Top > Centurion 7 > 1 > diff


Centurion 7/1 の変更点


 -----
 #contents
 -----
 *Tier 9 イギリス 中戦車 Centurion Mk. 7/1 (センチュリオン マーク セヴンハーフワン)[#k69fddac]
 CENTER:&ref(./centu71.jpg,center,nolink,35%);
 Centurion Mk. 7 + OQF 20-pdr Type A Barrel
 LEFT:Centurion Mk. 7の史実装備はType B Barrel、その車体正面に装甲を追加したのがMk. 7/1である。
 #br
 CENTER:&attachref(./2017-01-31 (7)_0.png,nolink,Centurion7/1);
 Centurion Mk. 9 + 105 mm L7A1
 LEFT:装甲強化と105mm砲による火力強化を併せた改修型がこのMk. 9である。
 なお105 mm L7Bとの外見的差異はない
 #br
 [[イギリス]]のTier9中戦車。通称7倍。
 同じCenturionシリーズなだけあって、Mk. Iから見た目の変化はほとんどない。相変わらず車体が大きいので、遮蔽物に身を隠す際は注意すべし。
 性能面では全体的な強化が図られ、堅牢な砲塔と、単発火力の高い主砲を活かした戦術を立てれば、活躍することも夢ではない。
 
 
 #br
 #region(''車輌性能に関する変更点'')
 |BGCOLOR(#DDEEFF):v3.6.0|105 mm gun Royal Ordnance L7A1のAPCR弾貫通力が268mmから255mmに減少|
 |BGCOLOR(#DDEEFF):v4.0.0|105 mm gun Royal Ordnance L7A1のプレミアムHESH弾をHEAT弾に変更|
 |BGCOLOR(#DDEEFF):v4.1.0|105 mm gun Royal Ordnance L7A1の通常HESH弾をプレミアムHESH弾に変更&br;105 mm gun Royal Ordnance L7A1のHESH弾貫通力が105mmから210mmに増加|
 |BGCOLOR(#DDEEFF):v4.3.0|105 mm gun Royal Ordnance L7A1のHESH弾貫通力が210mmから170mmに減少&br;105 mm gun Royal Ordnance L7A1の装填時間が9.39秒から10.07秒に増加|
 |BGCOLOR(#DDEEFF):v4.7.0|105mm Royal Ordnance L7A1からプレミアムHESHを削除し、通常HESH(貫通105mm)の追加&br;新砲105㎜ Gun L7Bの追加(APCR255mm,HESH210mm,HESH105mm,装填時間10.07s、照準時間4s)|
 #endregion
 
 #region(''フォーラム'')
 性能変更に対する意見はこちらへ
 http://forum.wotblitz.asia/index.php?/topic/17211-
 #endregion
 
 #br
 *''基本性能(v4.9.0)'' [#p4a5a2ae]
 |CENTER:SIZE(11):140|CENTER:SIZE(11):50|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):60|CENTER:SIZE(11):90|CENTER:SIZE(11):100|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):50|CENTER:SIZE(11):100|c
 |車体|Tier|国籍|タイプ|耐久値&br;&size(9){(HP)};|車体装甲厚&br;&size(9){前面/側面/背面};&br;&size(9){(mm)};|最高&br;速度&br;&size(9){(km/h)};|初期&br;重量&br;&size(9){(t)};|本体価格&br;&size(9){(クレジット)};|h
 |~Centurion 7/1|IX|イギリス|中戦車|1580~1670|121/51/35|40/20|51.46|3,515,000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|
 //|~修理費&size(9){(Cr)};|情報待|
 //|~実用出力重量比&size(9){(hp/t)};|00.00|
 
