プロクホロフカ の変更点


*マップ画像 [#g4ece972]

&attachref(./プロクホロフカ.png,nolink,65%);
#br
*マップ解説 ([[World of Tanks Wiki の詳しい解説はこちら>http://wikiwiki.jp/wotanks/?PROKHOROVKA]]) [#y3d6e120]

||CENTER:|c
|~サイズ|1000m*1000m|
|~迷彩|夏季|
|~戦闘形式|通常戦、遭遇戦|
|~天候等|昼、夜|

西側に並木道、東側に鉄道と小さな村があるマップ。
遠距離からの砲撃や自走砲の砲撃から逃れられるような遮蔽物はほとんど無く、偵察や視界の確保が重要なマップになっている。

なお、PC版の日本語名は「プロホロフカ」と変更されたが、Xbox版は「プロクホロフカ」である。
プロホロフカは、史実においてクルスクの戦いでドイツ第4機甲軍のSS機甲師団と、ソ連第5親衛軍の第5親衛戦車軍団が衝突した舞台となっている、現在は戦史記念館があり(マップ西側の丘上辺り)、そこから並木道など、ゲームのマップによく似た光景を見ることができる。
土手上の線路は、戦車工場の町ハリコフ-当マップ、プロホロフカ-激戦地クルスク-首都モスクワまで通じており、ゲーム中では工場から輸送中のT-34を載せた貨物列車が襲撃され、脱線している。

#br
**通常戦 [#mf7aa359]
&attachref(./プロクホロフカ-通常戦_0.png,nolink,100%);
//&attachref(./PROKHOROVKA360_1_1.6.2.png,100%);
&attachref(./PROKHOROVKA360_1_1.6.2.png,100%);

アップデート1.7よりフラッグ位置とスポーンポイントを修正されている。
#br

中央の平原部分は、真ん中のやや高めの稜線がお互いの陣地を遮っているのでお互いに敵陣付近の戦車を直接狙う事は出来ない。
その南北に広がるフラグまでの平原にはたくさんの岩や繁みがあるため駆逐戦車や自走砲が隠れるのに適している。
#br
マップ東側の線路の土手で区切られた一帯は、南側は池と小高い丘、北側は川で移動可能な場所を大幅に狭められている。
線路の土手沿いの並木と茂みが視線を遮る潜伏場所を提供し、中央の小さな村が両軍を隔てている。
南側の丘は南側フラッグ付近や線路東側一帯に広い射界を確保出来る反面、下にいる戦車との連携が疎かになると孤立して遊兵化してしまいやすい。
南側配置にとっては放置するのも危険な悩ましい場所になっている。

線路脇の村は、建物は破壊可能なものばかりなので砲撃で吹き飛ばしたり踏み潰して進む事も出来るので注意が必要だ。
線路を挟んだ平原入り口にある幾つかの家も同様で遮蔽物になり得ない。
周囲にある岩も側面からの砲撃には無力なので迂闊なタイミングで進出すると平原に駆け込む間もなく集中砲火を受ける危険な場所でもある。
東側の土手の上を走る線路は、脱線した長い列車の隙間の3箇所でマップの東西を結んでいる。

#br
このようのマップ全体が開けているため、固定された進攻ルートは存在しない。
現状での初期の行動ではマップの東西に車両を展開する傾向が多い。

マップ中央はマップの左右から攻撃される危険性が高い。
たが、偵察車両はこのマップ中央の丘の稜線を利用した偵察行動が非常に有効である。
また、俯角を取ることが可能な戦車も中央に展開するのも良いが、攻撃を受けやすい。

マップ西側にある並木道のさらに西側は、小高い丘陵地帯となっている。
ここに展開すると、マップ中央に対して有効な援護攻撃を行いやすい。
だが、マップ北西や南東からは、射線が通らない場所もある。
そのため適宜移動することが大切である。
また、ここにこだわりすぎると展開によっては他の戦線が崩壊し、包囲殲滅されることが多い。

また、マップ東側の線路を越えた先から進行するルートも存在する。
マップ線路沿いであれば、マップ中央側からは攻撃されにくい。
マップ東端(F9・F0からG9・G0付近)にある丘は、マップ南側陣地やE7付近やマップ北東の丘を攻撃する際に有効である。

なおマップ北東方向にある島は、南東方向にある丘やE7付近の町を攻撃するには有効であるが、それ以外の展開ではほとんど役に立たない。
この島に兵力を展開するのは、通常戦では有効ではないといえる。

#br
**遭遇戦 [#m903c65a]
&attachref(./PROKHOROVKA360_2_1.8.png,100%);
アップデート1.7よりフラッグ位置とスポーンポイントを修正されている。
アップデート1.5より、フラッグ位置がわずかに変更された。
(陣地の範囲を標準 50m にし、僅かながら北へ移動)
アップデートにより、若干フラッグ位置が北に変更されたため、以前よりは南側陣営が占領勝ちをし難くはなった。

フラッグはE7~F7にかけての集落内。
フラッグを無視して丘の上に向かったり、西側に進攻したりしてると、敵にフラッグを占領されてしまうこともある。
G9~G0の丘は、フラッグ周辺を高台から狙撃できるため、通常戦よりは重要度が増している。

#br

#region(1.4までのフラッグの位置はこちら)
&attachref(./PROKHOROVKA360_2.png,100%);
#endregion

#br

***夜マップ [#xb885fe0]
アップデート1.10より悪天候マップの場合のフラッグとスポーンポイントが変更になっている。
プロホロフカ - 夜 (日中マップは従来の遭遇戦マップと同じレイアウトになります)
旗を F/G 0 に移動
チーム1: A4/5 チーム 2: K2/4

#br

**wotあるあるネタ [#j8b7e667]
#br
''※以前の旧マップでのネタです。''
&attachref(./PROKHOROVKA_Tactics.jpg,85%);


#br
**参考リンク・公式ページのマップ解説 [#m5ac2c55]
http://console.worldoftanks.com/ja/content/about/game-guides/map-overview-prokhorovka/ 
*コメント [#v73f51be]
#pcomment(./コメント,reply,10)