Top > Progetto M40 mod. 65
HTML convert time to 0.013 sec.


Progetto M40 mod. 65

Last-modified: 2018-09-20 (木) 21:31:09

Tier 10 イタリア 中戦車 ( 略称:Progetto 65 / 日本語表記:40トン級戦車1965年型計画案) Edit

Progetto_M40_mod_65-min.PNG
↑ Progetto M40 mod. 65 + Cannone da 105/51 M68
性能は異なるが、主砲にはM48A5 PattonM60と同じ105 mm Gun M68(L7のアメリカ仕様)が用いられている。

スペック(v1.0.1) Edit

車体

耐久値1,900
車体装甲厚(mm)50/40/25
最高速度(前/後)(km/h)65/23
重量(t)40
実用出力重量比(hp/t)18.75
本体価格(Cr)6,100,000
修理費(Cr)24,919
超信地旋回
 

武装

名称連射間隔(s)各装填時間(s)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力弾倉合計攻撃力精度(m)照準時間(s)弾倉/総弾数弾薬費(Cr)重量(kg)俯仰角
残弾数
Cannone da 105/51 M682.516/14/12/10
(計:52)
APCR
HEAT
HE
268
330
105
360
360
440
1,4400.332.14/60930
4,800
1,120
1,282-9°/+20°
0/1/2/3
 

砲塔

名称装甲厚(mm)旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
Progetto M40 mod. 65120/40/30364009,000
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
Mitsubishi 10ZF750102,200
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
Progetto M40 mod. 65435411,000
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
R 19750300
 

乗員

1Commander(Radio Operator)2Gunner3Driver4Loader
 

拡張パーツ

Vertical StabilizerMk1Improved VentilationClass2"Cyclone" Filter×Fill Tanks with CO2RammerMedium Tank
Spall LinerMedium"Wet" Ammo RackClass1Additional Grousers×Enhanced SuspensionTorsion Bars 3 t Class
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時15.39%3.22%
移動時11.57%2.42%
 

派生車両

派生元Prototipo Standard B(MT/197,000)
派生先なし
 

開発ツリー

クリックで表示
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示

解説(v1.0.1) Edit

  • 概要
    v1.0.1で追加されたTier10のイタリア中戦車
    1960年代、Leopard 1導入以前のイタリアが独自設計したとされる主力戦車の計画案である。
     
  • 火力
    前方~側面135°までは俯角-9°とれるが、後方は-3°までの制限が掛かる。
    • Cannone da 105/51 M68
      1セット4発の105mm自動再装填砲。
      イタリア特有のオートリローダーに加え、貫通力・照準拡散・照準時間は単発組に準ずる優秀さを持つ。
      一方、単発火力360は他の105mm組と比べて一回り低く、完全装填の状態で単発砲運用した場合であってもオートローダー組と同程度のDPMしかない。当然だが、残弾0の状態での単発砲運用はTier10戦車最低のDPMとなってしまうので注意。
      一発ごとのDPM
       
  • 装甲
    • 砲塔
      正面からの投影面積は小さいが、縦に長い独特の形状があだとなり、横方向を向くとたちまち巨大な後頭部を晒してしまう(米T29と同じような欠点)。遮蔽物からはみ出してしまう可能性もあるので、出来るだけ横には向かないようにしよう。
      正面は最大120mm厚のお椀型。防楯や外縁部に限れば防御も期待できるが、大抵は難なく貫通される。
      シュモクザメの目のように飛び出ているのは測距儀であり、60mmの空間装甲扱いであるが、裏に装甲がないので普通にダメージが入る。
       
    • 車体
      上部は正面50mm、側面40mmと装甲自体は薄いが、傾斜がかなりきつく口径120mm以下のAPやAPCRは強制跳弾になりやすい。
      当然、強制跳弾以外で防ぐことはないので過信は禁物。
       
  • 機動性
    かなり良好であり、Leopard 1と出力重量比が少し劣る以外はほぼ同じである。
     
  • その他
    視認範囲・隠蔽性ともにTier10中戦車としては平凡。
     
  • 総論
     

史実 Edit

詳細

情報提供 Edit

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。

アーカイブ1

※実装または車両性能変更アップデートから3か月以上経過した車両であるため、管理人の提案に基づき新規コメント欄を非表示にします。本車両について語りたい方は外部掲示板を利用してください。