 #br
 #shadowheader(2,''武装''); [#zb9fff94]
 砲塔:Centurion Mk. 7
 |CENTER:SIZE(11):20|CENTER:SIZE(11):140|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):50|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):100|CENTER:SIZE(11):60|CENTER:SIZE(11):30|c
 |Tier|名称|>|発射&br;速度&br;&size(9){(rpm)};|弾種|平均&br;貫徹力&br;&size(9){(mm)};|平均&br;攻撃力|DPM&br;&size(9){(HP/分)};|精度&br;&size(9){(m)};|照準&br;時間&br;&size(9){(s)};|総弾数|弾薬費&br;&size(9){(Cr/G)};|重量&br;&size(9){(kg)};|俯&br;仰&br;角|h
 |~VIII|OQF 20-pdr Gun Type A Barrel|>|12.32|AP&br;APCR&br;HE|226&br;258&br;42|190&br;160&br;250|2340&br;1971&br;3080|0.33|2.3|72|680 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);&br;4000&ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%); 11&ref(KV-1/gda.png,center,nolink,50%);&br;170 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|1,242|+18°&br;-10°|
 |~IX|OQF 20-pdr Gun Type B Barrel|>|12.96|AP&br;APCR&br;HE|226&br;258&br;42|190&br;160&br;250|2462&br;2073&br;3240|0.32|1.9|72|680 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);&br;4000&ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%); 11&ref(KV-1/gda.png,center,nolink,50%);&br;170 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|1,282|~|
 #br
 
 砲塔:Centurion Mk. 9
 |CENTER:SIZE(11):20|CENTER:SIZE(11):140|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):50|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):100|CENTER:SIZE(11):60|CENTER:SIZE(11):30|c
 |Tier|名称|>|発射&br;速度&br;&size(9){(rpm)};|弾種|平均&br;貫徹力&br;&size(9){(mm)};|平均&br;攻撃力|DPM&br;&size(9){(HP/分)};|精度&br;&size(9){(m)};|照準&br;時間&br;&size(9){(s)};|総弾数|弾薬費&br;&size(9){(Cr/G)};|重量&br;&size(9){(kg)};|俯&br;仰&br;角|h
 |~VIII|OQF 20-pdr Gun Type A Barrel|>|12.32|AP&br;APCR&br;HE|226&br;258&br;42|190&br;160&br;250|2340&br;1971&br;3080|0.33|2.3|72|680 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);&br; 4000&ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%); 11&ref(KV-1/gda.png,center,nolink,50%);&br; 170 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|1,242|+18°&br;-10°|
 |~IX|OQF 20-pdr Gun Type B Barrel|>|12.96|AP&br;APCR&br;HE|226&br;258&br;42|190&br;160&br;250|2462&br;2073&br;3240|0.32|1.9|72|680 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);&br; 4000&ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%); 11&ref(KV-1/gda.png,center,nolink,50%);&br; 170 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|1,282|~|
 |~X|105 mm Royal Ordnance L7A1|>|6.12|APCR&br;HEAT&br;HESH|255&br;300&br;105|350&br;300&br;440|2142&br;1836&br;2693|0.32|2.1|72|1200 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);&br;4000&ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%); 13&ref(KV-1/gda.png,center,nolink,50%);&br;950 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|1,282|~|
 |~X|105 mm Gun L7B|>|6.12|APCR&br;HESH&br;HESH|255&br;210&br;105|350&br;440&br;440|2142&br;2693&br;2693|0.32|2.1|72|1200 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);&br;4000&ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%); 13&ref(KV-1/gda.png,center,nolink,50%);&br;950 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|1,282|~|
 #br
 
 #shadowheader(2,''砲塔''); [#h6af3847]
 |CENTER:SIZE(11):20|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
 |Tier|名称|装甲厚&size(9){(mm)};&br;&size(9){前面/側面/背面};|旋回速度&size(9){(°/s)};|視界範囲&size(9){(m)};|重量&size(9){(kg)};|h
 |~VIII|Centurion Mk. 7|165/112/112|36|260|10,400|
 |~IX|Centurion Mk. 9|165/112/112|36|265|10,900|
 
 #br
 #shadowheader(2,''エンジン''); [#qd2bf4a1]
 |CENTER:SIZE(11):20|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
 |Tier|名称|馬力&size(9){(hp)};|引火確率&size(9){(%)};|重量&size(9){(kg)};|h
 |~V|Rolls-Royce Meteor Mk. IVB|650|20|744|
 |~IX|Rolls-Royce Meteor Mk. IVC|750|20|744|
 |~X|Rolls-Royce Griffon|950|20|952|
 #br
 
