121

Last-modified: 2021-06-01 (火) 14:04:34


Tier 10 中国 中戦車 WZ-121


WZ-120から車体がやや大型化
 

中国のTier10中戦車。
これまでおなじみのお椀型砲塔に高単発・爆速照準・ガバガバな砲拡散の砲を持ち、まさに中国中戦車ルートの最後を飾るにふさわしい車輌である。
59式戦車に続く69式戦車(WZ-121)に相似した外見をしている。

 

公式解説

このツリーの中心車輌は、Type 59 の改装型です。この戦車についてもソ連車輌との比較が可能です。というのも、121 の製造による大きな変更はないからです。ソ連の「同志」と比較すると、121 の正面装甲は厚く兵装は強力ですが、運動性と砲安定性では劣ります。

 

関連車輌:121B

 

基本性能(v6.5.0)

車体Tier国籍タイプ耐久値
(HP)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高
速度
(km/h)
初期
重量
(t)
本体価格
(クレジット)
WZ-121中国中戦車1800120/80/6056/2039.006,100,000
 
実用出力重量比(hp/t)14.87
 

武装

Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


122 mm 60-122TG6.90AP
HEAT
HE
245
290
68
420
370
500
2898
2553
3450
0.371.0400000
0000 00
0000
2,257+15°
-6°
 

砲塔

Tier名称装甲厚(mm)
前面/側面/背面
旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
WZ-121240/130/604026010,000
 
射界全周
 

エンジン

Tier名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
12150L758012935
 

履帯

Tier名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
WZ-12142.00537,700
 

乗員

  1. Commander
  2. Driver
  3. Gunner
  4. Loader(Radio Operator)
 

派生車両

派生元:WZ-120
派生先:なし

 

開発ツリー

WZ-120WZ-121
275,000

122mm 60-122TG

WZ-121

12150L7

WZ-121
 

:必要経験値
:必要クレジット

解説

v4.6.0で追加されたTier10中国中戦車。
お椀型砲塔に大口径砲と最早お馴染みの構成である。

装甲

  • 車体
    正面装甲はT-54と同等の120mm(傾斜込みで200mm程度)ではあるがほとんど役に立たない。またモジュール配置はWZ-120と似たようなものであり燃料タンクや弾薬庫が同格戦車に比べ脆いという特性もそのまま。

    車体側面装甲が80mmと豚飯をする必要最低限の装甲が備わっているため、市街地での戦闘を強いられる場合は豚飯も一つの戦術として有効である。もちろん最低限備わっているだけなので同格重戦車の豚飯ほどの信頼性は無い(純粋な装甲厚によるものではなく強制跳弾により跳弾を行うため)。

  • 砲塔
    砲塔正面は240mmでさらに避弾経始に優れた形をしているため、垂直部を狙われにくい中距離以遠であれば高い防御力を発揮できる。しかしハルダウンしていても350mmを超える高貫通弾にはやや分が悪い。
    キューポラは傾斜部が多く弾きやすいが、少し大きめのため、相手が精度の良い砲をもつ車両の場合は割と抜かれてしまう。回避運動は欠かせない。

    砲塔装甲はある程度信用なるものの弱点も多く、近距離戦でのハルダウン合戦は劣悪なレティクルの拡散、脆い車体も相まって苦手。
    特に相手が高貫通砲を有していたり、T-62ASTB-1といったハルダウン番長である場合は弱点を狙うのが厳しいため彼らとのハルダウン合戦は避けたい。

 

主砲

  • 122 mm 60-122TG
    中国中戦車おなじみの高単発・爆速照準・ガバガバな砲拡散とWZ-120同様に癖が強く使い手を選ぶ砲であるが、ここまで中国中戦車ルートを進めて来た戦車長なら特に問題なく扱えるだろう。
    基本的な性能は前身と変わらないものの、全体的な性能が底上げされている。特に俯角が6度と劇的に(中国戦車基準)上昇しており、WZ-120の俯角3度と比べると感動を覚えるレベルの改善だろう。

    単発火力もアップデートによる上方修正によりAP/HEAT=420/370と上昇、装填時間も改善されDPMは500程度も上昇している。
    精度も前身より若干改善されており、ストレスなく扱えるだろう。

    またTierと共に貫通力も前身から上がり、他の中戦車と肩を並べる程までになった(AP/HEAT=245/290)。

    総じて非常に優秀な砲で、撃ち合い、単発火力ともにまったく不足がない。出来れば一方的にダメージを与えたいところであるが最悪弾は交換になってしまっても勝てるという大きなアドバンテージとなっている。

 

