Okhotnik

Last-modified: 2017-03-24 (金) 19:13:40

okhotnik.jpg

概要 Edit

Ver0.6.2.1にて実装されたTier5プレミアム駆逐艦。
「海のTOG」「OKホットお肉」などネタかと思わせる唯一無二の「ザ.プレミアム艦艇」といった趣である。
が、噛めば噛むほど味の出るスルメのような駆逐艦である。

強いところ Edit

・130mm砲7門一斉発射!
防盾無しの130mm55口径単装砲7門を船体上に所狭しと並べてある。
前方に2門、船体後方に5門を一列に並べてある。
「ぼくがかんがえたさいきょうのくちくかん」といった感じか。
しかしこの単装砲。360度旋回するのでけっこう船体の動きに追随してくれる。
射程は9.2kmだがスキル4の上級射撃訓練をつけると射程が11kmまで伸びる。
集弾性もいいのでぜひとも欲しいスキルのひとつだ。

・良好な隠蔽性
大柄な船体に似合わずデフォルトで6.5kmの隠蔽距離を誇る。
この数値は同格4位であり、日本駆逐艦の睦月、峯風、神風と0.3kmの差である。
敵駆逐艦に先手をうてるだけでなく巡洋艦や戦艦に近づき1~2斉射して姿をくらます……といった芸当もしやすくなる。

・魚雷12本一斉発射!
450mm三連装発射管を4基搭載。船体の向きはそのままに12本一斉に発射できる。
9本発射し、残りの3本は後でといったトリッキーな撃ち方も可能で、再装填まで47秒というのもうれしい。
(ただし射程が4.5kmというのは内緒にしておいてくれ。)

・唯一無二の見た目
ステキ性能120%。眺めてるだけで楽しい。
戦闘中の後部砲の動きもステキです!

弱いところ Edit

・低速である
ティア5の駆逐艦としては低速な34.5ktしか出せない。
信号旗「シェラ.マイク」などで底上げしてあげるとよいだろう。

・曲がらない
転舵半径730mはつらいものがある。巨大な船体と相まって魚雷が避けづらい。
狙われたら急ブレーキやブーストを駆使してうまくかわそう

・装填が遅い
130mm砲の再装填時間は10秒と長いので注意が必要。

・対空砲
焼け石に水。雀の涙。

使い方 Edit

序盤は良好な隠蔽性を活かし味方駆逐艦と連携を取り敵駆逐艦を狙っていこう。
筆者としては止まるとヤバイので序盤は常に動き回り1~2斉射して隠れる、
そしてまた斉射・・・隠れる・・・これの繰り返しで敵艦隊の動きをけん制するのがよいと思う。
煙幕に隠れても巨大な船体は煙幕に向かって流された魚雷に当たりやすい。
敵駆逐がいなくなればあとは、こっちのもの。
思いっきり暴れまわりましょう!
交戦距離は8~10kmくらいがベストだと思われます。
横腹を向いている巡洋艦などはバイタル貫通のチャンスです!
積極的にAPも使用していきましょう。(Tier4巡洋艦などは狙い目です)

良好な隠蔽性を活かし終盤まで生き残り自慢の130mm砲で自チームを勝利に導こう!