 #shadowheader(2,''履帯''); [#offf5170]
 |CENTER:SIZE(11):20|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
 |Tier|名称|積載量&size(9){(t)};|旋回速度&size(9){(°/s)};|重量&size(9){(kg)};|h
 |~VIII|Centurion Mk. 7|54|30|11,000|
 |~IX|Centurion Mk. 9|54|32|11,000|
 
 #br
 #shadowheader(2,''乗員'');
 +Commander
 +Driver
 +Gunner
 +Loader
 --Loader
 --Radio Operator
 #br
 
 #shadowheader(2,''派生車両'');
 派生元:''[[Centurion I]]''
 派生先:''[[FV4202]]''
 #br
 -------------------
 *''開発ツリー'' [#vef1aed6]
 |CENTER:SIZE(8):60|CENTER:SIZE(8):4|CENTER:SIZE(8):60|CENTER:SIZE(8):4|CENTER:SIZE(8):60|CENTER:SIZE(8):4|CENTER:SIZE(8):60|CENTER:SIZE(8):4|CENTER:SIZE(8):60|CENTER:SIZE(8):4|CENTER:SIZE(8):60|CENTER:SIZE(8):4|CENTER:SIZE(8):60|c
 |BGCOLOR(lavender):''[[Centurion I]]''|━|BGCOLOR(lavender):''Centurion 7/1''&br;165,000&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|━|BGCOLOR(lightcyan):&ref(車両ページテンプレート/Gun.png,nolink,50%);&br;OQF 20-pdr Gun Type A Barrel|━|BGCOLOR(lightcyan):&ref(車両ページテンプレート/Gun.png,nolink,50%);&br;OQF 20-pdr Gun Type B Barrel&br;56,250&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|━|BGCOLOR(mistyrose):&ref(車両ページテンプレート/turret.png,nolink,50%);&br;Centurion Mk.9&br;30,000&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|━|BGCOLOR(lightcyan):&ref(車両ページテンプレート/Gun.png,nolink,50%);&br;105mm Royal Ordnance &br;68,750&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|━|BGCOLOR(azure):BGCOLOR(LAVENDER):''[[FV4202]]''&br;225,000&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);&br;6,100,000&ref(ソ連/cra.png,nolink,60%);|
 |~|~|~|>|>|>|>|>|>|>|>|>||
 |~|~|~|━|BGCOLOR(mistyrose):&ref(車両ページテンプレート/turret.png,nolink,50%);&br;Centurion Mk.7|||||||┗|BGCOLOR(lightcyan):&ref(車両ページテンプレート/Gun.png,nolink,50%);&br;105mm Gun L7B &br;100&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|
 |~|~|~|>|>|>|>|>|>|>|>|>||
 |~|~|~|━|BGCOLOR(lightyellow):&ref(車両ページテンプレート/engine.png,nolink,50%);&br;Rolls-Royce Meteor Mk. IVB|━|BGCOLOR(lightyellow):&ref(車両ページテンプレート/engine.png,nolink,50%);&br;Rolls-Royce Meteor Mk. IVC&br;38,750&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|━|BGCOLOR(lightyellow):&ref(車両ページテンプレート/engine.png,nolink,50%);&br;Rolls-Royce Griffon&br;56,250&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|||||
 |~|~|~|>|>|>|>|>|>|>|>|>||
 |~|~|~|━|BGCOLOR(#ccffcc):&ref(車両ページテンプレート/suspension.png,nolink,50%);&br; Centurion Mk. 7|━|BGCOLOR(#ccffcc):&ref(車両ページテンプレート/suspension.png,nolink,50%);&br; Centurion Mk. 9&br;28,750&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|||||||
 #br
 &ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);:必要経験値
 //&br;?&ref(ソ連/cra.png,nolink,60%);
 //┛┓┗┏┃━┣┳┻┫╋
 -------------------
 #br
 *解説 [#bc129893]
 v1.5で追加されたイギリスの中戦車。
 主力戦車[[Centurion>Centurion I]]の火力・装甲強化型である。エンジン出力も強化され、機動性が向上した。
 
