Skoda T 40 の変更点

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • Skoda T 40 へ行く。
TITLE:Škoda T 40
//&color(Red){※ページ名にハーチェクが使用できない為ページ名が"Skoda T 40"になっていますが、正しくは"Škoda T 40"です。};
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|ページ内リンク|[[''画像''>#scshot]]|[[''スペック''>#spec]]|[[''解説''>#review]]|[[''史実'' >#history]]|[[''コメント''>#comment]]|h

*Tier 6 [[チェコスロバキア]] [[中戦車]] ([[課金戦車]])/日本語表記:シュコダ T 40[#scshot]

&ref(./T-40.jpg,95%);
[[T-34-85]]に影響を受けた車体に、第三帝国領時代にノウハウを得たドイツ風砲塔が乗る風貌。
実際には防盾は[[Panther>Pz.Kpfw. V Panther]]のSchmalturmほど硬くなく、車体も[[T-34]]系同様心許ない。
#br
#region(特別スタイル「代用装甲 (Ersatz Armor)」)
特別スタイル「代用装甲 (Ersatz Armor)」
&attachref(./Ersatz_Armor.jpg,650x650);
#endregion

*スペック(v1.10.0) [#spec]
''車体''
|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|c
|~耐久値|780|
|~車体装甲厚(mm)|65/40/30|
|~最高速度(前/後)(km/h)|50/20|
|~重量(t)|39.95|
|~実用出力重量比(hp/t)|17.52|
|~本体価格|3,300G|
|~修理費(Cr)||
|~超信地旋回|可|
#br

''武装''
|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
|名称|発射速度(rpm)|弾種|平均貫通力(mm)|平均攻撃力|AP弾DPM|精度(m)|照準時間(s)|弾速(m/s)|総弾数|弾薬費(Cr)|重量(kg)|俯仰角|h
|~8,8 cm vz. 37N|8.7|AP&br;HEAT&br;HE|145&br;200&br;44|220&br;220&br;270|1,913|0.37|2.3|773&br;600&br;800|80|200&br;4,800&br;160|1,650|-6°/+20°|
#br
''砲塔''
|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
|名称|装甲厚(mm)|旋回速度(°/s)|視界範囲(m)|重量(kg)|h
|~Škoda T 40|65/40/40|32|370|6,200|
#br
''エンジン''
|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
|名称|馬力(hp)|引火確率(%)|重量(kg)|h
|BGCOLOR(#CCCCCC):~Škoda 16 ADH 140|700|15|1,400|
#br
''履帯''
|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
|名称|積載量(t)|旋回速度(°/s)|重量(kg)|h
|~Škoda T 40|41.5|38|11,730|
#br
''無線機''
|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
|名称|通信範囲(m)|重量(kg)|h
|~Radiostanice Fu 7 upravená|710|70|
#br
''乗員''
|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
|~1|Commander|~2|Gunner|~3|Driver|~4|Radio Operator|~5|Loader|
#br
''拡張パーツ''
|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|c
|~&ref(拡張パーツ/Ventilation.png,nolink,改良型換気装置);|Class2|~&ref(拡張パーツ/Rammer.png,nolink,装填棒);|Class2|~&ref(拡張パーツ/Stabilizer.png,nolink,砲垂直安定装置);|SIZE(18):×|~&ref(拡張パーツ/improved_rotation_mechanism.png,nolink,43x43,改良型旋回機構);|Class2|~&ref(拡張パーツ/improved_aiming.png,nolink,43x43,改良型照準器);|Class2|~&ref(拡張パーツ/Grousers.png,nolink,追加グローサー);|Class2|
|~&ref(拡張パーツ/improved_radio_set.png,nolink,43x43,改良型無線機);|SIZE(18):×|~&ref(拡張パーツ/comanders_vision_system.png,nolink,43x43,車長用視覚システム);|SIZE(18):×|~&ref(拡張パーツ/improvedConfiguration.png,nolink,改良型モジュール構造);|Class2|~&ref(拡張パーツ/Improved_hardening.png,nolink,43x43,改良型装甲材);|Class2|~&ref(拡張パーツ/Spallliner.png,nolink,内張り装甲);|>|>|Medium|
#br
''隠蔽性''
|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
|~ |~非発砲|~発砲時|
|SIZE(11):|SIZE(11):RIGHT:|SIZE(11):RIGHT:|c
|~静止時|13.05%|3.26%|
|~移動時|9.8%|2.45%|
#br
''車両に関する変更履歴''
#region(クリックで表示)
|SIZE(11):|SIZE(11):|c
|BGCOLOR(#DDEEFF):v0.9.12|実装|
|BGCOLOR(#DDEEFF):v0.9.15|AP弾の貫通力を132mmから145mmに変更|
|BGCOLOR(#DDEEFF):v1.9.0|修理費用を10%ダウン&br;HPを700から780に変更|
#endregion

