121 の変更点

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 121 へ行く。
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|ページ内リンク|[[''画像''>#y7dad03b]]|[[''スペック''>#y4d4c393]]|[[''解説''>#ofe2beed]]|[[''史実'' >#ifa1e556]]|[[''情報提供''>#s28ffe8c]]|h

*Tier 10 [[中国]] [[中戦車]] [#y7dad03b]
&attachref(./121HD_0-min.PNG,70%);
↑ 121 + 122 mm 60-122TG
見た感じは[[WZ-120]]と同じ車両のように見えるが、やや大型化している。サイズ的にはだいたい[[ST-I]]と同じぐらい。
#region(v0.9.15まで)
&attachref(./121.jpg,90%);
#endregion

*スペック(v1.10.1) [#y4d4c393]
''車体''
|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|c
|~耐久値|2,050|
|~車体装甲厚(mm)|135/80/60|
|~最高速度(前/後)(km/h)|56/20|
|~初期重量(t)|39|
|~実用出力重量比(hp/t)|16.67|
|~本体価格(Cr)|6,100,000|
|~修理費(Cr)|約27,000|
|~超信地旋回|不可|
#br
''武装''
|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
|名称|発射速度(rpm)|弾種|平均貫通力(mm)|平均攻撃力|AP弾DPM|精度(m)|照準時間(s)|弾速(m/s)|総弾数|弾薬費(Cr)|重量(kg)|俯仰角|h
|~122 mm 60-122TG|6.25|AP&br;HEAT&br;HE|262&br;340&br;68|440&br;440&br;530|2,750|0.35|2.7|1,115&br;907&br;907|40|1,065&br;4,800&br;630|2,800|-5°/+15°|
#br
''砲塔''
|CENTER:SIZE(11):45|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
|名称|装甲厚(mm)|旋回速度(°/s)|視界範囲(m)|重量(kg)|h
|~121|240/130/60|40|400|10,000|
#br
''エンジン''
|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
|名称|馬力(hp)|引火確率(%)|重量(kg)|h
|~12150L7|650|12|935|
#br
''履帯''
|CENTER:SIZE(11):45|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
|名称|積載量(t)|旋回速度(°/s)|重量(kg)|h
|~121|42|50|7,700|
#br
''無線機''
|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
|名称|通信範囲(m)|重量(kg)|h
|~A-220B|750|40|
#br
''乗員''
|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
|~1|Commander|~2|Gunner|~3|Driver|~4|Loader(Radio Operator)|
#br
''拡張パーツ''
|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|c
|~&ref(拡張パーツ/Ventilation.png,nolink,改良型換気装置);|Class2|~&ref(拡張パーツ/Rammer.png,nolink,装填棒);|Class1|~&ref(拡張パーツ/Stabilizer.png,nolink,砲垂直安定装置);|Class1|~&ref(拡張パーツ/improved_rotation_mechanism.png,nolink,43x43,改良型旋回機構);|Class1|~&ref(拡張パーツ/improved_aiming.png,nolink,43x43,改良型照準器);|Class1|~&ref(拡張パーツ/Grousers.png,nolink,追加グローサー);|Class1|
|~&ref(拡張パーツ/improved_radio_set.png,nolink,43x43,改良型無線機);|SIZE(18):○|~&ref(拡張パーツ/comanders_vision_system.png,nolink,43x43,車長用視覚システム);|SIZE(18):○|~&ref(拡張パーツ/improvedConfiguration.png,nolink,改良型モジュール構造);|Class1|~&ref(拡張パーツ/Improved_hardening.png,nolink,43x43,改良型装甲材);|Class2|~&ref(拡張パーツ/Spallliner.png,nolink,内張り装甲);|>|>|Medium|
#br
''隠蔽性''
|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
|~ |~非発砲|~発砲時|
|SIZE(11):|SIZE(11):RIGHT:|SIZE(11):RIGHT:|c
|~静止時|14.99%|2.7%|
|~移動時|11.29%|2.03%|
#br
''派生車両''
|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|c
|~派生元|''[[WZ-120]]''(MT/180,000)|
|~派生先|なし|
#br
''開発ツリー''
#region(クリックで表示)
|CENTER:SIZE(11):||c
|BGCOLOR(#FFDDDD):122 mm 60-122TG&br;(初期/185,140)||
||~|
|BGCOLOR(#EEDDFF):121&br;(初期/66,000)|~|
||~|
|BGCOLOR(#DDEEFF):A-220B&br;(初期/54,000)|~|
||~|
|BGCOLOR(#FFDDBB):12150L7&br;(初期/25,000)|~|
||~|
|BGCOLOR(#DDF8DD):121&br;(初期/82,500)|~|
#endregion
#br
''車両に関する変更履歴''
#region(クリックで表示)
|SIZE(11):|SIZE(11):|c
|BGCOLOR(#DDEEFF):v0.8.3|新規実装|
|BGCOLOR(#DDEEFF):v0.9.13|硬い地面の走破性:+12%&br;普通の地面の走破性:+11%&br;柔らかい地面の走破性:+11%&br;砲塔旋回中の散布界を変更: -14%&br;砲俯角を変更:3°から3.5°|
|BGCOLOR(#DDEEFF):v0.9.15.1|HDモデル化|
|BGCOLOR(#DDEEFF):v0.9.19.1|主砲俯角を3.5°から5°に変更|
|BGCOLOR(#DDEEFF):v1.10.1|車体正面装甲(上部)を120mmから135mmに変更&br;弾速(m/s)を1,000/1,000/1,000から1,115/907/907に変更&br;AP弾の貫通力を258mmから262 mmに変更&br;エンジン出力を580馬力から650馬力に増加&br;車輌耐久値を1,950HPから2,050HPに変更|
#endregion

