Top > M46 Patton KR
HTML convert time to 0.002 sec.


M46 Patton KR の変更点


 |CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
 |ページ内リンク|[[''画像''>#ldd371bc]]|[[''スペック''>#da1150c0]]|[[''解説''>#r5a19b64]]|[[''史実'' >#o38ae61b]]|[[''情報提供''>#ib1a30bb]]|h
 
 *Tier 8 [[アメリカ]] [[中戦車]](課金戦車) / 略称: M46 KR  [#ldd371bc]
 
 &attachref(./m46pattonkr1.jpg,80%);
 朝鮮戦争において第6中戦車大隊が運用した[[M46 Patton]]の史実装備である。
 最初から「虎の顔」迷彩が施されており、迷彩や徽章、銘刻の購入はできない。
 かなり派手なので目立ちそうだが、れっきとした迷彩扱いになっている。
 
 *スペック(v0.9.17) [#da1150c0]
 ''車体''
 |CENTER:|CENTER:SIZE(11):|c
 |~耐久値|1,450|
 |~車体装甲厚(mm)|101/76/50|
 |~最高速度(前/後)(km/h)|48.3/20|
 |~初期重量(t)|44.45|
 |~実用出力重量比(hp/t)|18.22|
 |~初期重量(t)|44|
 |~実用出力重量比(hp/t)|18.41|
 |~本体価格|8,700G|
 |~修理費(Cr)||
 |~超信地旋回|可|
 
 #br
 ''武装''
 |CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):68|c
 |名称|発射速度(rpm)|弾種|平均貫通力(mm)|平均攻撃力|AP弾DPM|精度(m)|照準時間(s)|総弾数|弾薬費(Cr/G)|重量(kg)|俯仰角|h
 |~90 mm Gun M3A1|7.41|AP&br;APCR&br;HE|192&br;243&br;45|240&br;240&br;320|1,778|0.38|2.5|70|255&br;11G&br;255|1,077|-10°/+20°|
 |名称|発射速度(rpm)|弾種|平均貫通力(mm)|平均攻撃力|AP弾DPM|精度(m)|照準時間(s)|総弾数|弾薬費(Cr)|重量(kg)|俯仰角|h
 |~90 mm Gun M3A1|7.41|AP&br;APCR&br;HE|192&br;243&br;45|240&br;240&br;320|1,778|0.38|2.5|70|255&br;4,400&br;255|1,077|-10°/+20°|
 #br
 ''砲塔''
 |CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
 |名称|装甲厚(mm)|旋回速度(°/s)|視界範囲(m)|重量(kg)|h
 |~M46 Patton KR|127/76/76|38|390|8,000|
 #br
 ''エンジン''
 |CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
 |名称|馬力(hp)|引火確率(%)|重量(kg)|h
 |~Continental AV-1790-5A|810|20|1,136|
 #br
 ''履帯''
 |CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
 |名称|積載量(t)|旋回速度(°/s)|重量(kg)|h
 |~M46 Patton KR|47|38|10,000|
 #br
 ''無線機''
 |CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
 |名称|通信範囲(m)|重量(kg)|h
 |~AN/GRC-8|745|105|
 #br
 ''乗員''
 |CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
 |~1|Commander|~2|Gunner|~3|Driver|~4|Radio Operator|~5|Loader|
 #br
 ''拡張パーツ''
 |CENTER:|CENTER:SIZE(11):|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|CENTER:|CENTER:SIZE(18):|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|c
 |~&ref(拡張パーツ/Stabilizer.png,nolink,Vertical Stabilizer);|Mk1|~&ref(拡張パーツ/Ventilation.png,nolink,Improved Ventilation);|Class2|~&ref(拡張パーツ/Cyclone.png,nolink,"Cyclone" Filter);|×|~&ref(拡張パーツ/CO2.png,nolink,Fill Tanks with CO2);|SIZE(14):○|~&ref(拡張パーツ/Rammer.png,nolink,Rammer);|Medium Tank|
 |~&ref(拡張パーツ/Spallliner.png,nolink,Spall Liner);|Medium|~&ref(拡張パーツ/Wetammo.png,nolink,"Wet" Ammo Rack);|Class1|~&ref(拡張パーツ/Grousers.png,nolink,Additional Grousers);|×|~&ref(拡張パーツ/Suspension.png,nolink,Enhanced Suspension);|>|>|Torsion Bars 3 t Class|
 #br
 ''隠蔽性''
 |CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
 |~ |~非発砲((塗装済みの値))|~発砲時|
 |SIZE(11):|SIZE(11):RIGHT:|SIZE(11):RIGHT:|c
 |~静止時|12.43%|2.96%|
 |~移動時|9.35%|2.22%|
 #br
 ''車両に関する変更履歴''
 #region(クリックで表示)
 |BGCOLOR(#DDEEFF):v0.9.13|実装|
 |BGCOLOR(#DDEEFF):v0.9.17|砲塔正面の装甲厚を増加&br;(101mmから127mmに変更)|
 |BGCOLOR(#DDEEFF):v0.9.22|ゲーム内ショップに追加|
 #endregion
 
