Top > T-34 > diff


T-34 の変更点


 -----
 #contents
 -----
 *Tier 5 ソ連 中戦車 T-34(テー・トリーツァチ・チトゥィリ) [#l3ec073f]
 CENTER:&attachref(./IMG_0222.PNG,nolink,45%);
 T-34 mod. 1942 + 76 mm S-54
 #br
 #region(その他の装備)
 #br
 CENTER:&ref(./T-34.jpg,center,nolink,45%);
 T-34 mod. 1942 + 57 mm ZiS-4
 #br
 CENTER:&attachref(./IMG_0223.PNG,nolink,45%);
 T-34 mod. 1940 + 57 mm ZiS-4
 #br
 CENTER:&attachref(./IMG_0224.PNG,nolink,50%);
 T-34 mod. 1940 + 76 mm L-11
 #endregion
 #br
 傾斜した装甲が特徴的な、第二次大戦中におけるソ連戦車の代名詞的車両である。
 他国と比べても走攻守が非常に高いレベルでバランス良くまとまっており、非常に扱いやすい車両。
 #br
 #region(砲塔、主砲の史実との対応)
 ''T-34 mod.1940.''(「ピロシキ」砲塔)
 型式名称は1940年型であるが、戦時簡易型の鋳造砲塔なので実際は1941年型である。
 避弾経始には優れるものの、砲塔内部は狭く運用に適さなかった。
 
 -''76 mm L-11''
 1940年型に搭載された短いタイプの76mm砲(40年型は溶接砲塔なので再現出来ない)。
 
 -''76 mm F-34''
 当初は指揮官車のみの搭載であったが、後にこちらが通常モデルとなった。
 
 -''57 mm ZiS-4'' 
 高コストだが貫通力が高く、対戦車戦闘に適していたためT-34駆逐戦車として少数量産され、モスクワ攻防戦に投入された。
 1941年10月の配備から、戦果をあげつつも同11月中に全滅した。
 
 ''T-34 mod.1942. ''(「ナット」砲塔)
 型式名称は1942年型であるが、キューポラが存在するので実際は1943年型である。
 
 -''76 mm F-34''
 一般的なモデル(砲塔前半下部の角が丸い為、所謂ソフトエッジ砲塔に分類)。
 
 -''57 mm ZiS-4''
 42年型をベースに100両ほど量産されたが、程なくT-34-85の量産が始まり生産中止となった 。
 
 -''76 mm S-54''
 タイガーショックを受け、高射砲をベースに試作された高初速76mm砲の搭載案・・・らしい。
 
 #endregion
 #br
 
 
 注:アメリカ Tier8 重戦車は''[[T34]]''です。
 #br
 *''基本性能(v6.2.0)'' [#d0cb55ec]
 |CENTER:SIZE(11):140|CENTER:SIZE(11):50|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):60|CENTER:SIZE(11):90|CENTER:SIZE(11):100|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):50|CENTER:SIZE(11):100|c
 |車体|Tier|国籍|タイプ|耐久値&br;&size(9){(HP)};|車体装甲厚&br;&size(9){前面/側面/背面};&br;&size(9){(mm)};|最高&br;速度&br;&size(9){(km/h)};|初期&br;重量&br;&size(9){(t)};|本体価格&br;&size(9){(クレジット)};|h
 |~T-34|V|ソ連|中戦車|570~620|50/50/45|48/18|28.51|400,000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|
 //|~|||戦車||//|||情報待|
 //|~修理費&size(9){(Cr)};|情報待|
 //|~実用出力重量比&size(9){(hp/t)};|00.00|
 
