Javelin の変更点

#include(機体別ヘッダー,notitle);
#include(機体別ヘッダー,notitle)

*Tier10 イギリス 重戦闘機 Gloster Javelin [#top]
&attachref(./Javelin.jpg,672x378);
▲初期状態

//	&attachref(,100%);
//	▲最終状態
#br
''スクリーンショットは&color(Blue){エンブレム・ノーズアートなし};で''
#br

*性能一覧(v2.0.11) [#spec]
''[[スペック解説]]''
//	セル内に ">"のみ入れると右隣のセルと結合される
//	セル内に "~"のみ入れると真上のセルと結合される
//	初期状態・最終状態(爆弾やロケット無し)・最終状態(爆弾・ロケット・外装機銃など全て搭載した状態)
|CENTER:SIZE(11):260|CENTER:SIZE(11):100|c
|~項目|初期状態|h
|BGCOLOR(#00B050):~火力&br;Gun Armament|79|
|BGCOLOR(#00B050):~爆装&br;Bombs and Rockets|0|
|BGCOLOR(#00B050):~抗堪性&br;Survivability|38|
|~耐久値&br;Hit Points|1,200|
|BGCOLOR(#00B050):~速度&br;Airspeed|93|
|~最適高度最高速度(km/h)&br;Top Speed at Best Altitude|1,100|
|~最大降下速度(km/h)&br;Maximum Dive Speed|1,200|
|BGCOLOR(#00B050):~機動性&br;Maneuverability|33|
|~一周旋回時間(s)&br;Average Time to Turn 360 deg|15.4|
|~横転率(°/s)&br;Rate of Roll|70|
|~最適速度(km/h)&br;Optimum Airspeed|748|
|~失速速度(km/h)&br;Stall Speed|250|
|BGCOLOR(#00B050):~高度性能&br;Altitude Performance|100|
|~最適高度(m)&br;Optimum Altitude|3,000|
|~上昇率(m/s)&br;Rate of Climb|139.3|
|~フラップ|あり|
|~ブースト時間(s)|40|
|~本体価格(Cr)|6,100,000|
#br
#null{{
#region(旧バージョンの性能)
*性能一覧(v1.9.7) [#spec_old]
''[[スペック解説]]''
|CENTER:SIZE(11):260|CENTER:SIZE(11):100|c
|~項目|初期状態|h
|BGCOLOR(#00B050):~耐久値&br;Hit points|1,200|
|~重量(kg)&br;Weight|15,960|
|BGCOLOR(#00B050):~火力&br;Firepower|1,020|
|BGCOLOR(#00B050):~速度&br;Airspeed|1,098|
|~最高海面速度(km/h)&br;Top speed at sea level|920|
|~最高速度(km/h)&br;Top speed at best altitude|1,150|
|~最大降下速度(km/h)&br;Maximum dive speed|1,200|
|~失速速度(km/h)&br;Stall speed|250|
|~上昇率(m/s)&br;Rate of climb|43.0|
|~最適速度(km/h)&br;Optimum Airspeed|618|
|BGCOLOR(#00B050):~機動性&br;Maneuverability|161|
|~一周旋回時間(s)&br;Average Tune to Turn 360 deg|47.8|
|~横転率(deg/s)&br;Rate of Roll|80|
|~操縦性&br;Controllability|80|
|BGCOLOR(#00B050):~最適高度(m)&br;Optimum altitude|2,600|
|~フラップ||
|~ブースト時間(s)|24|
|~本体価格(Cr)|6,100,000|
#endregion
}}

*装備 [#equipments]
**武装 [#weapon]
//	名称の項目にはゲーム内の正式名称を記述。例:2x .303 Browning Mk.II (W)
''[[固定武装>武装#fixedgun]]''
|CENTER:SIZE(11):260|>|>|CENTER:SIZE(11):80|c
|翼内機銃|ダメージ/秒|発射速度&br;(rpm)|有効射程&br;(m)|h
|~4x 30 mm ADEN (W)|330|300|800|
//	|~4x 30 mm ADEN (W)|330|300|720(v1.9)&br;800(v2.0)|
#br

**その他の項目 [#parts]
//	換装に他部品の換装が条件になっている場合はそれぞれの背景を#BBBBBBにして示す
''[[機体>機体・エンジン#airframe]]''
|CENTER:SIZE(11):260|CENTER:SIZE(11):80|c
|名称|耐久値|h
|~Javelin FAW 7s|1,200|
#br