機動性

前身に比べ加速性能がかなり改善されたが、MT全体で見ればやはりもっさり。T-62Aと比べ加速はやや悪いが最高速は勝っている。
まさに中国戦車、と言った具合である。燃料や拡張パーツを積む事でもっさり感は多少改善されるだろう。

 

総論

単発の高さと強固なお椀型砲塔を持つため、前線への適性は高い方。単発と発射速度がバフされ、DPMも高水準になった。
だが俯角は6度と充分とは言えず、さらに車体が大型化しているため他のMTが使える地形を利用して戦うのは難しい。かと言ってHTのように使用するには装甲が頼りない。

最後に本車の明確な欠点をまとめる。
・同格MT最低のHP(装甲増加も選択肢に入るためより少なく感じられる)
・同格MT最低の照準拡散値
・同格MT最低レベルの加速能力
・同格MT最低レベルの車体サイズ(車体が長いせいで思った以上に被弾しやすい)

射撃においては一線を画す性能を有しているため上手く扱えれば大活躍できるポテンシャルを秘めている車両ではあるが、とにかく他国戦車以上にクセが強い。
玄人向けである中華中戦車ツリーの最終に位置するにふさわしい車輌と言えよう。

 

特徴

長所

  • 優れた単発火力
  • この口径では破格のDPM
  • 優秀な最高速度
  • 避弾経始に優れた堅牢な砲塔装甲
  • 中華戦車特有の爆速の照準速度

短所

  • 非常に劣悪なレティクル拡散(特に移動時の拡散は前車輌よりも悪い)
  • 改善されたとはいえ相変わらず不足気味な俯角
  • Tier10中戦車ワーストタイのHP
  • 縦に長く大きめの車体
  • モジュール耐久値が低い

歴史背景

格納

59式戦車(Type 59)に基づく新型中
戦車の開発が、1962年開始されました。
火力および装甲防御の強化を目指していたこ
の計画は間もなく中止されたものの、本車の開
発で得られた技術革新の一部が、その後の69
式戦車(Type 69)の開発に活かされました。
(ゲーム内説明文)
(注:以上の記述はWGとその提携企業からの資料
提供に基づいており、真偽の程は不明である。)

 

生産番号WZ-121とは69式戦車のことである。
ただしWZ-121計画は文化大革命により開発ス
トップするブランクがあったり、T-62
現による性能の見直しがあったりなど長期に渡る開
発のため、ゲーム中の車輌は69式戦車の名前が与え
られる前の試作車輌の可能性がある。
両車を見比べると、砲塔の形状は主砲以外ほぼ同
じだが、車体上部が全域にわたって砲塔のサイズ
に合わせて広くなっている(69式戦車は砲塔の部分
だけリング径に合わせて膨らんだような形状)。
試作型の時点で100mm滑空砲や100mmライフル
砲を搭載されていたと言われており、122mm砲
搭載のWZ-121が企図されていたかは定かではな
い。
あるいは121がWZ-121がベースの架空戦車の可
能性もある。

 

WZ-121は59式戦車の生産が乗り始め
た頃に次期主力戦車として開発がスタートされ
た。新戦車には貫徹力の高い100mm滑空砲が
採用され、砲安定装置や射撃統制システムによ
る高い命中精度を実現することが指示された。
1966年には最初の試作車輌が制作されたが、
同時期に発生した文化大革命による混乱によっ
て開発は遅延した。
1968年には開発作業が再開され、2台目の試
作車「68G試作車」が制作された。

 

1969年の中ソ武力衝突の折にT-62中戦車の鹵
獲に成功。これを分析し、暗視装置やエンジン
強制始動装置、115mm滑空砲を参考にした国
産砲など新技術を取り入れることになる。
中ソ国境紛争では、従来の中国軍の対戦車火
器の多くがT-62の装甲を貫通することができず
中国軍は苦戦を強いられており、T-62に対抗し
うる新型戦車の開発は最優先で推進されること
となった。
1970年2月にはT-62の分析によって得られた
技術を反映した試作車3輌が完成し、性能基準
を満たすものであったために量産が指示された
が各種コンポートの技術的成熟には時間を
要することが判明したため、生産命令は撤回さ
れた。
その後、信頼性を確保できない部分に関して
は既存の技術で制作されたものに代替するこ
と、および設計の簡易化や見直しを行い、速や
かに国産主力戦車を実用化することが指示さ
れ、1974年3月2日にWZ-121は「1969年式中
型坦克」として正式採用されることとなった。

 

