Top > T-26G FT > diff


T-26G FT の変更点


 |CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
 |ページ内リンク|[[''画像''>#scshot]]|[[''スペック''>#spec]]|[[''解説''>#review]]|[[''史実'' >#history]]|[[''コメント''>#comment]]|h
 
 *Tier2 [[中国]] [[駆逐戦車]][#scshot]
 &attachref(./T-26G_FT_0-min.PNG,100%);
 ↑37 mm Pak
 名前のとおりソ連の[[T-26]]がベースになっており、同じような経歴を持つ[[AT-1]]とは瓜二つの形状。初期砲はドイツ製。
 &attachref(./T-26G_FT_1-min.PNG,100%);
 ↑47 mm Gun Type 1G FT
 こちらは日本製の砲である。
 ちなみにT-26自体はイギリス製の[[Vickers Mk. E Type B]]がベースになっている。&color(Gray){国籍キメラ戦車。};
 
 *スペック(v0.9.20) [#spec]
 ''車体''
 |CENTER:|CENTER:SIZE(11):|c
 |~耐久値|125|
 |~車体装甲厚(mm)|18/15/15|
 |~最高速度(前/後)(km/h)|36/10|
 |~重量(初期/最終)(t)|9.71/10|
 |~実用出力重量比(hp/t)|12|
 |~主砲旋回速度(°/s)|44|
 |~視界範囲(m)|270|
 |~本体価格(Cr)|3,000|
 |~修理費(Cr)|?|
 |~超信地旋回|可|
 #br
 
 ''武装''
 |CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
 |名称|発射速度(rpm)|弾種|平均貫通力(mm)|平均攻撃力|AP弾DPM|精度(m)|照準時間(s)|総弾数|弾薬費(Cr)|重量(kg)|俯仰角|h
 |~37 mm Pak|30|AP&br;APCR&br;HE|42&br;74&br;18|36&br;36&br;42|1,080|0.4|1.7|100|6&br;800&br;6|120|-6°/+15°|
 |~47 mm Gun Type 1G FT|20.69|AP&br;APCR&br;HE|81&br;130&br;25|70&br;70&br;90|1,448|0.38|2.1|80|36&br;1,600&br;19|411|~|
 #br
 ''エンジン''
 |CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
 |名称|馬力(hp)|引火確率(%)|重量(kg)|h
 |~T-26|100|20|545|
 |~T-26M|120|20|545|
 #br
 ''履帯''
 |CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
 |名称|積載量(t)|旋回速度(°/s)|重量(kg)|h
 |~T-26G FT|10|30|1,600|
 |~T-26G FT model 2|12|33|1,600|
 #br
 ''無線機''
 |CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
 |名称|通信範囲(m)|重量(kg)|h
 |~71-TK-3|300|50|
 #br
 ''乗員''
 |CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
 |~1|Commander(Radio Operator)|~2|Gunner|~3|Driver|~4|Loader|
 #br
 ''拡張パーツ''
 |CENTER:|CENTER:SIZE(11):|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|CENTER:|CENTER:SIZE(18):|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:SIZE(11):|c
 |~&ref(拡張パーツ/Stabilizer.png,nolink,Vertical Stabilizer);|SIZE(18):×|~&ref(拡張パーツ/Ventilation.png,nolink,Improved Ventilation);|Class1|~&ref(拡張パーツ/Cyclone.png,nolink,"Cyclone" Filter);|SIZE(18):×|~&ref(拡張パーツ/CO2.png,nolink,Fill Tanks with CO2);|SIZE(18):×|~&ref(拡張パーツ/Rammer.png,nolink,Rammer);|SIZE(18):×|
 |~&ref(拡張パーツ/Spallliner.png,nolink,Spall Liner);|Small|~&ref(拡張パーツ/Wetammo.png,nolink,"Wet" Ammo Rack);|SIZE(18):×|~&ref(拡張パーツ/Grousers.png,nolink,Additional Grousers);|×|~&ref(拡張パーツ/Suspension.png,nolink,Enhanced Suspension);|>|>|Vickers|
 // (○はSIZE(14):、×はSIZE(18):)
 |~&ref(拡張パーツ/Spallliner.png,nolink,Spall Liner);|Light|~&ref(拡張パーツ/Wetammo.png,nolink,"Wet" Ammo Rack);|SIZE(18):×|~&ref(拡張パーツ/Grousers.png,nolink,Additional Grousers);|×|~&ref(拡張パーツ/Suspension.png,nolink,Enhanced Suspension);|>|>|Vickers|
 #br
 ''隠蔽性''
 |CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
 |~ |~非発砲|~発砲時|
 |SIZE(11):|SIZE(11):RIGHT:|SIZE(11):RIGHT:|c
 |~静止時|21.83%|5.06%|
 |~移動時|13.11%|3.04%|
 #br
 ''派生車両''
 |CENTER:|CENTER:SIZE(11):|c
 |~派生元|''[[Renault NC-31]]''(LT/275)|
 |~派生先|''[[M3G FT]]''(TD/1,060)|
 #br
 ''射界''
 |CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
 |~射界|左11°/右11°|
 #br
 