//	換装に他部品の換装が条件になっている場合はそれぞれの背景を#BBBBBBにして示す
//	双発機の場合、ゲーム中の表示は「1基分の出力、2基分の重量」になっていることが多いので、公式HPから持ってきた方がいい。
//	ジェットエンジンの場合
''[[エンジン>機体・エンジン#engine]]''
|CENTER:SIZE(11):260|>|>|CENTER:SIZE(11):80|c
|名称|推力&br;(kgf)|推進方式|ブースト時間&br;(s)|h
|~2x AS Sapphire Sa.7|4,990|ジェット|40|
#br

''[[搭乗員]]''
//	1人乗り
|CENTER:SIZE(11):10|CENTER:SIZE(11):100|c
|~1|Pilot|
#br

''派生軍用機''
//	派生先・元が一つ
|>|CENTER:SIZE(11):150|c
|~派生元|[[P.228]]|
|~派生先|-|
#br

*解説 [#reference]
イギリスのTier10重戦闘機。

-v2.0
機関砲の装備位置が左右の主翼の中程で、敵機が近いと命中弾が得られ難いので注意が必要。
明確に解説されていないので実測するしかないが、砲弾の集束距離は400mであるようだ(有効射程の半分)。
収束距離以外では4門のうち実際当たるのは1~1.5発程度なので実質火力は30mm1門しかないと思った方がよい。
コンクエモードで有利になる要件全てを満たしていないため、イギリスツリーでは最弱のTierXかもしれない。

-v1.9
さすがTier10重戦、タフ、速い、デカい、重い
[[Me 262 HG III]]より気持ち曲がる。[[XF-90]]より気持ち遅い。
実用上昇限界は5600mくらい。
30mmADENはGAをちゃんと狙うとOHまでに1000は削れる。よその20mmとかに比べるとやや散る。
当たりはじめは900mから。800m先でもそこそこ削れる。
ずんぐりもっさりだけどXF-90よりはマシ。
Tier9重戦ふりきれるほど速くはないので要注意。
上昇力は高度2500m、800km/hからブースト全消費して垂直上昇して5200m、500km/hくらい。
Rate of climb 43.0m/sと抜群の数字だけど普通に高度上がったら速度落ちるしMe262HG3より高く速く昇れる、なんてことは起きない。
重いから体当たりは強い。([[XP-58]]:20t,[[IL-40P]]:18.5t,これ16t,独GA:12t以下)
#br

*史実 [#history]
英空軍初の超音速デルタ翼機。グロスターの名を冠した最後の制式採用された戦闘機でもある。
1956年~1968年の間、英国本土や西ドイツの英軍基地などに配備された。後継はイングリッシュ・エレクトリック ライトニングなど。
#br
1946年、航空省は複座夜間戦闘機を要求(要求仕様書F.44/46)。高度12,000mにて最高速度972km/h(525kts)以上発揮、15,000mまでエンジン点火から10分以内に到達すること、離陸滑走距離1,500ヤード、4G機動に堪える機体、迎撃用レーダー、VHFラジオ、10か月で150機生産可能であることなどが求められた。
グロスター社は設計案として1946年にP.228、翌1947年にはP.234、P.238を提出。P.228はほぼ複座型ミーティアであったものの、P.234、P.238はいずれもデルタ翼を持ち、P.234はV字尾翼の単座昼間戦闘機、P.238はデルタ型T字尾翼を備えた複座夜間戦闘機であった。
#br
1948年、改めてデ・ハビランド ヴァンパイアの後継として双発の全天候型複座戦闘機が求められ(要求仕様書F.4/48)、グロスターGA.5、デ・ハビランドDH.110の2機が審査されていたが、DH.110は1952年のファーンボロー航空ショーで音速突破デモの最中に空中分解、乗員2名、観客29名が死亡、他60人近くが負傷する惨事を起こし、設計変更と改修に手間取るうちに空軍はグロスター案に興味を移した。
試験飛行でパイロット死亡事故などに見舞われながらも1953年には制式採用され、1954年7月に量産機が初飛行した。1956年より配備が始まり、1959年7月までには全ミーティアが置換された。
#br
巨大な尾翼のおかげで試験中に昇降舵が脱落しても制御可能だったとか、片肺飛行可能だとか、機体の余裕を伺わせる逸話がある。ミーティアにはなかった射出座席も装備されていた。
欧州で活躍の機会はあまりなく、シンガポール、香港、ザンビアなどにも配備され、マレーシア独立の際にインドネシア空軍のC-130をマニューバーキルしたなどの戦績がある。
後期型はデ・ハビランド ファイアストリーク空対空ミサイルが搭載できるようになった。
後に出された超音速迎撃機の要求(要求仕様書F.115)に対し、翼を薄くしエリアルールの採用等で全面的に再設計しマッハ1.6を実現する設計案があった。

出典:[[Wikipedia>http://en.wikipedia.org/wiki/Gloster_Javelin]]
#br

*コメント [#comment]
#pcomment(./コメント,reply,10)