M41D の変更点

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|ページ内リンク|[[''画像''>#scshot]]|[[''スペック''>#spec]]|[[''解説''>#review]]|[[''史実'' >#history]]|[[''コメント''>#comment]]|h

*Tier8 [[中国]] [[軽戦車]] (読み方:エム・スーシーイー・ディー)  [#scshot]
&attachref(./M41D.jpg,69%);
元の[[M41 Walker Bulldog]]の76 mm Gun M32から主砲が改良され、新型の多孔式マズルブレーキを装備したM32K1となっている。
また、車体側面には5mm厚のサイドスカートが追加されており、HEやHEATに対して気休め程度に強くなっている。
国籍マークは中華人民共和国(共産党)の「赤星」ではなく、[[Type 64]]と同じく台湾の中華民国(国民党)の「青天白日」である。

*スペック(v1.10.0) [#spec]
''車体''
|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|c
|~耐久値|1,100|
|~車体装甲厚(mm)|25/25/19|
|~最高速度(前/後)(km/h)|65/22|
|~重量(t)|25|
|~実用出力重量比(hp/t)|31.2|
|~本体価格|5,800G相当|
|~修理費(Cr)||
|~超信地旋回|可|
#br

''武装''
|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
|名称|発射速度(rpm)|弾種|平均貫通力(mm)|平均攻撃力|AP弾DPM|精度(m)|照準時間(s)|弾速(m/s)|総弾数|弾薬費(Cr)|重量(kg)|俯仰角|h
|~76 mm M32K1|13.04|APCR&br;APCR&br;HE|192&br;227&br;38|170&br;170&br;260|2,217|0.35|1.5|1,257&br;1,433&br;732|65|230&br;3,200&br;145|850|-9°/+19°|
#br

''砲塔''
|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
|名称|装甲厚(mm)|旋回速度(°/s)|視界範囲(m)|重量(kg)|h
|~M41D|25/25/25|50|390|5,000|
#br

''エンジン''
|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
|名称|馬力(hp)|引火確率(%)|重量(kg)|h
|~Detroit Diesel 8V71T|780|10|1,108|
#br

''履帯''
|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
|名称|積載量(t)|旋回速度(°/s)|重量(kg)|h
|~M41D|28|54|6,000|
#br

''無線機''
|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
|名称|通信範囲(m)|重量(kg)|h
|~AN/GRC-8|745|105|
#br

''乗員''
|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
|~1|Commander|~2|Gunner|~3|Driver|~4|Loader(Radio Operator)|
#br

''拡張パーツ''
|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|c
|~&ref(拡張パーツ/Ventilation.png,nolink,改良型換気装置);|Class3|~&ref(拡張パーツ/Rammer.png,nolink,装填棒);|Class2|~&ref(拡張パーツ/Stabilizer.png,nolink,砲垂直安定装置);|Class1|~&ref(拡張パーツ/improved_rotation_mechanism.png,nolink,43x43,改良型旋回機構);|Class1|~&ref(拡張パーツ/improved_aiming.png,nolink,43x43,改良型照準器);|Class1|~&ref(拡張パーツ/Grousers.png,nolink,追加グローサー);|Class1|
|~&ref(拡張パーツ/improved_radio_set.png,nolink,43x43,改良型無線機);|SIZE(18):○|~&ref(拡張パーツ/comanders_vision_system.png,nolink,43x43,車長用視覚システム);|SIZE(18):○|~&ref(拡張パーツ/improvedConfiguration.png,nolink,改良型モジュール構造);|Class1|~&ref(拡張パーツ/Improved_hardening.png,nolink,43x43,改良型装甲材);|Class2|~&ref(拡張パーツ/Spallliner.png,nolink,内張り装甲);|>|>|Light|
#br

''隠蔽性''
|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
|~ |~非発砲|~発砲時|
|SIZE(11):|SIZE(11):RIGHT:|SIZE(11):RIGHT:|c
|~静止時|14.19%|3.32%|
|~移動時|14.19%|3.32%|
#br

''車両に関する変更履歴''
#region(クリックで表示)
|SIZE(11):|SIZE(11):|c
|BGCOLOR(#DDEEFF):v1.4.0|新規実装|
#endregion

*解説(v1.4.0) [#review]