 #br
 #shadowheader(2,''武装'');
 砲塔:T-34 mod. 1940
 |CENTER:SIZE(11):20|CENTER:SIZE(11):140|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):50|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):100|CENTER:SIZE(11):60|CENTER:SIZE(11):30|c
 |Tier|名称|>|発射&br;速度&br;&size(9){(rpm)};|弾種|平均&br;貫徹力&br;&size(9){(mm)};|平均&br;攻撃力|DPM&br;&size(9){(HP/分)};|精度&br;&size(9){(m)};|照準&br;時間&br;&size(9){(s)};|総弾数|弾薬費&br;&size(9){(Cr/G)};|重量&br;&size(9){(kg)};|俯&br;仰&br;角|h
 |~IV|76 mm L-11|>|4.44|AP&br;HEAT|85&br;115|120&br;85|533&br;377|0.47|2.5|77|56 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);&br;2800&ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%); 7&ref(KV-1/gda.png,center,nolink,50%);|660|+17°&br;-6°|
 |~IV|76 mm F-34|>|5.22|AP&br;APCR&br;HE|86&br;102&br;40|160&br;105&br;200|834&br;548&br;1044|0.46|2.3|52|56 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);&br;2400&ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%); 6&ref(KV-1/gda.png,center,nolink,50%);&br;56 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|1,155|~|
 |~V|57 mm ZiS-4|>|8.57|AP&br;APCR&br;HE|112&br;189&br;29|90&br;75&br;110|771&br;643&br;943|0.34|2.3|77|56 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);&br;2800 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%); 7&ref(KV-1/gda.png,center,nolink,50%);&br;28 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|740|+20°&br;-8°|
 //|~|>||AP&br;APCR&br;HE|&br;&br;|&br;&br;|||情報待|情報待&br;情報待G&br;情報待||
 
 #br
 砲塔:T-34 mod. 1942
 |CENTER:SIZE(11):20|CENTER:SIZE(11):140|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):50|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):100|CENTER:SIZE(11):60|CENTER:SIZE(11):30|c
 |Tier|名称|>|発射&br;速度&br;&size(9){(rpm)};|弾種|平均&br;貫徹力&br;&size(9){(mm)};|平均&br;攻撃力|DPM&br;&size(9){(HP/分)};|精度&br;&size(9){(m)};|照準&br;時間&br;&size(9){(s)};|総弾数|弾薬費&br;&size(9){(Cr/G)};|重量&br;&size(9){(kg)};|俯&br;仰&br;角|h
 |~IV|76 mm L-11|>|4.80|AP&br;HEAT|85&br;115|120&br;85|576&br;408|0.47|2.5|77|56 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);&br;2800 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%); 7&ref(KV-1/gda.png,center,nolink,50%);|660|+17°&br;-6°|
 |~IV|76 mm F-34|>|5.56|AP&br;APCR&br;HE|86&br;102&br;40|160&br;105&br;200|890&br;584&br;1112|0.46|2.3|48|56 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);&br;2400 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%); 6&ref(KV-1/gda.png,center,nolink,50%);&br;56 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|1,155|~|
 |~V|57 mm ZiS-4|>|15.00|AP&br;APCR&br;HE|112&br;189&br;29|90&br;75&br;110|1350&br;1125&br;1650|0.34|2.3|126|56 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);&br;2800&ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%); 7&ref(KV-1/gda.png,center,nolink,50%);&br;28 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|740|+20°&br;-8°|
 |~V|76 mm S-54|>|6.82|AP&br;APCR&br;HE|125&br;156&br;39|160&br;135&br;200|1091&br;921&br;1364|0.41|2.3|54|80 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);&br;2400&ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%); 6&ref(KV-1/gda.png,center,nolink,50%);&br;48 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|1,390|+26°&br;-8°|
 //|~|>||AP&br;APCR&br;HE|&br;&br;|&br;&br;|||情報待|情報待&br;情報待G&br;情報待||
 
 #br
 #shadowheader(2,''砲塔'');
 |CENTER:SIZE(11):20|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
 |Tier|名称|装甲厚&size(9){(mm)};&br;&size(9){前面/側面/背面};|旋回速度&size(9){(°/s)};|視界範囲&size(9){(m)};|重量&size(9){(kg)};|h
 |~IV|T-34 mod. 1940|55/55/55|40|200|3,200|
 |~V|T-34 mod. 1942|60/60/55|49|240|3,900|
 //|~|//||||
 
