FV304 の変更点


 &attachref(./GB-FV304.png,nolink,30%);
 #contents
 
 *Tier 6 イギリス 自走砲 [#w28935b1]
 [[公式紹介ページ >http://console.worldoftanks.com/encyclopedia/vehicles/uk/GB77_FV304/]]
 *スペック [#lfb74a03]
 //''車体''
 |CENTER:|CENTER:SIZE(11):|c
 |~HP|280|
 |~車体装甲厚(mm)|25/25/25|
 |~車体装甲厚(mm)|14/14/14|
 |~最高速度(km/h)|72|
 |~重量/最大積載量(t)|17.65/17.7|
 //|~実用出力重量比(hp/t)||
 |~本体価格(シルバー)|930,000|
 |~修理費(シルバー)||
 **戦車パッケージ [#jbae09be]
 |CENTER:|c
 |パッケージ名&br;(必要経験値/購入シルバー)|
 |>|>|>|>|>|>|CENTER:|c
 |>|>||┏|━|━|BGCOLOR(#dddddd):[[Crusader SP>Crusader 5.5-in. SP]]&br;(64,750/1,440,000)|
 |BGCOLOR(#dddddd):FV304&br;(31,000/930,000)|━|BGCOLOR(#DDEEFF):FV304 V8&br;(4,100/43,100)|┻|BGCOLOR(#DDF8DD):FV304 M300&br;(10,750/73,100)|>||
 **詳細 [#vf8ff84b]
 |>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:SIZE(11):|c
 |パッケージ名|エンジン|>|>|>|>|>|武装|履帯|>|>|砲塔|>|他|h
 |~|出力|弾種|貫通力|ダメージ|総弾数|弾代|発射速度&br;照準時間&br;精度|旋回速度|砲塔装甲|旋回速度|視認範囲|HP|通信範囲|h
 |BGCOLOR(#f0f8ff):CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|>|>|BGCOLOR(#f0f8ff):RIGHT:SIZE(11):|>|>|BGCOLOR(#f0f8ff):CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|>|>|BGCOLOR(#f0f8ff):CENTER:SIZE(11):|>|CENTER:SIZE(11):|c
 |BGCOLOR(#dddddd):FV304|Rolls-Royce Meteorite V8|>|>|>|>|>|Q.F. 25-Pr. Gun/How.|FV304|>|>|FV304|280|450|
 |~|350|HE&br;AP&br;AP|44&br;92&br;71|280&br;180&br;180|64|83&br;7G&br;83|9.52&br;4.50&br;0.66|22|--/--/--|20|310|~|~|
 //
 |BGCOLOR(#DDEEFF):FV304 V8|Rolls-Royce Meteorite V8|>|>|>|>|>|Q.F. 4.5-in. Howitzer|FV304|>|>|FV304|280|550|
 |~|350|HE|57|450|64|250|6.82&br;4.50&br;0.69|22|--/--/--|20|310|~|~|
 //
 |BGCOLOR(#DDF8DD):FV304 M300|Rolls-Royce Meteor M300|>|>|>|>|>|Q.F. 4.5-in. Howitzer|FV304 Mk. II|>|>|FV304|280|700|
 |~|500|HE|57|450|64|250|6.82&br;4.50&br;0.69|24|--/--/--|20|310|~|~|
 
 *解説 [#t59e0ae9]
 -特徴
 とにかく、500mという短い射程と砲弾の種類が1つだけの最終砲と、1000m超の射程とAPまで撃てるが、仰角15度までという駆逐戦車みたいな性能の初期砲の2択が悩ましいのは、前の[[ビショップ>Bishop]]からほぼ同じである。
 ただし、ビショップよりも機動性は格段に上がっており、軽戦車と同等の足回りを持つ。 猛者のFV304使いともなると、[[ELC>AMX ELC bis]]と格闘戦ができ、ELC張りの活躍もできる、
 が、あくまで機動戦や格闘戦は''最後の自衛手段''であって、''主任務は火砲支援''なのをお忘れなく。
 
 -主砲
 --初期砲
 APは接近された時のお守り程度に持っておくのはいいが、''全弾APで駆逐戦車やELCのように運用しようというのはNG''。 
 射程は長いものの、殆どの遮蔽物に阻害されるため高台を選ぶか、斜面を利用して仰角を確保するかになる。 
 しかし、&color(Blue){斜面を利用した場合、得てして着弾が後方に飛んでいくことが多く、博打的にならざるを得ない};。
 --最終砲
 射程500mは殆ど接近戦と言ってよく、&color(Red){戦況を見極めてこまめな移動が必要};になる。 
 射程ギリギリからの大仰角が、&color(Red){格上にも天板撃ち抜きでダメージをガンガン与えられる};のだが、それ以外になるとチマチマとダメージが入る豆鉄砲になる感は否めない。 
 弾種はHEのみで切り替えがないのも要因であるが、とくに&color(Blue){空間装甲持ちには接近されると苦戦する};ことになる。
 
 -機動性
 機動性は非常の良好である。
 しかし、これはあくまで自走砲や駆逐戦車レベルでの話で、快速軽戦車や旋回砲塔付き駆逐戦車には敵わない。
 ''単騎特攻で敵陣を後ろからかく乱するとか、主戦場で機動戦を図るということはまずしないほうが良い。''
 FV304が前線に出るときは、終盤の敵自走砲狩りや、味方についていっての残党狩りくらいである。
 それまでは&color(Red){戦線中ごろでの火力支援に徹しよう。};
 
 -総論
 これまで培ったビショップでの経験を生かして、自分の有利な位置を見出すことが勝利の鍵となるだろう。
 *史実 [#h06a0080]
 FV304はビッカース社の開発による試作自走砲です。
 開発が開始されたのは1947年でしたが、試作車の製造は1953年にずれ込んでしまいました。
 ですが、その際には本車の設計は既に時代遅れとなっており、開発は中止になってしまいました。
 開発開始から、試作車製作までの7年間の空白の理由は分かっていません。
 *コメント [#n1685eea]
 #pcomment(./コメント,reply,5)