Top > ゲームモード:遭遇戦と優勢戦


ゲームモード:遭遇戦と優勢戦

Last-modified: 2018-10-24 (水) 15:30:30

 

ここでは遭遇戦と優勢戦について、各々の特徴と戦略的な考察を交えながら説明します。

 

遭遇戦 Edit

  • 勝利条件
    1) 全ての敵車両を撃破する
    2) 占領サークル内でカウント100まで占領を続ける
 

基本的な展開 Edit

各マップ毎の具体的な特徴については「各マップページのセオリー」を参照。一部のマップではここに書いてある展開通りではない事もあります。

開始時の配置は車種によって2~3グループに分けられており、基本的にはこのグループに沿って行動することが多いです。
そのため進路も二手に分かれますが、そのまま離れていってしまうのではなくある程度グループ間の距離を維持しつつ進行するべきでしょう。
敵も同じように分散しているとは限りません。分散していたところでそれぞれが確実に勝てる訳でもありません。
そういう場合にグループ間の距離が空きすぎていると、ジリジリと倒されていってしまいます。当然残った敵の2グループをこちらの1グループのみで撃破することは不可能に近いです。
きちんと距離を保ちつつお互いのいる場所を遠くからでも打てるようにしておけば、もしも片方が劣勢でも余裕のあるもう片方が打てるかもしれません。
その結果不利な戦闘が発生しても援護が行いやすく、生存率を上げることに繋がります。

尚、同じような理由から勝利条件の「カウント100まで占領を続ける」を最初から狙うことも推奨されません。
これは占領地からは基本的に射線を通しにくいようになっており、グループのどちらかに数的不利をもたらしてしまうためです。
占領は中盤から終盤に掛けて、「敵をおびき出す手段」としてだけ見ておきましょう。

Tier5以上の戦場において軽戦車などは偵察役として先行して進軍することが求められますが、うっかり敵のグループと遭遇してしまった場合は後ろに旋回して逃げるのが無難です。
敵のグループに対し装甲の貧弱な軽戦車では勝機は無いに等しく、後々必要な役目を放棄してしまうことになります(これも開幕爆散の一種で、地雷行為と判断されかねません)。
戦うのは後ろに控えている味方中戦車・重戦車に任せ、一旦離れて敵から身を隠してから(スポット切り)新たな敵のスポットや挟撃へ向かいましょう。

逆に数的有利を意識して味方全体が一箇所に固まりすぎると(レミングス)、挟み撃ちされて思うように反撃出来なかったり包囲されて逃げ場がなくなる危険がありますので、きちんとグループに分かれましょう(相手に軽装甲が多く敵のニグループが揃うまでに一グループを撃破出来るなら、この限りではありません)。

<序盤の進み方>
序盤の望ましい進行方向は上記参考ページにある通り、各マップの特性・自分の車種・双方の車種のバランスから判断します。
しかし不慣れな内は、指示が無い限りどちらに向かって進むべきか迷ってしまうでしょう。

上にある通り味方と離れてしまい、一人で行動した結果敵に撃破されるというのはあまり良くありません。
まずはそれを避けるために、味方と共に行動するのがいいでしょう。

もしかしたら味方も同じように慣れておらず、誰も動き出さないかもしれません。
そんな時は自分から動き出し、味方を導いてあげましょう。
この時に導く場所はマップにより異なりますが、可能な限り身を守れる壁や遮蔽物が多い場所にしてあげるとベストです。

尚Tier5以上の軽戦車は「偵察」という重要な任務を請け負うことになるため、開幕の行動はかなり異なります。
そのため慣れるまでは軽戦車に乗るのは控えると良いでしょう。
適切に進軍して無傷で偵察することが出来る様になれば、立派な軽戦車乗りです。

 

優勢戦 Edit

  • 勝利条件…占領で1000ポイントを取得するか、全ての敵車両を撃破する
    • ポイントは両チーム300から始まり、占領や敵戦車の撃破で増減する。敵戦車の撃破によるポイントは、1台につき40(最上位Tier)又は30(それ以外)ポイントが撃破された側のチームから引かれ逆のチームに加算(奪取)される。
    • 敵を全滅させても勝てるのは遭遇戦と同じ。
       
  • 公式サイト
    「優勢戦モード」登場

遭遇戦との違い Edit

  • ①占領の重要度が高い
    優勢戦では遭遇戦と違い、占領も重要です。序盤の取得ポイントに差があると、敵を追い詰めている途中でポイントで負けてしまうこともあります。
    あるいは、3~4台ほど残っている中盤で突然終了(気がついたら1000ポイント達成していた)することもあります。
     
