチングする艦が第一次世界大戦前後に建造された機動性の悪い艦ばかりである事を考えると驚異である。威力も[[峯風>Minekaze]]に勝る。装填時間もデフォルトで47秒と短く、艦長スキルの魚雷専門家やアドレナリンラッシュで更なる短縮も可能。この当て易く強力な魚雷は神風最大の武器であり、習熟すれば1試合で10本以上の命中も珍しくない程である。
細かい事だが第1魚雷発射管のみ、第2と第3よりも離れた船首側に設置されている。その関係で第1魚雷発射管は後方への射角が若干悪く、精密射撃をする際は少々船を傾ける必要が生じる。
 

-''機動性''
速力は37.5ktと[[峯風>Minekaze]]には劣る。転舵所要時間も2.9秒とやや重い。転舵性は米駆に近いので魚雷の間をすり抜ける時などは要注意。
 

-''隠蔽性''
海面発見距離は6.0kmで、艦長スキルの「隠蔽処理専門家」を取得する事で最良隠蔽は5.4kmになる。マッチングする艦の中では最高クラスの隠蔽性能であり、上記の魚雷性能の高さを考えると大型艦にとっては非常に脅威と言える。苦手な砲駆相手でも発見される事なく魚雷で倒す事も可能。
 

-''対空''
対空は無いに等しく、敵機撃墜は無理だと考えた方が良い。敵機に張り付かれてしまった場合は、煙幕で誤魔化すか味方巡洋艦の近くまで戻るしかない。
 

-''抗堪性''
HPは素で11,100しかない。この数値は水雷艇の[[T-22]]にすら劣る数値であり敵艦の魚雷を被雷すれば轟沈は免れない。艦長スキル「抗堪専門家」を付けても12,850に留まるが、それでも魚雷事故による即死の危険性は免れないので操艦や航路には十分注意しよう。
 

-''総評''
全駆逐艦の中でもトップクラスの強艦の1隻。これを所持する艦長は長らくwowsをプレイしている歴戦の艦長の場合が多く、クレ稼ぎやミッションの消化などで乗り来てる場合がある。ただでさえマッチングの中で頭1つ抜けている性能に加え、熟練の艦長が乗るが故に一方的な試合展開に発展しやすく初心者狩りと批判を受けやすい艦でもある。
ただし、本艦は絶対無敵の艦と言うわけではない。隠蔽雷撃が可能と言っても1.6kmしか余裕がなく思いの外前に出る必要がある。また魚雷が2本づつしか撃てないため面制圧力に欠けておりかわされやすく、3基全門を射撃するには船体を大きく横に傾けねばならない。更に加えると一度見つかれば貧弱な砲とHPの少なさで鎮められやすいと欠点も多く抱えている。
敵として出会った場合は臆する事なく対峙しすれば十分対処可能であり、本艦を扱う場合はそれを熟慮の上で慎重且つ大胆な行動が出来る駆逐艦艦長としての腕が問われる艦でもある。
**史実 [#wad8c633]
神風型駆逐艦は峯風型駆逐艦の改良型として開発された。艤装も峯風と一致する部分が多い。ただし峯風型は後期建造タイプ、所謂「野風型」の艤装配置変更で重心バランスが悪化しており、この神風型は改善のため船体を大型化、50tほど排水量が増加していてそれに伴い速力も39ktから37.3ktへと低下してしまっている。&br;
当初八八艦隊計画の主力駆逐艦として27隻の建造が予定されていたが、ワシントン条約締結の影響で9隻の建造に留まった。
日本初の独自設計で建造された峯風型及びその発展型である睦月型の中間に存在する神風型は少数建造で打ち切られたこともあって、知名度は峯風・睦月型に比べると低い。ただ日本艦艇の戦没第一号となった「疾風」は%%ある意味%%有名。
大戦中はそれぞれ駆逐隊に編成され船団護衛などに従事。米潜水艦と壮絶な一騎打ちをおこない、またWW2最後の戦闘艦同士の水上戦闘となったペナン沖海戦を戦って行動可能状態で生き延びた1番艦「神風」、船体の一部を損失する甚大な被害を受けながらも生き残った3番艦「春風」のみ残存。
「神風」は終戦時においても無傷であり、シンガポールで行動可能な唯一の艦艇であった。
戦後復員輸送に従事し、終戦の翌年である昭和21年6月に座礁した僚艦「国後」を救援中に自らも座礁、ついに放棄された。
「春風」は、地味ながら重要な護衛任務を長くこなした武勲を買われ、戦後初の国産護衛艦の1番艦「はるかぜ」にその名が受け継がれている。なお、2番艦はあの「ゆきかぜ」である。
&br;
余談
峯風型と野風型ほどの違いではないが、神風型も前期建造タイプと6番艦「追風」以降の後期建造タイプで分かれている。6番艦以降ライセンス生産のパーソンズ式タービンから艦本式タービンへ改めるのと同時に缶室を開放式にし居住性を向上させているのが大きな違いである。また機銃(3年式から留式へ)や予備魚雷本数(2本増加)にも違いがある。
尚、モデリングから推測するにWoWs神風は後期建造タイプ、恐らくは「夕凪」と思われる。プレミアム艦として峯風や睦月と差別化させたかったのか、主砲はオープントップ式の角防循だが実際は2隻のものと同じ、丸みを帯びた楯を付けていた。
**小ネタ [#ga26a6e8]
 