 #shadowheader(2,''装甲'');
 
 ▷''車体''
 正面上部の装甲が増加し、傾斜込みで190mm前後の防御力を有する。ハルダウン時はここで跳弾を期待できるが、同格重戦車には簡単に貫通されるため過信は禁物。
 基本的にその他の部位は据え置きで、Tierが上がった分更に頼りなくなっている。車体正面下部は実質110mm程度しかなく、前身同様に破損しやすい弾薬庫が控えている弱点であるため、ここを徹底して隠す必要がある。どうしても車体を撃たれてしまう状況ではあえて側面を晒し、弾薬庫を保護するのもアリ。
 
 #br
 ▷''砲塔''
 前身の改良砲塔とほぼ同じ。防楯が非常に固く、おでこや頬っぺたが弱点である点も共通している。ただ、その防楯も同格以上の駆逐戦車には貫通される恐れがある。前と同様、ハルダウンしつつ車体を揺らすことで弱点を狙われないようにしよう。
 おでこの部分は装甲厚自体は薄いが、かなりの傾斜がかかっているため、自車輌が敵より高い位置にいれば貫通されにくい。逆に自車輌が敵より低い位置にいれば傾斜が殺され貫通されやすくなる。拡張パーツの装甲UPがお勧めだ。また、耳(雑具箱)の部分は空間装甲になっており、前身同様当たり判定は無い。
 
 #br
 #shadowheader(2,''主砲'');
 [[Centurion I>Centurion I]]から引き継ぐ砲に加え、2種の砲が搭載可。
 やはり俯角は-10°と優秀なため、ハルダウンを駆使して戦うことになる。
 
 -''OQF 20-pdr Gun Type A Barrel''
 初期砲。射撃レートは向上しているが、単発が低い上に、課金弾貫通の伸びの悪さが仇となって、格上相手に苦労することが増える。
 #br
 -''OQF 20-pdr Gun Type B Barrel''
 中間砲。[[Caernarvon]]と互換性がある。
 %%%予めここまで開発を済ませておくことを強くお勧めする。%%%
 基本的な性能はType A Barrelと同じだが、射撃レートと照準速度、精度が向上している。しかし肝心の単発と貫通は''一切''進歩していない。
 ここまで来て単発190は流石に火力不足の感が否めないが、最終砲のDPMがアップデートによって大幅に下げられてしまった現状では、乗り手の戦い方によっては本砲を使い続ける選択肢もある。
 DPMを利用して接近戦でダメージレースを挑む戦術も有効であるが、装甲による防御も速度による回避も全く頼りにできないため、充分な体力を確保しておく必要がある。
 そのため基本的に敵の隙を突いて、チクチクと横槍を入れる運用となる。
 #br
 -''105 mm Royal Ordnance L7A1''
 最終砲。この車輌と[[FV4202]]が装備出来る。
 //[[Charioteer]]とは互換性がないので注意。
 Tier10中戦車並の貫通と単発を有する。精度・弾速共に良好であるため、遠距離狙撃であろうと難なくこなす。
 特に稜線や遮蔽物を挟んだ疑似ターン制の撃ち合いの場合、基本的に「一発撃って隠れて」を繰り返すため、この単発威力が重要となる局面も多い。
 課金弾は&color(red){HEAT};弾になる。
 榴弾は他国とは少し違う&color(#FF4500){HESH};弾((High Explosive Squash Head = 粘着榴弾。HEP (High Explosive Plastic) と呼ばれることもある。))が用意されている。これらを適宜使い分けることで、格上相手に通用する打撃力を持ちながら、軽装甲の車輌に単発で優位に立てる点は本車独自の強みと言える。
 #br
 -''105mm gun L7B''
 基本特性は先述の砲と変わらないが、こちらは課金弾が&color(red){HEAT};から高貫通の&color(#FF4500){HESH};になっている。貫通は同格中戦車の榴弾の中では最高の210mmを誇り、HESHを使った際のDPMはT-54に迫るほどである。一方、HEATがない為、最高貫通が255mmどまりでハルダウンした相手に苦戦することが多い。その場合は側面に回り込むなど工夫をしよう。ちなみに、通常のHEもHESHの為105mmの貫通を持つ。
 #br
 #region(&color(#FF4500){HESH};弾の運用法)
 ゲーム内での扱いは高貫通の榴弾と言ったところ。履帯や空間装甲に弱いものの、貫通すれば相応の高火力を発揮し、非貫通時にも爆発ダメージを与えられる。また榴弾ゆえ、貫通時は爆発範囲内の乗員やモジュール全てにダメージが入るという利点もある。側背面から撃ち込むことで、効率的にダメージを与えていきたい。
 ただ、全ての車両の側背面が抜けるという訳ではない。Mausは砲塔背面の極小さな弱点を除き側背面ですら貫通はギリギリ、IS-7は背面のみ貫通可。E100の砲塔側面とIS-4の車体側面は角度さえ殺せば貫通可能だ。
 拡張パーツの貫通upを装備すればT-62Aの正面上部、Mausの車体側面なども貫通の視野に入ってくる。
 ここで注意しておきたいのは、徹甲弾と異なり、榴弾には標準化が働かないという点である。
 ここで注意しておきたいのは、徹甲弾と異なり、榴弾には標準化が働かないという点である。要するに薄くて角度のついた所、例えばKpfpz70の天板などはAPCRで抜けなくてHESHで抜ける、という事態も発生しうるというわけだ。
 #endregion
 #br
 そんなこれら105mm砲の最大の欠点は装填速度の遅さにある。DPMはTier9中戦車中最低値であり、単純に撃ち合うと同格であっても押し負ける可能性が高い。各種装備品と何よりプレーヤーの技量で補う必要がある。
 
