Top > Object 260 > diff


Object 260 の変更点


 &attachref(./R110_Object_260.png,nolink,30%);
 &attachref(./Obj_260-min.PNG,nolink,60%);
 ベースの[[Object 257]]よりも[[IS-7]]に近いサイズ・外観になったが、各部の形状や主砲が異なっている。
 
 #contents
 
 *Tier10重戦車 [#Overview]
 [[公式紹介ページ>]]
 
  
 [[公式紹介ページ>https://console.worldoftanks.com/ja/encyclopedia/vehicles/ussr/R110_Object_260/]]
 *スペック [#Spec]
 |CENTER:|CENTER:SIZE(11):|c
 |~耐久値|2,100|
 |~車体装甲厚(mm)|150/150/70|
 |~最高速度(前/後)(km/h)|60/15|
 |~重量(t)|61.3|
 |~実用出力重量比(hp/t)|19.58|
 |~本体価格|22,500G相当|
 |~修理費(Cr)|--|
 |~超信地旋回|不可|
 |~シルバーボーナス(%)|BGCOLOR(#ffffcc):無し|
 |~経験値ボーナス(%)|BGCOLOR(#ffffcc):5%|
 |~搭乗員経験値ボーナス(%)|BGCOLOR(#ffffcc):無し|
 
 **パッケージ [#Package]
 //▼パッケージツリーの文字サイズは11推奨ですが、あまり気にしなくても大丈夫です。
 |CENTER:SIZE(11):|c
 |BGCOLOR(#dddddd):Object 260&br;&color(#00aa00){''450,000フリーEXP''};|
 
 ***詳細 [#detail]
 |CENTER:SIZE(11):70|CENTER:SIZE(11):110|CENTER:SIZE(11):135|CENTER:SIZE(11):100|>|CENTER:SIZE(11):55|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):60|c
 |~パッケージ名|エンジン|主砲|履帯|>|砲塔|HP|通信機|h
 |~|&tooltip(出力){単位:馬力};|[[下記参照>#MainGun]]|&tooltip(車体旋回速度){単位:°/秒};|>|&tooltip(砲塔装甲){単位:mm、全面/側面/後面};|~|&tooltip(通信範囲){単位:m};|h
 |~|&tooltip(出力重量比){単位:馬力/t};|~|~|&tooltip(旋回速度){単位:°/秒};|&tooltip(視認範囲){単位:m};|~|~|h
 |CENTER:SIZE(11):|>|>|CENTER:SIZE(11):|>|>|BGCOLOR(#eeffdd):CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
 //
 |BGCOLOR(#):~Object 260|BGCOLOR(#ddeeff):2x V-16|BGCOLOR(#ddeeff):122 mm BL-13-1|BGCOLOR(#ddeeff):Object 260|>|BGCOLOR(#ddeeff):Object 260|2100|BGCOLOR(#ddeeff):10RK-26|
 |~|1200|~|26|>|350/240/100|~|720|
 |~|19.58|~|~|26|400|~|~|
 
 
 #hr
 #br
 &aname(MainGun){};
 |10|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:SIZE(11):|c
 |>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|~主砲性能|h
 |>|~名称|弾種|&tooltip(弾代){黒:シルバー 橙:ゴールド};|&tooltip(貫通){単位:mm};|ダメージ|&tooltip(発射速度){単位:発/分};|AP弾&br;DPM|&tooltip(照準時間){単位:秒};|&tooltip(精度){上から静止時、移動時、砲塔旋回時の値。単位:m};|総弾数|&tooltip(最高角){単位: °};&br;&tooltip(最伏角){単位: °};|h
 |10|CENTER:SIZE(11):|BGCOLOR(#f0f8ff):CENTER:SIZE(11):30|BGCOLOR(#f0f8ff):CENTER:SIZE(11):35|BGCOLOR(#f0f8ff):CENTER:SIZE(11):40|BGCOLOR(#f0f8ff):CENTER:SIZE(11):45|CENTER:SIZE(11):60|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):55|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):40|c
 //
 |BGCOLOR(#dddddd): |~122 mm BL-13-1|APCR&br;&color(#ff8c00){HEAT};&br;HE|1,250&br;&color(#ff8c00){13G};&br;990|260&br;&color(#ff8c00){340};&br;68|440&br;&color(#ff8c00){440};&br;530|4.96|2,352|2.50|0.37&br;&color(gray){?&br;?};|40|+16&br;-6|
 &size(11){※先頭のセルの色は対応するパッケージの色となります。};
 #br
 *解説 [#Commentary]
 -''概要''
 Tier10の[[ソ連]][[重戦車]]。
 [[Object 252>Object 252U]]や[[Object 257]]を経て設計された[[IS-7]]の最初期案である。
 #br
 課金車両ツリーの右端にあり450,000フリーEXPから入手することができる。
 #br
 -''火力''
 v俯角は-6°、少し物足りない数値であり、地形には注意。
 --''122 mm BL-13-1''
 このTierの重戦車として平均的。拡散に優れるが足が速いため走行時はあまり実感が沸かないかもしれない。
 通常弾がAPCRの為弾速が通常弾としては速め(1,259m/s)、一方でHEATは900m/sとあまり速くないので切り替え時には注意。
 #br
 
