ディム

Last-modified: 2021-05-13 (木) 00:29:13

名前ディム
英名Dim
性別
(車体)+灰色 (車体)+ (ライン)+ (車輪)
分類ディーゼル機関車?
他国の鉄道車両?
TV版初登場シーズン東映アニメ映画『きかんしゃやえもん』ユウマシリーズ長編第1作『ユウマとなかまはずれ』に登場。
TV版初台詞「パーン!俺様をススだらけにしやがって!またやえもんの爺さんか?!全く役立たずのくせに!」
「あなたはノース・ウェスタン鉄道と言いましたよね?」※二次創作及び、黒田崇矢さんの初台詞
一人称俺様(きかんしゃやえもん
私(ユウマとなかまはずれ
二人称お前(きかんしゃやえもん
あなた(ユウマとなかまはずれ
説明・DE10形ディーゼル機関車。
・東映アニメ映画『きかんしゃやえもん』ときかんしゃトーマスの二次創作映画『ユウマとなかまはずれ』に出演した中型のディーゼル機関車?*1
・通常のディーゼル機関車?とは違って、窓の部分に目が付いており、顔が車体の短い方と一体化しているため犬のような顔をしている。
『きかんしゃやえもん』にてやえもんに脱線させられて、意地悪猫のサマに「あんたこそ役立たずのスクラップにしてもらわなきゃならないみたいだね!」と言われ、スクラップにされそうになった所をマサヒロに救助された*2*3
マサヒロのことを「マサヒロ様」ではなく「ボス」と呼んでいる*4
・体当たりでヒロシサブローを駅の近くの機関庫の中のガスボイラーにぶつけて殺めたことがある。
・彼がユウマシリーズ長編第1作のみに登場する理由は彼は元々は『きかんしゃやえもん』のキャラであるため、長編第2作にも登場させると死亡してしまうことになるため、日本へ送り返されるという事になっている。
担当した声優についての説明・前者は石井康嗣が声を担当し、後者は黒田崇矢が声を担当する。
性格最初は意地悪で乱暴者でやえもんや蒸気機関車を見下していた*5が、マサヒロの手下となって、長編第1作以降からは仲間思いの優しい性格になり、蒸気機関車に暴言を言うことは少しなくなって、蒸気機関車の前では真面目な態度をとるようになった。
マサヒロの忠告などを素直に聞くようになり、言葉遣いも丁寧になった。
・真面目な面もたまに見せる。
TV版での経歴とびだす!3D東映アニメまつりで初登場。
・二次創作の長編第1作ではマサヒロの手下としてゲスト出演した。
長編第1作の終盤で日本へ送り返されるという事になっているため、長編第2作以降は全く登場しない。
他のキャラクターとの関係きかんしゃやえもんではクレーン車のフックとペアで、フックサマと共にやえもんをスクラップにしようとする。
フックを使ってやえもんを捕まえようとするが、フックやえもんに給水にぶつけられて撃退されたため、フックを切り離してやえもんの後を追いかけるが、ポイントレールでやえもんに脱線させられて、サマにスクラップにされそうになった所をマサヒロに救助されて、長編第1作ではサブローとペアになり、ユウママサヒロの所へ連れていこうとする。
・その後ソドー島から追放されたヒロシを仲間に取り込むことに成功した。
・しかし、ヒロシユウマと和解して良心を取り戻すため、ヒロシマサヒロを裏切る。
・それを目撃してユウマエイミーヒロシサブローと共に追いかけて捕まえようとするが、体当たりでヒロシサブローをガスボイラーにぶつけて死なせてしまったことがある。
・最終決戦ではマサヒロと共に再びエイミーを人質にしてユウマに2つの選択肢を与える。最後には、やえもん同様、ユウマに脱線させられて、結局日本へ送り返された。
モデル・DE10形ディーゼル機関車?(日本国有鉄道)
その他ディムの口癖は『パーン』で、その口癖はきかんしゃやえもんのみで、ユウマとなかまはずれ以降から一切言わなくなったが、ユウマをポイントレールで捕まえられなかった時一度だけ言っていた。
・元々はきかんしゃやえもんのキャラクターであるのに対し、長編第1作にも出演するようになった理由は「僕はきかんしゃやえもんの中でディムが一番大好きなキャラクターなので、彼を長編第1作にも登場させてマサヒロの手下として登場させたかったのです!」とされている*6
玩具・プラレール*7
・木製レールシリーズ*8
日本版CV石井康嗣きかんしゃやえもん
黒田崇矢長編第1作
参照画像

*1 とびだす!3D東映アニメまつりではメインキャラクターとして悪役キャラクターを務めたが、長編第1作ではサブキャラクターの悪役として出演した。
*2 その後の手下となった
*3 彼女にスクラップにされそうになった時にどうやってに救助されたのかは明らかになっていない。
*4 また、ユウマのことを「青い蒸気機関車さん」と呼んでいた。
*5 きかんしゃやえもんでは、やえもんに「おとなしくスクラップになりやがれ!!」などと酷く暴言を言っていたが、長編第1作では、優しい性格に変わったため、やえもんと同じ蒸気機関車であるユウマや蒸気機関車に改造された将大には暴言を言うことはなかった。
*6 そのため、『アントマン』に出演したトーマス同様、ゲスト出演である。
*7 DE10のカスタム化で、目はパワーポイントで作成して、連結器を逆方向に取り付けて、アルミホイルで逆方向に走行させることが可能。
*8 カスタム化