-''概要''
v1.4.0で追加されたTier8の[[中国]][[課金>課金戦車]][[軽戦車]]。 
1990年代、台湾陸軍に配備された[[M41 Walker Bulldog]]の近代化改修仕様である。
#br

-''火力''
俯仰角は-9°/+19°と良好だが、本家M41より若干悪化している点には注意。
--''76 mm M32K1''
M41Dの史実砲。
通常弾は貫通力192mm・弾速1,257m/sのAPCR、課金弾はHEATではなく貫通力227mm・弾速1,433m/sのAPCRとなっており、本家のM32から一回り強化されている。((ただし、史実通りのAPDSやAPFSDS扱いではなく、貫通力の距離減衰が大きいAPCRとして設定されているので注意。))
また、発射速度や精度も本家以上であり、火力面で劣っているのは上述の俯仰角と移動・車体旋回時の照準拡散のみである。
特にDPMは同格トップで[[T49]]を除くTier9軽戦車より高い。
しかし、本家と同じく単発火力170はTier8軽戦車では最低クラスであり、ダメージを稼ぐには射撃機会を作り出していかなければならない。
#br

-''装甲''
車体側面に5mmのサイドスカートが追加されたものの、基本的に本家と同じ紙装甲であり、このTier帯では役に立たない。
また中華戦車の例にもれずモジュール耐久値がやや低い。このため、弾薬庫保護のスキルは必須といえよう。
耐久値は[[leKpz M 41 90 mm>leKpz M41 90mm GF]]他同様に1,100と同格軽戦車の中では高い方である。
#br

-''機動性''
最高速度やエンジン出力は本家より少し下がっているが、Tier8軽戦車の中でも悪くない機動力を保持している。
ただし、履帯性能が本家より悪化しているため、[[leKpz M 41 90 mm>leKpz M41 90mm GF]]ほどではないが坂道などで減速しやすい点には注意しよう。
#br
-''視界・隠蔽''
視認範囲は390mと本家より少し短い程度だが、隠蔽性能は他のM41系統と同じくかなり低い。とはいえ、軽戦車としての仕事をこなせるレベルには確保できている為、車高の高さに注意しつつ偵察を行っていこう。
なお、プレミアムショップの各パッケージには特別迷彩"フォルモサ3色"((Formosa/福爾摩沙:ヨーロッパ圏での台湾の別称。))が付属しており、購入直後から隠蔽性能の底上げが可能である。
#br
-''総論''
本家[[M41 Walker Bulldog]]から性能を上下させ、昨今の事情に合わせバランスをよくした戦車である。
本家の欠点を引き継いでいるところもあるが、砲性能他の本家に足らなかった要素をしっかりと補完しているので、総じて乗りやすさは良好である。
もっとも軽戦車であることを忘れず、偵察をこなしつつ味方の援護にまわり、勝利をつかもう。

*史実 [#history]
M41Dは、アメリカの[[M41A3ウォーカー・ブルドッグ(Walker Bulldog)>M41 Walker Bulldog]]の改修型であり、中華民国で開発されました。本車は、DD 8V-71Tディーゼルエンジン、近代的な火器管制装置、近代化されたM32K1砲、サイドスクリーンを備えていました。加えて、新種の砲弾を採用していました。合計50両がこの型に近代化改修されています。(ゲーム内説明より)
&attachref(./M41D_history.jpg,45%);
#br
[[実車映像(2018)>https://youtu.be/CzbgleyCOoc?t=40]]

*情報提供 [#comment]
''&color(Red){愚痴や日記など生産性のない話題};は[[外部総合掲示板>雑談用]]をご利用ください。''
''&color(Red){マスター(M)バッジ報告};''は[[''専用スレ''>雑談用#f3d606e4]]ができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、&color(Red){アーカイブ};、&color(Red){スペック};、&color(Red){解説};に表記されています。
//↓&color(Red){アーカイブ};に''重複内容''が無いか確認し、''考えて''から書き込みをしましょう。
[[アーカイブ1>./コメント]]
//コメントの際、当該wikiの''&color(Red){モラル};''を尊重した行動をお願いします。
//#br
//#region(上記を理解した上でコメントを書き込みます)
//#pcomment(./コメント,reply,10)
//#endregion
※実装または車両性能変更アップデートから3か月以上経過した車両であるため、管理人の提案に基づき新規コメント欄を非表示にします。本車両について語りたい方は[[外部掲示板>雑談用]]を利用してください。