Top > VK 30.02 (M)


VK 30.02 (M)

Last-modified: 2019-08-02 (金) 18:40:05


Tier 6 ドイツ 中戦車 VK 30.02 (M) Edit

vk30.02m.jpg

独ソ戦中盤以降の戦闘において猛威を振るったT-34の模倣が計画の念頭に置かれており、新たに導入された傾斜装甲や大型転輪など、各部にソ連戦車的な特徴が現れている。
この計画はPz.Kpfw. V Pantherとして結実し、この車両自体はクルスク戦に投入された初期型(D型)に近いものとなる。

 

基本性能(v5.5.0) Edit

車体Tier国籍タイプ耐久値
(HP)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高
速度
(km/h)
初期
重量
(t)
売却価格
(ゴールド)
VK 30.02 MVIドイツ中戦車105060/40/405541.17500 gda.png
 

武装

 
Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


VI7.5 cm Kw.K. 42 L/709.75AP
APCR
HE
150
194
20
160
135
200
1560
1316
1950
0.352.379109 cra.png
2800cra.png 7gda.png
98 cra.png
1,740+18°
-7°
 

砲塔

Tier名称装甲厚(mm)
前面/側面/背面
旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
VIVK 30.02 Ausf. A100/45/45302407,760
 

エンジン

Tier名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
VIIIMaybach HL 230 TRM P30700201,200
 

履帯

Tier名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
VIVK 30.02 Ausf. A45.003815,000
 

乗員

  1. Commander
  2. Driver
  3. Gunner
  4. Radio Operator
  5. Loader
 

解説 Edit

ドイツのTier6中戦車。
ver.5.5でツリーから削除され、コレクター車輌となった。

装甲

  • 車体
    正面は弱点こそないものの、上部も下部も傾斜込みで実質100mm程度(標準化込みで90mm程度)でありあまり頼りにならない。
    側面にいたっては傾斜しているとはいえ40mmしか装甲がなく、152mm砲相手には一撃で撃破されることもある。
    昼飯・豚飯も大して用をなさないので障害物や地形による防御は必須となる。
  • 砲塔
    防御を狙えるのは防盾と前面装甲が重なった一部(150mm-)のみで、弱点であるキューポラも大きめである。
    静止していてはただの的となってしまう。
     

貫通力と精度に優れており、十分な俯角やDPMと合わせて使い回しは良好である。

 

立ち回り方

中戦車としては大柄で防御力が低いため前線にはやや不向きで、他のツリーのMTとは異なった立ち回りを要求される。
機動性はそれなりにあるので偵察などは中戦車らしくしっかりこなす必要があるが、そのまま会敵し接近戦などに持ち込まれることがないように十分注意しよう。
前線を張らずとも高めの耐久値と機動力を活かして最後まで生き残り、味方を支援し続けることで勝利に貢献できる。
ちなみに、このルートの車両は比較的重めの車体と強力なエンジン出力を持つためラムアタック(体当たり)が有効な攻撃の選択肢になることを頭の隅に置いておくといい。


特徴 Edit

長所

  • 高い最高速度
  • 高い貫通力と精度
  • 比較的高い耐久性
  • 強力なラムアタック

短所

  • 側面は大口径の榴弾砲に貫通される
  • やや悪い加速と旋回
  • 車体が大きく、隠蔽率も低め
  • 車体が斜めになるとエンジンが燃える-

歴史背景 Edit

本家より
man.jpg

 

V号戦車パンターの開発時に、MAN社の提示した設計案(VK 30.02 (M))。
車体デザインはT-34中戦車と同様に傾斜装甲を多用していたものの、レイアウトは従来のドイツ戦車と同様に後部にガソリンエンジンを置き、駆動軸を介して前部の変速・操向機を通じて起動輪を駆動する配置をしている。
競作となっていたダイムラーベンツ社案のVK 30.02 (D)は砲塔が完成せず時間がかかるばかりで、VK 30.02 (M)の方が早く生産に辿り着ける状況となっていた。
1942年5月、戦車委員会はVK 30.02 (M)を支持する結論を出した。
直ちに生産を開始、車体前面装甲が80mmに増厚され、構造上の不具合を解消しつつ1943年1月から完成した車両がV号戦車パンターD型である。

 

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • コレクター化してから初めて乗り始めたけど、中々良いなコレ。先に開発したパンターや 50 Mの練習にもってこいだし、何だか後々売るのが惜しくなってきた -- 2018-11-13 (火) 23:34:45
  • ツリーにあった時は色々ネタにしてきたけどいざいなくなると寂しいよな。見た目がいいからか好感が持てるからかな? -- 2018-11-14 (水) 16:40:11
    • でもツリーに有ったらやっぱりD型使うんだよな -- 2018-12-23 (日) 02:28:50
  • 癖が強い戦車だとは思うが弱いとは思わないくらいには使える戦車 -- 2018-12-22 (土) 10:48:30
    • そうね。でも強いとも思わなかったけどね。 -- 2018-12-23 (日) 02:30:02
  • 中戦車と重戦車の間くらいの性能だし、史実的にはかなり使える筈なんだがね。パンターよりt-34-85の方が強かったなんて訳はない筈。 -- 2018-12-22 (土) 10:52:13
    • 戦車が貫通弾を何発も耐えるWoTで史実再現の話するの間抜けだからいい加減やめようぜ -- 2018-12-22 (土) 23:11:51
  • パンターってis2と互角だったらしいからね -- 2018-12-22 (土) 22:14:00
  • Pantherで忠実砲塔持っていったら戦犯不可避だから、この子で自己満足しようしとしたらツリーから消えてた泣 -- 2018-12-29 (土) 16:55:34
    • つ偽パン -- 2018-12-30 (日) 00:32:31
  • vk3002mだけ持ってたんだが、ツリーから外れた代わりにvk3001dが貰えて嬉しかった -- 2019-01-17 (木) 17:46:45
  • vk3002m「俺はパンターだ 誰が何を言おうとパンターなんだ」 -- 2019-02-10 (日) 21:14:59
    • Pz.V/IV「俺の方がパンターだ!お前の時代は終わったのだ!我の時代が来たのだ!!」 -- 2019-02-22 (金) 19:50:05
      • でも君は名前だけパンターが付いてるだけで、肝心の砲塔が4号君だし‥‥本来なら砲塔回らないし‥‥ -- 2019-05-14 (火) 21:07:30
  • 弾薬庫が脆すぎる…三連で弾薬庫損傷したときは発狂した -- 2019-04-04 (木) 23:53:42
  • この子車体がなんかのっぺりしてて寂しい…見た目だけもいいからサイドスカートぐらい付かないかなぁ -- 2019-04-16 (火) 22:55:48
    • シュルツェン付いたの量産型からだからなぁ -- 2019-08-02 (金) 18:39:42
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White