 -''装甲''
 HPが[[AMX 50 B]]と同じ2,100とTier10重戦車として2番目に低く、[[IS-7]]や[[IS-4]]と比較するとかなり劣っている。
 --''車体''
 車体正面は満遍なく150mm装甲。上部下部共に約55度傾斜となっているので、正面からなら車体下部、斜めからなら楔型の傾斜が殺される上部が薄くなる。
 基本的にはIS-7とほぼ同形であり、防御力も同程度である。
 車体側面の垂直部分もIS-7と同じく空間装甲+内部傾斜装甲。履帯裏は100mmと柔らかいので側面から狙う場合は履帯部分を狙うとよい。
 ドライバーハッチは45mmなので135mm超の大口径砲には三倍ルールで貫通されうる。
 --''砲塔''
 砲塔スペックの350mmは砲基部横の丸い部分だけであるが、その上下の傾斜部分は170mm厚で実質350mm前後あるので弱点ではない。
 基本的に貫通可能な箇所は、キューポラ(120mm傾斜で240mm程度)と砲塔下部(68°傾斜で、撃ち降ろすと車体天板へのショットトラップが起こる)に限られる。
 砲塔側面は丸い形状に加えて大部分が250mm相当の防御力を持つので適当に撃つと弾くことがある。
 #br
 
 -''機動性''
 出力重量比はなんと20近くであの[[AMX 50 B]]を上回る値を持ち合わせており、重戦車とは思えない瞬発力を発揮する。
 しかし履帯性能や砲塔旋回速度は重戦車レベルの為、中戦車のようにドッグファイトができるわけではない。
 だが、素早い陣地転換や迂回攻撃など戦術レベルでは中戦車のような行動を取ることも可能。
 素早くHTラインに着いて先に一発入れた後全く別の場所に素早く移動して敵の意表を突くことも容易い。
 #br
 
 -''総論''
 中戦車と重戦車の間のような性能。配布戦車ではあるが、取得の難しさ故か同格に対してかなり劣っているということはなく並程度にはバランスの取れた車両である。
 HPが低いので、立ち止まっての耐久戦にはあまり向いていない。やはり長所である足を使って戦うことが主となるだろう。
 しかしこの車両を獲得できる腕前の諸兄ならば十分に使いこなせるはずだ。逆に何かしらの理由で楽に手に入れた場合、この車両を扱いこなすのに苦労することだろう。
 通常ツリーの[[Object 277]]とも性能が似ており、Obj. 277を使いこなすことができれば難易度の高いこの車両も使いこなすことができるだろう。比較すると、Obj. 277に比べ単発やHPなどで劣るが、砲精度・装甲・機動性では勝っていると言える。
 #br
 
 //加筆・修正求む
 *史実 [#h00ca7d9]
 オブイェークト(Object) 260重戦車の計画案のひとつです。1945年9月に設計案がまとまったものの、試作はされませんでした。(ゲーム内解説より)
 詳細は[[IS-7]]にて
 #br
 *コメント [#Comment]
 #pcomment(./コメント,reply,5)