*解説 [#review]

-''概要''
v0.9.12にて追加されたTier6の[[チェコスロバキア]][[課金>課金戦車]][[中戦車]]。
戦後、シュコダ社が[[VTU Koncept>TVP VTU Koncept]]を受けて提案した新型汎用戦車の最初期案である。
本ゲーム初のチェコスロバキア戦車((これ以前にもチェコスロバキア製戦車がドイツ戦車として実装されていたが、国家としては本車輌が初となる。))であり、通常ツリー実装に先駆けて実装された。
#br

-''火力''
チェコ戦車としては[[Konštrukta T-34/100>Konstrukta T-34/100]]と並んで俯角が狭く、使える地形が限られている。
--''8,8 cm Vz. 37N''
ドイツの8,8 cm Kw.K. 36 L/56 と似通った性能の主砲((史実にも有る通り、そもそもは同じ主砲である。))を装備する。
[[40TP>40TP Habicha]]や[[P.43 bis]]には劣るものの、単発火力は220とTier6中戦車の中ではかなり高い。DPMも分間8.7発と高レートであり、貫通さえすれば脅威になれる。
一方でL/56砲とは異なり、金弾がAPCRではなくHEATになっている。数値上の貫通力こそ僅かに上回っているものの、標準化が無い事から傾斜に弱く、空間装甲にも極端に弱いといった欠点があり、履帯を斜めに撃ち抜いたりしないようによく狙って撃つ必要がある。
また、&color(Red){全ての弾種の弾速が遅く、特にHEATはかなり山なりに飛んでいく};((APは773m/s、HEATは600m/sとかなり遅い。))という見えない欠点がある。HEATは同格MTの課金弾の中ではぶっちぎりで遅く、弾道が高いので描画範囲ギリギリの敵に到達するまでほぼ一秒もかかってしまう。
ドイツの8,8 cm L/56と似通った性能の主砲((史実にも有る通り、そもそもは同じ主砲である。))を装備する。
単発火力は[[40TP>40TP Habicha]]や[[P.43 bis]]には劣るものの、Tier6中戦車の中ではかなり高い。発射速度も分間8.7発と高レートであり、貫通さえすれば脅威になれる。
一方でL/56砲とは異なり、金弾がAPCRではなくHEATになっている。数値上の貫通力こそ僅かに上回っているものの、傾斜や空間装甲に弱いという欠点があり、履帯を斜めに撃ち抜いたりしないようによく狙って撃つ必要がある。
また、&color(Red){全ての弾種の弾速が遅く、特にHEATはかなり山なりに飛んでいく};という欠点がある。HEATは同格MTの課金弾の中ではぶっちぎりで遅く、描画範囲ギリギリの敵に到達するまでには一秒程度かかってしまう。
精度は悪くないが、この遅すぎる弾速が原因で異常なまでに遠距離狙撃には向かない。接近戦では問題になりにくいが、この砲の使いづらさの一つにもなっている。
#br

-''装甲''
重厚な見た目に反して装甲、HPのいずれも頼りにならない。
機動性は良好なので、真正面から撃ち合うプレイは避けよう。
&ref(./T-40_Armour.png,75%);
カタログスペック上は正面上部で傾斜付き65mmと、Tier6にしては良好に見えるが、これはカタログ詐欺。
実際には傾斜の厳しい40mmと傾斜の緩い65mmの二箇所に分かれるので防御力は高くは無い。車体側面も40mmあるのは履帯のある部位だけで、基本的には30mmしか無い。
実際には傾斜の厳しい40mmと傾斜の緩い65mmの二箇所に分かれるので防御力は高くない。車体側面も40mmあるのは履帯のある部位だけで、基本的には30mmしか無い。
砲塔正面も垂直に近い65mmしかないため、Tier5以上には簡単に抜かれやすい。防盾だけは硬いが、面積的に頼りにはできない。
また[[VK 30.02 (M)]]と肩を並べるほど車体自体がかなり大柄で、MTとしては投影面積が広い。機動性は良好なので真正面から撃ち合うプレイは避けよう。
また車体自体が[[VK 30.02 (M)]]と肩を並べるほど大柄で、MTとしては投影面積が大きい。
#br

-''機動性''
平地ならカタログスペック通り50km/h近くまで出る。履帯性能と出力重量比をある程度は両立しており、加速性能も良好。
拡張パーツのターボチャージャーを機動性スロットに搭載し、長所を伸ばすのも一考の余地がある。
ただし、旋回性能は低いため、積極的な機動戦はやや不向きである。
#br