 *解説 [#r5a19b64]
 
 -''概要''
 v0.9.13にて追加されたTier8の[[アメリカ]][[課金>課金戦車]][[中戦車]]。
 朝鮮戦争で使用された[[M46 Patton]]の「虎の顔」塗装仕様である。
 マッチング優遇はなく、Tier10戦車ともマッチングする。
 //v0.9.17にて砲塔正面装甲が強化。
 #br
 以前はプレミアムショップでの不定期販売だったが、v0.9.22よりゲーム内で購入可能になった。
 #br
 
 -''火力''
 俯角は-10°と優秀であり、積極的にハルダウンをしていきたい。
 --''90 mm Gun M3A1''
 M46 Pattonの史実砲。
 単発火力・発射速度は他のTier8中戦車と遜色ない。
 通常弾のAPは貫通力192mmとまずまずだが、課金弾のAPCRは貫通力243mmとやや低め。
 また、精度はTier8中戦車の中でも悪く、弾速も遅いので遠距離狙撃はやや不得手だ。
 とはいえ、移動中の照準拡散が抑え気味に設定されており、数値以上に当てやすい印象がある。
 #br
 
 -''装甲''
 v0.9.17で強化され、[[M26 Pershing]]と同程度の砲塔装甲を獲得した。
 防盾は大部分が203mmであり、同格以下相手には十分信用できる。貫通の恐れが低い相手と1対1になったときは、密着して砲塔正面を撃たせれば有利になりやすい。しかし、同格課金弾や格上相手には貫通されるので過信せずに運用したい。外縁部は裏の本装甲と合わせて、実質300~400mmの部分もあるが、肝心の範囲は広くないため、期待しないように。
 #br
 車体は傾斜45°で140mm程度であり、このTier帯では頼りにならない。機銃口は76mmと薄くなっているが、他の部分でもたやすく貫通されるので、あまり気を使う必要はない。
 #br
 
 -''機動性''
 820馬力の大出力エンジンとそこからくる比較的高い出力重力比により良好な機動性を誇る…訳ではない。
 最高速度が48km/h止まりな上、履帯の性能が悪く不整地での走行や旋回時の速度低下が大きい。
 総合すると体感の機動性はそこそこ程度といったところ。
 馬力があるため加速力は十分だがあまり機動戦は得意ではない。
 エンジン馬力が高めな事もあり、[[ガソリン>アイテム#te6359d8]]との相性は良い。
 #br
 -''その他''
 視認範囲は390mと[[M26 Pershing]]よりも10m短いが、Tier8中戦車として十分な数値だ。
 #br
 -''総論''
 ハルダウン時の性能を重視したバランス型の中戦車である。
 同格中戦車の[[M26 Pershing]]と比べると機動力・DPM・移動時の砲精度で優れるが、視認範囲・静止時の砲精度が劣る。
 Tier8では意外と少ない砲塔の硬い中戦車だが、全体的に中庸な性能でまとまっている為、性能を押しつけていく戦いは難しい。
 しかし、バランスは良いので様々な局面に対応できるポテンシャルを持っている。
 #br
 
 *史実 [#o38ae61b]
 韓国に初めて上陸した第6中戦車大隊のM46戦車です。
 「リッパー・パットン」として知られるこれらの車両は、後に第8軍に配属され、歩兵支援車輌として運用されました。
 しかし1950年および1951年には、M46は複数回の戦車戦にも参加しています。
 1951年6月に戦線は停滞し、機動戦が終わったため、軍はこの車輌を支援砲撃用として運用し始めました。
 これらのM46戦車には、韓国で戦った他のアメリカ戦車同様に、「虎の顔」のマークが塗装されていました。
 
 &attachref(./M46 Patton KR.jpg,80%);
 
 
 *情報提供 [#ib1a30bb]
 
 ''&color(Red){愚痴や日記など生産性のない話題};は[[外部総合掲示板>雑談用]]をご利用ください。''
 ''&color(Red){マスター(M)バッジ報告};''は[[''専用スレ''>雑談用#f3d606e4]]ができましたのでそちらへお願いします
 使用感や装備など、&color(Red){アーカイブ};、&color(Red){スペック};、&color(Red){解説};に表記されています。
 
 //↓&color(Red){アーカイブ};に''重複内容''が無いか確認し、''考えて''から書き込みをしましょう。
 [[アーカイブ1>./コメント]]
 
 //コメントの際、当該wikiの''&color(Red){モラル};''を尊重した行動をお願いします。
 //#br
 //#region(上記を理解した上でコメントを書き込みます)
 //#pcomment(./コメント,reply,10)
 //#endregion
 
 ※実装または車両性能変更アップデートから3か月以上経過した車両であるため、管理人の提案に基づき新規コメント欄を非表示にします。本車両について語りたい方は[[外部掲示板>雑談用]]を利用してください。