Top > Pz.Kpfw. VI Tiger (P)


Pz.Kpfw. VI Tiger (P)

Last-modified: 2019-06-24 (月) 01:44:36


Tier 7 ドイツ 重戦車 Pz.Kpfw. VI Tiger (P) ポルシェティーガー、ポルシェ Type 101 Edit

tigerp.jpg
Tiger (P) Neuer Turm + 8.8 cm Kw.K. 43 L/71
他の装備
 

Tiger Iの二種類の試作車両のうち、採用されなかったポルシェ社案である。
試験前に発注、生産されていた車体装甲板はFerdinandに流用されたほか、Ferdinandと同様に車体正面に100mmの追加装甲を施し、エンジンや砲塔などの問題点を改良した本車が何両か実戦投入された。
ゲーム内の設定は概ね試作車両に準拠しているようだが、車体正面装甲は100mm増加されている。
ちなみに発電用エンジンでモーターを動かす、昨今流行りのハイブリッド(戦)車である。
関連車両:Tankenstein

 
車輌性能に関する変更点

基本性能(v4.8.0) Edit

車体Tier国籍タイプ耐久値
(HP)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高
速度
(km/h)
初期
重量
(t)
本体価格
(クレジット)
Tiger (P)VIIドイツ重戦車1350~1450200/80/803560.091,395,000 cra.png
 
実用出力重量比(hp/t)11.75
 

武装

砲塔:Tiger (P) Turm Nr. 1

Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


VII8.8 cm Kw.K. 36 L/568.57AP
APCR
HE
145
195
44
220
190
270
1885
1628
2313
0.382.392252 cra.png
3200cra.png 8gda.png
252 cra.png
2,050+17°
-6°
VIII8.8 cm Kw.K. 43 L/717.28AP
APCR
HE
203
237
44
220
190
270
1601
1383
1965
0.342.968252 cra.png
4400cra.png 11gda.png
252 cra.png
2,562
 

砲塔:Tiger (P) Neuer Turm

Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


VII8.8 cm Kw.K. 36 L/569.09AP
APCR
HE
145
195
44
220
190
270
1999
1727
2454
0.382.392252 cra.png
3200cra.png 8gda.png
252 cra.png
2,050+17°
-6°
VIII8.8 cm Kw.K. 43 L/719.23AP
APCR
HE
203
237
44
220
190
270
2031
1754
2492
0.342.968252 cra.png
4400cra.png 11gda.png
252 cra.png
2,562
 

砲塔

Tier名称装甲厚(mm)
前面/側面/背面
旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
VITiger (P) Turm Nr. 1100/80/80252408,900
VIITiger (P) Neuer Turm100/80/80252509,500
 

エンジン

Tier名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
VI2x Porsche Typ 100/1 Ausf. A55020670
VI2x Porsche Typ 100/160020670
VII2x Porsche Typ 100/372020720
 

履帯

Tier名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
VITiger (P)65.21918,000
VIITiger (P) verstärkteketten65.22118,000
 

乗員

  1. Commander
  2. Driver
  3. Gunner
  4. Radio Operator
  5. Loader
 

派生車両

派生元:VK 30.01 (P)
派生先:Ferdinand / VK 45.02 (P) Ausf. A / VK 100.01 (P)

 

車両ツリー Edit

VK 30.01
(P)
Tiger (P)
53,220fa.png
VK 45.02 A
90,000fa.png
2,435,000cra.png
Gun.png
8.8 cm Kw.K. 36 L/56
11,210fa.png
Gun.png
8.8 cm Kw.K. 43 L/71
20,630fa.png
VK 100.01 (P)
78,500fa.png
2,450,000cra.png
turret.png
Tiger (P) Turm Nr. 1
turret.png
Tiger (P) Neuer Turm
12,520fa.png
engine.png
2x Porsche Typ 100/1 Ausf. A
engine.png
2x Porsche Typ 100/1
7,320fa.png
engine.png
2x Porsche Typ 100/3
15,000fa.png
suspension.png
Tiger (P)
suspension.png
Tiger (P) verstärkteketten
7,970fa.png
Ferdinand
150,000fa.png
2,570,000cra.png
 

fa.png:必要経験値
cra.png:必要クレジット

 

解説 Edit

立ち回り方

正面装甲は強力だが弱点が多い。キューポラは隠すことが難しいので、まず下部を隠すことを意識しよう。不可能でも車体を振るなどして相手の狙いをブラそう。
主砲は単発が低いため受け手に回るとやや苦しいが、分間火力は優秀で高い突破力を持つ。機動性は低いので味方に側面をカバーしてもらいつつ前線を押し上げていこう。

