Bat.-Chatillon 25 t の変更点


TITLE:Bat.-Châtillon 25 t
//&color(Red){※サーカムフレックスが使用できない為"Bat.-Chatillon 25 t"になっていますが、正しくは"Bat.-Châtillon 25 t"です。};
|CENTER:SIZE(13):|CENTER:SIZE(13):|CENTER:SIZE(13):|CENTER:SIZE(13):|CENTER:SIZE(13):|CENTER:SIZE(13):|CENTER:SIZE(13):|c
|ページ内リンク|[[''画像''>#ye44e3eb]]|[[''スペック''>#xe47bacf]]|[[''解説''>#n7afa99e]]|[[''史実'' >#o9398410]]|[[''コメント''>#ib4d84a8]]|h

*Tier 10 [[フランス]] [[中戦車]] / 略称: B-C 25 t / 日本語表記: バティニョール・シャティヨン 25 t  [#ye44e3eb]

&attachref(./B-C_25_t_0-min.PNG,80%);
↑ Batignolles-Châtillon 25 t + 90 mm F3
初期状態。B-C 25 tの史実装備。
HD化によって各所に荷物が追加され、徽章の位置も変更された。
&attachref(./B-C_25_t_1-min.PNG,80%);
↑ Batignolles-Châtillon 25 t + 100 mm SA47
#br
&attachref(./B-C_25_t_3-min-min.PNG,80%);
↑ Batignolles-Châtillon 25 t + 105 mm mle. 57 (D. 1504)
最終状態。
HD化によって車体に対して砲塔が大きくなったことで、一部で好みが分かれているようだ。

//HD化に伴って砲身が小さくなり、違和感を覚える姿に変わってしまった。
//その口径は明らかに90 mm F3と同程度しかない。史実に近いフォルムを追求したのだろうか。
//
//0.9.20CT #3にて主砲のモデルが変更され、SDモデルのものと同程度の大きさに修正された。
#br

#region(特別3Dスタイル「Merengo」)
&attachref(./bat_chatillon25t_nyst_6_eng.jpg,100%);
ホリデー作戦2019の大きなボックスから入手できたレア報酬。
胸当て、兜、剣のモチーフをあしらった騎兵スタイル。
#endregion
#region(v0.9.19.1以前)
&attachref(./B-C 25 t_0-min.PNG,85%);
↑90 mm F3
#br
&attachref(./B-C 25 t_1-min.PNG,85%);
↑100 mm SA47
#br
&attachref(./B-C 25 t_2-min.PNG,85%);
↑105 mm mle. 57 (D. 1504)
#endregion
*スペック(v0.9.20) [#xe47bacf]
''車体''
|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|c
|~耐久値|1,800|
|~車体装甲厚(mm)|60/40/30|
|~最高速度(前/後)(km/h)|65/23|
|~重量(初期/最終)(t)|24.48/25.28|
|~実用出力重量比(hp/t)|28.48|
|~本体価格(Cr)|6,100,000|
|~修理費(Cr)|約29,000|
|~超信地旋回|可|
#br
''武装''
|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):58|c
|名称|連射間隔(s)|弾倉交換時間(s)|弾種|平均貫通力(mm)|平均攻撃力|弾倉合計攻撃力|精度(m)|照準時間(s)|弾倉/総弾数|弾薬費(Cr)|重量(kg)|俯仰角|h
|~90 mm F3|2.22|24|AP&br;APCR&br;HE|170&br;248&br;45|240&br;240&br;320|1,440|0.38|2.3|6/36|255&br;4,800&br;255|2,200|-6°/+11°|
|~100 mm SA47|2.73|36|AP&br;APCR&br;HE|232&br;263&br;50|300&br;300&br;400|1,800|0.36|2.5|6/42|1,030&br;4,000&br;650|3,000|~|
|~105 mm mle. 57 (D. 1504)|2.73|40|APCR&br;HEAT&br;HE|259&br;330&br;53|390&br;390&br;480|1,950|0.38|2.7|5/30|1,200&br;4,800&br;680|3,000|~|

#br
''砲塔''
|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
|名称|装甲厚(mm)|旋回速度(°/s)|視界範囲(m)|重量(kg)|h
|~Batignolles-Châtillon 25 t|50/30/15|38|400|5,700|

#br
''エンジン''
|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
|名称|馬力(hp)|引火確率(%)|重量(kg)|h
|BGCOLOR(#CCCCCC):~Hispano-Suiza HS110|720|10|1,426|

#br
''履帯''
|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
|名称|積載量(t)|旋回速度(°/s)|重量(kg)|h
|~Batignolles-Châtillon 25 t|28|42|4,100|

#br
''無線機''
|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
|名称|通信範囲(m)|重量(kg)|h
|~SCR 528F|750|80|

