Top > BT-SV
HTML convert time to 0.002 sec.


BT-SV の変更点


 -----
 #contents
 -----
 *Tier 3 ソ連 軽戦車 BT-SV [#o9fe5510]
 
 CENTER:&ref(btsv.jpg,center,nolink,40%);
 
 
 
 史実では傾斜装甲の実験車として開発された。
 試験では高い対弾性能を発揮したらしいが、
 ゲームでは砲塔と車体正面下部、操縦士席が徹底的に狙われる。
 
 出力重量比は38.1と、BT-2の43.1に継いで良好である。
 機動性に関して不満はないだろう。
 
 ちなみに車両名の''SV''は''S''talin(ヨシフ・スターリン)と''V''oroshilov(クリメント・ヴォロシーロフ)の略であるらしい。[[IS]]と[[KV>KV-1]]をくっつけたような、とっても豪華なお名前である。
 #br
 *''基本性能(v3.7.0)'' [#oe0e82cf]
 |CENTER:SIZE(11):140|CENTER:SIZE(11):50|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):60|CENTER:SIZE(11):90|CENTER:SIZE(11):100|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):50|CENTER:SIZE(11):100|c
 |車体|Tier|国籍|タイプ|耐久値&br;&size(9){(HP)};|車体装甲厚&br;&size(9){前面/側面/背面};&br;&size(9){(mm)};|最高&br;速度&br;&size(9){(km/h)};|初期&br;重量&br;&size(9){(t)};|本体価格&br;&size(9){(ゴールド)};|h
 |~BT-SV|III|ソ連|軽戦車|410|25/20/16|62|13.11|&color(orange){''1,000''}; &ref(KV-1/gda.png,center,nolink,50%);|
 //|~|||戦車||//|||情報待|
 //|~修理費&size(9){(Cr)};|情報待|
 //|~実用出力重量比&size(9){(hp/t)};|00.00|
 
 #br
 #shadowheader(2,''武装'');
 |CENTER:SIZE(11):20|CENTER:SIZE(11):140|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):50|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):100|CENTER:SIZE(11):60|CENTER:SIZE(11):30|c
 |Tier|名称|>|発射&br;速度&br;&size(9){(rpm)};|弾種|平均&br;貫徹力&br;&size(9){(mm)};|平均&br;攻撃力|DPM&br;&size(9){(HP/分)};|精度&br;&size(9){(m)};|照準&br;時間&br;&size(9){(s)};|総弾数|弾薬費&br;&size(9){(Cr/G)};|重量&br;&size(9){(kg)};|俯&br;仰&br;角|h
 |~II|45 mm 20KL|>|15.00|AP&br;APCR&br;HE|51&br;84&br;12|55&br;45&br;75|825&br;675&br;1125|0.41|1.71|情報待|情報待 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);&br;&ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%); 情報待&ref(KV-1/gda.png,center,nolink,50%);&br;情報待 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|250|+22°&br;-4°|
 //|~|>||AP&br;APCR&br;HE|&br;&br;|&br;&br;|||情報待|情報待&br;情報待G&br;情報待||
 
 #br
 #shadowheader(2,''砲塔'');
 |CENTER:SIZE(11):20|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
 |Tier|名称|装甲厚&size(9){(mm)};&br;&size(9){前面/側面/背面};|旋回速度&size(9){(°/s)};|視界範囲&size(9){(m)};|重量&size(9){(kg)};|h
 |~IV|BT-SV|25/25/25|39.38|210|400|
 //|~|//||||
 
 #br
 #shadowheader(2,''エンジン'');
 |CENTER:SIZE(11):20|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
 |Tier|名称|馬力&size(9){(hp)};|引火確率&size(9){(%)};|重量&size(9){(kg)};|h
 |~IV|M-17FO|500|20|610|
 //|~||||
 
 
 #br
 #shadowheader(2,''履帯'');
 |CENTER:SIZE(11):20|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
 |Tier|名称|積載量&size(9){(t)};|旋回速度&size(9){(°/s)};|重量&size(9){(kg)};|h
 |~III|BT-SV|14.5|40|2,000|
 //|~||||
 
 #br
 #shadowheader(2,''乗員'');
 +Commander
 --Commander
 --Loader
 +Driver
 +Gunner
 +Radio Operator
 