*解説 [#ofe2beed]
-''概要''
v0.8.3で追加されたTier10[[中国]][[中戦車]]。
#br

-''火力''
俯角は-5°と相変わらず劣悪である。低車高の[[Object 140]]などとインファイトになった場合、相手の車体を狙いづらいので不利になる事もある。
--''122 mm 60-122TG''
[[WZ-120]]の最終砲を順当に強化した性能。
単発火力は440から向上していないがTier10中戦車トップタイであり、発射速度が大きく向上している。
通常弾のAPは貫通力262mm、課金弾のHEATは貫通力340mmとかなり優秀。
単発火力はWZ-120から向上していないがTier10中戦車トップタイであり、発射速度が大きく向上している。
貫通力は通常弾のAPで262mm、課金弾のHEATで貫通力340mmとかなり優秀。
一方、精度・照準拡散はまずまずの性能だが、他のTier10中戦車と比べて照準時間が遅いという欠点がある。弾速に関してはv1.10.1にて通常弾はやや改善されたが、HEAT及びHEは若干下方修正を受けた。
#br

-''装甲''
正面装甲は135mmの傾斜60度で260mm相当、対APで220mm前後と、中戦車としてはそこそこの装甲を持つ。
砲塔は正面240mmでさらに避弾経始に優れた形をしているため、垂直部を狙われにくい中距離以遠であれば防御力を発揮できる。キューポラも大部分が傾斜込みで250mm以上あるので弾きやすい。
車体正面上部は135mmの傾斜60度で260mm相当、対APで220mm前後と、中戦車としてはそこそこの装甲を持つ。
一方下部は傾斜込みでも140mm程度しかなく、HESHにも抜かれかねない弱点である。
砲塔正面240mmでさらに避弾経始に優れた形をしているため、垂直部を狙われにくい中距離以遠であれば防御力を発揮できる。キューポラも大部分が傾斜込みで250mm以上あるので弾きやすい。
モジュール配置は[[WZ-120]]と似たようなものであるため燃料タンクや弾薬庫がやや脆く、スキルの弾薬庫保護などは必須と言える。
耐久値は[[E 50 Ausf. M]]と同じ2,050で高め。
#br

-''機動性''
調整が入り加速は改善され、出力重量比は僅かに[[Object 140>Object 140]]よりも勝る程度にまで上昇。
最高速度や旋回性も十分。
#br