#br
''乗員''
|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
|~1|Commander(Radio Operator/Loader)|~2|Gunner(Loader)|~3|Driver|
#br
''拡張パーツ''
|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|CENTER:|CENTER:SIZE(18):|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|c
|~&ref(拡張パーツ/Stabilizer.png,nolink,Vertical Stabilizer);|Mk1|~&ref(拡張パーツ/Ventilation.png,nolink,Improved Ventilation);|Class2|~&ref(拡張パーツ/Cyclone.png,nolink,"Cyclone" Filter);|×|~&ref(拡張パーツ/CO2.png,nolink,Fill Tanks with CO2);|SIZE(14):○|~&ref(拡張パーツ/Rammer.png,nolink,Rammer);|SIZE(18):×|
|~&ref(拡張パーツ/Spallliner.png,nolink,Spall Liner);|Medium|~&ref(拡張パーツ/Wetammo.png,nolink,"Wet" Ammo Rack);|Class1|~&ref(拡張パーツ/Grousers.png,nolink,Additional Grousers);|×|~&ref(拡張パーツ/Suspension.png,nolink,Enhanced Suspension);|>|>|Torsion Bars 3 t Class|
#br
''隠蔽性''
|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
|~ |~非発砲|~発砲時|
|SIZE(11):|SIZE(11):RIGHT:|SIZE(11):RIGHT:|c
|~静止時|16.87%|3.34%|
|~移動時|12.65%|2.51%|
#br
''派生車両''
|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|c
|~派生元|''[[Bat.-Châtillon 25 t AP>Bat.-Chatillon 25 t AP]]''(MT/200,000)|
|~派生先|なし|
#br
''開発ツリー''
#region(クリックで表示)
|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(13):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(13):|CENTER:SIZE(11):|c
|BGCOLOR(#FFDDDD):90 mm F3&br;(初期/87,000)|━|BGCOLOR(#FFDDDD):100 mm SA 47&br;(34,500/127,550)|━|BGCOLOR(#FFDDDD):105 mm mle. 57 (D. 1504)&br;(45,000/325,000)|
|>|>|>|>||
|BGCOLOR(#EEDDFF):Batignolles-Châtillon 25 t&br;(初期/37,000)|>|>|>||
|>|>|>|>||
|BGCOLOR(#DDEEFF):SCR 528F&br;(初期/54,000)|>|>|>||
|>|>|>|>||
|BGCOLOR(#FFDDBB):Hispano-Suiza HS 110&br;(初期/94,250)|>|>|>||
|>|>|>|>||
|BGCOLOR(#DDF8DD):Batignolles-Châtillon 25 t&br;(初期/68,200)|>|>|>||
#endregion
#br
''車両に関する変更履歴''
#region(クリックで表示)
|SIZE(11):|SIZE(11):|c
|BGCOLOR(#DDEEFF):v0.7.1|Tier9中戦車として実装|
|BGCOLOR(#DDEEFF):v0.7.2|車両の耐久性を100ポイント減少&br;初期サスペンションの移動・旋回時の精度悪化を5%増加改良サスペンションの移動・旋回時の精度悪化を20%増加&br;砲塔の旋回速度を0.5度/秒減少&br;視界範囲を2.5m減少&br;俯角を9から6度に減少&br;90mm F3 のリロード時間を2.6秒増加&br;90mm F3 の自動装填の発射速度を10%減少&br;90mm F3 の照準時間を0.14秒増加&br;90mm cannon DCA 45 のリロード時間を2.6秒増加&br;90mm cannon DCA 45 の自動装填の発射速度を10%減少&br;90mm cannon DCA 45 の照準時間を0.14秒増加&br;100mm SA 47 のリロード時間を3.4秒増加&br;100mm SA 47 の自動装填の発射速度を10%減少&br;100mm SA 47 の照準時間を0.14秒増加|
|BGCOLOR(#DDEEFF):v0.7.5|Tier9→Tier10へ格上げ&br;耐久力+300&br;初期履帯、無線機SCR 508、エンジンSOFAM12GSds、主砲90mm DCA45を削除&br;超信地旋回が可能に&br;移動、車体旋回による精度低下-11%&br;Hispano-Suiza HS110の引火確率-2%&br;主砲105 mm CN105 57を追加&br;90mm F3の照準時間-0.3秒、弾倉交換時間-6秒、砲塔旋回による精度低下+11%&br;100mm SA47の照準時間-0.3秒、弾倉交換時間-4秒、砲塔旋回による精度低下+11%、APCR弾の貫通力-45mm|
|BGCOLOR(#DDEEFF):v0.9.20|HDモデル化&br;100 mm SA47の総弾数を30発から42発に変更|
#endregion
*解説 [#n7afa99e]