  • ②占領地を離れてもポイントが増えていく→戦力的負担が軽い
    優勢戦の占領は15秒ほどで完了します。その後は占領地を離れても、敵が占領を奪いに来るまで自陣のポイントを増やし続けてくれます。
    遭遇戦での占領者は勝つまでの約100秒間サークルに留まらなければなりませんが、優勢戦では15秒で戦力に復帰できるということです。ここが遭遇戦との大きな違いです。
     

戦略 Edit

殲滅と占領の重要度が同等なため、優勢戦で取るべき戦略は、チームとしてどちらを重視するかでまず分かれます。

  • ①占領重視
    敵よりも多くの占領地を取ることを優先します。この場合、過半数の占領が取れた後は時間が経つほど有利になるので無理に攻めないことが重要です。特に遠隔地の占領に回った戦車は、無謀な前進を避け奪還にきた敵を迎え撃つ程度に抑えておきます。時には一旦下がり、主戦場の味方のサポートに回ることも考えます。
    他の車両も占領地を確保したあとは、やや待ち気味に応戦することが大切です。1人だけ出過ぎて撃破されるとポイントが奪取される上に、頭数で有利に立った敵に付け込まれてしまいます。この場合の戦犯は、出過ぎて先に撃破されてしまった戦車です。
     
  • ②殲滅重視
    敵が占領で分散しているところを読んで、個別撃破を優先します。特に敵重戦車が遠隔地の占領に回ってしまっている場合はチャンスです。撃破により相手のポイントを奪取出来るので、試合を加速出来るメリットもあります。
    しかし長引くほど不利になります(ポイント数、敵占領役の戦線復帰)。特に強力な主砲を持つ駆逐戦車は、早期に撃破するため積極的に動いて射線を確保し砲撃していきましょう。
     
  • 《注意点》
    敵の出方によっては、①→②や②→①という展開も考えられます。
    戦法が食い違うと、占領に気を取られ味方主力が壊滅状態だったり、数的有利は保てているのに気付いたら占領地の数で差をつけられていたということがよく起こります。そのため常に味方の状況やポイント数に気を配りましょう。
    場合によっては占領を諦めて味方の支援に行く、一度戦線を離脱し敵占領地を取り返す等の臨機応変な立ち回りが求められます。
     

各車種の立ち回り Edit

各車種における、優勢戦特有の注意点を挙げておきます。

重戦車
駆逐戦車
中戦車
軽戦車
 

マップ別考察 Edit

優勢戦での各マップの動きをおおまかに見ておく。現在のところ優勢戦のない鉱山と蜃気楼は省略。

廃線
カッパーフィールド
ミデルブルフ
フォールズクリーク
ロックフィールド
ディスペア砦
砂漠の砂
失われた寺院
黒き黄金の村
オアシスの椰子
冬のマリノフカ
カスティーリャ
港湾
運河
ヒメルズドルフ
ヴィニヤード
大和港
渓谷
マヤ遺跡
沿岸要塞
王朝の真珠
 

優勢戦まとめ Edit

戦略でも書いた通り、占領と殲滅のどちらを優先して動くのか、チーム内で息を合わせることが大事。
占領で勝っていれば待ち気味で負けていれば攻めていく、と考えておけば遭遇戦よりも連携は容易でしょう。
優勢戦では「最後の1台が撃破される寸前に1000達成で逆転占領勝ち」という展開が起こりうるので、最後まで諦めないように。

 

レーティング戦 Edit

おもなルール Edit

  • Tier7~10戦車が対象
  • 戦績によって上下する「レーティング」の近い者同士で対戦
  • 一部を除き、全て最終モジュールを装備した車両のみ参加可能
  • 車両毎の役割設定による厳格な組み合わせルール
  • 中間レーティング(3000前後)ほど勝敗によるレーティング変動が大きく、そこから離れるほど小さい
  • 勝利時ボーナスあり
    • ゴールド・プラチナ・ダイヤ…スペアパーツ +10%~30%
    • EXP +10%~25%(上位Tierほど高い)

解説 Edit

レーティング戦が通常戦と異なるのは、マッチング上のルールと戦績結果の影響だけなので、プレイする上での戦略は変わらない。
しかし同程度のレベル同士でマッチングする都合上、わずかな油断が命取りになるだろう。

低レートにおいては勝敗よりプレイヤースキルの向上を目的とし、とにかく積極的に動いてみる。そうすることで、「これ以上出ると高確率で死ぬ」「ここまでなら敵を発見でき、危なくなっても逃げ切れる」という間合いの感覚が身につく。そしてそれが実力とレーティングのアップにもつながるはずだ。