 #br
 #shadowheader(2,''機動性'');
 出力重量比18.2(hp/t)。最高速度40km/hと一見機動性は低いように思われるが、実は優秀である。履帯旋回性能は非常に良く、加速もトップクラス。馬力が高いので地形に左右されない安定した走りができる。登坂中は同格中戦車と並走できるほど。長距離移動となると苦しいが、味方についていくには十分である。敵味方の位置をマップで確認し、数手先を見越して気持ち早めの行動を心がけよう。
 重量がそれなりにあるため、体当たりが有効である。敵の耐久がミリ残りした場合の選択肢として頭に入れておきたい。
 
 #br
 #shadowheader(2,''総論'');
 機動性と地形適応力に優れた中戦車であるが最終砲は装填速度がかなり遅く、遮蔽物無しで一対一の接近戦に持ち込まれると非常に分が悪い。地形を活かしたハルダウン戦法や、味方重戦車の火力支援が基本的な戦い方になるだろう。敵との''交戦距離''を意識し、前に出過ぎず後ろに篭らず、味方と互いに連携可能な位置を保ちたい。
 またHESH弾の単発は魅力だが、これを貫通させることに夢中になりすぎると、周りの状況が見えなくなる恐れがある。非常に初歩的に聞こえるかもしれないが、弾の使い分けを始めとして戦況に応じて柔軟な判断を下せないようでは本車は乗りこなせないだろう。
 
 #br
 -----------
 *特徴 [#h7179163]
 //ここには箇条書きでわかりやすく簡潔に入れてください
 #shadowheader(2,''長所'');
 -装填速度以外全てに優れる最終砲
 -基本的に通常弾で戦えるので経済的
 -瞬発力などが優秀な最終エンジン
 //-すべての砲弾が貫通200mm以上で高い適応能力
 -良好な俯角
 -硬い防盾
 -現代戦車らしい凛々しい見た目
 -中程度の装甲を持つ相手に対する優位性
 
 #shadowheader(2,''短所'');
 -大きい車体に因る劣悪な隠蔽率
 -車体はセピア色、装甲はネピア並
 -最終砲の遅い装填速度
 -MTとは思えない速度制限(40km)
 -打たれ弱い弾薬庫
 //-とても高いモジュール開発費(最終砲まで160k エンジン履帯合わせて240k)
 