-''概要''
v0.7.1で追加されたTier10[[フランス]][[中戦車]]。
1950年代中期、バティニョール・シャティオン社が[[AMX-13>AMX 13 75]]をベースに開発したを25トン級試作戦車である。
掲示板などでは「''バッチャ''」と呼ばれることが多い((名前にB-Cと付く車両は他にもあるが、単に『バッチャ』と言えば本車両を指す))。
#br

-''火力''
俯仰角は-6°/+11°と十分とは言えず、特に仰角の狭さから撃ち上げがしづらい。
--''90 mm F3''
Bat.-Châtillon 25 tの史実砲。
1セット6発の自動装填砲だが、火力・貫通力が低く、このTier帯では全く役に立たない。
#br
--''100 mm SA47''
1セット6発の100mm自動装填砲。
弾倉交換時間が前身から僅かに短縮されており、火力・照準時間・精度のバランスが良いが、最終砲と比べると独自の強みは見出しにくい。
[[Bat.-Châtillon 25 t AP>Bat.-Chatillon 25 t AP]]で必ず開発しているので、フリー経験値で飛ばさない場合はとりあえずこの砲に換装しよう。
#br
--''105 mm mle. 57 (D. 1504)''
1セット5発の105mm自動装填砲。
100 mm SA47から単発火力・弾倉火力・貫通力が強化がされている。
単発火力の向上により、全弾を撃ちきれない状況でもダメージを稼ぎやすいのが特徴だ。
また、通常弾のAPCRと課金弾のHEATの弾倉合計火力は1,950もあり、全弾貫通かつダメージの下振れ無しなら、ほぼ全ての格下を1セットで葬る事が可能だ。
それどころか重戦車以外のTier10戦車の大半を撃破可能であり、もちろんB-C 25 t自身も例外ではない。
装填が完了した本車同士の撃ち合いでは、先手を打てるかどうかが勝負の決め手となる。
欠点はTier10中戦車の通常砲に比べて、精度・照準時間・照準拡散が悪い事、また今までと変わらないとはいえ長めの連射間隔(フルHPの同格中戦車に対しては弾倉を撃ちきるまでに2~3発貰うことになる)である。
行進間射撃を命中させるのは至難の技であり、静止してしっかりと狙い撃つか、かなり接近して射撃する必要がある。
また、総弾数がかなり少なく、終盤戦で弾切れになってしまうことも少なくない。弾種配分を考えなくてはならないだろう。
#br

-''装甲''
[[Bat.-Châtillon 25 t AP>Bat.-Chatillon 25 t AP]]からはわずかに進歩しており、まれに急角度で当たった弾が跳弾することもある。とはいえ、同格中戦車の中でも最低クラスの防御力であることに変わりはない。
砲塔が後ろ寄りにある為、後ろから飛び出し撃ちをした方がダメージを貰いにくい。照準拡散や投影面積を小さくしつつ、遮蔽物に早く退避できるなど利点が多い。
HD化によって正面ハッチの50mm部分が無くなり正面上部は60mmの均一装甲となったが、フェンダー上や車体後部の空間装甲だった箇所が本装甲扱いとなり、砲塔も僅かに大型化した。
また、正面に予備履帯が追加されたが、ただの飾りであり増厚効果は無い。
//スペック上の車体前面装甲は60mmだが、大部分をハッチが占めており実質50mmである。
//&attachref(./BC_spaced_2.PNG,100%);
//↑本車両の側面は奇妙な当たり判定になっている。特に斜め前から狙う際は要注意。
//白く塗られた部分は空間装甲となっており、HEAT等を吸収する可能性がある。
//また、白線で囲まれた部分には当たり判定が存在しない。
#br

-''機動性''
エンジン出力は[[Bat.-Châtillon 25 t AP>Bat.-Chatillon 25 t AP]]より向上し、加速と最高速度が強化され非常に高い機動性を得ている。最高速度・後退速度と出力重量比は、中戦車の中では指折りの値。
ただし車体・砲塔の旋回性能はTier10中戦車としては低い方であるため、機動戦において敵車両に照準が追いつかなかったり、咄嗟の回避が難しかったりといったことが時折ある。
#br

-''その他''
無線範囲と隠蔽率は優秀であり、茂みを駆使すればある程度の偵察もこなせる。
発砲時隠蔽補正についても、B-C 25 t APからかなり改善されている。
視界を拡張パーツや搭乗員スキルでさらに強化すれば中戦車としては高い偵察性能を発揮できる。
#br