 

装甲

砲塔正面は防盾と砲塔装甲が重なり実質200mm程度の防御力を持つが、キューポラは100mmで弱点。
車体正面も200mmと厚く、切り欠きも200mmになり、豚飯では角度に気をつける必要があるものの弱点ではなくなった。
ただし、切り欠きの下の前方に露出したスポンソンの底面(25mm)はそのままで、履帯起動輪ごと貫通される。
下部の弱点(実質120mm)も健在。ただドイツ車としては珍しく、正面下部に火災判定がない。
側面は履帯裏が60mmと薄くなっており、側面上部には弾薬庫判定があるなど昼飯・豚飯にはやや不適。
砲塔が車体前方に設置されており、装甲厚を活かした飛び出し撃ちの方が得意だ。

 

主砲

Tiger Iと比べて全体的にやや砲性能が劣るが、初期砲塔でも最終砲を搭載できるという利点を持ち、早期に最終砲を使用可能。

  • 8.8 cm Kw.K. 36 L/56
    VK 30.01 (P)から引き継げる砲であり、最終砲よりも照準速度に優れる。
    かつては火力に優れたものの、最終砲がbuffされ最終砲に対する利点はほぼなくなった。
  • 8.8 cm Kw.K. 43 L/71
    L/56より、照準時間が長くなった代わりに、貫通力と精度が向上しDPMが大幅に上昇する。
    駆逐戦車並みの貫通力を持ちながら装填速度が速く、車体性能と合った攻撃的な主砲である。
 

機動性

かつては酷い機動性だったが、馬力、旋回等がbuffされ、鈍重さは残るものの高い最高速度でストレスなく前線で戦えるようになった。
史実では、モーター駆動というこの戦車最大の特徴から「前進も後退も同じ速度で可能」と期待されたが前進すらまともにできなかった。このゲームでは後退速度の再現まではされていない。


特徴 Edit

長所

  • 非常に優れた装甲厚
  • 高貫通、高精度、高DPMの砲
  • 硬い砲塔
  • 装甲の割に良い機動性
  • 互換性に優れている
  • カッコいい!(人による)

短所

  • 照準時間が長い
  • 大きなキューポラ

参考までに

ティア7で比較対象となるBlack Princeと性能比較をしてみた

 

車体装甲
正面装甲:Tiger(P)(200mm)>Black Prince(152mm)
側面装甲:Tiger(P)(80mm)<Black Prince(95mm)
背面装甲:Tiger(P)(80mm)<Black Prince(95mm)

 

砲塔装甲
正面装甲:Tiger(P)(100mm、実質200mm)<Black Prince(152mm、実質300mm越え)
側面装甲:Tiger(P)(80mm)<Black Prince(95mm)
背面装甲:Tiger(P)(80mm)<Black Prince(95mm)

 

砲性能
DPM(AP):Tiger(P)(2031)<Black Prince(2526)
単発火力:Tiger(P)(220)>Black Prince(160)
貫徹力

  • AP:Tiger(P)(203mm)>Black Prince(171mm)
  • APCR:Tiger(P)(237mm)<Black Prince(239mm)
  • HE:Tiger(P)(44mm)>Black Prince(20mm)
 

機動力
最高速度:Tiger(P)(35km/h)>Black Prince(20km/h)
旋回速度:Tiger(P)(21°/s)>Black Prince(19°/s)

初期の研究

ドイツ車両の中では最も互換に優れた車両の一つである。
最終砲の搭載に改良砲塔を研究する必要がなく、Tiger Iと互換する上、実はTiger IIの初期装備であるのでPanther IからTiger IIを研究するだけでなんの苦労もなく最終砲を搭載できる。
エンジンはVK 30.01 (P)から据え置きであり、初期砲塔の性能も改良砲塔とあまり変わらない。
これらを把握しておけば購入直後から充分に戦える戦車である。
購入後は最終砲→砲塔→履帯の順に研究しよう。


歴史背景 Edit

クリックして表示

コメント Edit

返信する際は、所定の木の〇部分を選択 した上で返信してください。また、生産性のないコメントはお控えください(例:Mバッチ取れた、味方がー敵がー等)
コメント欄を利用する際はマナーとモラルを守り、煽られた場合屹然とした態度で対応するようにしましょう。煽り等が見受けられても必ず相手しないでください。

これらを理解した上で書き込みを行ってください