 //中間エンジンはMk1で開発済みである。
 
 #shadowheader(2,''初期の研究'');
 //重戦車ルートを進めていない場合、開発には非常に苦労する。
 //-まず前身の砲、TypeA Barrelから精度と照準とDPMがほんの少し上昇しただけのTypeB Barrelに56,250もの経験値を要求される。
 //-そこからさらに、改良砲塔30,000、最終砲68,750。TypeBも含めると154,000と膨大な量が必要。
 //おまけに砲塔はもちろん、最終砲は本車とFV4202しか搭載できない、つまりここでの開発は必須。
 //-同国Tier8重戦車の[[Caernarvon]]でTypeB Barrelが開発可能。
 //さらに最終エンジンは同Tier9、[[Conqueror]]で開発可能なのでうまく活用しよう
 重戦車ルートと共通の装備が多い。具体的には…
 -[[Caernarvon]]でType B Barrelが開発可能。
 -[[Conqueror]]で最終エンジンが開発可能。
 
 打撃力確保のため''砲塔と砲を最優先で開発しよう''。
 --------
 *歴史背景 [#i2525172]
 #region(格納)
 概要は[[Centurion I]]参照、ここではバリエーションについて解説する。
 Mk.1
 初期型
 Mk.2
 砲塔を新設計の一体鋳造に変更、全車Mk.3に改修。
 Mk.3
 Mk.2の主砲を20ポンド戦車砲に変更、FCSを新型に変更。
 Mk.4
 主砲を95mm榴弾砲Mk.1Aに換装した火力支援型。試作のみ。
 Mk.5
 NATOでの弾薬共通化のため、機銃をM1919A4 7.62mm機関銃に変更。
 Mk.5/1
 生産終了後のMk.5の前面に厚さ2インチ(50.8mm)の装甲板を追加。
 Mk.5/2
 生産終了後のMk.5の主砲をL7A1 105mm ライフル砲に換装。
 Mk.6
 Mk.5/1とMk.5/2と同じ変更(装甲板の追加・主砲の換装)と燃料タンクを大型化。
 Mk.6/1
 赤外線暗視装置を搭載。
 Mk.6/2
 L21A1 12.7mm測距機関銃を搭載。
 Mk.7
 Mk.5の車体後部を延長し燃料搭載量を増加、主砲に排煙器を追加、対空用のM1919A4 7.62mm機関銃を装備。
 Mk.7/1
 生産終了後のMk.7の前面に厚さ2インチ(50.8mm)の装甲板を追加。
 Mk.7/2
 生産終了後のMk.7の主砲をL7A1 105mm ライフル砲に換装。
 Mk.8
 エンジンを改良型のミーティア Mk.IVCに換装。ハンガリー動乱時にイギリス大使館にもたらされたT-54戦車のデータから、生産の途中から車体前面の装甲強化が行われた最初の型。
 Mk.8/1
 Mk.8に赤外線暗視装置を追加。
 Mk.8/2
 主砲をL7A1 105mm戦車砲に換装。
 Mk.9
 Mk.7/1の装甲強化とMk.7/2の主砲換装の両方を実施した型。最初の1輌以外は全て既存のMk.7から改修された。
 Mk.9/1
 赤外線暗視装置を追加。
 Mk.9/2
 L21A1 12.7mm測距機関銃を搭載。
 Mk.10
 Mk.8の装甲を強化、主砲をL7A1 105mm戦車砲に換装、砲弾の搭載数増加、増加燃料タンクを装着。
 #endregion
 -----
 *コメント [#ya3de8e8]
 |[[アーカイブ>コメント/Centurion 7/1]]|
 他人を誹謗中傷する、荒らし行為を助長するようなコメントはせず''モラルを尊重''したコメントをお願いします。
 %%%''荒らしには原則として反応せず、通報して下さい。''%%%
 //#region(上記を理解の上でコメントを書き込む) 
 #pcomment(コメント2/Centurion 7/1,reply,10)
 //#endregion
 
 ----
 
 #br
 //''開発ツリー''
 
 //*解説 [#f9f26c69]
 //**主砲 [#i1258189]
 //***機関砲 [#nb9c7dd7]
 //**防御面 [#q8779e8a]
 //**機動力 [#qf7059c3]
 //**開発 [#ndbdb3ae]
 
 #br