 #br
 #shadowheader(2,''エンジン'');
 |CENTER:SIZE(11):20|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
 |Tier|名称|馬力&size(9){(hp)};|引火確率&size(9){(%)};|重量&size(9){(kg)};|h
 |~V|V-2|400|15|750|
 |~VI|V-2-34|470|15|750|
 //|~||||
 
 
 #br
 #shadowheader(2,''履帯'');
 |CENTER:SIZE(11):20|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
 |Tier|名称|積載量&size(9){(t)};|旋回速度&size(9){(°/s)};|重量&size(9){(kg)};|h
 |~IV|T-34 mod. 1941|31.30|43|8,000|
 |~V|T-34 mod. 1943|31.30|46|8,000|
 //|~||||
 
 #br
 #shadowheader(2,''乗員'');
 +Commander
 --Commander
 --Gunner
 +Driver
 +Radio Operator
 +Loader
 
 #br
 #shadowheader(2,''派生車両'');
 派生元:''[[A-20]]''
 派生先:''[[T-34-85]]'' / ''[[SU-85]]'' / ''[[MT-25]]''
 
 -------------------
 *''開発ツリー'' [#vef1aed6]
 |CENTER:SIZE(8):60|CENTER:SIZE(8):4|CENTER:SIZE(8):60|CENTER:SIZE(8):4|CENTER:SIZE(8):60|CENTER:SIZE(8):4|CENTER:SIZE(8):60|CENTER:SIZE(8):4|CENTER:SIZE(8):60|CENTER:SIZE(8):4|CENTER:SIZE(8):60|c
 |BGCOLOR(lavender):''[[A-20]]''|━|BGCOLOR(lavender):''T-34''&br;12,990&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|━|BGCOLOR(lightcyan):&ref(車両ページテンプレート/Gun.png,nolink,50%);&br;76mm L-11|━|BGCOLOR(lightcyan):&ref(車両ページテンプレート/Gun.png,nolink,50%);&br;76mm F-34&br;2,000&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|━|BGCOLOR(lightcyan):&ref(車両ページテンプレート/Gun.png,nolink,50%);&br;57mm ZiS-4&br;2,000&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|━|BGCOLOR(azure):BGCOLOR(LAVENDER):''[[MT-25]]''&br;24,400&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);&br;880,000&ref(ソ連/cra.png,nolink,60%);|
 |~|~|~|>|>|>|>|>|>|>||
 |~|~|~|━|BGCOLOR(mistyrose):&ref(車両ページテンプレート/turret.png,nolink,50%);&br;T-34 mod.1940|━|BGCOLOR(mistyrose):&ref(車両ページテンプレート/turret.png,nolink,50%);&br;T-34 mod.1942&br;1,735&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|━|BGCOLOR(lightcyan):&ref(車両ページテンプレート/Gun.png,nolink,50%);&br;76mm S-54&br;5,070&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|┳|BGCOLOR(azure):BGCOLOR(LAVENDER):''[[SU-85]]''&br;26,550&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);&br;414,000&ref(ソ連/cra.png,nolink,60%);|
 |~|~|~|>|>|>|>|>|>|>||
 |~|~|~|||||||┗|BGCOLOR(azure):BGCOLOR(LAVENDER):''[[T-34-85]]''&br;27,825&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);&br;915,000&ref(ソ連/cra.png,nolink,60%);|
 |~|~|~|>|>|>|>|>|>|>||
 |~|~|~|━|BGCOLOR(lightyellow):&ref(車両ページテンプレート/engine.png,nolink,50%);&br;V-2|━|BGCOLOR(lightyellow):&ref(車両ページテンプレート/engine.png,nolink,50%);&br;V-2-34&br;7,000&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|||||
 |~|~|~|>|>|>|>|>|>|>||
 |~|~|~|━|BGCOLOR(#ccffcc):&ref(車両ページテンプレート/suspension.png,nolink,50%);&br;T-34 mod.1941|━|BGCOLOR(#ccffcc):&ref(車両ページテンプレート/suspension.png,nolink,50%);&br;T-34 mod.1943&br;1,940&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|||||
 #br
 &ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);:必要経験値
 //&br;?&ref(ソ連/cra.png,nolink,60%);
 //┛┓┗┏┃━┣┳┻┫╋
 *解説 [#bc129893]
 //ここに文章による解説をいれてください。
 #shadowheader(2,''立ち回り方'');
 傾斜したそこそこの装甲と優秀な主砲を持ち、利点を活かすことが出来れば非常に強力な戦車となっている。
 #br
 #shadowheader(2,''装甲'');
 車体正面装甲は傾斜込みで実質約80mm程度。格下相手なら跳弾を狙えないこともないが、同格相手には通用しづらい。
 逆に傾斜込みで70mm程度となる側面装甲は中戦車としては優秀で、豚飯をすれば同格中戦車程度であればギリギリ弾けるかと言ったところ。同格相手に常用するべきではないが、緊急時の防御手段として覚えておきたい。
 砲塔正面装甲は防盾を含めると112mm程度の防御力を持ち、こちらも格下相手であればそれなりの確率で跳弾が可能。ただ防盾脇が広めの弱点となっており、キューポラや車体の機銃口の存在もあることから過信は出来ない。
 
