P.43

Last-modified: 2021-03-04 (木) 23:25:44

Tier 5 イタリア 中戦車 (日本語表記: ペサンテ・クワランタトレ)


↑ P.40 + Cannone da 75/34


↑ P.43 + Cannone da 75/46


↑ P.43 + Cannone da 75/50 Skoda

スペック(v1.10.0)

車体

耐久値570⇒600
車体装甲厚(mm)80/50/50
最高速度(前/後)(km/h)42/18
重量(初期/最終)(t)29.4/30.04
実用出力重量比(hp/t)14.32
本体価格(Cr)375,000
修理費(Cr)
超信地旋回不可
 

武装

名称発射速度(rpm)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力AP弾DPM精度(m)照準時間(s)弾速(m/s)総弾数弾薬費(Cr)重量(kg)俯仰角
Cannone da 75/3414.29⇒
14.63
AP
HEAT
HE
97
130
70
110
110
175
1,571⇒
1,610
0.412.2637
557
557
9566
3,200
147
400-10°/+20°
Cannone da 75/4613.95⇒
14.29
AP
HEAT
HE
107
140
70
110
110
175
1,535⇒
1,571
0.412.3750
650
650
7580
3,200
147
747
Cannone da 75/50 Skoda14.63AP
APCR
HE
118
146
38
110
110
175
1,6100.412.4775
1,000
775
7588
2,800
80
800
 

砲塔

名称装甲厚(mm)旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
P.4050/40/40383303,000
P.4380/50/50403503,500
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
SPA 342330151,662
Maybach HL 120 evoluzione400201,000
SPA 242430201,300
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
P.4330448,000
P.43 v.s.32488,000
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
R.F. 2 C.A.41535
R.F. 3 M. 2525136
 

乗員

1Commander(Radio Operator)2Gunner3Driver4Loader
 

拡張パーツ

Class2Class2×Class2Class2Class2
××Class2Class2Medium
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時14.02%⇒13.69%3.56%
移動時10.49%⇒10.24%2.66%
 

派生車両

派生元P26/40(MT/11,850)
派生先P.43 bis(MT/25,510)
 

開発ツリー

クリックで表示

Cannone da 75/34
(初期/29,000)
Cannone da 75/46
(3,100/31,300)
P.43
(2,450/10,150)
Cannone da 75/50 Skoda
(3,550/36,000)
P.43 bis
(25,510/905,000)
P.40
(初期/4,800)
R.F. 2 C.A.
(初期/8,200)
R.F. 3 M. 2
(4,080/23,400)
SPA 342
(初期/11,400)
Maybach HL 120 evoluzione
(1,440/16,100)
SPA 242
(1,900/21,800)
P.43
(初期/4,500)
P.43 v.s.
(2,200/9,500)
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示

v1.0.1新規実装
v1.9.0Cannone da 75/34の総弾数を63発から95発に変更
Cannone da 75/46の総弾数を63発から75発に変更
Cannone da 75/50 Skodaの総弾数を63発から75発に変更
修理費用を23%ダウン
収益性を6%ダウン
P.40砲塔時のHPを420から570に変更
P.43砲塔時のHPを460から600に変更

解説(v1.0.1)

  • 概要
    v1.0.1で追加されたTier5のイタリア中戦車
    大戦後期、フィアット社及びアンサルド社がP26/40と併行設計していた30トン級戦車の計画案である。
     
  • 火力
    どの砲を選んでも一長一短なので自分に合った砲を選択しよう。
    俯角は-10°と優秀で地形対応力は高い(砲塔の向きによる俯角制限もなし)。
    • Cannone da 75/34
      P26/40から引き継ぐ初期砲。榴弾の貫通力が高いのが特長であり、同じ性質の中間砲よりDPMと照準時間に優れている。
      ただし格上相手には貫通力が不足し、弾速もかなり遅いため扱いづらい。
       