-''総論''
優秀な速力と瞬発火力などの強みを有しているが、防御力の低さにより持久戦闘力は低水準。
正面戦闘や遠距離狙撃は厳しいが、近距離では中戦車らしい柔軟な運用が可能となっている。
装甲の薄さは大きな欠点だが、その他の面は完成度が高くTier10戦車の中でも指折りの強車両である。
#br
*史実 [#o9398410]
#region(詳細)
&attachref(./BC25t_history1.jpg,);
#br
''Char Batignolles-Châtillon 25 t(シャー バティニョール-シャティヨン ヴァント・サンク トン)''は、バティニョール・シャティヨン社が開発した試作中戦車である。
#br
1954年頃、バティニョール・シャティヨン社はフランス陸軍の「低コストで軽量かつ高火力・高機動の戦車」という要求に応じ、25トン級戦車を開発していた。
主砲にはGIAT社製の90 mm F3 canon(初速930m/s)を搭載し、AMX-13と同様の揺動砲塔と自動装填装置を採用した。
車重は25トンに抑えつつ、エンジンは720馬力のイスパノ・スイザ製V12 HS110を搭載し、足回りには新型の油圧サスペンションを採用していた。
加えて装甲を必要最低限に抑える事により、最高速度65km/hの高い機動性を有していた。
&attachref(./B-C25t_2016_history1.jpg,45%);
↑設計図
&attachref(./B-C25t_2016_history3.jpg,35%);
↑実験中のB-C 25 t
#br
しかし、B-C 25 tは試作車両のみでフランス陸軍には採用されなかった。
その要因は、
・油圧サスペンションは故障しやすい上に整備性が悪かった事
・気密性に欠けた揺動砲塔はNBC((Nuclear-Biological-Chemical=核兵器・生物兵器・化学兵器))防護能力を持たせられない事
・弾倉の再装填には車外に出なければならない事
などである。
特に1950~60年は核戦争の危機があった為、搭乗員を保護できない戦車を主力に据えるのはあまりに危険であった。
だが、この車両が目指した高火力と機動防御を主体とした設計思想は多くのフランス装甲戦闘車両に受け継がれる事になる。
ちなみに、本車両に使用されたイスパノ・スイザ製エンジンはのちにAMX-30にも流用された。
&attachref(./bc25t_historical.jpg,70%);
#br
その後、試作車両の一つがソミュール博物館にて展示されたが、2004年に撮影されて以降は所在不明となっていた。
それから10年の月日が流れ、再び現れたその姿は変わり果てていた。
#region(B-C 25 t 画像集(2014年))
&attachref(./BC25t_history_now1.jpg,70%);
&attachref(./BC25t_history_now2.jpg,70%);
&attachref(./BC25t_history_now3.jpg,65%);
&attachref(./BC25t_history_now4.jpg,65%);
#endregion
#br
どうやらソミュール博物館は10年間も野晒しで放置していたようだ。
この杜撰な扱いにはフランスの戦車愛好家たちが非難を浴びせたらしく、2016年には無事修復されたとの事である。
現在はAMX-13やAMX-ELC bisと共に展示されている。詳細は下記のURLを参照。
&attachref(./B-C25t_2016_history2.jpg,80%);
↑左からAMX 13 75、B-C 25 t、AMX ELC bis
#br
#region(その他の画像)
&attachref(./B-C25t_history01.jpg,70%);
&attachref(./B-C25t_history02.jpg,70%);
&attachref(./B-C25t_history03.jpg,70%);
#endregion
#br
[[実車映像>https://www.youtube.com/watch?v=0loNGdHks6E]]
[[参考1>http://nl.wikipedia.org/wiki/Char_Batignolles-Ch%C3%A2tillon]][[参考2>http://ftr.wot-news.com/2014/04/05/batchat-25t-rl-photos/]][[参考3>http://ftr.wot-news.com/2016/06/26/restored-batchat-25t/]][[参考4>http://www.tanks-encyclopedia.com/prototypes/batignolles-chatillon-char-25t/]]
#endregion

*情報提供 [#d12b214f]

''&color(Red){愚痴や日記など生産性のない話題};は[[外部総合掲示板>雑談用]]をご利用ください。''
''&color(Red){マスター(M)バッジ報告};''は[[''専用スレ''>雑談用#f3d606e4]]ができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、&color(Red){アーカイブ};、&color(Red){スペック};、&color(Red){解説};に表記されています。

//↓&color(Red){アーカイブ};に''重複内容''が無いか確認し、''考えて''から書き込みをしましょう。
[[アーカイブ1>./コメント]]

//コメントの際、当該wikiの''&color(Red){モラル};''を尊重した行動をお願いします。
//#br
//#region(上記を理解した上でコメントを書き込みます) 
//#pcomment(./コメント,reply,10)
//#endregion
//&color(Red){※注意};
//&color(Red){煽りや誹謗中傷、無関係なコメントに反応しないようお願いします。};

※実装または車両性能変更アップデートから3か月以上経過した車両であるため、管理人の提案に基づき新規コメント欄を非表示にします。本車両について語りたい方は[[外部掲示板>雑談用]]を利用してください。