Top > Motherland > diff

Motherland の変更点


 &attachref(./R112_T54_45_Motherland-min.png,nolink,30%);
 #contents
 *Tier 8 ソビエト連邦 中戦車 (課金戦車) [#n3788754]
 [[公式紹介ページ>https://console.worldoftanks.com/encyclopedia/vehicles/ussr/R112_T54_45_Motherland/]]
 *スペック [#w2859154]
 |CENTER:|CENTER:SIZE(11):|c
 |~HP|1,300|
 |~車体装甲厚(mm)|120/90/45|
 |~最高速度(km/h)|44|
 |~重量/最大積載量(t)|35.4/38.7|
 |~実用出力重量比(hp/t)|14.69|
 |~本体価格(ゴールド)|10,425|
 //|~修理費(シルバー)||
 **パッケージ [#gc088b54]
 |CENTER:|c
 |BGCOLOR(#DDDDDD):Motherland&br;(10,425)|
 ***詳細 [#d7dacd54]
 |>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:SIZE(11):|c
 |パッケージ名|エンジン|>|>|>|>|>|武装|履帯|>|>|砲塔|>|他|h
 |~|出力|弾種|貫通力|ダメージ|総弾数|弾代|発射速度&br;照準時間&br;精度|旋回速度|砲塔装甲|旋回速度|視認範囲|HP|通信範囲|h
 |BGCOLOR(#f0f8ff):CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|>|>|BGCOLOR(#f0f8ff):RIGHT:SIZE(11):|>|>|BGCOLOR(#f0f8ff):CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|>|>|BGCOLOR(#f0f8ff):CENTER:SIZE(11):|>|CENTER:SIZE(11):|c
 |BGCOLOR(#DDDDDD):Motherland|V-44|>|>|>|>|>|100 mm D10T-K|T-54 first prototype|>|>|T-54 first prototype|1,300|9RS|
 |~|520|AP&br;APCR&br;HE|183&br;235&br;50|250&br;250&br;330|56|252&br;11G&br;252|7.50&br;2.40&br;0.36|42|180/120/75|40|360|~|700|
 *解説 [#a99d4154]
 -''概要''
 Tier8[[ソ連]][[プレミアム>課金戦車]][[中戦車]]。
 [[T-54 first prototype]]の特殊迷彩仕様。
 2016年6月に実装され、その月に開催されたイベントのクリアで無料で入手することも可能だった。
 ちなみに、実装されたのはオリジナルであるT-54 first prototypeよりも早かった。
 [[T-44]]に100 mm D10Tを搭載し装甲を強化した派生車輌、[[T-54]]の直接の原型となった戦車である。
 #br
 
 -''火力''
 --''100 mm D10T-K''
 元となった100 mm D10TよりAPの貫通力が上がってるがそれでも同格MT最低クラス、貫通力を補うためにプレミアム車輌であることを活かしてAPCRは多めに持って行こう。
 この戦車の足では迂回して側面攻撃を行うにも時間がかかってしまうため、攻撃の選択肢を確保する意味でもAPCRが足りなくなるのは避けたい。
 ただしそのAPCRの貫通力も235mmと格上に対しては少々心許無い。
 #br
 
 -''装甲''
 --''車体''
 基本はT-54と同じでTier8MTとしては最高クラスの防御力を誇る。
 前面は120mmで傾斜も含めると実質200mmに達し、格下相手には非常に強力。
 側面に至っては90mmとT-54より厚く、適切な角度で昼飯を維持すれば敵の砲弾をガンガン弾いてくれるだろう。
 弾薬庫はほぼ毎回損傷するので厳重に保護する必要があるとはいえ、さすがにT-44ほど打たれ弱くはない。
 --''砲塔''
 前面180mmとHT並みでありキューポラを隠されると同格ですら苦労する。
 いわゆる頬は数値通りなので狙ってみるのもよい。
 ただし格下でも貫通力に優れる[[Tiger I>Pz.Kpfw. VI Tiger]]や[[Panther>Pz.Kpfw. V Panther]]であれば正面から抜かれる可能性はある。
 #br
 
 -''機動性''
 機動力は同格MTに比べて低いが、ソ連高TierMTらしく小回りが利き、最低限あるかどうかというところ。
 #br
 
 -''総論''
 本車の砲火力では同格以上と正面から戦うには非常に厳しい。
 側面を取っていきたいところだが、MTにしては低めの機動力のせいでその場面も限られてくる。
 最大の不安要素である貫通力を補うためにも課金弾のAPCRは纏まった数を持って行こう。
 幸い必中を心がければ充分黒字は出せるので、躊躇せずに使っていこう。
 #br
 *史実 [#wab4d062]
 
 *コメント [#ydf0f954]