レヴァリアース/サブキャラクター の変更点

-[[第01巻>#jc67493f]]
-[[第02巻>#j8cf1247]]
-[[第03巻>#w8b71330]]

#br

*第1巻 [第01話~第09話] [#jc67493f]
''ノヅチ''
第1話でシオンが襲われていたモンスター。
 その体内には毒を持っている。
&color(#EC8F33){第01話「出会い-ウリックとシオン-」};

----

|&attachref(r-seria.gif,nolink,セリア);|
''セリア''
シング・サの森で迷子になってた修行僧。
2年前魔物にさらわれた所をザードに助けてもらった過去を持つ。
ウリックを女だと言い当てた女性。
&color(#EC8F33){初登場:第02話「光が棲む森 1」};

----

|&attachref(r-queen.gif,nolink,妖精の女王);|
''妖精の女王''(名称不明)
レムを含む妖精達の女王。昔、ザードには世話になったことがあるとのこと。
ウリック達にレムを同行させる命を出した妖精。
&color(#EC8F33){初登場:第04話「光が棲む森 3」};

----

''アドビスの忍''(名称不明)
表には出ず、アドビスを影から支える忍び。
度々、城を抜け出すシオンを連れ戻すために現れた。
&color(#EC8F33){第05話「英雄の軌跡 1 -やさしき心を持つ者-」};

----

''おばばさん''(名称不明)
アドビスで王やシオンのお世話をしているお婆さん。
神出鬼没でお茶目だが、シオンや王を理解してくれている。
&color(#EC8F33){第06話「英雄の軌跡 2 -神とみなされる者-」};

----

|&attachref(r-tix.gif,nolink);|
|&attachref(r-tix.gif,nolink,ティクス);|
''ティクス''
愛と慈愛を司る水の女神ハギスを崇拝しているハギス神殿の神官。
2年前に姉と共にザードから助けてもらった過去を持つ。
ザードのことを聞きにきたウリック達に親切に接してくれた。
&color(#EC8F33){第06話「英雄の軌跡 2 -神とみなされる者-」};

----

''ルド''
ティクスの弟。わんぱくで元気の明るい子。
将来の夢はザードのような勇者になる事。 
&color(#EC8F33){第06話「英雄の軌跡 2 -神とみなされる者-」};

----

''ザード神殿の神官''(名称不明)
ザードを崇め奉るザード神殿の神官の爺さん。
10年ほど前にザードが魔物を倒す現場を見て、それより神と信じている。
シオンと睨み合ったりと、なかなかのお茶目。
&color(#EC8F33){第07話「英雄の軌跡 3 -悪魔とみなされる者-」};

----

''レイヤー''
ティクスの姉。ハギス神の神官。
ザードは悪魔だと言い、ザード神殿の取り壊しを訴えている。
&color(#EC8F33){第07話「英雄の軌跡 3 -悪魔とみなされる者-」};

----

''オディス国の姫''(名称不明?)
10年前ディアボロスにさわられたオディス国の姫。
のちにザードに助けられた彼女は書き置きを残し謎の失踪をした。
捜索届けが出され、見つけた者には望みの褒美がもらえる。
&color(#EC8F33){第08話「英雄の軌跡 4 -いくつもの顔を持つ者-」};

----

''アドビス王''(名称不明)
法力国アドビスを治める王。シオンの父親。
魔力を持つシオンに対しギクシャクしてしまい、後悔をしている。
その反面、実はシオンが可愛くて仕方がなく心より愛している。
&color(#EC8F33){第09話「法力国家の魔法使い 1」};

#br
*第2巻 [第10話~第19話] [#j8cf1247]
''トリート''
アドビスへ攻め入った魔物達を追い払っていた神官達の一人。
オク神に仕えている。魔法使いを心よく思っていない。
&color(#EC8F33){第12話「法力国家の魔法使い4」};

----

''メラルド''
イエソドの神殿へ行く途中の森で自分の罠にはまっていた、
自称「ちょっと名の知れた女盗賊」。
最初はシオンを次にウリックを好きになったが、最後には諦めた。
初めてシオンが女苦手だということを発覚させた女性。
&color(#EC8F33){第14話「神殿までへの道」};

----

''メルリン''
ウリックが旅に出る前、友達のように一緒に暮らしていた魔物。
今は人(魔物)が変わったようにウリック達を襲ってきた。
最期はシオンの魔法により命を断たれる。
&color(#EC8F33){第16話「基盤の神殿2 -汝を幾年も待っていた-」};

#br

*第3巻 [第20話~最終話] [#w8b71330]
''ラプラ''
アミュレットを糧としている村に住む高い法力を持った女の子。
水恐怖症の彼女はアミュレット作りの過程で水と接することが出来ずにいた。
だが、ウリック達の励ましで水を克服することに成功。
アミュレット作りに励んでいる。
&color(#EC8F33){第20話「輝月宮の夜に得たものは」};

----

''ネル''
アミュレットを糧としている村の村長の娘。
ラプラと同じく高い法力を持ち、アミュレットを作りをする。
ちなみに、ラプラの父の説明の中でしかでてこない。
&color(#EC8F33){第20話「輝月宮の夜に得たものは」};

----

''ディアボロス''
かつて世界を征服しようとしていた魔物の長。
体長体重変幻自在の白銀の竜。知能が高く人間の言葉も話せる上、魔法を使う。
更にブレスを吐くらしく、冷凍ガスと麻酔ガスは要注意、とのこと。
異世界で氷付けにされていたが、誰に倒されたのかは不明。
&color(#EC8F33){第24話「忘却に沈む彼の地3 -赤い仮面を纏う者-」};

----

''イールズオーブァ''
異世界にたたずむ館にいた者。
ザードの剣を持っていて、魔術も巧みに扱い謎の多き人間。
最後は人知を超えた魔法で姿を変えシオンと刺し違えた。
&color(#EC8F33){第24話「忘却に沈む彼の地3 -赤い仮面を纏う者-」};

#br
#br
#br
#br