 ''開発ツリー''
 #region(クリックで表示)
 #br
 |CENTER:|CENTER:SIZE(13):|CENTER:|CENTER:SIZE(13):|CENTER:|CENTER:SIZE(13):|CENTER:|c
 |CENTER:|CENTER:SIZE(13):|CENTER:|CENTER:SIZE(13):|CENTER:|c
 |BGCOLOR(#FFDDDD):37 mm Pak&br;(初期/2,700)|━|BGCOLOR(#FFDDDD):47 mm Gun Type 1G FT&br;(560/23,300)|━|BGCOLOR(#DDDDDD):M3G FT&br;(1,060/32,400)|
 |>|>|>|>||
 |BGCOLOR(#DDEEFF):71-TK-3&br;(初期/)|>|>|>||
 |>|>|>|>||
 |BGCOLOR(#FFDDBB):T-26&br;(初期/770)|━|BGCOLOR(#FFDDBB):T-26M&br;(95/1,200)|>||
 |>|>|>|>||
 |BGCOLOR(#DDF8DD):T-26G FT&br;(初期/270)|━|BGCOLOR(#DDF8DD):T-26G FT model 2&br;(100/610)|>||
 #endregion
 #br
 ''車両に関する変更履歴''
 #region(クリックで表示)
 |BGCOLOR(#DDEEFF):v0.9.20|新規実装|
 #endregion
 *解説(v0.9.20) [#review]
 
 -''概要''
 v0.9.20で追加されたTier2の[[中国]][[駆逐戦車]]。 
 #br
 
 -''火力''
 仰俯角は-6°/+15°と平均的。狭く平地マップの多いこのTier帯ではあまり必要ないかもしれない。
 --''37 mm Pak''
 単発はかなり低いが装填と照準が早い。しかしDPMは改良砲より下回っており、若干精度が悪い。
 マッチングするTier帯から考えれば貫通力は十分であるが、やはり単発の高い47mm砲の開発は急ぎたいところ。
 #br
 --''47 mm Gun Type 1G FT''
 Tier3の[[Chi-Ha>Type 97 Chi-Ha]]とその[[鹵獲版>Type 2597 Chi-Ha]]が載せている最終砲をTier2で搭載し、このTier帯では大変貫通力が高い。課金弾を搭載する必要はない。
 //↑中華チハはパチモンではなく正真正銘の日本製チハなので変更
 単発火力もそこそこ高く、紙装甲車輌用に榴弾を多目に搭載するのも一考。
 #br
 
 -''装甲''
 機関銃(砲)も正面からあっさり貫通される紙装甲。被弾しないように立ち回ろう。
 //特に実装直後で敵対するのはほとんど本車のため、榴弾持ちに貫通されて痛い目に遭うこともある。
 #br
 
 -''機動性''
 所詮はTier2。機動力はあまり優れない。
 #br
 
 -''総論''
 課金弾要らずの高貫通47mm砲を装備する本車は、例え重装甲が相手であっても遠距離からなんなく貫通可能である。
 紙装甲というのもあり、マップは狭いが出来るだけ被弾しない距離を保って戦うスタイルが基本となる。
 &color(Silver){それでは活躍できないって?ならフリーで飛ばしてしまおう。};
 #br
 *史実 [#history]
 1930 年代の後半に、T-26 戦車がソ連から中国に輸出され、国民革命軍 (中国国民党軍) の第 200 機械化師団において運用されました。1946 年から 1950 年にかけての内戦においては、1949 年に中国東部において多数の車輌が人民解放軍によって鹵獲され、少なくとも 2 種類の型の駆逐戦車を製造するためのベース車輌として使用されました。(ゲーム内説明より)
 
 *情報提供 [#comment]
 ''&color(Red){愚痴や日記など生産性のない話題};は[[外部総合掲示板>雑談用]]をご利用ください。''
 ''&color(Red){マスター(M)バッジ報告};''は[[''専用スレ''>雑談用#f3d606e4]]ができましたのでそちらへお願いします
 使用感や装備など、&color(Red){アーカイブ};、&color(Red){スペック};、&color(Red){解説};に表記されています。
 
 //↓&color(Red){アーカイブ};に''重複内容''が無いか確認し、''考えて''から書き込みをしましょう。
 [[アーカイブ1>./コメント]]
 
 //コメントの際、当該wikiの''&color(Red){モラル};''を尊重した行動をお願いします。
 //#br
 //#region(上記を理解した上でコメントを書き込みます)
 //#pcomment(./コメント,reply,10)
 //#endregion
 
 ※実装または車両性能変更アップデートから3か月以上経過した車両であるため、管理人の提案に基づき新規コメント欄を非表示にします。本車両について語りたい方は[[外部掲示板>雑談用]]を利用してください。