#region(販売停止について)
ゲーム内では「プロジェクトR」などの大型キャンペーンで配布されたこともある本艦であるが、
ver.0.5.15の日本駆逐艦ツリー改定やバランス調整を受けてあまりにも強力すぎると判断されたのか、
バージョン0.5.16以降は各サーバーで今後の再販は行われないと公言されつつある。
 
アジアサーバにおいても''&color(Red){2017年01月20日(金)をもって今後の販売は終了し、今後は景品用とされる。};''
Ticket #974647回答・「ゲームバランスもあるがKamikazeRはデザイナーとの契約上販売期間契約が切れている。
NAにて一般販売されていたのは平等性を重んじてのこと。
Fujin・Kamikazeの迷彩もデザイナー(Rと同一かは明言無し)によるもの。
FujinのデザインはPT-203ボートなどの"shark mouth" pattern をイメージしている。
参考:ASIAフォーラム記事-[[プレミアム艦艇 Kamikaze 及び Fujin につきまして>http://forum.worldofwarships.asia/index.php?/topic/21669-%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%9f%e3%82%a2%e3%83%a0%e8%89%a6%e8%89%87-kamikaze-%e5%8f%8a%e3%81%b3-fujin-%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%a6/]]
参考:RNフォーラム記事-[[神風とFujinの販売終了>http://forum.worldofwarships.ru/index.php?/topic/74946-%d0%bf%d1%80%d0%b5%d0%ba%d1%80%d0%b0%d1%89%d0%b5%d0%bd%d0%b8%d0%b5-%d0%bf%d1%80%d0%be%d0%b4%d0%b0%d0%b6-%d1%8d%d0%bc-%d0%ba%d0%b0%d0%bc%d0%b8%d0%ba%d0%b0%d0%b4%d0%b7%d0%b5-%d0%b8-%d1%84%d1%83%d0%b4%d0%b6%d0%b8%d0%bd/]]
#endregion
 
#region(主砲12cm砲のモデリング修正)
神風型が搭載していた12cm砲は「45口径3年式12cm砲」であり、平射砲である。が、ver0.5.3.2で修正されるまで「45口径10年式12cm単装高角砲」と同じモデリングの砲架を使用していた。
&attachref(./12cm10th.jpg,nolink);
↑[[青葉>Aoba]]が搭載する「10年式12cm単装高角砲」以前のモデリングはこれに↓の防循を付けただけのものだった。この砲は↓の3年式を高角砲化させただけだが、旋回速度の向上や尾栓装置の(スライド式に)変更がなされている異なった砲。
&attachref(./12cm3rd.jpg,nolink);
↑ver0.5.3.2で修正された「3年式12cm砲」尾栓は隔螺式。3年式20cmや3年式15.5cm・・・「3年式」とは共通して隔螺式を採用してることにある。んだけどテストに出るわけじゃないのでノートに書かなくていいです。
ちなみに峯風や[[睦月>Mutsuki]]の主砲も一緒に修正されている。
#endregion
*編集用コメント [#f123a70a]
#region(''編集用のコメントはこちら'')
#pcomment(./編集用,reply,15)
#endregion

*コメント欄 [#hd56c960]
#pcomment(./コメント2,reply,15)
*過去ログ [#h17a7308]
#region(''ログ一覧'')
|240|c
|''ログ一覧''|
#ls2
#endregion