 #br
 #shadowheader(2,''砲'');
 初期砲である76mm L-11は通常弾貫通力や装填速度、照準速度などあまりにも欠点が多いため、2000経験値とかなりフリー経験値が必要だが76mm F-34を搭載してから初戦に臨みたい。
 最終候補は57mm ZiS-4と76mm S-54の2択。以前は57mm1択だったがアップデートで76mm S-54がバフを受け、十分な実用性を持つようになった。
 
 -''57mm ZiS-4''
 単発威力は低いが、装填時間は4秒と非常に短く同格駆逐並みのDPMを持つ。
 76mm S-54と比べると精度やDPMで勝り、課金弾貫通力も非常に高い。ただし通常弾貫通力は112と少し低めで、これを補いDPMを活かす立ち回りが必要となる。
 
 -''76mm S-54''
 他国の75mm砲と比べるとDPMや精度で劣るが、通常弾貫通力は125と高め。
 課金弾貫通力は156mmと伸びが悪く、格上相手の戦闘では多少苦労する場面がある。
 低めの課金弾貫通力や距離による貫通力の低下、低い砲精度により、遠距離からの射撃では貫通の機会を逃しかねない。
 周囲の味方と連携し、装填時間の隙をうまく補おう。
 
 #region(砲選択の参考までにどうぞ)
 どちらが体感的に使いやすいですか?
 #tvote("76mm S-54[190]","57mm ZiS-4[167]","85mでいいんだよ![19]","史実砲F-34なんだよなぁ※トレモ用です[17]","そもそもソ連だし歩兵だろ[14]","ラムアタック[13]","ソ連バイアスで十分[12]","380mmのロケット推進臼砲つめよ[7]","152mm積めよ[6]","どちらとも言えない[6]","L7A3[5]","両方使用[4]","兵士と弾は畑から取ってこい[4]","122mm積めよ[3]","super cool[3]","T-14アルマータ[3]","パンジャンドラム[3]","機銃で十分だ[3]","100mmつめよ[2]","114口径115cm ya-ju1919[2]","2cm FlaKvierling38 4連装[2]","ypaaa[2]","フリー経験値でT-34-85[2]","核砲弾[2]","182m積めよ[1]","ミサイルやな[1]","全部積めば解決()[1]","運営さん[1]")
 #tvote("76mm S-54[191]","57mm ZiS-4[167]","85mでいいんだよ![19]","史実砲F-34なんだよなぁ※トレモ用です[17]","そもそもソ連だし歩兵だろ[14]","ラムアタック[13]","ソ連バイアスで十分[12]","380mmのロケット推進臼砲つめよ[7]","152mm積めよ[6]","どちらとも言えない[6]","L7A3[5]","両方使用[4]","兵士と弾は畑から取ってこい[4]","122mm積めよ[3]","super cool[3]","T-14アルマータ[3]","パンジャンドラム[3]","機銃で十分だ[3]","100mmつめよ[2]","114口径115cm ya-ju1919[2]","2cm FlaKvierling38 4連装[2]","ypaaa[2]","フリー経験値でT-34-85[2]","核砲弾[2]","182m積めよ[1]","ミサイルやな[1]","全部積めば解決()[1]","運営さん[1]")
 #endregion
 #br
 -----------
 *特徴 [#h7179163]
 //ここには箇条書きでわかりやすく簡潔に入れてください
 //&color(Silver){実は次の車両より車体装甲が厚い};
 #shadowheader(2,''長所'');
 -砲性能が優秀
 -避弾経始に優れた装甲配置
 -旋回速度が高い
 