-''総論(v1.10.0以前)''
車体が地味に大型化しているため他のMT(それこそ前身の[[WZ-120]]ですら)が使えた地形を利用して戦うのは難しく、かと言ってHTのように使用するには装甲が頼りないので実際非常に扱い辛い。
一見不具合を抱え中途半端に見える戦車だが、一度自分の戦闘スタイルを確立すれば石頭と高火力を運ぶ機動力が合わさり他Tier10MTを凌駕するポテンシャルを実感と共に引き出せる、独特の面白さを持つ戦車である。
*史実 [#ifa1e556]
#region(詳細)
[[59式戦車>WZ-120]]([[Type 59]])に基づく新型中戦車の開発が、1962年に開始されました。
火力および装甲防御の強化を目指していたこの計画は間もなく中止されたものの、本車の開発で得られた技術革新の一部が、その後の69式戦車(Type 69)の開発に活かされました。
この121戦車の試作車輛は、その全てが中国の核兵器実験により破壊されました。
(ゲーム内説明文)
#br
&attachref(./c856d7ec0d2a1c4a.jpg,50%);
生産番号WZ-121とは69式戦車のことである。
ただしWZ-121計画は文化大革命により開発ストップするブランクがあったり、[[T-62>T-62A]]出現による性能の見直しがあったりなど長期に渡る開発のため、ゲーム中の車輌は69式戦車の名前が与えられる前の試作車輛の1つだと思われる。
両車を見比べると、砲塔の形状は主砲以外ほぼ同じだが、車体上部が全域にわたって砲塔サイズに合わせて広くなっている(69式戦車は砲塔の部分だけリング径に合わせて膨らんだような形状)
試作型の時点で100mm滑空砲や100mmライフル砲を搭載されていたと言われており、122mm砲搭載のWZ-121が企図されていたかは定かではない。
#br
WZ-121は59式戦車の生産が軌道に乗り始めた頃に次期主力戦車として開発がスタートされた。新戦車には貫通力の高い100mm滑空砲が採用され、砲安定装置や射撃統制システムによる高い命中精度を実現することが指示された。
1966年には最初の試作車輛が制作されたが、同時期に発生した文化大革命による混乱によって開発は遅延した。
1968年には開発作業が再開され、2台目の試作車「68G試作車」が制作された。
#br
1969年の中ソ武力衝突の折にT-62中戦車の鹵獲に成功。これを分析し、暗視装置やエンジン強制始動装置、115mm滑空砲を参考にした国産砲など新技術を取り入れることになる。
中ソ国境紛争では、従来の中国軍の対戦車火器の多くがT-62の装甲を貫通することができず中国軍は苦戦を強いられており、T-62に対抗しうる新型戦車の開発は最優先で推進されることになった。
1970年2月にはT-62の分析によって得られた技術を反映した試作車3両が完成し、性能基準を満たすものであったために量産が指示されたが各種コンポーネントの技術的成熟には時間を要することが判明したため、生産命令は撤回された。
その後、信頼性を確保できない部分に関しては既存の技術で制作されたものに代替すること、および設計の簡易化や見直しを行い、速やかに国産主力戦車を実用化することが指示され、1974年3月2日にWZ-121は「1969年式中型坦克」として制式採用されることになった。
#br
[[参考>http://seesaawiki.jp/w/namacha2/d/69%bc%b0%c0%ef%bc%d6%a1%caWZ-121%a1%cb]]
#endregion
*情報提供 [#s28ffe8c]
''&color(Red){愚痴や日記など生産性のない話題};は[[外部総合掲示板>雑談用]]をご利用ください。''
''&color(Red){マスター(M)バッジ報告};''は[[''専用スレ''>雑談用#f3d606e4]]ができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、&color(Red){アーカイブ};、&color(Red){スペック};、&color(Red){解説};に表記されています。

↓&color(Red){アーカイブ};に''重複内容''が無いか確認し、''考えて''から書き込みをしましょう。
[[アーカイブ1>./コメント]]

コメントの際、当該wikiの''&color(Red){モラル};''を尊重した行動をお願いします。
#br
#region(上記を理解した上でコメントを書き込みます)
#pcomment(./コメント,reply,10)
#endregion

//※実装または車両性能変更アップデートから3か月以上経過した車両であるため、管理人の提案に基づき新規コメント欄を非表示にします。本車両について語りたい方は[[外部掲示板>雑談用]]を利用してください。