参考
戦車研究室


コメント

このコメント欄の書き込みはWiki内ではなく、zawazawaに行われます。
ページと関係ないことや、モラルを欠いたコメントは控えましょう。
名前欄への無意味な固定ハンドルネーム(通称:コテハン)はトラブルの原因となることがあるため、無記入を推奨しています。
Mバ報告などは戦果報告板へ。コンテナ(ガチャ)結果などはドロップ報告板へ。
他人への誹謗中傷、晒し行為は禁止です。見つけたら反応せずに通報してください。非表示設定にしても通報は行われません。

既存のコメントに関連したコメントをするときは、既存のコメント文頭にある〇をクリック(選択)してから書き込んでください。

zawazawaでは自分が書き込んだコメントしか編集することができません。
逆に自分が書き込んだコメントの修正・削除は簡単に行えます。詳しくは「ツリー化を間違えた場合」へ。

使用可能な書式はこちら

ツリー化,枝化について

ツリー化,枝化とは?


  • コメント1 -- 2018-09-28 (土) 6:00:00
    • コメント1に関連したコメント2 -- 2018-09-28 (土) 7:00:00
    • コメント1に関連したコメント3 -- 2018-09-28 (土) 8:00:00
      • コメント3に関連したコメント4 -- 2018-09-28 (土) 9:00:00

上のように、関連するコメントを子要素にすることを「ツリー化」「枝化」などと言います。
この「ツリー化」を行わないと、どのコメントに対する意見なのか分かりにくくなることがあり、混乱を招くため、必ず関連するコメントをするときは「ツリー化」を行ってください。

  • ツリー化を行うには既存のコメント文頭にある、〇をクリック(タップ)し、●にしてからコメントを投稿してください。
  • zawazawaから投稿する場合は、既存コメント下部の+をクリックし、「>>〇(数字)」と表示された状態にしてからコメントを投稿してください。

ツリー化を間違えた場合

ツリー化を間違えた場合
投稿後にツリー化を行うことはできません。
後からツリー化を行う場合は、まず投稿したコメントの末端部分、投稿日時横の「zawazawaで見る」アイコンをクリック(タップ)します。

リンク先で投稿したコメントの詳細表示がされるので、「削除」をクリック(タップ)して、投稿したコメントを削除してから、再度投稿しなおしてください。

ログインするメリットとなりすまし防止

ログインするメリットとなりすまし防止

zawazawaによるコメント欄は、もちろんログインせず、誰でも書き込むことが可能ですが、ログインすることにより以下のようなメリットがあります。

  • 「なりすまし」が行われない
    「なりすまし防止」欄で解説していますが、エイリアスがログインすることにより固定されるため、他人からなりすましをされる可能性が極めて低くなります。
  • コメントごとに「通報」を行うことが可能
    ログインすることでコメントごとに通報をすることが可能になります。
    詳しくは「コメントを通報するには」へ。
  • ログインしても匿名性を保てる
    通常、ログインするとハンドルネームが表示されてしまいますが、「アカウントと関連付けない」を選択してから投稿すると、ログインしてないコメントと同様に表示されます。

Diffanaと異なり、メールアドレス、Twitterから登録可能で、本Wikiの運営会社(wikiwiki.jp)が運営しているので、比較的信頼度の高いサービスとなっています。

また、zawazawaによるコメント欄では、どのコメントとどのコメントが同一人物なのか、ある程度特定することが可能です。

  1. 同一かどうか確認するには、まず各コメント欄上部にある「すべて表示」をクリック(タップ)します。
  2. 各コメントの投稿日時の後ろに、英数字が記載されていますが、これは「エイリアス」といい、ブラウザ、回線等を総合的に判断して乱数によって自動的に設定されます。

    このエイリアスを確認することにより、投稿されたコメントがどのコメントと同一人物なのかを判断することができます。
    また基本的にブラウザ、回線を変更してもこのエイリアスは変更されないため、なりすまし防止にも役立ちます。

コメントを通報するには

コメントを通報するには

ページと関係ないコメント、他人の誹謗中傷、晒しコメントなど、不適切なコメントはコメントごとに通報することができます。

  1. 通報を行うには、まず通報したいコメントの末端に表示される、「zawazawaで見る」をクリック(タップ)します。
  2. 当該のコメントがzawazawaで表示されるので、「通報...」をクリック(タップ)します。
    なお通報する際はzawazawaアカウントでのログインが必要ですが、通報自体は匿名で行われます
  3. 通報の理由を記入し(任意)、送信をします。

また通報用フォームや運営掲示板から通報をすることも可能です。

過去のコメントはアーカイブから参照してください(表示されている場合のみ)。

アーカイブ

投稿をする前にツリー化の確認をしてください!