 #shadowheader(2,''短所'');
 -薄く大型のキューポラ
 -同格相手には頼りにならない装甲
 -再購入時76mm砲が搭載されてしまう
 
 #shadowheader(2,''初期の研究'');
 -あらかじめ76mm F-34をフリー経験値で開発し初戦に臨みたい。その後も主砲優先で、初期砲塔でも搭載出来る57mm ZiS-4を目指そう。
 -----
 *歴史背景 [#i2525172]
 #region(クリックして表示)
 //他サイトから引用する場合は、引用元を文章の頭に入れてください
 #ref(./image.jpeg,center,nolink);
 CENTER:(画像は[[Wikipedia>https://en.m.wikipedia.org/wiki/File:T-34_57.jpg]]より)
 #br
 PC版wikiより
 #br
 第二次世界大戦時のソ連の代表的な中戦車。
 BT-2から始まるソ連快速戦車の完成形である。
 1939年、A-20から装輪走行機能を外し、大型化して装甲と武装を強化したA-32の改良型、A-34が制式採用された。
 当時としては画期的な傾斜装甲、対戦車戦を意識した高初速砲(初期型は76mmL-11、それ以降は76mmF-34)を取り入れ、良好な攻撃力と防御力、そして以前よりは重くなったとはいえ、依然として軽量な車体と高馬力でコンパクトなディーゼルエンジンとクリスティー式の脚周りによるすばらしい機動性を獲得した。また幅の広い履帯はロシアの泥濘を進むことができた。
 また設計時に生産時のブレを考慮したため、工場ごとに技術差が存在しても製品として問題ないレベルに品質を保つことができ、多くの工場を動員しての大量生産が可能だった。
 一方で防御力を重視した車体はコンパクトゆえに非常に狭く、加えて光学製品の品質が劣悪で、初期の砲塔は形状・装備的に外部視察能力が非常に低かった。
 さらに車長は砲手を兼任し、無線機も小隊長車までの装備だったため、スターリンの大粛清の影響を残していたソ連軍の混乱に伴う指揮・練度の未熟さもあって、独ソ戦前半には性能的に劣る3号戦車や4号戦車に撃破されることも多かった。
 しかし欠点があるとはいえ走攻守の基本性能に優れた本車はドイツ軍に立ち向かい、独ソ戦初期の崩壊寸前の戦線を支えた。
 戦争が進むにつれて兵士や指揮官の練度が上昇し、より操作性に優れた新型砲塔の採用や部品品質の改善がなされたT-34は、1944年までの生産数3万両という驚異的な大量生産によってドイツ軍の攻勢を粉砕し、祖国(ロジーナ)の危機を救ったのである。
  
 ZiS-4を搭載したタイプはT-34駆逐戦車と呼ばれ戦車戦を中心に活躍した。
 モスクワ防衛戦で戦績を残したが、ZiS-4の製造コストが高いことと
 製造ラインがT-34-85に転換したこともあって新たな生産は取りやめになった。
 #endregion
 
 *コメント [#ya3de8e8]
 #include(コメント時の注意,notitle)
 [[アーカイブ>コメント/T-34]]
 #zcomment(t=wotblitz_wiki_tanks%2F47&h=200&size=10&style=wikiwiki)
 ----