 
 #br
 #shadowheader(2,''派生車両'');
 派生元:なし
 派生先:なし
 -------------------
 *解説 [#bc129893]
 //ここに文章による解説をいれてください。
 #shadowheader(2,''立ち回り方'');
 ソ連のTier3軽戦車。
 //ブラックフライデーバンドルにて販売されていた。本家でも全く見ないレア戦車であり、コレクションしてはいかがだろうか。
 さて、このSFチックな外観を持つ、BTシリーズでも異彩を放つこの戦車の性能について解説していきたい。
 
 #shadowheader(2,''火力'');
 主砲はソ連課金戦車伝統の45mm 20KL。このティア帯では同格に対して効果があるが、格上になると貫通力に悩まされる。課金弾は多めに積んでおこう。また、精度も狙撃には適していないため、近~中距離での砲撃戦でダメージを与えていく戦法をとる事。また、なんと俯角がたったの4度しかなく、鉱山の丘から敵戦車を撃ち下ろす事すら困難な数値である。なるべく平地で戦うのも頭に入れておきたい。
 
 #shadowheader(2,''防御力'');
 幾何学的な車体形状からも分かる通り、本車はなんと全面傾斜装甲である。数値以上の装甲厚を有している上、適切な角度の昼飯をする事で強制跳弾角を作り出し、三倍ルールが適応されてしまう75mm砲以下の口径の弾は、ことごとく弾く。傾斜装甲ゆえに榴弾が貫通しにくい利点もあるが、実厚を傾斜で補う車両特性上榴弾は極めてて分が悪いので注意しよう。
 かなり強力な車両上面に比して、本車の砲塔装甲は非常に薄いので弱点となる。しかしながら、砲塔は極めて小さく、本車特有の深い昼飯角をとりながら車両を前後させればそうそうティア3の悪精度砲を寄せ付けない。
 二つ目の弱点として車体正面下部は薄く、隠しきれていなければ狙われてしまう。これは地形の利用によって隠すことが出来るが、俯角4度である本車が確実に車体下部を隠すにはかなりの腕前が必要である。
 この車両の防御力におけるポテンシャルを引き出すためには多くのテクニックが必要であるが、逆に言えば熟練プレーヤーが使えばえげつない車両防御力を獲得できる。
 #shadowheader(2,''機動力'');
 ''快速''の名は伊達ではなく、本車はぶっとんだ機動力を持つ。平地ですら普通に走っているだけで60km/hは軽く達し、ちょっとの起伏も飛んでいくほどの加速力を持っている。高い機動力を生かして敵戦車の群れに飛び込み、走り回りながら主砲でチクチク嫌がらせするのが適しているだろう。また、裏取りや駆逐戦車狩りにも最適であり、満足すぎるほどの機動力である。
 
 #shadowheader(2,''総評'');
 火力の低さを不可思議装甲と快速っぷりで補った車両となっていて、前線を張る仕事から、攪乱まで広く仕事をこなせる非常に特徴的な戦車である。
 プレーヤースキルが存分に試されるので、是非この機に使ってみてはいかがだろうか。
 -----
 *特徴 [#h7179163]
 //ここには箇条書きでわかりやすく簡潔に入れてください
 #shadowheader(2,''長所'');
 -快速の中の快速を誇る機動力
 -発射速度の良い砲
 -''親方、空から傾斜装甲が!''
 
 
 #shadowheader(2,''短所'');
 -不評の中の不評を誇る45mm 20KL
 -下を向くのをやめた俯角の無さ
 -課金戦車としてはクレ係数が低い
 -''親方、車長と射手と操縦士が!''
 
 //#shadowheader(2,''初期の研究'');
 //-○○砲は強力なので優先的に開発しましょう。
 //-○○に開発を進めたい場合、○○エンジンを研究する必要があります。
 --------
 *歴史背景 [#i2525172]
 //他サイトから引用する場合は、引用元を文章の頭に入れてください
 &ref(IMG_2808.JPG,center,nolink,70%);
 //''wikipedia及びworld of tanks wikiより''
 BTシリーズの実戦投入で問題となった装甲の薄さを出来るだけ低コストで解消するべく、全周に傾斜装甲をつけた戦車。1936年から1938年にかけて開発・試作がされた。実地試験ではソ連軍が使用していた45mm対戦車砲の砲弾を全弾弾き返したが、採用される事は無かった。しかし、この実地試験でソ連軍は傾斜装甲の防弾性能はかなりのハイレベルという事を学んだ。この傾斜装甲は後のT-34に活かされる事となる。
 -----
 *コメント [#ya3de8e8]
 
 #pcomment(,reply,10)
 
 
 ----