 

MAD GAMES Edit

2018年ハロウィンイベント。Tier6以上の戦車を使用し、各戦車に通常とは一味違う「戦車改良」を施して戦う。
マップはオアシス、砂漠とオリジナルの専用マップ「廃墟」の3種、かつ優勢戦固定。
期間も短いので、試合のポイントを説明するにとどめる。
ルール等の詳細はイベントページ参照

試合のポイント Edit

  • 戦車改良の影響で、全体的に試合の決着が早い。
  • 改良の影響で、連携が非常に重要な意味を持つ。味方と離れてしまいがちな人は、この機会に連携の重要性を学ぼう。芋やマップ逆サイドへの走行で孤立すると、文字通り一瞬で蒸発することも珍しくない。
  • 偵察の際は、カメレオン発動か、ハイオクや加速器を使い、敵を発見したらすぐに隠れる準備をしよう。敵にコーディネーター持ちがいると、通常より遥かに離れた場所から発見される。もたもたすると、照射器や命の駆け引きで、これまた一瞬で蒸発する。なので、これらの改良の最初の発動は、開始直後のスタートダッシュではなく、主戦場に接近する際に用いることを勧める。
  • 1発でも被弾したら、とにかく隠れる癖を身に着けよう。再生器持ちがいれば回復可能な上に、リーチが掛かる(あと1発で死亡)と、カメレオンで簡単にトドメを刺されてしまうからだ。
  • このモードでの結果は戦績に影響を与えない。回復があるために総ダメージ量が増加することもあり、プレ垢での資金稼ぎや購入車の経験値稼ぎが捗るので、立ち回りを勉強するつもりで色々と試しながら、気楽に存分に楽しもう。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • それはマッチング待ちの人じゃないですかね? -- 2018-09-06 (木) 03:06:55
  • ニュースやトレーニングを選択する画面一覧の一番下に「プレイヤー」て書いてあるのでそれが今の時間帯のログイン人数だと思います -- 2018-09-06 (木) 03:09:53
  • レーティング戦のポイントて0になることあるんですかね? -- 2018-09-09 (日) 17:06:26
  • 仕方ないとはいえ、20戦未満が半数越えとか、チーム内のレーティング差が激しくて辛い、小隊禁止になって人増えると思ったのにな -- 2018-10-15 (月) 07:32:19
    • レーティング戦での報酬を上げないとわざわざレーティング戦するより通常戦でもいいよて人が多いのかもしれないですね -- 2018-10-21 (日) 21:09:00
  • 今更ですがMAD GAMESを追加。 -- 2018-10-22 (月) 21:58:55
    • イベントページ出来たし、イベント専用モードはイベントページに記述する旨を表記した上でそっちに移した方が良いんじゃないかなと思った。すぐなくなっちゃうしね -- 2018-10-24 (水) 05:20:11
      • おっしゃる通り。重複する部分を削除し、このページの他の内容に合わせたポイント説明に留め、イベントページに誘導リンク貼りました。 -- 2018-10-24 (水) 15:29:42
  • レーティング戦クレジット優遇も付いたら人気出るのになぁ -- 2018-10-28 (日) 18:22:43
  • 低Tier、bot多過ぎだろ。スポットされない限り放置vsスポットされない限り放置とか試合終わんねぇよ -- 2018-11-07 (水) 05:12:48
    • とりあえず中学校の入学式で幼気な少年少女の必死なまじめ顔でつったったままの姿を愛でる気持ちになって落ち着くんだ -- 2018-11-07 (水) 10:51:34
  • レーティング戦に活気のあるのは何時ですか? -- 2018-12-16 (日) 15:47:38
  • 全然優勢戦ができないんだけど原因が分からない。 優勢戦にチェック入れてるのに遭遇戦になるし、優勢戦と遭遇戦の両方にチェック入れておいて -- 2019-01-20 (日) 12:35:48
    • 途中ですまん。 それでようやく20回中1~2回くらいしかできない。 -- 2019-01-20 (日) 12:36:47
      • tierはどうかい?5だとボトムでは自動的に遭遇戦になるよ -- 2019-01-20 (日) 12:55:01
      • ボトム→トップ -- 2019-01-20 (日) 12:55:17
      • サンクス 5でやってたから6でやってみるわ。 -- 2019-01-20 (日) 22:46:32
  • 前回のシーズンのレーティング戦でプラチナまで上り詰めたのにアバターと迷彩支給されないのなんで?またこんな勝率下げたくない糞共の集まりの中で4000目指さないといけないのかよ -- 2019-02-06 (水) 23:08:59
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White