    • Cannone da 75/46
      中間砲。初期砲と同じく榴弾の貫通力が高い。
      通常弾の性能はTier相応となり、弾速も初期砲に比べればそこそこ改善されている。低水準ではあるものの榴弾砲と見紛うレベルではなくなった。
      しかしながら、課金弾がHEATな上に火力も貫通力も頼りにならず、傾斜装甲や空間装甲に弱い特性も合わさって格上に対抗する事は困難と言わざるを得ない。
      榴弾を活かすためには側背面に回り込んだり紙装甲の相手を狙っていきたいが、機動力の低い本車は正面戦闘を余儀なくされる機会も多く、上手く活用するのは難しい。
       
    • Cannone da 75/50 Skoda
      最終砲。榴弾の貫通力は並に落ちてしまうものの、弾速や通常弾の貫通力が増加して扱いやすくなる。発射速度も本車の主砲では最も早い。課金弾は貫通力の伸びこそ良くないが、APCRになったことで安定度が増すのに加え、弾速も一気に増加する。
      一方で照準時間が長い上、精度には改善が見られないため遠距離射撃には向いていない。
       
  • 装甲
    装甲は全周に渡って厚く、昼飯の角度を活用すれば同格の砲撃を弾くことも可能だ。
    側背面もほぼ全域50mm厚あり、このTier帯に多い105mmHEが貫通しにくいのは大きな長所である。
    ただし、耐久値は同格中戦車の中では少ない方である点には注意。
    • 砲塔
      • 初期砲塔
        外見は最終砲塔に瓜二つだが、前面でも50mm程度しかなく頼りない。
         
      • 改良砲塔
        砲周辺の丸い部分は100mm、その周りの垂直面が80mm。格上相手に戦えるほどではないがTier5中戦車としては悪くはない装甲厚である。
        ただし50mmのキューポラと正面から見える25mmの天板には注意が必要で、特に天板は自走砲に対して非常に脆い。正面に限れば見える範囲こそ広くはないものの、こちらも76mm以上の口径を持つ砲には3倍ルールでほぼ貫通されてしまう。*1
        ハルダウンの姿勢を取ることで弱点はある程度隠すことができるので、-10°の俯角を活用しよう。
    • 車体
      かなり強固で、Pz. III/IVを上回る防御力を持つ。
      前面装甲は約45°傾斜の80mmであり、正面から捉えた場合の見かけ上の装甲厚は110mm前後となる。下部も同様の傾斜があり、格下戦車の通常弾はほぼ無効化できる。
      側背面は履帯裏含めてカタログ値通り50mmとなかなか優秀で、ある程度車体を傾ければ同格中戦車の通常弾も弾き返すようになる。車体に限って言えば代表的な同格重戦車KV-1以上の防御力を持っているといって差し支えない。
      しかしこの戦車はリアエンジン・フロントドライブ方式を採用しているため、正面下部を撃ちぬかれるとエンジンが破損するという欠点がある。抜かれにくいとはいえ注意すべきである。
       
  • 機動性
    車体の旋回は速い(中戦車ではトップクラス)ものの、最高速度は中戦車としては遅めで出力重量比も物足りない。*2
     
  • 総論
    防御面が強く、狙撃には適さない主砲の性能もあり、接近戦重視の中戦車である。ティアトップであれば時には味方の盾役をこなせる程度には強固な装甲のお陰で、重戦車と共に前線で撃ち合う場合も他の中戦車より粘り強く戦える。その反面で機動力は不足気味だが、中戦車の域には収まっている為、装甲に頼れないミドルやボトムの戦場では中戦車らしく足も使って臨機応変に立ち回る必要がある。
     
    なおこうした「格下相手には頼れる装甲」「遅い弾速」はイタリアMTツリーの中ティア車輌を通しての特徴でもあり、機動力の方は今後改善されていくものの、前述の2点については今後しばらく続く。今の内に慣れておくと良いだろう。
 

史実

この P.43 は、イタリアで1940年代中盤に開発されていた中戦車であり、1:10スケールの木製モックアップが1両製造されたに留まりました。(ゲーム内説明より)

情報提供

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。

アーカイブ1

※実装または車両性能変更アップデートから3か月以上経過した車両であるため、管理人の提案に基づき新規コメント欄を非表示にします。本車両について語りたい方は外部掲示板を利用してください。


*1 逆に75mm以下であればほぼ跳弾する。76mm砲は米ソに多い事を覚えておくと多少役に立つ…かもしれない。
*2 出力重量比では同格HTのT14にすら劣っている。