Lätt Stridsfordon 120

Last-modified: 2024-06-19 (水) 11:49:23

Tier9 スウェーデン 駆逐戦車 (課金戦車) / 略称: Lätt Strf 120 / 日本語表記: レット・ストリッツフォードン エットフンドラシューゴ

Lätt Stridsfordon 120.jpg
UDES 03を前後に縮めたような寸詰まりの車体と他のスウェーデン駆逐戦車よりも一回り大きい主砲が特徴的。

スペック(v1.25.0)

車体

耐久値1,500
車体装甲厚(mm)40/20/20
最高速度(前/後)(km/h)50/45
[10/10]
重量(t)20
実用出力重量比(hp/t)17
主砲旋回速度(°/s)16
視界範囲(m)360
モード切替時間(s)
(移動→射撃/射撃→移動)
2/1.3
本体価格(Cr)
修理費(Cr)
超信地旋回可/不可
ロール狙撃型駆逐戦車
 

武装

名称発射速度(rpm)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力AP弾DPM精度(m)照準時間(s)弾速(m/s)総弾数弾薬費(Cr)重量(kg)俯仰角
12 cm Bofors strvkan L/406.32APCR
HEAT
HE
290
330
60
420
420
530
2,6530.4
[0.3]
3
[1.2]
1,350
1,100
1,100
401,215
4,800
795
1,600-10°/+12°
[-14°/+17°]
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
Volvo TD 12034010700
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
Lätt Stridsfordon 12026306,000
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
Ra 40071045
 

乗員

1Commander(Gunner)2Driver(Gunner)3Radio Operator(Loader)
 

拡張パーツ

改良型換気装置Class2装填棒Class2砲垂直安定装置×改良型旋回機構Class1改良型照準器Class1追加グローサーClass1
改良型無線機×車長用視覚システム×改良型モジュール構造Class1改良型装甲材Class2内張り装甲Medium
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時25.99%4.68%
移動時15.62%2.81%
 

射界

射界左0°/右0°
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示
v1.25.0新規実装

解説(v1.25.0)

  • 火力
    • 12 cm Bofors strvkan L/40
      口径は120mm。単発火力は駆逐戦車としては低めで、DPMも単発火力を考慮すると微妙な水準。
      通常弾のAPCRは貫通力290mmと優秀で、弾速も速い。課金弾のHEATは弾速がHEAT弾としては速いものの、貫通力の伸びはやや悪い。
      精度、照準時間、照準拡散はStrv 103-0と同等。
      俯角は射撃モード時で-14°に達するため不足することはほぼないだろう。仰角も+17°と及第点。
      移動モードでの可動範囲は左右射界こそ0°で固定だが、仰俯角は十分に取れるという特徴がある。この特徴から、近距離ではあえて移動モードを使い射撃後は即退避などの立ち回りが可能。
       
  • 装甲
    正面上部は40mm厚の77~79°傾斜で180~200mm相当(HEAT、HE)。口径120mm以下のAP、APCRは跳弾可。ただしキューポラや中央付近の段差は弱点になっている。
    正面下部は上半分が40mm、下半分が20mmでいずれも傾斜は乏しく、通常砲の榴弾にも貫通される。
    S Tankシリーズと異なり、履帯上部分は空間装甲ではなく、ダメージ判定のある車体扱いになっている。そのため、敵からの撃ち上げ状態で起動輪を撃たれると、ダメージが入ってしまう。
    側面、背面、天板は20mmしかなく、自走砲の榴弾が直撃すると貫通する可能性が高い。
     
  • 機動性
 
  • 偵察性
    隠蔽性は見た目通り非常に高い。視認範囲は狭め。
     
  • その他
    搭乗員構成は他のS Tankシリーズと同一で、搭乗員育成に使える。
     

史実

情報提供

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。
アーカイブ重複内容が無いか確認し、考えてから書き込みをしましょう。
アーカイブ1
コメントの際、当該wikiのモラルを尊重した行動をお願いします。

 
上記を理解した上でコメントを書き込みます
  • 初期機動性は悪い印象だけど野戦改修でかなり改善されますね これならタボチャも要らないかも -- 2024-06-06 (木) 22:10:05
  • 通常弾が優秀だから金策には良さそうだが・・・ガチャ毎月やるつもりなんだろうか?もうついていけん。 -- 2024-06-07 (金) 17:01:34
    • 気休めにもならんかもしれんがホリデーシーズン以外のガチャ産tier8or9は遠くない内にショップで買える傾向にあるっていうのと、性能面でもホリデーシーズン産よりは抑えめに設定されてるって事を踏まえると、車両目的でガチャする必要性は薄いと言える。どうしても今すぐ欲しいとかなら仕方ないけど。 -- 2024-06-07 (金) 18:58:51
      • 龍船節と春節にイベントがあるのは毎年だけど、今年はガチャになったからガチャ増えたなって思うね。今回のガチャはアジア圏限定だからアジアはガチャ好きと思われてるのかもしれない。去年はエメラルドボックスでKa-Ri、マーズボックスでTL-7(アジアはその前年のゴールデンオータムでTL-7出しちゃったから新車両では無いが)だったが半年くらいで売られてたからまあガチャ引かなくてもそのうち販売されるだろう。 -- 2024-06-08 (土) 08:00:46
  • 正味コイツならではの強みってのが見当たらないんだよなぁ。単発が103-0よりちょっと高いとはいえ、振れ考えれば事実上誤差だし、口径の分3倍ルールの範囲が広いって言っても対象になる厚さが5mmの違いじゃ貫通可能な相手が劇的に増えるとも思えない。と言うかそもそも本家同様車高の関係で平地じゃそんな装甲厚の場所は狙えないし、撃ち下ろしで天板とか狙えるならもはや3倍ルールとか関係ないし……。 -- 2024-06-14 (金) 18:10:24
    • 40mm装甲に跳弾されないのは結構差が出る部分だと思いますけどね。正面から見える傾斜天板が40mmの車両とか、遠距離狙撃だと意図しない傾斜面に当たって跳弾とか多いですし。俯仰角の広さや隠蔽の高さは攻撃面で優位ですし、ボーナスもついてるのでツリー車両と比較して十分存在意義はあると思いますね。課金額相応かはまた別ですけど。 -- 2024-06-17 (月) 08:30:10
      • 40mmにはギリギリ跳弾されてしまいますよ。Tier IX課金としては破格の扱いやすさなのは間違いないですね! -- 2024-06-17 (月) 20:35:40
      • 35~39mmの相手では抜けるって言われても魅力的ではないな。弱いとまでは言わないので、これ目当てで回す程の価値はないが後のボックス等で手に入れたら育成や金策に使える性能は十分ある。 -- 2024-06-18 (火) 00:39:15
  • 103と比べて車体の小ささ、隠蔽、HEAT、俯仰角、被弾時の拡散、その上優遇まで付くというだけで楽しめる子だと思うけどなぁ。 -- 2024-06-18 (火) 07:48:08
    • 被弾時の拡散というものは存在しません。差があるのは発砲時の拡散です。発砲時の拡散も発射速度を考慮すると実質意味はありません。 -- 2024-06-18 (火) 16:50:06
  • こいつの強みは癖が強すぎるTier9課金にしては通常ツリーのSタンクと性能がほぼ相互互換な所 -- 2024-06-19 (水) 11:49:23