Top > T-70 > コメント > diff

T-70/コメント の変更点


 [[T-70]]
 
 -ソ連Tier3LTの防御担当(T-46が火力担当  BT-7が速力担当)。最終砲のVT-42は照準速度が装填速度に追いついていない為、遠距離では火力の最大発揮は難しい。速度は普通レベルだが、履帯旋回は良好なので旋回高めのMTのような乗り心地。本車最大のウリである防御面は、正面装甲35mm(傾斜付きのため約50mmクラス)は同格車輌の37~40mm砲であればかなり弾く(貫通60mm以上は流石に無理があるが)。が、側面装甲が15mmと極端に薄いため、敵に対して側面が見える動きは避けるべき。なお、車体正面に付いてるハッチ(多分操縦手用)は50mm以上の厚みがあるようで、敵対した際には注意が必要(実質70mm以上の装甲になる)。砲塔装甲も35mmだが、防盾部分で60mm後半くらいは耐える事も。傾斜がついてる部分が多いので数字以上に耐える場面もそこそこ見受けられる。しかしTier3はTier5マッチに入る機会も多く、Tier5相手では傾斜装甲もアテにはできない。更に本車のエンジンは車体前方にある為、車体正面に被弾した際にエンジンが止まる事も多い。ボトムの際には主力部隊と距離を取るように随伴し、撃たれないような立ち回りが要求される。幸いVT-42はAP貫通75mm(金弾APCRで110mm)と、ボトムでも貫通弾が出せる性能なので腐らずに精一杯戦おう。同格格下には装甲で圧倒し(一番嬉しい点はPz.1cのMGが効かない厚みである事)、格上には機敏な脚と貫通力良好なVT-42で主力支援と、立ち位置によって振る舞いが変わる楽しい車輌である。 --  &new{2016-08-19 (金) 17:58:27};