-''その他''
前述のとおり車体は大柄だが、車高はそれほど高くないため隠蔽率はまずまず。
視認範囲も370mとTier6中戦車ではトップタイの値であり、必要な場面では自車で視界をとることも考えられる。
なお、搭乗員構成は[[T-34/100>Konstrukta T-34/100]]と[[TVP VTU>TVP VTU Koncept]]と完全一致しているが、他のチェコ中戦車とは構成が異なる点には注意。
視認範囲は370mとTier6中戦車ではトップタイの値であり、必要な場面では自車で視界を取ることも出来る。
#br
搭乗員構成は[[T-34/100>Konstrukta T-34/100]]及び[[TVP VTU>TVP VTU Koncept]]とのみ一致しており、他のチェコ中戦車とは構成が異なる点には注意。
#br

-''総論''
良好な単発火力・機動性を両立した支援型中戦車である。
v1.9.0で長年のライバルだった[[VK 30.01 (P)]]が重戦車化した為、相対的に「良好な機動性と単発220を両立したTier6中戦車」というオンリーワンな地位を獲得した。
同じTier6中戦車の高単発組である[[P.43 bis]]、[[40TP>40TP Habicha]]、[[B.U.G.I.]]がいずれも履帯性能やスペック詐欺によるもっさり感に悩まされている中、素直な機動性を有している点は十分な長所である。
一方、金弾のHEATがやや信頼性に欠いているほか、控え目の耐久値・狭い俯角・大柄な紙装甲といった扱いづらい欠点があり、地形選びや押し退きの精確さが求められる。
同じTier6中戦車の高単発組である[[P.43 bis]]、[[40TP>40TP Habicha]]、[[B.U.G.I.]]がいずれも足回りに悩まされている中、素直な機動性を有している点は十分な長所である。
一方、金弾のHEATの扱いづらさのほか、控え目の耐久値・狭い俯角・大柄で軽装甲の車体といった無視できない欠点を抱えており、地形選びや押し退きの精確さが求められる。
良くも悪くも長短がはっきりしている為、癖を踏まえて動ける熟練者向けの車輌と言える。
#br

*史実 [#history]
1945年、チェコスロバキア軍はTank Všeobecného Použití (TVP; 直訳すると「汎用戦車」) の技術仕様をまとめた。
この中戦車には、65mmの装甲、最大速度50km/h、そして追加装備として火炎放射器に切り替えられる同軸機関銃が求められた。
 
シュコダのT 40案は、ドイツのクルップ社の製造する車輌に似ていた。特に防盾の形状がクルップ社のものに良く似ている。
というのも第二次世界大戦中シュコダ工業は[[ティーガーII>Pz.Kpfw. Tiger II]]の車体や砲塔を生産していたからだ。
 
規定された仕様を満たすため、主砲には8,8cm砲が選ばれた。これは[[ティーガーI>Pz.Kpfw. VI Tiger]]に搭載されたドイツのKwK 36 L/56砲に似ていたが、マズルブレーキは装着しなかった。
この砲は、本来は[[パンター中戦車>Pz.Kpfw. V Panther]]向けに試作された改良型小型砲塔 (Schmalturm)に搭載される予定だった。
最終的に、火炎放射器については通常の同軸機関銃で十分との事で仕様から削られた。
 
エンジンは、X型空冷ディーゼルエンジン Škoda 16ADH140(2,000rpmで700馬力)を使用予定だった。エンジン自体のパフォーマンスは出力荷重比の要求仕様を満たしていなかったが、求められていた50km/hの最高速度で戦車を動かすことができた。
また、サスペンションについては、リーフスプリングでは不十分で、より高度なサスペンションシステムが必要とされた。
 
Т 40が直面したもっとも大きな課題はその薄い装甲だったが、これは要求された仕様の段階で仕方がないものだった。元々はソ連のT-34-85をベースに作られており、T-34-85は装甲の厚い車輌ではなかったからだ。

*情報提供 [#comment]
''&color(Red){愚痴や日記など生産性のない話題};は[[外部総合掲示板>雑談用]]をご利用ください。''
''&color(Red){マスター(M)バッジ報告};''は[[''専用スレ''>雑談用#f3d606e4]]ができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、&color(Red){アーカイブ};、&color(Red){スペック};、&color(Red){解説};に表記されています。

//↓&color(Red){アーカイブ};に''重複内容''が無いか確認し、''考えて''から書き込みをしましょう。
[[アーカイブ1>./コメント]]

//コメントの際、当該wikiの''&color(Red){モラル};''を尊重した行動をお願いします。
//#br
//#region(上記を理解した上でコメントを書き込みます)
//#pcomment(./コメント,reply,10)
//#endregion

※実装または車両性能変更アップデートから3か月以上経過した車両であるため、管理人の提案に基づき新規コメント欄を非表示にします。本車両について語りたい方は[[外部掲示板>雑談用]]を利用してください。